閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Wi-Fiアイコンの「!」「×」の意味とは?

インターネットを使用していて、Wi-Fiアイコンの横に「!」や「×」が表示されたことはありませんか?
電波状態や使用環境によってこういったマークが表示されることがあります。
こうなるとインターネットに接続できなくなるため、どうすればいいかお困りの方もいらっしゃるかもしれません。

このようなマークが表示された場合に何をすべきなのか調べてみましょう。

ビックリマーク「!」が表示されたら…

まずはビックリマークとも呼ばれるエクスクラメーションマーク「!」について見ていきましょう。
これが表示されたらどうすればいいのでしょうか?

「!」が表示される原因

Wi-Fiのアイコンの横に「!」が表示されると、インターネットに接続できていないことを意味します。Wi-Fiルーターと端末は接続できていますが、ルーターからインターネットは接続できていません。理由はいくつかあり、特定するのは難しい場合があります。

Wi-Fiの電波が混線している
電波干渉を受けている
インターネットの速度が非常に遅く、接続を認識できないほど低下している
ルーターが故障している
ルーターへと接続しているLANケーブルに不具合がある
IPアドレスにトラブルが起きており、重複するなどしてアクセスポイントを認識できなくなっている
SSIDやパスワードの設定ミスによりネットワークが認識されていない

電話の混線や電波干渉、インターネットの速度低下など時間の経過とともになくなるトラブルもあるため、気付けばいつのまにかインターネットに繋げていたといったこともよくあります。
しかしインターネットが今すぐ必要な場合や、「!」マークを今すぐ解消したい場合には何ができるのでしょうか?

「!」の対処方法

いつまでたってもマークが消えない場合は次のことを試してみましょう。基本的には再起動が主な対処法となります。

スマートフォンやパソコンなどのWi-Fi機能を一度オフにする
同じく端末の電源を一度落とし、再起動する
Wi-Fiの設定を削除し、もう一度パスワードを入れ直す
ルーターの電源を一度切り、1~5分待ってから再び起動する
ルーターのセキュリティーやパスワード設定をやり直す(再設定)

時間と共に消えるタイプのとトラブルであれば、端末やルーターを再起動するだけで接続できる場合があります。それでもダメな場合や、1~2日経っても解消されない場合は、インターネット回線ではなくルーターそのものにトラブルが生じている可能性があります。
物理的なトラブルは解消に時間がかかりますが、一度対処すれば再発する可能性は非常に低くなります。

バツマーク「×」が表示されたら…

では、バツマーク「×」が表示された場合の対処法は何でしょうか?ビックリマークとは違うWi-Fiの状態を見てみましょう。

「×」が表示される原因

Wi-Fiが使えていない可能性があります。Wi-Fiが存在していないというよりは、ワイヤレスネットワークアダプターに問題がある場合があります。
パソコン側のネットワーク設定や、最悪の場合機械的な損傷が発生しているかもしれません。アダプターが認識されていない場合や接続不良になっている可能性も考えられます。

「×」の対処法

まずはスマートフォンでもパソコンでもWi-Fiの設定を確認してください。Wi-Fiがオフになっていると「×」マークが表示されます。
Wi-Fiの機能をオンにしてしばらく待ってまってみましょう。端末をしばらく電源オフにしていないと、機械的な問題でWi-Fiを認識しないことがあります。再起動してWi-Fiをキャッチするかどうか観察してください。大抵の場合は、端末の再起動によってWi-Fiに接続できることがほとんどです。
Wi-Fiルーターの方も同様に再起動する必要があるかもしれません。パソコンなどを使用している場合で無線LAN子機をパソコンにさしてWi-Fiに接続している場合は、無線LAN子機を再接続することでWi-Fiにつなげられるかもしれません。

Wi-Fiマークが出ているのに繋がらない!原因は?

Wi-Fiマークが出ているのに接続できない場合、原因は何でしょうか?以下のような理由が考えられます。

Wi-Fiの信号が弱すぎ、ネットワークが認識されていない
同じWi-Fiを利用している人が多すぎ、接続可能台数の上限を超えている
インターネット回線そのものにトラブルが発生している
インターネットを提供しているプロバイダー側にトラブル
ルーターそのものが上手く機能していない
フリーWi-Fiスポットにおいて、認証ミスや一時的な接続のトラブルにより接続までプロセスが進まない

Wi-Fiに繋がらない時の対処法

こういった現象が発生した場合に取るべき対処方法を紹介しましょう。
プロバイダー側の技術的な問題や、非常に専門的な知識を要するトラブルでない限り、接続不良はかなりの程度改善されることが期待できるものです。

ここでは自分でできる対処法について紹介していきます。

電波状況を確認

まずは端末の電波状況を確認してください。Wi-Fiは電波をしっかりと受信しているでしょうか?
Wi-Fiの電波が1~2メモリ程度の受信強度であった場合、距離によってインターネットに接続できていない可能性があります。

Wi-Fiとは不思議なもので、壁一枚を隔てるかどうかやほんの少し距離が遠いか近いかで驚くほど通信速度や強度が変わったりするものです。
1メートル移動したり、極端な場合は端末の向きを変えるだけで、しっかりとインターネットに接続できるようになるということも珍しくありません。電波状況が悪い場合は、同じ部屋の中でも最もWi-Fiを強く受信できる場所に移動したり、ドアを開ける、廊下側に移動するなどの方法で今いる場所の“Wi-Fiのスイートスポット”を探してください。

WiMAXなどのモバイルルーターを利用しておられる場合は、ルーターを窓際に置いたり2階に置いたりするだけでかなりの程度改善される場合があります。

ルーターや端末を再起動する

端末やWi-Fiの電波に問題がない場合、お決まりの手順ですがルーターや端末そのものを再起動してみましょう。電子機器とは繊細なもので、再起動によって本体に設定を理解させなければうまく機能しないことが多々あります。
端末を再起動してみてWi-Fiの電波をうまくキャッチできればすぐに使用し始められます。

Wi-Fiの電波があるにもかかわらずうまく接続できなかったり、何度も途切れたり接続を認識しない場合は、ルーターの電源を切ってしばらく待ってみましょう。インターネットの回線そのものが混雑しているなどのトラブルがない限り、ルーターをリセットすることで接続できる場合があります。

ネットワークを再設定する

それでもインターネットに接続できない場合は、ネットワークを再設定してみましょう。
端末の数が多くてネットワークが認識されない場合や、ルーターの性能が弱くWi-Fiがうまく機能しない場合に有効です。

難しい設定を行う必要はありません。端末側でWi-Fiやルーターの情報を削除し、Wi-Fiの設定画面に表示されるSSID一覧から、目的とするWi-Fiの電波を選択して再度パスワードを打ち込みます。
同じネットワークを、一度削除してもう一度パスワードを入力して認識させることで、再び利用できるようになることも非常によくあります。

普段使っているWi-Fiにもかかわらず、「パスワードが違います」などのメッセージが表示されることもあります。こういった場合にもネットワークの再設定が有効です。

周波数を変える

Wi-Fiルーターに、周波数を変更する機能が搭載されている場合、2.5GHzか5GHzのどちらかに変更することが可能です。電波の混線によって通信障害が発生している場合は、周波数を切り替えることで接続が安定する可能性があります。
Wi-Fi中継器を使用している場合などはこれが当てはまり、親機から発する周波数と中継器から発する周波数を変える必要があります。

周波数が変われば嘘のように通信が安定するかもしれません。

そもそもWi-Fiアイコンが出ていない

以上はWi-Fi電波を受信しているにもかかわらず接続できない場合の対処法でしたが、そもそもWi-Fiのアイコンすら出ていない場合はどうすればいいのでしょうか?
以下に一般的な対処法を挙げてみました。

Wi-Fi設定をオフにしていないか

うっかりWi-Fiの設定をオフにしていないでしょうか?飛行機に乗るなどしてWi-Fiをオフにしてしまったり、インターネットの使用を禁止するような病院や特定の施設などでオフにしたまま自宅に帰った場合などに、ルーターばかりを疑って端末側の設定を忘れてしまうことがあります。

初歩的なミスですが、Wi-Fiを接続するにあたって最も基本となる設定であるため、端末側のWi-Fi設定をまず確認してみましょう。

再起動してみる

それでも不思議とWi-Fiの電波をキャッチしないようであれば、やはり端末を再起動して様子を伺ってみましょう。全ての端末を再起動することをおすすめします。
再起動する順番は“インターネットから遠い”順です。まず手元に持っている端末から、その次にWi-Fiルーター、モデムの順に電源を切っていきます。
念入りに再起動する場合は10分以上待ってから電源を入れてみましょう。
電源を入れるのは再起動するのと逆の順番に入れていきます。

再起動後はすぐにインターネットに繋がずにしばらく置いておくと、接続の可能性が上がる場合があります。

インターネット回線のトラブル

全ての手を尽くしてもインターネットに接続できなかったり、設定が安定しない場合は、インターネット回線そのものにトラブルが発生していることが考えられます。プロバイダーに連絡して症状を伝える必要があるでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi