閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

引っ越しが多い転勤族にオススメのインターネット回線をご紹介!

日本全国の様々な場所に支社があったり提携先があったりする会社に勤めている方は、転勤することがそれなりに多くなります。3~4年に一度、もしくは多い会社ではさらにもっと短いスパンで転勤を命じられることもありますよね。頻繁に転勤を重ねるいわゆる転勤族の方にとっては、住宅など転勤に伴う様々な手続きが非常に面倒になることがあります。
最近では、物件探しは個々にまかせて会社で借り上げる場合があります。
とはいえ会社がある程度事務手続きをしてくれるとしても、プライベートに関連した手続きなどがあるため、できるだけ転勤時の手間を省きたいと思っておられる方は多くいらっしゃるでしょう。この点、荷造りも大変ですが、意外と面倒なのはインターネットの工事です。
インターネットの接続には様々な方法がありますが、光回線など有線でインターネットを利用するというケースが一般的でしょう。
しかし有線でインターネットを使う場合は、転勤のために住宅での工事や面倒な手続きが必要になります。転勤のスパンが5年や10年などそれなりに長い場合はまだしも、もっと短い間隔で行う場合は非常に面倒です。

しかし面倒な手続きを簡略化する方法があります。それは WiMAX を使うことです。
WiMAX とはインターネットの規格の一つで、日本においては UQ コミュニケーションズという会社がサービスや回線を提供しています。これは有線ではなく無線で通信を行うための形式です。WiMAX は日本だけのものではなく世界企業の規格の一つです。
簡単に説明するとこの WiMAX を使う場合、転勤のために再度接続工事を行う必要はなく、着いた先でもそのままインターネットを楽しむことができます。無駄な接続待ち時間がないため、ネットを使えなくなる期間というものがありません。
WiMAXサービスでは、特定の端末を利用します。ポケットに入るサイズの小型の端末をネットに接続して、その危機からスマホやパソコンやタブレットなどと wi-fi でつなげます。使う端末には他の機器と接続するためのケーブルなどはありません。

引越しが多い転勤族はWIMAX契約がオススメ!

先述のとおり、インターネット接続には様々な方法があります。光回線による接続の他には、 wi-fi やスマホでのテザリングなどが有名です。また少々古いところでは ADSL接続なども知名度があります。
それぞれのインターネット接続スタイルにメリットデメリットがあります。
WiMAX にもメリットとデメリットの両方がありますが、 WiMAX は特に一人暮らしの方や転勤族に関連してのメリットが非常に大きいです。

一人暮らしの方の中には学生の方も多くいらっしゃるでしょう。学生であれば卒業に際して引っ越しをする可能性が高いです。またすでに社会人の方であったとしても、家族持ちの世帯と比べて一人暮らしはフットワークが軽いため、より引っ越しを考える機会が多くあるはずです。
このような場合に無線通信であるWiMAXが便利です。面倒な工事が基本的に不要なため、引っ越し先でもすぐにネットを楽しむことができます。手続きは住所変更くらいですむため、「引っ越し後にネットが使えない時間が出てくる」ということがありません。

またWiMAX では面倒なルーターやモデムなどのケーブル接続も必要ではありません。一人暮らしの方の場合は家が手狭であることがほとんどでしょう。
ケーブルなどでごちゃごちゃすると、ただでさえ狭い家がより乱雑に見えてしまいます。
しかし WiMAX を使うことで非常にすっきりとしたネット接続が可能になります。

さらに光回線などの場合工事の立ち会いが求められることがありますが、一人暮らしの方で多忙な毎日を送っている方は、なかなか立ち合う時間がないものです。 WiMAX では立会いも求められないどころか、そもそも工事が必要でないためこの点でも有利です。
これらのメリットは転勤族の方にもそのまま当てはまるでしょう。いつ転勤を命じられるかわからないとしても、 WiMAXの無線機器を引っ越し先に持ち運べばネットがそのまま使えます。
仕事にネットが必須という方の場合、ここは特に重要です。また転勤が頻繁にある方の場合はできるだけ家をシンプルにしておきたいものです。そのためケーブル類が必要ではないという点も便利です。

さらにもう一つ、違約金に関連しても WiMAX にはメリットがあります。光回線など固定回線を利用する場合は、転勤などを理由に解約して高額な違約金を払わなければいけない場合があります。
しかし WiMAX はそのまま使い続けることができるため、解約をする必要がなく違約金も発生しません。
どのように WiMAX 契約は様々な面から転勤族家一人暮らしの方におすすめのネット接続方法と言えます。

光回線だと工事に時間がかかる

光回線と比較した場合のWiMAX のメリットについても見てみましょう。
光回線のような固定回線の場合は基本的に工事立会いが必ず必要となります。最近は必要なライフラインは電話一本で立会無しで指定日から使えるところが増えてきたものの、光ファイバーを使う際に必要な設備が屋内にひかれていない場合は、残念ながら工事立会いが求められます。
自由な時間がいくらでもあるという方の場合はそれでもあまり気にならないかもしれません。
とはいえ転勤がきっかけで仕事でその地方にいる方は、何かと多忙な日々を過ごすことでしょう。

女性の方の場合は工事用員が自宅に入ってくるのを嫌がるということもあります。
いかにインフラ設備のためとはいえ他人が自宅周りにいるということはあまり心地よいものではありません。さらに工事にかかる時間も無視できません。転勤の辞令が不定期に来る場合は別として、引っ越しシーズンの時に転勤が行われる場合、多くの人がインターネットの契約をする可能性があります。
契約の依頼や工事の予定が集中してしまった場合、すぐにインターネットを接続してもらえるとは限りません。場合によっては1ヶ月近くかかってしまうこともあります。

転勤族にとってのWiMAXのメリット

すでに転勤族の方にとって WiMAX がどのように便利なのか軽く触れましたが、メリットについてもう少しだけ詳細を見てみましょう。三つのメリットをピックアップしたいと思います。
なぜ引っ越し時の手続きが不要であること、導入時に工事が不要であること、そして WiMAX とスマホを接続することで通信料が節約できること、この3つについて説明します。

引っ越し時の手続き不要

まず引っ越し時の手続きに関してですが、基本的には住所変更のみの手続きだけで十分です。
特に大きな変更点があるわけではなく、持っている端末をそのまま使うことができます。その地域のネット事業者との連絡も必要ありません。引っ越しはただでさえ住民票など様々な手続きが求められる面倒なイベントです。限られた時間で様々なことをこなすのは難しいですが、このように自宅で完結するだけの WiMAX の手続きは非常に便利です。

導入時の工事不要

既に何度も強調しているように WiMAX の利用には工事は必要ありません。
送られてくる端末の簡単な設定をするくらいで、自宅のどこにいてもことができます。
工事の立会いは必要なく、インターネット契約の依頼が集中する引っ越しシーズンの影響を受けることもありません。家財道具などとともに端末を持ち歩いていればどこでもインターネットがくっついてくるイメージです。法人によってプライバシーが覗かれることもなく、女性にとってもとても安心感があるでしょう。

スマホもWIMAX接続すれば通信料節約できる

WiMAX の端末は様々な機器と接続することができます。スマホやタブレット、wi-fi 対応のパソコンなど、ありとあらゆる通信端末に接続可能です。
端末は非常に軽量でポケットに入るサイズのため、もちろん外出先に持って行ってネットをすることも可能です。これには通信料を節約できるというメリットもあります。
主要3キャリアでパケット通信をする場合、かなりの費用がかかってしまいます。例えばある7GBプランの通信料金は4380円かかります。WiMAXの場合は無制限のプランで約3400円ほどです。 WiMAXを有効に活用することで携帯のパケット通信量を大幅に節約することが可能です。
さらにキャリアの場合は7GBや20GBのように通信料が限られています。ネットゲームをしたり動画を大量にダウンロードしてしまってはすぐにパケット量が上限に達してしまいます。

転勤族にとってのWiMAXのデメリット

残念ながらWiMAXにもデメリットはあります。WiMAXは光回線などの固定回線よりも優れている点がいくつかありますが、逆に劣っている点があるのも事実です。
WiMAXのデメリットを2つほどあげたいと思います。通信速度の問題と対応エリアの問題です。
ネットユーザーによってはこれら2つのデメリットは大きな問題となる場合もあるため、しっかり意識しておく事が大切です。

光回線より通信速度が遅い

まず光回線と比べてWiMAXは通信速度が遅いというデメリットがあります。
光速度は非常に高速でありダウンロードスピードは1Gbpsにもなります。 WiMAX の速度を上げてきていて440Mbpsに到達しています。場所や条件によっては理論最大ダウンロード速度が758Mbpsにもなります(下り最大758Mbps・上り最大112.5Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードご利用時の下り最大速度です。東名阪の一部エリアで提供中)。まだ2倍以上の差があります。
さらに固定回線はやはり安定性があり、数値以外にも WiMAX よりも光回線の方が速度が出やすい環境があります。
壁など障害物があることで電波が届きにくいという状況は WiMAX にとってネックな点です。
しかし今後技術革新によって、さらなる速度アップや通信の安定性が望めるでしょう。
またよほどヘビーユーザーでない限り多くの方にとって WiMAX の速度は十分な速度です。
YouTubeなどで動画を見るのがメインの使い方であれば不便は感じるレベルではありません。

対応エリアを要確認

別のデメリットは対応エリアがまだ限られているということです。スマホのキャリアなどで使う LTE 回線と比べた場合、WiMAX の電波が届きにくいところがまだまだあります。広大な田畑が広がるような田舎だと通じない可能性があるでしょう。
また山間部でも WiMAX が圏外になってしまう可能性があります。
大都市においてはそれほど大きな違いはありませんが、転勤先が地方の田舎である場合は要注意です。
ただし WiMAX の端末の中には WiMAX だけではなく LTE の回線も使用できるものがあります。
このようなオプション利用することで対応エリアの問題を解決することもできるでしょう。

まとめ

WiMAXには通信速度や対応エリアなどのデメリットがあるものの、総合的にはやはり非常に便利なインターネット接続方法と言えるでしょう。
特に一人暮らしの方や転勤族の方の場合は、 WiMAX を使うことによって身軽な引っ越しができるため便利です。 最近でも技術革新もあって通信速度がさらに速くなっています。
対応エリアに関しても今後拡大していく可能性はあるため、インターネットを使う場合は WiMAX を有力候補の一つとして考えておくと良いでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi