閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXでおすすめのルーターは?人気の機種を速度・機能面から徹底比較

モバイル通信をWiMAXに決めたら、次にモバイルルーターを選ばなければなりません。WiMAXは自宅でも外出先でもネット回線が使えるのが魅力ですが、利用シーンが増えると選択の幅が広くなる面があります。そのため、さまざまなモバイルルーターの製品のなかから、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、WiMAXモバイルルーターの機種の特徴やおすすめを紹介します。

WiMAXルーターとは何か

そもそもWiMAXルーターとは何でしょうか。もし知らないなら、基本的な役割や仕組みを知っておくと、WiMAXルーター選びの参考になるでしょう。WiMAXルーターと固定回線の違い、WiMAXルーターとホームルーターの違いについて説明します。

WiMAXルーターと固定回線の違いとは?

WiMAXルーターはバッテリーを内蔵し、どこにでも持ち運んで通信できます。この点、AC電源が必要な固定回線のルーターと違い、使う場所を選ばないところが便利です。
また、接続先が無線か有線かの違いもあります。固定回線のルーターは部屋のなかにあるコネクタにつながります。なぜなら、固定回線は光回線が主流ですが、光回線の場合は光ファイバーを部屋に引き込んでいるからです。一方、WiMAXルーターは無線で近くの基地局に接続します。そのため、工事が不要で、手軽にネット回線を使えるメリットがあります。また、出張や旅行、引っ越しの際も、近くに基地局があればどこでも使えて便利です。
料金の面では、通常、固定回線に比べWiMAXの方が安いです。しかし、WiMAXは決められたデータ通信量をオーバーした場合、速度制限が発生することがあります。また、固定回線の方が通信の安定性が高く、通信速度も速いです。このように、WiMAXルーターを使用する無線回線と、固定の有線回線には一長一短があるので、使用目的に合わせて選びましょう。

WiMAXルーターとホームルーター

WiMAXルーターとホームルーターの違いのひとつは、AC電源が必要かどうかです。ホームルーターは据え置き型ルーターともいわれます。機能・役割については大きな違いはなく、どちらのルーターも、ユーザーの端末と近くの基地局との通信を中継する役割があります。そのため、ホームルーターを使う場合は回線工事が不要です。通信使用料が安く、手軽に契約できるメリットがあるのもWiMAXルーターと同様といえます。
ただし、バッテリーを搭載していなかったり、WiMAXルーターと比べて大型であったりするのが特徴です。そのため、携帯用としては不向きです。一方、市販の無線LANルーターと同様にWi-Fi機能(無線LAN機能)の品質が高く、基地局との間に障害物や距離があっても接続しやすいメリットがあります。また、同時接続できる端末数も多いため、オフィスでネット回線を共有するときなどはホームルーターを選択した方がよいでしょう。

ルーター機種を選ぶポイント

ここでは、WiMAXルーターを選ぶときに押さえておきたいポイントを紹介していきます。LTE対応とはどういうことか、ルーターの通信モードの種類などについて知っておくと、ルーター選びの参考にできるでしょう。

LTEに対応しているか

LTE対応とは、WiMAXの場合「auの4G LTE回線に切り替えられるか」ということです。WiMAXに対応しているエリア以外でネット回線を使いたい場合や、電波状況が悪い場合にLTE回線に切り替えて通信が行えると便利です。WiMAXの日本全国の人口カバー率は90%を越え、都市部では99%を超えていますが、対応していないエリアもあるからです。自宅やオフィスでWiMAX回線を使うだけの場合、必ずしも必要ではありませんが、さまざまな場所でネット回線を使いたい人はLTE対応のWiMAXルーターを選んだ方がいいでしょう。
ただし、LTE対応については、あまり考える必要がありません。というのも、2017年以降発売されたWiMAXルーターは、すべてLTEに対応しているから選択の余地がないからです。それでは、次項から、このWiMAXの通常回線やLTE回線を含めた3つの通信モードについて説明していきます。

ルーターのモードを切り替えることで使い分ける

WiMAXルーターには「ノーリミットモード」「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」と3つのモードがあります。これらのモードを切り替えることで、より便利にネット回線を使えます。各モードの特徴を説明していきましょう。

ノーリミットモード

ノーリミットモードとは、従来のWiMAX回線の規格である「WiMAX」で通信を行うモードです。通信速度は13.3Mbpsと最も低速ですが、速度制限なしで通信できるメリットがあります。ただし、ノーリミットモードは2018年4月で終了しました。もし「WiMAX」のみに対応したWiMAXルーターを所有している場合、2014年11月からUQ WiMAXにて行われている「史上最大のタダ替え大作戦」を利用する方法があります。契約解除料や登録料なしでWiMAX2+に乗り換えられるので、旧機種を持っている人は検討してみてはいかがでしょうか。

ハイスピードモード

ハイスピードモードとはWiMAX・WiMAX2+の接続可能な回線のうち、高速な方に自動的につながるモードです。現在出ているWi-Fiルーターの多くはWiMAX2+対応ですが、WiMAXの通信にも対応していました。これらの機種は従来のWiMAXにも接続が可能でしたが、現在はWiMAXのサービスがなくなりました。したがって、ハイスピードモードとは「WiMAX2+で通信するモード」と考えてかまいません。ハイスピードモードは、最もメインに使う通信モードといって良いでしょう。通信モードを特に変更しなければ、ハイスピードモードで通信を行います。

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+・au 4G LTEの接続可能な回線に自動的に切り替わるモードです。両方通信可能な場合は、WiMAX2+が優先されます。WiMAX2+の対応エリアはau 4G LTEに比べてまだ狭いです。また、建物の中などではau 4G LTEの方が通信の安定性を期待できます。そのため、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+の弱点を補うモードといえるでしょう。サービスエリアの拡充を待つ必要もないので、例えば、サービスエリア外の場所でネット回線を使いたいときに便利です。
ただし、ハイスピードプラスエリアモードを使うと月7GBの制限がかかり、データ通信量をオーバーすると速度制限がかかるので注意しましょう。速度制限がかかると翌月までは128Kbpsとなります。128Kbpsは、ネットサーフィンでサイトを開くごとに数十秒かかるほど低速なので、実用に堪えないレベルになってしまいます。もし、ハイスピードプラスエリアモードを利用したなら、その月の通信量に特に注意する必要があるでしょう。

通信速度は十分か

インターネットを快適に使うためには、十分な通信速度を持っているかチェックすることが大切です。WiMAX関連のサイトなどを見ると「最大速度440Mbps」などと書いてあります。通常、この速度は「下り」のことです。「下り」とは、インターネットサイトを見たり、アプリを読み込んだりするときの通信速度のことです。一方「上り」とは、メールを送信するときや、Twitter・インスタグラムに投稿するときなどの通信速度のことです。現在の通信速度は、動画配信サイトの視聴程度は全く問題なくできる通信速度です。しかし、高画質の動画視聴や応答性が求められるオンラインゲームを楽しみたい場合などは、推奨されている通信速度を調べておきましょう。

バッテリーの持ちがいいか

持ち運びが可能なモバイルルーターの場合、バッテリーがどれぐらい持つか調べることは重要です。いざというときにバッテリー切れということになったら、残念ですよね。ビジネスなら大きな問題になってしまうかもしれません。最新機種ほど連続使用時間は長くなっていますが、端末によっても異なるので一概にはいえません。購入前に連続使用時間の項目をチェックしておきましょう。

充電がなくなりやすい理由

充電がなくなりやすい理由は大きく分けて2つあります。ひとつは、バッテリーの劣化です。この場合、回復させる方法はありませんので、「バッテリーを交換するか」「WiMAXルーターごと交換する」しかありません。もうひとつは、充電が減りやすいモードで通信していることです。高速通信になるほど、充電が減りやすくなります。通信モードについては後ほど詳しく解説しますので、ここでは、「通信モードによっては充電がなくなりやすいことがある」とだけ覚えておいてください。

長持ちさせるコツ

バッテリーを長持ちさせるコツはあるのでしょうか。バッテリーが劣化する主な原因は「過充電」と「過放電」です。これらは、充電の際のちょっとした工夫で防げます。「過充電」とはすでに充電が完了しているのに充電を続けることです。具体的には、寝る前に電源ケーブルをつないで、そのまま何日も忘れてしまっているなどのケースです。充電が完了した状態で長時間放置してしまうと、バッテリーが劣化しやすくなるので気を付けましょう。
一方、過放電とは充電が0%になった状態で放置することです。0%から充電するより数十%から充電している方がバッテリーの寿命は長くなります。こまめに充電を心がけましょう。また、放電と充電を繰り返すのも劣化の原因となります。充電しながら通信を行うと、放電と充電を繰り返してしまうので注意が必要です。

充電切れを防ぐ対策

WiMAXルーターには速度重視の通信モードや、バッテリーの持ちを重視する通信モードがあります。「ハイパフォーマンスモード」は440Mbpsの高速通信モードです。充電の残量に関わらず常に高速な通信を行うため、バッテリーの充電は最も早くなくなります。「ノーマルモード」は、充電がなくなってくると高速化を自動的に停止するモードです。「バッテリーモード」は充電状況にかかわらず高速化を停止するモードなので、省電力モードといえます。
各モードによって、連続使用時間はどれぐらい変わってくるのでしょうか。具体例として、WiMAXルーターのひとつである「WX04」の場合を紹介します。スペック表によると、ハイパフォーマンスモードでは約8時間10分、ノーマルモードでは約11時間半、バッテリーモード(エコモード)なら約13時間50分です。

WiMAXモバイルルーターの主なスペックを比較

主なWiMAXモバイルルーターのスペックを比較検討していきます。結論を先に書いておけば、デザインに特別のこだわりがない場合、最新機種を選べば間違いありません。なぜなら、通信速度やバッテリーの持ちなど、全般的に性能が高いからです。

Speed Wi-Fi NEXT W05

現在の最新機種です。連続通信時間は、WiMAX2+回線のノーマルモードで9時間、ハイパフォーマンスモードで6時間半です。LTE回線ではノーマルモードで6時間半、ハイパフォーマンスモードでは4時間20分の連続通信ができます。通信速度はWiMAX2+回線で下り558Mbps/上り30Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)となっており、LTE回線では下り最大708Mbps/上り最大75Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)です。全てのスペックが他の機種より高く、通信速度が最も高速なので、WiMAXをさくさく快適に使いたい人におすすめといえるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04

W05の前モデルです。W05との大きな違いはLET回線使用時における上りの通信速度だけといえます。WiMAX2+回線はノーマルモードで9時間、ハイパフォーマンスモードで6時間半です。LTE回線ではノーマルモードで6時間半、ハイパフォーマンスモードでは4時間20分の連続通信ができます。通信速度はWiMAX2+回線で下り558Mbps/上り30Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)となっており、LTE回線では下り最大708Mbps/上り最大37.5Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)です。バッテリーの持ちも長いですし、通信速度も通常のネット利用では問題ないレベルといえます。

Speed Wi-Fi NEXT WX04

W04の後に発売されたWX04ですが、W04より優れているのは連続通信の時間です。WiMAX2+回線はノーマルモードで11時間50分、ハイパフォーマンスモードで8時間10分です。LTE回線ではノーマルモードで10時間半、ハイパフォーマンスモードでは8時間の連続通信ができます。一方通信速度はW04より性能が低いです。通信速度はWiMAX2+回線で下り440Mbps/上り30Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)となっており、LTE回線では下り最大440Mbps/上り最大50Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)です。連続通信が長いのがWX04の魅力といえます。エコモードにすれば13時間の連続通信ができるので、長時間外出先で使用したい人やバッテリー消費を抑えたい人におすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT WX03

WiMAX2+回線はノーマルモードで9時間、ハイパフォーマンスモードで6時間半です。LTE回線ではノーマルモードで10時間、ハイパフォーマンスモードでは7時間20分、エコモードでは12時間20分の連続通信ができます。通信速度はWiMAX2+回線で下り440Mbps/上り30Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)となっており、LTE回線には対応していません。バッテリーの持ちが良いという特徴があるといえます。

Speed Wi-Fi NEXT W03

WiMAX2+回線はノーマルモードで10時間10分、ハイパフォーマンスモードで9時間半です。LTE回線ではノーマルモードで7時間10分、ハイパフォーマンスモードでは5時間50分の連続通信ができます。通信速度はWiMAX2+回線で下り220Mbps/上り15Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)となっており、LTE回線では下り最大370Mbps/上り最大25Mbps(ハイパフォーマンスモード設定時)です。440Mbpsの高速通信やBluetooth通信に対応していないなど、他の機種に比べて性能がやや劣ります。

Speed Wi-Fi HOME L01s

据え置き型のホームルーターでは、「Speed Wi-Fi HOME L01」のマイナーチェンジモデルである本製品がおすすめです。最大接続端末台数は40台で、LTEにも対応しています。通信速度は下り最大440Mbpsとなっており十分な通信速度です。また、USBポートを備えていたり、通信状況を確認できるLEDランプが付いていたりと使い勝手もよく考えられています。家で安定したネット環境を構築したい人におすすめのルーターといえるでしょう。

ルーター機種変更はできるの?

WiMAXルーターを機種変更することはもちろん可能です。ここでは、機種変更するメリットについて解説していきます。また、機種変更する場合には注意点もあります。契約期間や違約金など注意しておきたいポイントをまとめました。

機種変更するメリット

機種変更を行うメリットとは、使い勝手やルーターのデザインなどを別にすれば、通信性能の向上が目的であることがほとんどでしょう。WiMAXからWiMAX2+に乗り換えたり最新機種にしたりすると、どのように通信性能が変わるのか解説していきます。

WiMAXからWiMAX2+への乗り換えで通信速度が速くなる

「WiMAX」のみに対応しているルーターの場合、機種変更によって「WiMAX2+」に移行できます。以前は40Mbpsの通信を行えたWiMAXですが、13Mbpsと速度が低下し、現在では使用できなくなってしまいました。「WiMAX2+」ではルーターの機種によって高速通信が可能なので、機種変更をしてみてはいかがでしょうか。最新機種を使用すれば、WiMAXとは比較にならないほどの圧倒的な速度である「下り最大440Mbps」でデータ通信を行えます。

最新機種への変更で最大速度がアップする

ネットサーフィンやメール送受信がメインのユーザーは、現在使っているWiMAXルーターでも快適に使えていることでしょう。そのため、「別に機種変更は必要ない」と感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、WiMAXルーターの製品スペックを説明した内容からも分かるように、最新機種になるにしたがって通信速度は向上してきています。最新機種に機種変更することで、より快適なネット環境となることは間違いありません。UQコミュニケーションズはWiMAX2+通信の向上に力を入れていますから、定期的にWiMAXルーターおよび最大速度をチェックしてみてはいかがでしょうか。

機種変更するときの注意点

通信速度など快適な通信環境という面から見れば、機種変更にはメリットしかありません。しかし、料金やいわゆる「2年縛り」「3年縛り」という契約期間の点から見ると、思わぬデメリットが発生してしまうことがあります。機種変更するときの注意点を説明します。

更新月でないと違約金が発生する

WiMAXの契約期間は2年もしくは3年と長いです。しかも、更新月を逃してしまうと、違約金なしに契約を終了するのに、さらに次の更新月まで2年もしくは3年を待たなければなりません。もし、機種変更したいからと解約すれば違約金が発生するので注意しましょう。解約をしない限り違約金は発生しませんが、いつまでも機種変更を行わないとWiMAXルーターの劣化が気になります。例えば、スマホなどと同様にバッテリーが劣化してきますし、部品の故障が心配です。また、性能面でも最新機種に比べると見劣りしてきているでしょう。
WiMAXルーターの利用期間が長くなるほど、販売価格が安くなっていることがほとんどです。また、現在の機種を2年以上利用していると新しい機種代が無料などのサービスもあります。機種変更を長期間していない人は、お得に機種変更できることがあるのでチェックしておきましょう。

契約期間が通算される

「WiMAX」から「WiMAX2+」の機種変更は、契約期間がリセットされます。しかし、「WiMAX2+」から「WiMAX2+」の機種変更は、単に新しい機種を購入しただけという扱いとなります。したがって、契約期間が引き継がれ、契約更新月も変わりません。リセットされたと考えて、契約更新月を間違えないように気を付けましょう。

機種変更よりも乗り換えの方がお得になることも

機種変更も選択のひとつですが、他のプロバイダに移った方がトータルで払う金額が少なくなる可能性もあります。例えば、高額のキャッシュバックを実施している場合などです。中途解約による違約金を差し引いても、プロバイダを乗り換えた方が安くなることもあります。さらに、乗り換えを行うときに最新機種を選べば、通信速度を向上させることもできるので、一石二鳥のメリットがあるともいえるでしょう。

WiMAXのプロバイダを選ぶ

プロバイダの乗り換え・新規契約をするときに悩むのがプロバイダ選びです。ここでは、おすすめのWiMAXのプロバイダを紹介していきます。高額のキャッシュバックや、ルーターの価格を抑えられるサービスを実施しているので参考にしてください。

乗り換えをお得にするならBroad WiMAX

乗り換え費用を負担してくれるのが「Broad WiMAX」です。また、業界トップクラスの月額料金の安さが大きな魅力です。また、Broad WiMAXの場合、加入した月からの月額料金に全ての割引が含まれているシンプルな仕組みを採用しています。キャッシュバックなど、後の手続きがやや面倒なシステムはありません。月々のコストをできるだけ抑えたい、キャッシュバックの手続きを忘れそうという人におすすめです。

キャッシュバックを使用するならGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックが最も高額のため、乗り換えにかかる費用をキャッシュバックで補えます。ただし、キャッシュバックを適用する手続きがやや面倒です。契約後11カ月後に登録したメールアドレスに通知が来るので、1カ月以内に所定の手続きを行わなければなりません。口コミでは、手続きが面倒・分かりにくいなどの声が出ており、実際、キャッシュバックを忘れてしまう人が多くいる傾向なので注意しましょう。

ルーター価格を抑えるならso-net WiMAX

ルーターの価格を抑えたいなら「so-net WiMAX」がおすすめです。キャンペーンの適用で、機種本体と送料が無料になるからです。さらに、3年契約を行うとLTEオプションが無料で付きます。初期費用をかけず、自宅や外出先でネット回線を使いたいという人に向いているプロバイダといえます。

自身にピッタリのWiMAXルーター機種を選ぼう

WiMAX回線は、特別な使い方をしなければ、十分快適にインターネットが楽しめるほどの高速通信を実現しています。光回線のように工事をする必要がないので手軽にネット環境を手に入れられるのは大きな魅力でしょう。自宅だけでなく外出先でもネット回線が使えるというのも便利です。通信速度はWiMAXルーターの機種の性能が大きく関係します。最新機器になるほど、高速通信が可能になっていますし、LTE通信にも対応しています。機種変更やプロバイダを乗り換えることで、現在の通信環境を大幅も向上できることもあるでしょう。快適なWi-Fi環境のためにはWiMAXルーターの機種選びが重要です。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi