閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiFiはDNSサーバーで通信速度が変わる!?

かねてからインターネットを利用しているものの、どうも通信速度が遅くて困っているということはありませんか?インターネットで仕事も趣味も便利になった今、通信速度が遅いと生活にも支障が出てしまう可能性があります。

そんな既存のインターネットを手軽に高速化できるかもしれない、DNSサーバーの利用方法をご紹介します。

DNSサーバーって何?

DNSサーバーとは何でしょうか?
インターネットで何かのウェブサイトにアクセスするためには、そのウェブサイトを保管・管理しているサーバーを見つける必要があります。
サーバーを見つけるには『IPアドレス』というインターネット上の住所のような情報が必要で、IPアドレスを調べるために必要なのが、DNSというインターネットの基盤技術です。

DNSは「DomainNameSystem」の略称で、ドメイン名を管理・運用するためのシステムです。
IPアドレスがインターネット上の相手を特定する住所のような情報であるのに対して、ドメインは複雑で覚えにくいIPアドレスに名前をつけて管理するための情報です。

前述のように、インターネット上においてすべての通信は、相手先のIPアドレスを探し出して指定することで行われています。IPアドレスは数字の羅列で、これを入力することでウェブサイトに到達することも可能です。

DNSを利用するワケ

IPアドレスによって直接ウェブサイトを指定するためには、インターネットを利用する人が対応するサーバーのIPアドレスを全て記憶しておかなければならず、もしIPアドレスしかないとすれば、数字の羅列を入力してウェブサイトを検索しなければなりません。

加えて、サーバーの移動やネットワーク構成の変更などによって、IPアドレスが付け直されたり変更されたりすることも非常に多くあります。
そうなるとせっかく覚えた数字の羅列であるIPアドレスが使えなくなり、新たなIPアドレスを見たいウェブサイトである相手側から教えてもらわなければなりません。

こういった事態を避けるために、分かりやすく“あだ名”で指定できるようにするのがDNSであり、DNSを利用したインターネットの仕組みということになります。
これにより、相手のサーバーやウェブサイトを名前や文字で指定することができ、GoogleやYahooなどの検索サイトに、数字の羅列ではなく調べたい言葉を入力することで検索機能を利用することができます。

DNSサーバーの役割

DNSを使用すると、ルートサーバーと呼ばれるウェブサイトの大元となる管理システムに“ドメイン名”が作成されます。
ウェブサイトのアドレスの最後がいつも「jp(日本の場合)」「com」といった単語で終わっていることにお気づきでしょう。ドメイン名によってDNSサーバーがウェブサイトを管理しており、IPアドレスがどこにあるかを“あだ名”で管理・検索しています。
DNSがドメインという階層構造で情報を管理することで、より簡単にかつ組織的にインターネット上にあるすべての情報をそれぞれ管理しています

“あだ名”によって管理するシステムは非常に複雑で、各種サーバーやルートサーバーがそれぞれのドメインからIPアドレスを検索し、それがどのサーバーにあるかをルートサーバーに対してフィードバックさせ、さらに細分化されたサーバーへ問い合わせを行いウェブサイトを探し出します。
これだけの通信でも非常に大量のやり取りとなり、それを支える高速の通信技術が必要です。

DNSサーバーでは、何度も同じ問い合わせを繰り返さなくて済むように一定期間検索結果を記憶しておく仕組みがあり、それらはキャッシュと呼ばれています。
キャッシュが有効な間はサーバー間で問い合わせをする必要がなく、一瞬で目的とするサーバーを探し出すことができます。

DNSは、開発されてから30年以上原型を保っており、インターネットのシステムを全般的に支える技術として利用されてきました。インターネットでの検索やウェブサイトの閲覧を安定して行うためにはDNSが安定して運用されていることが絶対で、DNSを管理する新たな技術やシステムについて国際的にいつも開発や議論が行われています。

おすすめのDNSサーバー

サーバーを手動で選択してより高速で安定しているものに置き換えることができれば、通信速度は向上します。どんなDNSサーバーに変更すればいいのでしょうか?
おすすめのDNSサーバーをご紹介します。

パブリックDNS

パブリックDNSは、無料で会員登録不要で利用できるサーバーの一つですが、自分で設定する必要があります。
通信履歴を保管しないシステムや24時間以上経過すると削除するシステム、不正アクセスの罠が仕掛けられた知らないDNSにアクセスすることを避けるなどといったメリットがあります。

ネットワーク設定のプロパティからDNSサーバーのアドレスを指定することで設定できます。
パブリックと呼ばれるほど公に公開されているため、信頼できる企業や団体がメンテナンスしているパブリックDNSをきちんと選ばなければ、逆効果になるといった知識の求められるデメリットがあります。

主なパブリックDNSとしては、「GooglePublicDNS」「1.1.1.1」「VerisignPublicDNS」「NortonConnectSafe」などがあります。

OpenDNS

OpenDNSは、アメリカのネットワーク機器や電子機器を販売するメーカー「CISCO」が提供しているパブリックDNSです。
会員登録の必要のない無料版や有料版などがあり、成人向けコンテンツのブロック機能などを搭載しています。
サーバーのアドレスは「208.67.222.123」となっています。

NTTサーバー

NTTスマートコネクトが提供するDMMサービスがNTTサーバーです。
現在利用しているサーバーの負荷を減らしたり、緊急時におけるサーバーの切り替えなどに利用できます。
月額料金は1,000円(税抜き)となっています。

DNS設定の注意点

では、そんなDNSを設定する上で注意すべき点はあるのでしょうか?
分かりにくいインターネットのシステムだからこそ、注意点をしっかり理解しておきましょう。

通信内容を記録される可能性

サーバーにはインターネットを利用した履歴が保存されます。全ての通信記録が残っているため、質の悪いDNSを選んでしまうと通信内容を見られてしまう可能性があります。
上記に挙げたような、一般的に信頼されており定評のあるDNS以外は絶対に使用しないようにしましょう。

通信内容などの改変の可能性

DNSは、まさに通信内容が通過するインターネットの要の部分です。
ウェブサイトのアルファベットの羅列であるURLを、実際のサーバー上でのウェブサイトの住所となるIPアドレスに変換する役割を果たしています。
この部分をごまかされてしまうと、いとも簡単に不正アクセスの餌食になったり偽のウェブサイトに誘導されてしまいます。表示されているアドレスは本物と変わらないものの、偽の銀行サイトで個人情報を入力させたり、ウイルスに感染させるウェブサイトに誘導されかねません。
繰り返しになりますが、信頼できるDNS以外は絶対に使用しないでください。

接続できない可能性

DNSサーバーが機能しなくなったりメンテナンスされていないと、インターネットに接続できなくなります。信頼できないDNSはそういった現象が頻繁に発生しがちです。

iPhoneでDNSサーバーを設定

iPhoneやiPadで、DNSサーバーを手動で設定したり変更する方法は以下のとおりです。

① 設定画面からWi-Fiの項目をタップする
② 接続しているネットワークの横にある「!」マークをタップし、下部にある「DNSを構成」の項目を確認
③「手動」を選択して自動で設定されているDNSサーバーを削除する
④「サーバーを追加」をタップして目的のDNSサーバーのアドレスを入力し、保存する

DNSサーバー変更以外に通信速度を早くする方法

こうした方法を使用せずに通信速度を速くするには、物理的に通信状態を改善するしかありません。

ルーター周りの障害物を取り除いたり、中継器を利用してWi-Fi電波をより強力に受信したり、より高性能なルーターや高速のインターネットサービスに変更するなどの方法があります。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi