閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドックカメラにWiMAXは使えるの?接続方法をご紹介

ドッグカメラ「ファーボ」をご存知でしょうか?愛玩動物の所有率が非常に高い日本では、ペットを飼いながら外出時にも世話するようにできるシステムの需要が高まっています。
ファーボはそんな飼い主の必要を満たすために生まれた、ペット専用の宅内カメラシステムです。
ファーボで撮影した動画や写真はインターネットで端末に送られてくるため、ペットがいるのでカメラやインターネットを導入しようと考えておられる方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、ファーボと次世代通信サービスWiMAXの相性を考えてみましょう。

WiMAXでドックカメラ「ファーボ」は使える?

モバイルルーターとして日本に普及しつつあり、いつでもどこでも使えるインターネットを提供するWiMAXですが、ファーボに組み合わせて使うことはできるのでしょうか?

ドックカメラ「ファーボ」とは?

ファーボとは、アメリカTomofun社が販売する、愛犬家のためのペット監視装置です。
主にカメラとセンサー、おやつを自動で与えるシステムが注目されており、世界中で話題になりつつあります。ここ日本でも本格的な導入が始まっており、多忙で愛犬の様子をいつも見てあげられない飼い主の方たちにとって、便利で安心できるペットツールとして話題になっています。
価格は税込み27,000円となっており、アマゾンでは10か国でペットカメラとしてランキング1位を獲得しています。

そんなファーボの最大の特徴は、スマートフォンと連携して愛犬の様子を知ることができるライブ映像と音声機能です。ファーボは、高画質なカメラを利用したフルHD1080pの動画を撮影することができ、それをスマートフォンからいつでも確認することができます。
カメラは4倍ズームが可能で、視野角160°ものワイドアングルに対応しています。
AI(人工知能)を搭載することで、業界初の「犬」の顔認識ができるのが最大の特徴です。

「ドッグセルフィー通知」では、ワンちゃんがファーボに近づいた際に自動で撮影を行い、スマートフォン側にプッシュ通知で撮影された画像を送信します。こちら側から何度も頻繁にアプリを開いて確認しなくても通知として自動で送られてくるため、より簡単にワンちゃんの様子を確認することができます。

「ドッグアクティブ通知」によって、ワンちゃんの様子に変化があった際に自動的に太郎して様子を確認します。カメラは常時起動しているわけではありません。スマートフォンから特定の操作を行ったり、センターによって反応することで撮影を行い、吠え声やワンちゃんの動きに反応して自動で起動します。

「ファミリー通知」では、人間が視界に入った際に自動でスマートフォンに通知を行うことで、他の家族が帰宅した際にそれを把握することが可能です。

床置きタイプのためその存在感も気になるところですが、ファーボは一見陶器の瓶のように見えるデザインをしており、カメラも可能な限り目立たないように配置されています。
これにより、ワンちゃんを不必要に警戒させることなく様子をすることが可能であり、2Way(双方向)オーディオ機能と合わさって、ワンちゃんの様子をするための非常に優秀なシステムを構築しています。

単なる監視カメラにとどまらず、スマートフォンの専用のアプリからは写真や動画の撮影も可能です。ファーボには、ファーボ本体とスマートフォンの間で音声をやり取りできる2Waysオーディオを採用しているため、映像だけでなくワンちゃんの声や息遣いを確認したり、こちらから話しかけてワンちゃんにコンタクトをとることも可能です。

さらに、ファーボを単なる監視カメラと大きく異ならせるのが、おやつを与える機能です。ファーボの上部には簡単に取り外しできるフタがあり、ここにおやつを入れることで自動で操作した分量のおやつを与えることができます。専用アプリの画面中央下に位置するおやつマークを押すと、そこにセットしておいたおやつが自動で飛び出るという機能です。ワンちゃんが不安そうにしている時や退屈そうにしている時に、ちょっとした刺激が落ち着かせるといった目的でおやつを与えることが可能です。
ボーロサイズのおやつで約100個以上の充電が可能で、ドライフードの桃搭載することができます。

おやつボタンを押すと、スナックコールと呼ばれる犬の訓練でも使用される音を発した後に、前面に設置された丸い窓枠が開いておやつが飛び出してきます。粒が小さければ一度に2~3粒飛び出し、ワンちゃんを楽しませることができます。
専用アプリの画面には、1日に何回おやつをあげたかを記録するメモリが搭載されており、回数の管理やワンちゃんの健康管理などにも有効です。

加えて、ファーボのカメラは暗視機能を搭載しており、暗闇でもはっきりと映像を見ることができます。真っ暗な室内でも、赤外線カメラのように白黒の映像ながらも細部に至るまでくっきりと映し出してくれるため、帰宅が遅くなるようなケースでも十分機能します。

ドックカメラ「ファーボ」は光回線がおすすめ

ファーボの公式サイトでは光回線が推奨されています。詳しく見ると「アップロード速度1Mbps以上を推奨」となっており、画像や動画、音声をアップロードするのに安定した通信環境が求められています。
光回線であれば上り側の通信速度や通信容量も大きいため、ファーボを使用する際でも安心してインターネットに接続しっぱなしにできるでしょう。光回線であれば物理的な安定性があるため、電波状況や天候などに左右されずに常にワンちゃんの様子をスマートフォンまで届けてくれます。

WiMAXでドックカメラ「ファーボ」は使えるの?

ではWiMAXでファーボを不自由なく使用することはできるのでしょうか?
結論から言えば可能です。最新のWiMAX端末では、上り側で最速50Mbpsに対応しており、それ以前の機種でも30Mbpsの通信速度を実現しています。実際に測定した数値でも5Mbps程度の速度は常に出ているようで、ファーボの推奨速度を十分に満たしています。
WiMAXの弱点は障害物ですが、地下や大きな建造物に囲まれた場所でなければ安定した通信ができることが一般に知られており、自宅で動かさない状態で通常通り使えるのであれば、ファーボの使用にも余裕をもって対応できるでしょう。
WiMAX端末には、持ち運びすることを想定したモバイルルーターと戸建で使用することを想定したホームルーターがあり、どちらも変わらぬ通信速度を実現しています。現在のところWiMAXが対応するのは都市部であり、地方に行くとWiMAX電波が届かない現場が見られますが、もしお住まいの地域がWiMAXのエリア内であれば安定して通信できるはずです。

ファーボと通信制限について

WiMAXと切っても切れない関係にあるのが通信制限ですが、ファーボを常時接続するからといって通信制限が頻繁に発生することはありません。
フルHD(1080p)の動画で5分間の通信を行った場合約30Mbps、720pでは28Mbps、320pにまで落とせば約7Mbpsと、3日間で10GBのギガ放題プランを利用されている方にはまず問題のない通信料と言えるでしょう。ファーボの利用だけで計算すれば、最高画質で5分間の映像を見たとしても、3日間で300以上も使える計算です。仮に速度制限が発生しても、ギガ放題プランであれば1Mbpsの速度は出せるため、ファーボが推奨するアップロード通信速度を満たしていることになります。

WiMAX端末は何を選べばいいの?

ファーボとの兼ね合いを考えると、ホームルータータイプのSpeedWi-Fi HOME L01sがおすすめです。
Wi-Fi電波の到達距離が長く、ファーボとの接続を確実に行うことができるでしょう。回線工事などの不要なため、非常に簡単に自宅にインターネットを導入できます。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi