閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

W-Fi接続が不安定なら中継器で改善

せっかくWi-Fiを家の中に設置したのに、思うように繋がらなかったり時折接続が切れてしまったりすることがあるかもしれません。何枚も壁を隔てているわけでもなく、ルーターや端末に問題があるようにも思えない場合意外とストレスになるものです。

Wi-Fiの接続が思うようにいかない場合、家にWi-Fi中継器を導入するのが解決策となるかもしれません。Wi-Fi中継器とは何でしょうか?

そのメリットやデメリット、設置する際の注意点はあるのでしょうか?Wi-Fi中継器の詳細についてご紹介します。

Wi-Fi中継器とは?

Wi-Fi中継器とは、Wi-Fiルーターの電波を文字通り中継してより遠くまで飛ばす製品で、親機だけでは十分にカバーできない範囲にインターネットを接続させます。
一台のWi-Fiルーターだけで一軒家全てをカバーするのは難しいところがあります。
壁に遮られたり親機から最も遠くなる場所ではどうしても繋がらないなどの状態が生じるため、中継器を導入することでより快適にインターネットを使用することが可能です。
親機から離れた場所では、中継器によって安定したインターネットの利用が可能になります。

Wi-Fi中継器のメリットデメリット

Wi-Fi中継機を導入する上で考えなければならないポイントは何でしょうか?
そのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

Wi-Fi中継器のメリットは、何と言っても自宅のWi-Fiをそのまま使用してインターネットに接続できるエリアを広げられることでしょう。中継器を通して確実にWi-Fiの電波を飛ばすため、ルーターの能力や端末の受信能力に頼らずともインターネットに接続することが可能になります。

親機の情報をそのまま中継するタイプもあり、面倒な設定なしでWi-Fiが使えるエリアを広げられるというメリットもあります。
何より高価な製品ではなく、どこでも手に入れられる製品であるため導入が簡単で、コンセントに差し込んで簡単な設定を終えたらそのままWi-Fiエリアが広がるというお手軽さも魅力です。

防水のスマートフォンで入浴しながら音楽や動画を楽しむといった使い方が広まっているため、Wi-Fi中継器によって家の中のWi-Fi接続エリアを広げることができれば、家じゅうどこでも高速で通信することができます。

デメリット

いいとこだらけのようなWi-Fi中継器ですが、実は通信速度が遅くなったり接続が安定しないといったデメリットがあります。
これらは必ずしも発生する症状ではなく、設定や設置場所次第で改善可能な部類の欠点なのですが、同じ周波数帯を使用する中継器を使うと、速度が半分になるという症状が発生します。
そのため、親機のWi-Fiルーターから受け取る電波と中継器が発信する電波を異ならせることで、通信の混雑を発生させずに速度を維持することができます。

接続が安定しないといった症状が時折生じることもデメリットです。有線で接続されているわけではないため、飛んでいる電波をキャッチして再度電波にして発信する方法では、有線接続に比べてどうしても接続が不安定になりがちです。

Wi-Fi中継器の選び方

そんなWi-Fi中継器を導入する際に注意すべき点は何でしょうか?
Wi-Fi中継器の選び方のポイントをご紹介します。

接続方法に注意する

中継機は電源コードを使用して自由に設置することができるケーブルタイプと、本体にコンセントがむき出しに付いていて、直接差し込むことでスッキリさせられるコンセントタイプの2種類があります。

そもそも、中継機を設置しようとしている場所はどこでしょうか?
コンセントが理想的な場所にあれば、ケーブルタイプでもコンセントタイプでも構わないでしょう。
しかし直接コンセントに差して放置するには不便だったり危険だったりする場所ではコンセントタイプは使用できませんし、本体を設置する場所がなくケーブルが垂れ下がってむしろ危ないというような場所ではコンセントタイプの方が安全です。

ご自宅のコンセントの位置やその周辺の環境を調べて、新たにWi-Fiを飛ばしたいエリアとの関連を考えてから中継器を購入するのがおすすめです。

有線LANポートの有無

有線LANポートを調べるのも大事なポイントです。
Wi-Fiを飛ばすのに有線LANが必要なのかと不思議に思われるかもしれませんが、無線LAN機能が搭載されていないパソコンなどでも、親機から離れた場所でインターネットを使用するために、有線LANポートを搭載しているモデルの方が汎用性があります。
ご自宅に無線LAN機能を搭載していないパソコンなどがなければ考慮する必要はありませんが、中継器から安定した接続を実現したいという方や、離れた場所で今のWi-Fiを使用しながら無線LANを搭載していないパソコンでインターネットをしたいという方には必須の機能となります。

通信規格に注意する

WiMAXや無線LANには規格があるため、受信機能に同じ規格を採用している中継器でなければなりません。通信規格は以下6種類があり、規格により通信速度と周波帯域も異なります。

・『IEEE802.11b』11Mbps 2.4GHz帯
・『IEEE802.11g』54Mbps 2.4GHz帯
・『IEEE802.11a』54Mbps  5GHz帯
・『IEEE802.11n』300Mbps 2.4G帯/5GHz帯
・『IEEE802.11ac』6.9Gbps  5GHz帯
・『IEEE802.11ad』6.7Gbps  60GHz帯

例えば、WiMAXのW05の規格は『IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)』です。
WiMAXのW05は6種類の規格のうち5種類に適合しますが、この場合購入すべき中継器は一番速度の速い『IEEE802.11ac』規格を選びます。

このように親機との関連を考えながら中継器を購入しましょう。

Wi-Fi中継器設置の注意点

Wi-Fi中継器を購入したなら、設置する際にもポイントを押さえて快適なインターネットの利用を実現しましょう。

置き場所に気をつける

置き場所や後ろにあるものに気を配ることで速度が変化するのがWi-Fiです。床や棚の下の方など、低い場所に置くだけで速度が低下してしまうこともあります。
親機の設置場所もさることながら、中継器の置き場所はできるだけ障害物がない高い場所を選ぶようにしましょう。

ルーターと同じように、中継器を中心に同心円状に電波が広がるため、Wi-Fiを広げたいエリアの中心部に中継機がくるように設置してください。

窓際や部屋の隅に置いてはあまり意味がありません。当然ながら、中継機が近くにあればあるほど電波強度は高くなります。
例えば、お風呂や家の最端に位置する部屋にWi-Fiを届かせようと思う場合、その場所に近い位置に中継機が設置される必要があります。

理想となる場所にコンセントはあるでしょうか?あるとすれば、その周辺に中継器を置けるようなスペースがあるか、もしくはコンセントはあるものの物を置けるような場所ではなかったりするでしょうか?
ケーブルタイプかコンセントタイプを購入するかは、こういった要素にも左右されます。
階段のような開けた場所の方が電波が届きやすいといったことも考慮しなければなりません。
位置的には理想であるものの、三方が壁に囲まれていたり奥まっているような場所では、中継器は十分に機能果たせないこともあります。

中継機が電波を受信する能力は非常に高いため、Wi-Fi電波が中継機に届かないというトラブルよりも、中継機が発信する電波が適切に届かないというトラブルの方が多いようです。
適切な場所に置くことができれば、中継器を導入することで現状よりはるかに速い通信速度を実現することもできます。

ルーターを高性能なものにするより、設置場所や設置の仕方、周波数帯の際の適切な選択によってWi-Fi環境を高速で快適なものにすることが可能です。

近くにものを置かない

周囲に物を置かないことも重要です。できれば5cm以内には物を置かずに開けた場所を確保するようにしてください。発信する電波が障害物に邪魔されている可能性があります。
またこれには中継器に熱がこもらないようにするという目的もあり、できるだけ温度が高まりにくい場所や通気性を確保することで、安定した運用を可能にします。

一度触ったことのある方ならおわかりかもしれませんが、Wi-Fiルーターは使用時に驚くほど熱くなることがあります。

通信時には高度な負荷がかかったまま連続で機能しなければならないため、中継機ができるだけ低負荷で機能できるように、周囲に物がない場所に設置するのが最適です。

複数設置すればよいとは限らない

Wi-Fi中継器を複数設置すれば、同じWi-Fiの電波を無限に拡大できるような気もしますが、実際には複数設置すればするほど通信の安定性が低下します。Wi-Fiの親機に勝る中継器は存在しません。
電波は、距離が離れたり経由する場所が多くなればなるほど弱くなってしまうものです。
特にWi-Fiルーターと中継器のような、飛んでいる電波をキャッチしてそれを再び電波にして発信する方法では、どうしても周辺の環境や障害物に左右されてしまいます。

可能であれば、中継器以外の方法でWi-Fiエリア拡大を考慮してください。
中継器やルーターなどのハードウェア以外にも、設置場所や障害物の有無などを考慮すればさらなるパフォーマンスを引き出せるかもしれません。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi