閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光をプロバイダなしで利用することはできる?

インターネットを利用する上で無視できないのがプロバイダーの存在です。
フレッツ光を利用しておられる方であれば、必ずプロバイダーの契約も同時に行っているはずです。
このプロバイダーとは何でしょうか?毎月利用料金を払っているものの、一体どんな役割を果たしているのでしょうか?専門用語が多いインターネットの世界で、プロバイダーの存在意義について考えてみましょう。

プロバイダとは?

プロバイダーの役割がわからなくても不思議ではありません。
普段インターネットを利用するうえで、目にする機会も実際に触れる機会もまずないからです。
プロバイダーの主な役割は「インターネットに接続する」というものです。詳しく見ていきましょう。

インターネット接続を請け負う役割

インターネットに接続する仕事がプロバイダーです。「それならフレッツ光のことじゃないの?」と不思議に思われる方もおられるかもしれませんが、フレッツ光は「回線事業者」にあたります。

回線事業者とは、インターネットの「回線」を提供する事業者のことであり、フレッツ光であれば高速通信を実現する”光回線を提供する”業者ということになります。
KDDIの「auひかり」やケイ・オプティコムの「eo光」などもこれにあたります。光回線を設置したり、通りに設置された回線から自宅の外壁に光ファイバーを引き込む工事を担当したり、屋内での使用開始するためにモデムやルーターなどの端末を設置するなどの工事そのものが回線事業者の仕事になります。
最近ではモバイルデータ通信の普及も進んでおり、UQコミュニケーションズなどはWiMAX回線を通じてインターネットを提供しています。その場合も、インフラ整備や端末の提供などが回線事業者としての仕事になります。

回線事業者は、設置の際に発生した工事費用や毎月の利用料を徴収したり、端末をレンタルしていればその利用料を徴収します。つまり、インターネットに接続するために必要な物理的な環境を整えるのが回線事業者であり、光ファイバーやケーブルなどをまとめて回線と呼びます。
回線事業者にも毎月料金を支払うのはその使用料であり、ケーブル全てを買い取ることはできないからです。

ところが、ケーブルを設置しただけではインターネットにつなぐことができません。
インターネットに接続するためには「サーバー」と情報をやり取りしなければならず、この仕組みが非常に複雑で高度だからです。

サーバーは情報を大量に詰め込んだ機械で、ホームページの情報やデータなどを保管する場所のことであり、ここにアクセスすることで情報を検索してホームページを表示したりデータをダウンロードしたりすることが可能になります。しかし、サーバーに接続するためには、IPアドレスやSSIDといった“インターネット上の住所”のようなものが必要になります。

サーバーは常に膨大な量のデータを蓄積しており、何かを検索するというやり取り一つをとっても、パソコンの認識や自宅のインターネットからの信号の応答、サーバー間のやりとりや必要な情報がどこにあるかを記録しておく機能など、信じられないほど複雑に構築されています。
世界中に存在する、企業が管理する大きなサーバーや個人レベルで構築された小さなネットワークなど、膨大な数の情報の中から正確に検索しなければなりません。
普段インターネットと呼んでいるものは、世界中のこれらのサーバーのネットワークややり取り全体を指しています。

これらのネットワークに接続するためには、専用のIPアドレスが必要になり、それを提供するのがプロバイダーの主な役割となります。IPアドレスは、前述のように自分が接続するインターネットの住所のような存在であり、これを認識することで検索した情報や接続した際に応答が返ってくる“場所”を認識します。
このIPアドレスがなければ、インターネットに接続することすらできません。
このIPアドレスを頼りに、データを「送信する側」と「受信する側」のコンピューターがインターネット上の“どこにあるか”を識別しながら、情報のやり取りを行っているためです。

このIPアドレスは世界的なインターネット環境の中で管理されており、自分で適当に数字を割り当てて使用することはできません。一定の規格やルールのもとに運用されているため重複することはなく、大きな企業やグループがネットワークの安定のために日々メンテナンスを行っています。

インターネットで使用するのは「グローバルIPアドレス」で、基本的にはプロバイダーが回線ごとに割り当てています。これと対称なのが「プライベートIPアドレス」で、世界中のネットワークに接続するためのものではなく、自宅や会社の中の無線や有線LANによるネットワークの中で使用するIPアドレスです。
ここまででお分かりかと思いますが、いわゆるインターネットに接続できなくても端末同士を有線や無線で接続すると“ネットワーク”となります。パソコンなどの各端末にそれぞれ保存されている情報を共有するために構築します。

この世界各地に存在するネットワークに接続するのがインターネットです。インターネットに直接接続しているルーターが持っているのがグローバルIPアドレスであり、そのルーターに接続しているパソコンやスマートフォンなどの端末それぞれに割り当てられるのがプライベートIPアドレスとなります。
このようにして各端末を識別し、情報を送信することや受信することを可能にします。

IPアドレスそのものは数字の羅列であり、一度見ただけで覚えることは不可能でしょう。
それらを分かりやすいアルファベットに置き換えたものが「ドメイン」で、URLやアドレスなどとも呼ばれます。話を戻すと、このIPアドレスを割り当てたり信号のやり取りを請け負うのがプロバイダーで、通信を行うのに必要なのが実際のケーブルを設置する回線事業者です。

プロバイダーの役割についてもう少し見てきましょう。
“インターネットに接続する”とは無数の数字の羅列や暗号からなる情報のやり取りを行うことであり、プロバイダーは接続するためのIPアドレスや専用のサーバーをコントロールしています。
インターネットや端末を認識するために必要な情報を全て管理しており、メールアドレスの提供や不正アクセスやウイルスの対策、ホームページの提供やドメインの取得なども担当します。
インターネットに接続するために必要なすべての情報の管理やメンテナンスを行っているため、世界中のインターネットは世界各地のプロバイダーによって維持管理されているとも言えます。

ところが、インターネットを世界的に管理する機関や企業というものはなく、日本国内においても全国を網羅する規模でネットワークを管理している事業者はありません。前述のように、世界各地にはそれぞれネットワークが存在しており、ネットワークごとに管理する立場の人間や組織があります。
そのネットワーク同士を結びつけるのがいわゆるインターネットであり、世界中のインターネットを包括的に管理するというよりも、それぞれの国や地域でインターネットを管理する事業者やプロバイダー同士が協力して作り上げているのがその仕組みとなります。
近年よく耳にする不正アクセスなどの問題はこのIPアドレスが関係するものであり、IPアドレスや接続の際の信号を操作することで、こうしたセキュリティーという面でもプロバイダーの立場が非常に重要であることが分かります。

以上のような理由から、プロバイダーがなければインターネットに接続することはできません。

プロバイダの存在自体に気が付かない場合もある

全てをインターネット上で維持管理するプロバイダーは、普段利用者の目に触れることはありません。
プロバイダーはインターネット接続そのものを管理しており、その情報は全てパソコン上で行われるからです。インターネットに詳しい方であれば、自宅にインターネットを設置した際に、プロバイダーから発行されたIPアドレスを自分で入力したり設定されたかもしれません。
そのような場合はプロバイダーの役割を認識しやすいものの、全て業者任せでインターネットを設置された方の場合は、プロバイダーの存在すら気づかないこともあります。
インターネットに接続するために最も必要なのがプロバイダーですが、専門知識を要する世界で働く業者であるため、一般には役割がなかなか認識されない辛い立場でもあります。

インターネットを使うためにプロバイダが必要な理由

それでも、「無線LANがあればインターネットに接続できるんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。インターネットを使うためにプロバイダーが必要な理由を、回線事業者と無線LANルーターとの違いからご説明します。

フレッツ光は回線事業者

フレッツ光は回線事業者です。冒頭で述べたように、回線事業者とはあくまで光ケーブルなどの物理的なインフラを設置する業者で、インターネットの電子的な接続には関わりません。
インターネット上での手続きを行うのがプロバイダーであるため、「うちは光回線だけでインターネットが来てる」とお思いの方も、実はプロバイダー料金もその中に含まれているだけなのです。
フレッツ光による、高速通信可能な光ケーブルを利用することでインターネットのスピードが速くなるものの、電子的な接続作業はプロバイダーが行っています。

プロバイダがなくても無線LANルーターがネットに繋いでくれてるよ?

インターネット=無線LANと思いの方も未だに少なくありませんが、無線LANルーターはパソコンやスマートフォンでの各端末を接続するためのネットワークでしかありません。
そのネットワークで共有できるのは、あくまで各端末に保存されている情報だけであり、世界中に存在するウェブサイトを閲覧することはできません。無線LANルーターは、光回線を利用したプロバイダーのネットワーク接続を、無線で家の中に飛ばす装置であり、Wi-Fiの電波を飛ばすだけでインターネットへの接続にはプロバイダーが必要になります。

光回線+プロバイダで快適にインターネットを楽しもう

幸いプロバイダーにはたくさんの種類があり、各プロバイダーによって料金やサービスなども異なってきます。質の良いサービスを提供するプロバイダーの選び、快適なインターネットライフを楽しみましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi