閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

新築で建てたマイホームに光回線工事で穴をあけたくない!

人生にそう何度もある機会ではないものの、新築で家を建てることがあるかもしれません。
新築で家を建てた際に意外と問題になるのが、インターネットの配線工事です。
インターネット回線を引き込む工事のことを忘れていて設計すると、どうしてもあとから穴を開けてインターネット線を導入しなければならないかもしれません。
新築の家に穴を開けるのが嫌だという方のために、穴を開けずに光回線工事を行うにはどうすればいいか情報を集めてみました。

光回線の配線の通し方

光回線の配線の通し方にはいくつか種類があります。穴を開ける以外の方法をご紹介しましょう。

電柱から線を引き外壁から屋内へ引き込む

まずは電柱から光ケーブルを引き、自宅に設置できるよう延長工事を行います。
光キャビネットと呼ばれる、光回線を固定する装置に線をつないだら、そこから屋内へと引き込む方法を探すことになります。方法は以下の通り三つあり、それぞれ状況が許す選択肢によって選びます。

電話用の配管から引き込む

電話用の配管から引き込むのはメジャーな方法です。電話線をつなぐにも外壁から家の中に引き込む必要があり、インターネット回線の工事よりもはるかに一般的で普及した施工内容であるため、工事内容が複雑でないのがメリットでしょう。既存の電話線の配管から光回線を引き込みます。
電話線を取り付ける穴はコンセントのようになっていますが、それと同じように光ファイバーを接続するコンセントを設置し、その配管から宅内に繋がったコンセントを利用して、モデムやONUの設置を行います。電話線の配管が設置されていることが前提となりますが、最近でこそ固定電話の設置数が減っているものの、電話線の配管は非常に普及しているため工事も簡単に済む場合があります。

実は、インターネットの回線導入工事を行う際に、まず最初に確認されるのが電話線の配管です。空きがあればそこに光ケーブルを通すだけで簡単に光回線を導入できるからです。
特に近年の光ケーブルは曲げ圧力に強く、破損が少なく通信を安定して行うことができるため、電話線と同じように扱ってもきちんと機能するというのも理由の一つとなっています。
外壁への設置と配管内の引き込みが終われば、後は電話線コンセントに光回線を設置してモデムなどに接続すれば、外壁や内壁を一切傷つけることなくインターネットを導入することができます。
基本的には、光回線が通っている電柱から外壁に設置されている電話線コンセントまでの距離は短いことが求められます。延長ケーブルを必要以上に長いものにしてしまうとデータ通信の際の速度が低下してしまうため、基本的には電話線を通す配管が近い場所にあることが必要です。
電話線の配管に余裕がなければ光ケーブルを通すことができないため、ある程度自宅の設計や施工内容に左右されるかもしれません。しかし、電話回線は基本的に電柱に近い場所に設けられているため、確率から言ってインターネット回線を設置できる可能性が最も高く、かつよほど古い住宅でなければ基本的には電話線の配管には余裕があります。こういった理由から、光回線の工事を行う際には真っ先にチェックされるのが電話用の配管です。

エアコンダクトから引き込む

電話用の配管から引き込むことが難しければ、エアコン用のダクトがチェックされることになります。
エアコンも日本では非常に普及している家電の一つであるため、壁に穴を開けることなくLANケーブルを通すことができるというメリットがあります。集合住宅でもエアコンはひとつやふたつ設置されているため、固定電話がなくてもその次の選択肢にできる重要な配管です。
特にエアコンのダクトが通る配管は大きく、LANケーブルの一本や二本であれば簡単に通せてしまうというメリットもあります。そのため、工事内容は基本的にエアコンダクトを外したり配線をまとめる程度のものとなり、工事も非常に簡単に済むのが特徴です。

あえてデメリットをあげるならば、電話線用の配管とは異なりエアコンダクト専門に開けられた穴であるため、LANケーブルがエアコンダクトに圧迫されてダメージを受けやすい可能性があります。
電話線用の配管であれば、光ケーブルを接続できるコンセントに付け替えて電話線と共存させるだけで済みますが、エアコンダクトではケーブルを通すことが想定されていません。
ケーブルが破損することはまず考えられないものの、見た目がきれいにまとまらずに後付け感が非常に目立ってしまう可能性があり、新築のせっかくの外観がだらしなくなってしまうかもしれません。
室内でも同様で、エアコンの横からケーブルが一本長く伸びる様相となります。
日本の施工業者の技術はかなりの高水準を保っているため心配する必要もないのですが、できるだけ目立たないようにしたい場合には、電話線の配管を利用するよりも見た目でのデメリットが挙げられます。
それでも、特別工事を行わずともインターネット回線を宅内に引き入れることができ、エアコンダクトを通す用の光ローゼットやコンセントなどがしっかり設置されるため、インターネットを導入するハードルが低くなります。

壁に穴をあける!

上記の選択肢を選ぶことができない場合には、壁に穴を開けることでインターネット回線を引き込む工事が行われます。電柱が電話線やエアコンダクトから遠い位置にある場合には、残念ながら穴を開けることになるでしょう。壁に穴を開けるという選択肢は最終手段として考慮されるのが通常です。
穴を開ける工事は外壁を傷つけるためできるだけ避けたいという家主の意向も一般的であり、施工業者もそういった受注を理解して工事を計画するからです。穴を開ける前にも、どこかの窓を利用して回線を引き込めないか計画されることもあるでしょう。集合住宅などでそういったケースが見られます。
あるいは住宅地が密集しておりクレーン車が届かない場合や、エアコンのダクトが隣家の密接したスペースにあるという場合でも窓が考慮されることがあります。
窓枠を設置してスペースを設ける場合や、わずかなスペースを常時開放して穴を開けた網戸を設置するなどのケースが見られます。トイレなのであれば窓を開けぱなしにすることも十分に考えられるため、実際にトイレにモデムを設置してインターネットを引き込んでいる施行令なども見られます。
それも不可能な場合はやはり穴を開けることになりますが、光ケーブルを通すためだけの穴であるため直径一センチ程度の非常に小さな穴となります。
穴には防腐処理や防水処理が施され、部屋の内側は光回線コンセントが取り付けられます。デメリットは、やはり自宅に穴が開いてしまうということと、電柱から光ケーブルを延長する最短距離で取り付けなければならないため、穴を開ける位置の自由度が少なくやはり外観を損ねる可能性が高いということでしょう。

設計の段階から光回線を通すことを相談しよう

自宅を設計する段階で光回線を通すことを想定していれば、外観を損ねることなくインターネットの引き込み工事を行うことが可能です。
設計の段階である程度電話線やインターネット線を考慮した設計がなされるはずですが、間取りや想定しているインターネットの設置場所にきちんと配管が来るかどうかを確認することが必要でしょう。

壁に穴をあけないと光回線が通せないと分かった場合

諦めて壁に穴を開けることも必要かもしれませんが、最近はモバイルルーターが広く普及するようになっており、光回線工事を行わずともインターネットを自宅に導入することが可能です。
代表的な例はWiMAXで、SpeedWi-Fi HOME L01sであれば違和感なく自宅のルーターとして使用することができるでしょう。いずれにしても穴を開けない方法もいくつかあるため、インターネットプロバイダーの種類も調べながら導入方法を調査してください。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi