閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

徹底解説!WiMAXやWiMAX2+の対応エリア確認を行うには?

モバイルルーターの中でも高速ネットアクセスが可能な端末と言えばWiMAXです。工事が不要で、月額データ量の上限がないことから、ネットのヘビーユーザーにも人気のサービスです。

以前は、接続可能エリアについては携帯電話のネットワークを利用するスマートフォンなどと比べると弱い点もありました。次世代のWiMAX2+になり、ルーターの性能も向上し、基地局などの送信環境も充実してきています。

この記事では、WiMAXの基本について触れつつ、通信可能エリアの詳細について説明していきます。

WiMAXってどんなもの?

WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供する高速インターネット接続サービスです。
UQコミュニケーションズはUQWiMAXという独自のサービスを提供しています。その他に、スマートフォンの格安SIMを提供するMVNOと同じように、複数のプロバイダもWiMAXサービスを提供しています。
小型のルーターを持ち歩くことで「どこでもインターネット接続」が楽しめます。

光ファイバーによる固定回線は自宅でしか使えませんが、WiMAXは自宅でも外出先でも自由な使い方を許容するシステムとしてデザインされています。
もちろん、WiMAXの電波が届く範囲という制限はありますが、対応エリアは都市中心部から順次拡大中です。

特徴

WiMAXの特徴としては2つのポイントが挙げられます。

1つ目は、どこでもインターネットができる点。
WiMAXを利用するには、ルーターと呼ばれる小型の通信端末が必要です。このルーターが中継地点になってインターネットに接続して、パソコンやスマートフォンとはWifiを使ってつなげます。

2つ目は、複数の機器と同時に接続ができる点。
WiMAXのルーター1台で最大10台のデバイスが接続可能になります。自分の端末だけではなく、家族のぶんまで接続できるので、自宅のインターネット接続を固定の光ファイバー回線などからWiMAXに乗り換えるユーザーもいます。

メリット

WiMAX導入の主なメリットとしては、まず通信料が安くなることです。
WiMAXのルーターには複数のデバイスが接続できます。スマートフォン・タブレット・パソコンなどの別々に契約していたインターネット接続契約をまとめることができるのです。

WiMAXの通信料金はパケットに課金するわけではないので、どれだけ使っても月額料金は変わりません。さらに、配線工事なしで即日使える点も魅力的です。
配線がないので見た目もスッキリしていて、置き場所も選びません。普段は自宅で使っていても、必要があれば持ち出すこともできます。

WiMAXが使えるエリアについて

高速接続や場所を選ばない点が魅力的なWiMAXですが、サービス提供エリアが限定されていて、通信がうまくいかないエリアも存在します。基地局数が充実する携帯電話の電波カバーエリアには及ばない面があるのも事実です。

また、WiMAXは通常の携帯電話回線と異なる周波数の電波帯を使っています。そのため通信可能エリア内であっても、室内の状況によっては繋がりにくくなることもあります。

ここでは、WiMAXが使えるエリアと使えないエリアについて詳しく解説します。

使用できるエリア

WiMAXの使用可能エリアは、人口カバー率では99パーセントとなっており、その意味ではほぼ日本全国で使えます。

また、公共交通機関の施設や車内でもWiMAXが利用できる場所が増えてきました。空港や鉄道や地下鉄の駅はもとより、たとえば東海道新幹線N700系の東京~新大阪間の車内でも利用できます。
ルーターの受信性能の向上や基地局の増設も急ピッチで進んでいるため、使用可能エリアは順次拡大中です。

使用できないエリア

WiMAXの通信可能エリアを評価するときの人口カバー率というのは、対象自治体の庁舎が圏内であることを条件として、その市区町村の総人口を加算してゆく指標です。つまり、「カバーした」ことになっている地域であっても、山間地域や地下街などでは圏外になることはあります。

通常のスマートフォンなどが利用する周波数は700~2GHzであり、電波の特性として周波数の高さと直進性・反射性は比例します。つまり、周波数は低いほうが拡散性・透過性が強くなり、障害物があっても回り込んで通信が容易になるのです。

WiMAX2+では2.5GHzという高帯域の電波を主に使用しているため、壁などの遮蔽物の影響を受けやすくなることがあります。

サービスエリアマップでWiMAX使用可能エリアがわかる!

サービスエリアマップと3つの通信規格について解説します。
WiMAXの使用可能エリアを判定するために、さまざまな情報が公開されています。そのなかのひとつがサービスエリアマップです。

また、通信規格も複数用意されており、通信速度の向上とともに通信エリアの拡大が目指されています。

サービスエリアマップとは

サービスエリアマップとは、全国でWiMAXが使えるエリアを地図にしたものです。
図式化された日本地図上に都道府県名がプロットされており、そのリンクをクリックするとGoogleマップが表示されます。

このマップには3色で色分けされており、ある時点までの対応エリアがグラフィカルにわかりやすく表現されているのです。
たとえば、WiMAX2+のマップでは、440Mbps対応エリアは「ピンク」、WiMAX2+サービス利用可能エリアは「パープル」、将来的な使用可能エリアの拡大予定については「サーモンピンク」、これらのカラーが乗っていない部分は、利用可能外エリアを示しています。

3つの通信規格でわけられている

WiMAXのメインサービスプロバイダーであるUQコミュニケーションズのサービスエリアマップは、3つの通信規格に分けて表示されています。

1つ目は、従来のWiMAXのエリアです。
ちなみにWiMAXのエリアは順次WiMAX2+のエリアに移行してきています。

2つ目は、WiMAX2+のエリアです。
基本は下り最大220Mbpsでの接続が可能ですが、ルーターの機種によっては下り最大440Mbpsという倍速度での通信が可能なエリアが拡大しています。

3つ目は、LTEのエリアです。
LTEは携帯電話用の通信規格で、通信速度はWiMAXには及びませんが、基地局などのインフラ整備の歴史があるため、地方などのWiMAXが利用できない場所で効力を発揮します。

WiMAX

2009年2月に運用開始された高速ネット接続サービスがWiMAXです。
つなぎ放題のプランでリーズナブルに使えますが、下り最大40Mbpsから13.3Mbpsにダウングレードされるエリアが広がってきています。WiMAXの新規契約は受付が終了しており、後継のWiMAX2+に移行が進んでいます。

WiMAX2+

初代WiMAXの後継規格がWiMAX2+です。
下り最大440Mbpsという高速通信が可能なため、モバイルルーターを自宅に据え置いて使うユーザーもいます。だだし、2015年から開始されたサービスなので、通信インフラの整備が進行中で、使用可能エリアに限度があります。

また、通信容量無制限のプランであっても、前日までの3日間に10GBを超える通信を行うと、次の日の夜間に通信速度の制限が課されます。

LTE

もともと携帯電話の通信規格であったLTEは、携帯電話の世代区分で言えば3Gと4Gの間にある技術です。
WiMAXと基本的に同じような技術を使っているため、両者の親和性は高いといわれています。WiMAXより先行していたため、インフラ整備が行き届いており、地方都市などでもストレスなく使えます。

WiMAX使用可能エリアを調べる方法とは?

サービスエリアマップでWiMAX使用可能エリアを調べる方法について解説します。

UQコミュニケーションズではウェブブラウザで確認可能なエリアマップを提供しているため、WiMAXの通信環境がすぐにわかります。なお、PCではなくスマートフォンでエリアマップにアクセスすると、GPS機能を使って簡単に現在地のエリア判定ができます。

UQコミュニケーションズの公式サイトのエリアマップで探せる

サービスエリアマップを使うと最新の通信環境対応状況を簡単に調べることができます。

UQコミュニケーションズの公式サイトの「エリア確認ページ」にアクセスする。
「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」の2つのタブがあるので前者(左側)をクリック。下に表示されるタブが切り替わり、WiMAX、WiMAX2+、LTEの3つのタブが選択できるようになる。
調べたい通信規格のタブを選んで、表示されている日本地図の上にある都道府県名をクリックする。

通信サービスエリアが色分けされたマップが表示されます。
一般的に使われているGoogleマップの上に、カラーレイヤーでサービス提供エリアがオーバーレイされる感じです。
拡大縮小も可能なので、知りたい場所の通信環境がすぐにわかるという仕組みです。

ピンポイントエリアで△または×と判定された場合

WiMAXの端末を注文して到着後に、自宅やオフィスなどWiMAXサービスを使いたい場所のピンポイントエリア判定が△または×であることがわかったとします。
もし、他の電波条件の良い場所で使う可能性がなければ、速やかにキャンセル処理をすることをおすすめします。

Broad WiMAXでは8日以内の申請で、クーリングオフ制度に似た「初期契約解除制度」を使って契約キャンセルが可能です。

キャンセル手順
① 端末到着後「8日以内」に、Broad WiMAXのウェブサイトに表示されるサポートサイトから電話で申請
② キャンセルの申請後「7日以内」に、ルーター本体と付属品などを配送時の箱に入れて返送する。
期限内に商品の返送が確認されるとキャンセルの受付が完了です。
なお、事務手数料は申込者が負担する必要があります。

ピンポイントエリアで×と判定された場合

利用を想定していた場所が、ピンポイントエリア判定で×だった場合、WiMAXの公式ウェブサイトを通じて要望をあげてみます。
WiMAXの公式ウェブサイトの問い合わせページから、そのエリアの電波状況の報告や顧客からの要望を受け付けています。
また、急いでインターネット接続環境を整える必要があれば、他の接続サービスの利用可能性も検討してみましょう。

Broad WiMAXではそのエリアで使える他のWi-Fiサービスを紹介するサービスもあります。「BroadWiMAXエリアご相談窓口」のフリーコールで相談してみましょう。

WiMAXとWiMAX2+をもっと知りたい!エリア拡大予定はあるの?

携帯性と高速接続が両立したWiMAXのルーターですが、契約前に最も気になるのは自分が利用を想定している場所が接続可能エリアに入っているかどうかでしょう。
もし、ピンポイントエリア判定で×になった場合、いつ頃利用可能になるのか知りたいところです。

ここでは、WiMAXとWiMAX2+のエリア拡大予定について解説していきます。

プロバイダによって対応エリアは変わるのか

WiMAXは、回線速度や品質の違いなどプロバイダによる差はありません。
多くのプロバイダで行われているキャッシュバック制度の有無や、各種キャンペーンの違いはたしかにあります。

たとえば、無料でルーターがもらえる場合でも、プロバイダごとに機種が異なったりします。しかし、MVNOである格安SIMなどでよく見られる、通信速度に差があるサービスとは異なり、通信回線の信頼性や速度に関して気にする必要はありません。

WiMAXとWiMAX2+のエリア拡大予定は

WiMAXとWiMAX2+は、通信規格としては先発と後発の関係にあります。したがって、それぞれの通信エリアは古いものから新しいものに更新される関係ともいえます。
具体的には、WiMAXの範囲が狭くなり、WiMAX2+のエリアを拡大していく方針のようです。

また、これまでWiMAXのサービスが十分ではなかった空港、鉄道、地下鉄などの各種交通機関と協力して、通信エリアそのものの拡大にも努めています。
このようなサービス品質・つながりやすさ向上のための継続的な努力は、ユーザーにも好意的に受け入れられることでしょう。

エリア拡大予定のWiMAX2+について

WiMAX2+は、2013年10月末の運用開始時点で下り最大速度110Mbpsでした。
これが、2015年2月に下り最大速度220Mbpsとなり、2017年2月には440Mbps対応エリアを全国に展開するようになっています。
このような急速なサービス向上の背景には、長期計画に基づいた基地局の設置戦略がありました。

WiMAXについて知りWiMAX2+を使ってみよう

これまでご紹介したように、WiMAX2+のエリアは今後も拡大する予定です。
拡大するだけにとどまらず、使い勝手の良さや品質の向上にも努めています

公式ウェブサイトのサービスエリアマップとピンポイントエリア判定にアクセスして、利用する場所のアクセシビリティを確認してみましょう。
判定結果がよければ、ぜひWiMAX2+に申し込みをして実際に使ってみましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi