閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXのクレードルって必要なの?有線接続するメリットについて

自宅でも外出先でも便利にインターネットを使いたい人に人気のWiMAXは、モバイルブロードバンド回線への接続をすることができるポータブルルーターです。WIMAXを契約するときには、ハード機器としてルーターを購入しますが、ルーターの付属品として用意されているものにクレードルがあります。クレードルはルーターとセットになっているものもあれば、いないものもあるため、どのようなものなのかが気になります。
一緒に購入するかの判断するためには、クレードルとはいったいどんなものでどのような機能を持っているのかを知る必要があります。ここでは、WiMAXのクレードルについて機能や使い方、購入方法などを説明します。

WiMAXのクレードルってどんなもの?

WiMAXの検討する際に、機器のリストの中で見つけることができるクレードルという名前ですが、どのような機能をもっているかをその名前かわかる人はあまり多くありません。クレードルのイメージは、単なるルーターの置き場所という人が大半です。ですが、クレードルは単なるスタンドではありません。まずは、クレードルについての基本的な特徴と期待できる機能について説明していきます。

クレードルとは何か

WiMAXのクレードルは、WiMAXのルーターを充電するときに使うスタンドを指しています。昔の携帯電話の充電スタンドをイメージする人も多いですが、クレードルは少し違います。
メインの使い方は充電スタンドとしての利用になりますが、ルーター自体は充電時にクレードルが必要かといえばそういうわけではなく、ルーターに直接充電ケーブルをつないで充電することもできます。クレードルをただ充電スタンドとして使うのであれば、ケーブルを指す手間が増えるだけだからクレードルは必要ないと思うかもしれません。
実は、クレードルには便利な機能があり、ルーターを充電するスタンドだけに終わっている機器ではないのです。クレードルは、充電スタンドではなく、スタンド型の拡張機器という位置づけがぴったりあてはまる便利グッズと言い換えることができます。

クレードルを使うメリット

クレードルには、充電スタンドとしての利用以外に便利に使える機能が大きく分けて2つあります。1つは、クレードルを使うことで、WiMAXで有線LAN接続ができるということです。そして、もうひとつは、有線LANを無線化できるということです。クレードルを使えば、無線WiFi環境という通常のWiMAXの使い方だけでなく、その場の環境にあわせた接続の仕方が選べたり、自分のインターネット利用のスタイルに合わせた使い方を可能にしたりと使い方が広がっていきます。

有線LANケーブルで繋いでネットができる

便利な機能のひとつめが、有線LANケーブルにWiMAXを繋いで利用するという方法です。スマートフォンやタブレットをはじめ、多くの機器をモバイル環境で利用している今では多くのデバイスは無線接続ができますが、家に帰ってみると昔ながらPCが元気に稼働しています。ところがこれら一部のデスクトップPCや古いノートPCは無線非対応のものが多いのです。そしてこの場合、WiMAXのルーターだけでは、インターネット環境を構築できません。有線のLANケーブルと接続ができないためです。

そこで登場するのがクレードルです。クレードルにはLANポートが装備されています。クレードルにWiMAXのルーターをセットすると、クレードル本体のLANポートが利用可能になりますので、このLANポートにPCからのLANケーブルをつなぐと、WiMAXでのインターネット接続ができるようになります。これによって、有線環境でしか利用できないPCなどのデバイスもWiMAX環境を使えます。

無線LANスポットとして使える

ふたつめの機能は、逆に有線の環境がある場合に無線LANスポットとしてクレードルを利用するというものです。さまざまなインターネット回線のサービスがなる中で、すでに自宅に光回線やADSLといったLAN環境を構築している場合もあります。常に有線利用となると、工事が必要だったり、ケーブルが邪魔になったりして、無線に変更したいという気持ちになるでしょう。

このような環境において無線LAN利用をするには、固定回線を無線LANに変換するルーターを用意しなければなりません。そのためだけに新しくルーターを購入するのであれば、その代わりとしてWiMAXを置いたクレードルを使うことをおすすめします。クレードルを利用すれば、WiMAXは無線LANスポットとして利用できます。
接続の仕方は簡単で、光回線やADSLからの有線LANケーブルをWiMAXのクレードルにつなげるだけです。固定回線に接続した状態で無線LANスポットとして使う場合は、WiMAXの電波ではなく、固定回線の電波で通信を行いますので、通信制限などの心配がいりません。

また、ホテルの部屋で利用するときも便利です。ホテルによっては、LAN環境はあるものの有線LANであることが多いため、無線LANに変換できるクレードルは便利に使えます。クレードルのサイズはさほど大きくありませんので、旅行の際にもっていってもさほどかさばりません。

クレードルの使い方

クレードルの機能を最大限に活かすにはどのような使い方をすればよいのでしょうか。まず、クレードルを電源に接続します。その状態でWiMAXのルーターをクレードルに差し込んでセットするとルーター本体への充電が始まります。有線LANポートとつなぐ場合は、クレードルのLANポートにケーブルを差し込むだけです。

クレードルとACアダプターの関係

ルーターの充電をする際に、その都度アダプターの端子を指さなくても置くだけで充電が開始されるクレードルですが、クレードル自体に通電させるためには、クレードルに充電用のACアダプターを接続しておく必要があります。これがそろっていれば、いつでも手軽に置くだけで充電ができる充電スタンドになるのがクレードルです。

WiMAXの利用時にクレードルはそもそも必要なのか

クレードルには、インターネット回線の環境を簡単に拡張することができる機能がサポートされていますが、どのような場合にクレードルが必要で、どのような場合に不要かをかなえると、自分自身がそのどちらにあたるかがわかります。クレードルがあることで便利だと感じる人もいれば、なくても不便に感じない人もいます。

必要な場合とは

WiMAXは、モバイルルーターとして携帯して自宅以外で使うケースが多いのですが、いざ使おうとしたときに、バッテリーが充電されていなかったために使えないという経験をした人も少なくありません。普段から十分にバッテリーが残っているかを確認している人はよいのですが、ついうっかり忘れることが多い人にとっては、クレードルを上手に利用することで、このような思いをしなくなるでしょう。
ルーターの充電し忘れが心配な人にはクレードルは、充電スタンドとして必要な機器と言えます。また、ついあちこちに置いてしまいどこに置いたかわからなくなる人にも常に同じところに置いておく癖をつけられるクレードルは便利に利用できます。

クレードルは自宅のLAN環境によって必要となります。自宅に有線接続を引いている人が無線LANに変換したい場合や、逆に自宅にある有線LANしか利用できないPCなどでLANを使いたい場合にはクレードルを有効に活用できます。クレードルは充電スタンドとしての役目だけでなく、幅広い役割を果たせるので、便利に利用しましょう。

クレードルの購入方法と価格について

さまざまな便利な機能があるクレードルですが、店頭などで頻繁にみるものではなないため、最初にセット買いしなければ購入できないと考えている人もいます。ではどこで購入すればよいのでしょうか。また、その時の価格はどうなっているのでしょうか。実際にWiMAXを始めるときに一緒に買う場合もあれば、あとから購入する場合もあります。クレードルの購入方法と価格についてまとめました。

基本は契約時に端末とは別に申し込みする

クレードルの購入のタイミングで一番多いのは、WiMAXを契約するときです。ルーターを選んだときに、セットでクレードルを購入することができます。実際にクレードルを買ってから、対応していないものだったということがなく、契約したそのルーター専用のものが自動的に選ばれるので、手軽で安心です。

ここで気をつけなければならないのは、ほとんどのWiMAX用の端末は無料で購入できますがクレードルは有料であるということです。ですから、オプションの製品として自分自身で選択して購入しなければなりません。ルーターを選べばそのまま、クレードルもついてくるというものではないのです。

有料提供と無料提供のところがある

ルーターとは異なる料金になっているクレードルは、購入するプロバイダによってさまざまな提供の仕方があります。単品で販売しているときもあれば、セットになっている場合もあるのです。また、無料で提供しているプロバイダもいます。クレードルを購入することを前提にしているのであれば、クレードルが無料でもらえるプロバイダを選ぶというのも選択条件のひとつになりえます。WiMAXを契約する際には、事前にクレードルが有料なのか無料なのか、どのように提供されるかを事前に確認しておくことが大切です。

UQのアクセサリショップやAmazonなどでも購入可能

契約をしたときには不要と判断して購入しなかった人も、後からやっぱり欲しくなることはよくあります。そういう場合には、UQアクセサリショップで購入することができます。UQアクセサリショップには、クレードルだけでなく、ACアダプターや電池パックといったWiMAXに関連する周辺機器を数多く取り扱っていますので大変便利に利用できます。

また、インターネット通販でも購入が可能です。Amazonなどのインターネット通販サイトではクレードルを手軽に購入できますが、あまり市場に出ていないことから、公式よりも値段が高かったり、在庫が安定しなかったりすることがありますので、注意が必要です。

ルーターを別途購入する際には注意してほしいことがあります。前述したようにルーターの機種ごとに専用のクレードルになっていますので、製品写真だけでは判断できないことも多く、間違って異なる機種のクレードルを買ってしまったというトラブルが起きやすいのです。自分の購入したいクレードルは、製品番号やもとのルーターの製品名などしっかりと把握したうえで選択するようにしましょう。

クレードルの価格

クレードルはルーターの機種ごとに専用のものになります。そのため、価格も機種によってまちまちです。対象の機器により多少の幅はありますが、だいたい2000円台から3000円台に設定されています。
また、同じ機種であってもUQアクセサリショップとAmazonのようなインターネット通販サイトでは異なる価格が設定されています。単純に価格だけを見るとUQアクセサリショップが全体的には安めの設定になっています。ですが、送料無料のサービスやポイント、会員サービスなどによってはどこから購入するのがよいのかが変わってきますので、状況に応じで選択するようにします。

BroadWiMAXで契約時にクレードルも申し込もう

クレードルで便利な機能が利用できることを考えると、クレードルはプロバイダ契約時に一緒に申し込むと便利です。ではそのプロバイダはどのようにして選べばいいのでしょうか。

月額料金を下げて日々の利用を快適にしたいのであればBroadWiMAXがおすすめです。もちろん、ルーターは無料で提供されますので、月々の費用が膨らむことはありません。他と比べて格段に安い月額料金は、大きなメリットになります。
初期費用に関しては、BroadWiMAXは、契約時に割引サービスを実施してくれます。多くのプロバイダがキャッシュバック方式をとっている中で、あとから受け取り手続きをしなければならない手間を考えると、最初に割り引いてくれるは大きなメリットになります。

WiMAXにおけるクレードルの仕組みを正しく知ろう

WiMAXを利用することでモバイル環境が格段に良くなります。その上、クレードルを利用するとさらにその便利さがバージョンアップしたかのような利便性を得ることができます。自分のネット環境をさらに便利にしたり、料金の節約ができたりするのであれば、クレードルの利用を検討するのも良い方法です。クレードルの仕組みをしっかり把握して、自分にとってクレードルが必要なのかどうかを見極めましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi