閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

そのWi-Fi本当に安全?セキュリティ対策と注意点を紹介

インターネットとほぼ同義語のように考えられているWi-Fiですが、今やコンビニやカフェ、公共施設でも無料で提供されるほど普及する時代になりました。電子機器さえ持っていればインターネットに接続することができるため非常に便利なのがメリットですが、インターネットといえばウイルスや不正アクセスなどの危険が潜んでいるのも事実です。
Wi-Fiの危険性やセキュリティを調べて、今後も安全にインターネットを利用していくための対策を考えましょう。注意点さえ守っていれば、不用意に個人情報を盗まれたり危険にさらされたりすることはないはずです。

なぜWi-Fiにセキュリティが必要か?

Wi-Fiとは、無線LANを使用した接続システム全般を指しています。電子機器同士の接続性を保証するためアメリカの団体がいくつかの規格を設定し、それが世界中に普及している状態です。
その商標のことをWi-Fiと呼びますが、無線LANやインターネットの電波とほぼ同じように考えられているのが現状です。
Wi-Fiが飛んでいる場所では、そのひとつの電波が飛んでいるだけで一定の限界に達するまで何台でも接続することが可能です。ここにセキュリティの必要性が生じます。
あなたが今接続しているWi-Fiにもし他の人が接続したとすると、あなたが使用している端末と相手が使用している端末を接続させることが可能になります。

一般的な家庭のインターネットでは、無線LANの電波を飛ばすルーターにパスワードが設置されており、これによってそのネットワークを外部のアクセスから保護しています。もしセキュリティがなければ誰でもそのネットワークに接続することができ、それは同時にそのネットワークに接続しているあなたの端末全てに外部からアクセスできるということを意味します。
加えて、ネットワークを解析するソフトを使用することで、どんなやり取りをしているかを全て覗くこともできます。インターネットショッピング等で使用したクレジットカードの情報や、自宅の住所や氏名、電話番号などの個人情報まで盗まれかねないため、複雑なネットワークの世界でもセキュリティを常に導入しておく必要があります。無料のWi-Fi電波をあえて飛ばすことで、接続した人の通信内容を傍受するといった手口も観察されています。
以上のような理由から、Wi-Fiにセキュリティを設定することはむしろ不可欠な要素なのです。

セキュリティでどんなことを防ぐ?

Wi-Fiのセキュリティによって防げるものには主に二つの危険性があります。
一つはWi-Fiを無断で利用することです。Wi-Fiにセキュリティーが設定されていなければ、誰でもWi-Fiの電波をキャッチして利用できることになります。自分がお金を払って設置したインターネットであり、公共のために費用を支払っている訳ではないはずです。近所の人や通りすがりの人が勝手に接続してしまうと、インターネットの通信速度が遅くなってしまったり、自分だけが金銭的な負担を強いられていることになります。
あるいは自分のWi-Fiが何かの犯罪行為や不正アクセスに利用される危険性もあるでしょう。
誰も自分で費用を払ってインターネットに接続し不正アクセスをしようとはしません。勝手に利用できるものがあればそれが悪用される可能性もあります。そういった無断利用を防ぐためにもWi-Fiにセキュリティを設定することが必要です。

二つ目は、不正アクセスによるご自身への被害です。前述のように、ネットワークに入ることさえできれば個人情報は盗み放題です。近年のIT技術の進歩は凄まじいものがあり、それは不正アクセスなどの犯罪利用の分野でも同じです。自宅で使用するような個人的なネットワークは常に狙われており、
様々な新しい不正アクセスの方法が開発されています。Wi-Fiにセキュリティを設定していることは絶対で、その上でさらにウイルス対策ソフトなどを導入しなければなりません。
ネットワークセキュリティーの根幹をなすのがWi-Fiのセキュリティーと言っても過言ではないため、不正アクセスを防ぐためにも正しいセキュリティーの設定は欠かせません。

Wi-Fiを安全に使うために必要なこと

Wi-Fiを安全に使用するには具体的にどのようなセキュリティを設定しなければならないのでしょうか?
主に三つの方法でWi-Fiの安全性を守りましょう。

利用中のWiFiルーターの管理パスワードを変更する

Wi-Fiルーターの管理パスワードを変更することは最も簡単でしかも強力なセキュリティーとなります。Wi-Fiのネットワークに接続するためには、パスワードを入力し承認されなければなりません。
そのパスワードを変えてしまうことで、もし今現在不正アクセスの被害にあっているとしてもそれをブロックすることが可能になります。パスワードの変更は基本的にパソコンから行います。
ネットワークを管理する画面にアクセスする方法は各メーカーによって異なりますが、ネットワークの基本設定を扱う画面の中で行うのが通常です。今現在設定されているユーザー名とパスワードを入力して、ネットワークの暗号化キーを変更すれば完了します。
パスワードを変更した際には、それが流出しないように記録しなければなりません。忘れてしまうと誰もアクセスすることができなくなるため、メモ帳などに記録して人目に触れないように管理しましょう。

レベルの高い暗号化方式で通信する

より高度なセキュリティーシステムを導入することで、Wi-Fiをより高いレベルで安全に使用することができるでしょう。不正アクセスでは、カメラやマイクにアクセスすることで盗聴や盗撮も可能になるため、
より高度なセキュリティーの必要性は常に高まっています。
Wi-Fiルーターとパソコンを接続するのは暗号化された無線です。これにより、一般的なソフトでは通信の中身を覗くことができないようになっています。

しかし、不正アクセスの技術も日々進歩しているため、
よりセキュリティレベルの高いWi-Fiを導入することで、さらに安全な通信を実現してゆかなければなりません。より強力な暗号化技術や、ネットワーク名を設定することで不特定多数の端末からアクセスできないようにする、ネットワークの検索をかけられた際に一覧に表示されないようステルス機能を設定するなどの対策が必要となります。

ファームウェアを最新にアップデート

ファームウェア(ソフトウェア)を最新のものにアップデートしておくことで、より高度なセキュリティーシステムを導入できます。バージョン情報を確認することで、システムを最新のものか動画を簡単にチェックできるでしょう。自動でファームウェアをアップデートしてくれるものもあり、アップデートの作業そのものはそれほど難しいものではありません。
いずれにしても、使用しているWi-Fiルーターのメーカーや採用しているファームウェアの方式にもよるため、Wi-Fiルーターごとに内容を確認することが必要です。

公衆無線LANは注意が必要

公衆無線LANにアクセスする際には十分に注意するようになさってください。
公衆無線LANとは、パスワードが設定されていなかったり、無料でパスワードが配られている公共の場でのWi-Fiのことです。誰でもアクセスできるインターネットを提供することが目的ですが、それは同時にあなたの端末や通信内容に誰でもアクセスできるということも意味します。
よほどの必要がなければ公衆無線LANは利用しないに限りますが、何かの事情でアクセスしなければならない場合でも、ネットワークを使用している時以外は切断するように心がけましょう。
端末がパスワードの設定されていないWi-Fiに自動で接続しないように設定しておくことも必要です。
不用意な公衆無線LANの利用さえ避けていれば、不正アクセスからご自身の端末を守ることができるでしょう。

身元不明のアクセスポイント

公衆無線LAN以外でも、パスワードなしで利用できるWi-Fiが飛んでいることがあります。
家の中にいる場合でもそのようなネットワークを受信することがあり、不注意や興味本位からアクセスしてしまう方もいらっしゃるようです。
しかし、前述のようにすでに不正アクセスの罠が仕掛けられているWi-Fiである場合や、個人情報を盗むためにあえて近隣にWi-Fiを飛ばす人もいます。残念ながらこうしたものを事前に防ぐ法律はないため、被害を防ぐためには、誰が設定したかわからないネットワークにご自身で接続することをやめるしかありません。端末が利用できるネットワークへ勝手に接続してしまわないよう設定するだけでなく、身元不明のアクセスポイントへは基本的に接続しないのが賢明です。

暗号化されたWEBサイトを利用

暗号化の方式によりセキュリティーの強弱が発生してしまうため、より高度でより最新の暗号方式を使用したWEBサイトを利用するように心がけましょう。
例えば、Amazonや楽天市場などの大手のインターネット通販サイトであれば、常に最新のシステムが導入されているため心配する必要はありませんが、個人経営や独自でWEBサイトを設定しているお店から買い物をする際に、そのサイトが最新のセキュリティを導入しているかどうか確認する必要があるでしょう。WPAやWPA2といった方式で暗号化されたWEBサイトであれば基本的に安心できますが、WEPキーのみで守られているようなサイトでは、個人情報を入力することはおろか利用しないのが最善です。

VPNを利用する

VPNとはWi-Fiのセキュリティソフトのことで、インターネット上に仮想の回線を設定し、ネットワーク通信を行う際には必ずその場所を通過させることで、通信内容を暗号化で守るというセキュリティーです。
公衆無線LANなど、パスワードのないネットワークやパスワードが公開されているネットワークを利用する際に、通信の内容すべてを暗号化させることで、不正アクセスや傍受から通信を保護できます。
過信は禁物ですが、専用のアクセスを設定するアプリやサービスを利用して、VPNでアクセスするように心がけてください。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi