閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXをお得に契約!どこで申し込むかで料金に差が出る!

wimaxを契約する場合には、いくつかの契約方法があります。契約方法によって利用料金に差が出るため注意が必要です。どこで購入しても利用している電波は同じであり、差が出るのは料金のみとなります。
契約期間は2年、3年などと長期間になるため、契約後に後悔をしてもすぐに買い替えることはできません。この記事では、おすすめの契約方法や契約を検討すべきタイミングなど、wimaxをお得に契約するために押さえておくべきポイントを紹介します。

WiMAXの契約申し込み方法は店頭とネットの2通り!

wimaxの契約申し込み方法は、2通りから選ぶことができます。店頭で接客を受けながら契約に進むという方法と、ひとりでインターネットから申し込みと契約を行うという方法です。
自分に合う方法を選ぶために、それぞれの申し込み方法の特徴を紹介します。

店頭申し込み

店頭契約の方法は、家電量販店やwimaxを扱うキャリアショップでの手続きとなります。
家電量販店ではオリジナルのキャンペーンを行っているケースもあり、活用することでお得な料金で契約できる可能性も高いです。

家電量販店

大手家電量販店では、店頭でwimaxの契約が可能です。ヨドバシカメラではキャッシュバックやキャンペーンを利用することで、最新機種を1円から契約可能となります。ビックカメラでも同様の独自サービス「BIC wimax SERVICE」でwimaxの契約可能です。
ヤマダ電機では、独自のサービスである「YAMADA Air Mobile wimax」でwimaxの契約できます。
このように、さまざまな家電量販店で契約を行うことができるため、自宅から近い量販店を選択できる点がメリットであるといえるでしょう。大手家電量販店では価格争いもあるため、最新機種を安く購入できる可能性がある点が魅力です。

auショップ

auショップの店頭ではwimaxの契約申し込みが可能です。知識を持ったスタッフに接客をしてもらえるという点が魅力であるといえるでしょう。
機種や料金プランに悩んでいる場合、相談をしながら決めることもできます。ただし、休日やauショップが少ない地域の場合、店頭が混雑していると接客をしてもらうタイミングがないというケースもあるでしょう。
提供しているサービスの特性で、一人ひとりへの接客の時間が長くなるためです。申し込み手続きに時間がかかるといったデメリットもあります。

インターネットでの申し込み

wimaxの店頭申し込みとは異なり、場所もタイミングも選ばないインターネット申し込みもおすすめです。手順を確認しておくと、30分もかからずに申し込みが完了するでしょう。
インターネットで申し込む方法や、プロバイダ選びについても紹介します。

UQコミュニケーションズ公式ホームページ

wimaxを提供しているUQコミュニケーションズの公式ホームページからも契約申し込みが可能です。
契約期間と種類には2年契約と3年契約があります。wimaxの使用感や電波の状況などを無料で試すことができる、お試しサービスも取り扱っている点が特徴です。
機種が決まっていない場合などは、お試しサービスから始めてみるのもよいでしょう。無料のサービスであり、実際に使用する予定のシーンにあわせて電波の入りやすさ、通信速度などを確認することが可能です。

プロバイダ公式ホームページ

各プロバイダの公式ホームページからwimaxの契約申し込み可能です。購入できる機種や料金プラン、契約期間についてはプロバイダによって異なるため、欲しい機種が決まっている場合には取り扱い内容を確認する必要があります。キャンペーンを展開しているケースも多いため、最もお得に契約できるプロバイダを見つけるということが重要です。wimaxの通信速度やサービスエリアは、どのプロバイダでも同じであるため、料金で比較をしましょう。

WiMAXは契約する場所によってメリットとデメリットが変わる!

wimaxは店頭申し込み、インターネット申し込みには、それぞれメリット、デメリットがあります。契約までにかかる時間や、持っている知識の量によって自分に合う契約場所を見極める必要があるのです。お得な料金でスムーズに契約するために、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

店頭申し込み

wimaxに関する知識のあるスタッフに接客をしてもらえるという安心感がある点がメリットです。インターネット通信に詳しくなかったり、自信がなかったりする場合には、相談できるだけで心強いかもしれません。しかし、注意点やデメリットなども確認しておきましょう。

メリット

wimax機種や料金プラン、サービスについて詳しいスタッフに相談をしながら決めることができる点が最大のメリットです。
家電量販店の場合は、ほかの家電と同時購入でそれぞれが割引価格になることもあります。家電も購入予定であれば、家電量販店での購入がおすすめです。契約後に機種を受け取ることになるため、すぐに使用できるという点もメリットになります。
忙しい場合や引っ越しなどで住所が変わる場合には、届けてもらうよりもその場で受け取ることができるほうが便利でしょう。

デメリット

wimax自体が主力商品ではないため、店員がサービス内容に詳しくないことがあります。料金プランはマニュアルがありますが、詳しいサービスについては理解していないケースも珍しくありません。
また、機種の価格や料金は、インターネットで申し込むよりも高いケースがあります。週末や店頭が混雑しているときには、申し込みと契約の手続きに時間がかかることもあるでしょう。
ゆっくりと相談したいという場合には、タイミングを見る必要があります。

インターネット申し込み

wimaxインターネット申し込みの場合、店頭で申し込む場合よりも月額料金やキャンペーンによる割引が大きい可能性があります。しかし、忙しい人にとってはデメリットとなるポイントもあるため、メリットをあわせて確認をしましょう。

メリット

インターネット検索でwimaxに関するさまざまな情報を収集し、納得してから購入することができる点が最大のメリットです。必要事項を入力するだけであり、手続きには時間もかかりません。手続きの流れも理解していると、最短10分程度で完了する場合もあります。それぞれのプロバイダではキャンペーンを行っており、上手に利用すると割引やキャッシュバックなどの特典を受けることも可能です。
これらのキャンペーンも、インターネットでリサーチして比較できるためお得な料金で契約できるでしょう。

デメリット

プロバイダによって料金が異なるため、どこでwimaxの契約をすることが最もお得なのかを自分で調べる必要があります。忙しい場合には時間を割けなかったり、十分なリサーチができなかったりする場合もあるはずです。ブログなどを中心に情報収集をしてしまうと、紹介されているキャンペーンが終了している可能性もあります。
また、インターネットで申し込みをした際のキャッシュバックを受けるためには手続きが必要です。期間を過ぎると受け取ることができないため、十分に注意しましょう。

インターネットでWiMAXを契約する際の流れ!

店頭よりも安く、スムーズにwimaxを契約するのであれば、インターネットで申し込みましょう。全ての手続きを自分で進めるため、契約の流れを確認しておくことが大切です。
インターネットでwimax契約をする際の流れを紹介します。

契約プランを決める

wimaxの契約プランはギガ放題と通常プランの2パターンのみでシンプルなため、比較もしやすい点が魅力となっています。契約するのであれば、ギガ放題がおすすめです。
ギガ放題は通信無制限であり、毎月の通信容量を気にかけることなく動画の閲覧やインターネットを利用できます。通常プランの場合、毎月7GBまでの上限がある点に注意が必要です。料金は安くなりますが、通信容量を超えた際に速度低下などで使用しにくくなります。
また、契約期間は2年契約もしくは3年契約となりますが、現在は3年プランが主流です。
料金が安くなるキャンペーンやサービスを提供しているケースが多かったり、使用に不満を抱く人が少なかったりということが理由になり、長期間のプランを選択する人が増えています。

機種を決める

プロバイダごとに、取り扱っている機種は異なります。機種は大きく分けてwimax2+のみ対応の機種と、wimax2+とau 4G LTE両方に対応している機種の2種類です。wimaxでは人気機種をそろえているため、まだ機種を決めていない場合は取り扱い内容をチェックする必要があるでしょう。
また、機種の種類はモバイルタイプとホームタイプに分かれています。1つは高速通信とコンパクトで持ち運びに便利な形状が魅力のモバイルタイプです。もう1つは自宅でインターネットを使用する際に便利な機能とインテリアとしてのデザイン性を備えたホームタイプとなります。
電波の感度や機種自体の使用感は、新機種の開発ごとに改良されていることも特徴です。
通信速度など、細かい部分で検討することが面倒であるという場合には、最新機種を選ぶとよいでしょう。

プロバイダを決める

どこで契約をするのかは、キャンペーンや月額料金で選ぶということが最も重要です。キャッシュバックキャンペーンについては、内容をしっかりと確認する必要があります。
キャッシュバックを受けるためには継続契約や電話での申し込みなどが必要になるため、手続き方法に混乱を招くという点が問題視されているためです。手続き方法も各プロバイダがキャンペーンごとに細かく設定しており、リサーチだけでは手続きの方法がわからない場合も多いでしょう。
また、使用したい機種を扱っているか、クレジットカードを使用したくないという場合には口座振替にできるなど支払方法の変更ができるかどうかも確認する必要があります。

公式サイトから契約する

各プロバイダの公式サイトから、直接wimax契約の申し込みをするという方法がおすすめです。
「キャンペーン内容が魅力的である、最新機種をいち早く取り扱っているといったプロバイダには申し込みが殺到します。気になるプロバイダがある場合、公式サイトから発送スケジュールを確認することも必要です。
公式サイトで申し込む方法は、基本的に電話申し込みとWeb申し込みが用意されており、都合のよいほうを選ぶことができます。人件費がかからないため、Webで申し込みをすると割引が適応されることもあるのです。電話は混み合ってしまいつながらないケースもありますが、Webであれば24時間いつでも申し込むことができる点も魅力であるといえます。

WiMAXの料金プランや契約期間を詳しく解説!

wimaxには2つの料金プランがあります。月額料金がリーズナブルなwimaxですが、毎月支払う料金は少しでも無駄にならないよう、自分に最適なプランを選ばなければなりません。
解約金が発生する可能性も踏まえ、契約期間も確認しておきましょう。

料金プランの種類

wimaxは、インターネットの使用頻度に応じて2つの料金プランから選択可能です。
1つは「支払う金額を抑えることを重視したい」「インターネットはほとんど使用しない」という人向けのプランとなります。もう1つは、動画を視聴したり家族で使用したりと、インターネットを活用する人向けのプランです。

通常プラン

毎月のデータ容量が7GBまで使用できるプランです。7GBを超えてしまうと、翌月までwimaxの速度制限がかかる点には注意が必要しましょう。
インターネットで動画を閲覧や音楽や映像など大きなファイルをダウンロードしない人であれば1カ月間十分に使用できる容量です。ただし、パソコンを利用すると、ファイルのダウンロードなどを行わなくても容量を使用するケースがあります。
パソコンは実際に開いていない状態でもシステムの通信も行っているため、インターネットにつなぐと気付かない間に通信量を使用してしまうのです。外出先のみ、スマートフォンのみの利用などで通信容量を使用しない人におすすめのプランとなります。

ギガ放題プラン

wimax最大の特徴ともいえる高速通信を、無制限で長時間使用できるプランです。通信容量の上限を気にしないでインターネットを使用する人におすすめのプランとなります。
動画の閲覧や、スカイプなどを利用する方に最適です。また、大きなファイルをダウンロードするなど、ビジネスシーンで役立てたいという場合はギガ放題プランをおすすめします。通常プランとの料金の差は700円前後となるため、インターネットの使用頻度と照らしあわせて検討しましょう。
ただし、3日間で10GB以上使用した場合には、翌日の18時~翌々日の2時まで速度制限がかかる点に注意が必要です。プランの名称は各プロバイダによって異なるため、通信容量などを確認して契約を行いましょう。

契約期間

wimaxの契約期間は2年と3年の2種類から選ぶことができます。選ぶ際にチェックしたいポイントはLTEオプションを必要としているかという点です。LTEオプションが必要な場合には、
LTEオプション料が無料の3年プランを契約するほうがお得になります。LTEオプションは、通信速度が早くなるというだけではなく、通信エリアが広がるというメリットもあるのです。都心部を離れる機会が多い場合や、エリア外に住んでいる場合などはLTEオプションの有無は重要になります。
また、長期利用割引などで2年目以降の料金が安くなるサービスを展開しているプロバイダもあるためチェックしましょう。解約月以外に解約すると違約金が発生するため、十分な検討と確認が必要です。

WiMAXを契約するならどれがいい?機種の選び方

複数あるwimax端末の中から、自分のインターネット使用頻度に合う端末、重視したい部分を兼ね備えている端末を選んで契約します。wimaxは高速通信が魅力であるため、端末の選び方についても通信速度を意識することがおすすめです。

スペックで選ぶ

wimax端末の通信速度や使用感を比較してみます。それぞれのスペックは異なるため、契約前にインターネットの使用方法に応じて選びましょう。

下り速度

まずは、下りの速度から比較してみましょう。下り最大通信速度は、ファイルをダウンロードする際の速さを指します。インターネットサイトを閲覧する際に早くページを表示、アプリをスムーズに読み込むといった快適さをはかるうえで重要になる速度です。
遅いとストレスにもなるため、重要視すべきポイントとなります。取り扱っている機種の速度は、wimaxW05 758Mbps・W04 758Mbps・WX04 440Mbps・WX03 440Mbps・W03 370Mbpsです。
最大と最小の機種には2倍ほどの差があることがわかります。下り速度で比較した場合は、W05とW04の数字が大きいことがわかります。速度を重視して契約をするのであれば、この2機種がおすすめです。

上り速度

次に、取り扱い機種の上り速度を比較してみましょう。上り最大通信速度はアップロードの速さを指し、メールでのファイル送信やインスタグラムなどのSNSにファイルをアップロードする際に重要となるポイントです。
wimax取り扱い機種を比較してみると、W05 75Mbps・W04 30Mbps・WX04 30Mbps・WX03 30Mbps・W03 30Mbpsとなります。通信速度については、新しい機種であれば変化はないと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、不便なほどではないものの差があります。上り速度で比較をするとW05が最良であり、下り速度とあわせるとW05が最もおすすめの機種であるといえるでしょう。

LTEモード

ハイスピードプラスエリアモード、いわゆるLTEモードは、auのLTEを利用することで広範囲にわたり通信可能になるものです。wimax回線のエリア外であっても、au 4G LTEを使用することでインターネット通信を利用できます。別途料金がかかりますが、郊外への出張が多かったり、エリア外に住んでいたりする人には必須でしょう。
取り扱っている機種のLTE対応の有無で比較をしてみると、W05 ・W04 ・WX04 ・W03はLTEモード対応、WX03 はLTEモード非対応となります。そのため、LTE対応機種で選ぶ場合にはWX03以外の機種から選択する必要があるでしょう。

バッテリー性能(通信時間)

バッテリーは、屋外で快適に使用するために重要なポイントであり、選択するモードによって時間は異なります。

W05
ノーマルモードの場合は約540分、

W04
ハイパフォーマンスモードは約390分、
ノーマルモードは約540分、
バッテリーセーブモードは約630分です。

WX04
ハイパフォーマンスモードは約490分、
ノーマルモードは約690分、
エコモードは約830分、
エコモードのBluetooth接続時は約1,000分

WX03 WiMAX 2+
ハイパフォーマンスモードは約440分、
WiMAX 2+のエコモードは約740分、ノーマルモードは約600分
W03 ハイパフォーマンス設定時は約570分、
ノーマル設定時は約610分、バッテリーセーブ設定時は約730分

ハイパフォーマンスモードで高速通信を利用するのであればW03、ノーマルモードで利用するのであればWX04がおすすめです。

持ち運びやすさで選ぶ

通信速度も重要ですが、インターネットでメールやサイトの検索程度の利用を検討している場合、wimax機種のデザインや持ち運びやすさで検討するという方法もおすすめです。

●W05のサイズは幅130mm、高さ55mm、薄さ12.6mm、重量131g
厚みがないため持ち運びやすい

●W04のサイズは幅130mm、高さ53mm、薄さ14.2mm、重量140g
コンパクト

●WX04のサイズは幅111mm、高さ62mm、薄さ13.3mm、重量128g
軽いため、ポケットに入れて使用できる

●WX03 サイズは幅99mm、高さ62mm、薄さ13.3mm、重量110g
幅がないため手に持ちやすい

●W03 サイズも幅120mm、高さ62mm、薄さ11.4mm、重量127g
厚みもなく軽いため持ち運びやすい

どの機種もコンパクトで軽く、ポケットやカバンに入れても邪魔にならないサイズです。

使用する場所で選ぶ

wimax端末には、外出先でも使えるモバイルタイプと、室内専用のホームタイプの2種類があります。モバイルタイプも、別売りのクレードルを購入することでホームタイプ同様に使用することは可能です。
しかし、外出先で使用する予定がない場合にはホームタイプを選択したほうがよいでしょう。また、光回線や固定回線の場合、工事費の負担や最低利用期間が定められています。転勤が多い場合や、引っ越す予定がある場合などもホームタイプの機種がおすすめです。
ホームタイプルーターは 「Speed Wi-Fi HOME L01s」をおすすめします。42台まで同時接続可能であり、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション対応により下り最大440Mbpsの高速通信を実現している点が魅力です。

WiMAXはプロバイダ契約がおすすめ!選び方のポイントは?

wimaxを契約する際には、選んだプロバイダで契約をすることがおすすめです。料金やキャンペーンがプロバイダごとに異なるため、お得な料金で契約するためには選び方を知っておくことが重要になります。
確認すべきポイントやプロバイダの選び方について見ていきましょう。

契約年数

契約年数は2年契約と3年契約がありますが、各プロバイダで期間が異なります。2018年6月の段階では、LTEモードのオプション料金を支払わなくてもよい3年契約を選択するユーザーが多い傾向です。
また、2年目以降は長期利用割引が適応されるため、3年契約のほうが月額料金は安いケースが目立ちます。キャッシュバックやキャンペーン、特典などによって、使用期間全体でいくらの出費になるのかを計算することが大切です。キャッシュバックの金額によっては、使用期間全体で支払う金額に数万円の差が生じることも珍しくありません。
ただし、キャッシュバックの金額が大きい場合、申請手続きや条件も厳しくなるため注意が必要です。

最新機種

プロバイダによって、取り扱っている機種も異なります。通信速度から検討すると、2018年6月現在でwimax最新機種となるW05を選択できるプロバイダがおすすめです。どの機種もスタイリッシュですが、使用感を重視したいという場合には重さや厚みで比較しましょう。手で持った際に操作しやすいなどの感覚で選びます。
縦型でスマートフォンのように操作できる機種もおすすめです。スペックを重視しない場合には最初にプロバイダを決め、気に入るビジュアルの機種を選択するという手順で選ぶ方法もよいでしょう。
自宅のみで使用する場合には、「Speed Wi-Fi HOME L01s」がおすすめです。小規模なオフィスにも適しており、デザイン性が高く、電波の感度や通信速度も申し分ないという点が魅力となっています。

月額料金

毎月継続して料金を支払うため、月額料金は重要です。プロバイダを選ぶ際には、月額料金が安いところから選択する必要があります。キャッシュバックキャンペーンや特典の割引により長期的な支払金額を節約できるのかが重要です。月額料金と同時に、トータルの支払金額を計算することも忘れないようにしましょう。2年目までのみキャンペーン適応で安くなるという場合もあるため、wimaxの3年契約を検討している人は注意が必要です。高額なキャッシュバックキャンペーンを売りにしているプロバイダも多くみられます。
ただし、申請の手続きが非常に面倒であるうえ、手続きを忘れてしまえば受け取ることができないのです。申請も必要なく、支払金額が確定している月額料金で比較するほうが賢明です。

支払方法

月額料金の支払方法は、クレジットカードのみのプロバイダが多い傾向です。
便利ではあるもの、さまざまな理由でクレジットカードの引き落としをされては困るという人もいるのではないでしょうか。クレジットカードは所持しているけれど、クレジットカード払いには抵抗があるという人は、口座振替ができるプロバイダを選択しましょう。
Broad wimaxであれば、口座振替の支払いにも対応していることが特徴です。クレジットカード払いを利用したくなかったり、できなかったりする場合には、Broad wimaxを選ぶのがおすすめです。使用したい機種や料金プランが自分に合っているかどうかも確認し、契約を検討しましょう。

古くなったWiMAX端末をお得に契約変更するには?

新しいwimaxに契約を変更したいけれど、タイミングがわからないという人も多いでしょう。まだ、使用できる端末を買い替える必要があるのかと迷ってしまうものです。しかし、古くなった端末はお得に契約変更することもできます。

契約変更のタイミング

契約の変更自体はいつでも可能です。しかし、少しでもお得に、インターネット通信を快適に使用するためには、契約変更すべきタイミングにあわせることも大切なポイントになります。
wimaxの古い端末を使用している人は、タイミングを確認して契約変更の準備を進めましょう。

バッテリーが消耗してきた

契約変更のタイミングとして適しているのは、wimax端末のバッテリーが古くなっている場合です。
バッテリーは長期間使用できるものの、消耗品であるともいえます。長期間の使用によって消耗することで、バッテリーが切れやすくなるのです。バッテリーの消耗を軽減するための電力を節約モードに設定していても、本来の使用時間よりも極端に短い時間しか持たなくなります。ある程度の期間使用した段階で消耗を実感するため、買い替えについても損をすることはないでしょう。
インターネットを満足に使用できない状況になり、月額料金に見合った使用ができなくなる場合もあります。バッテリーの消耗を感じた場合には買い替えることがおすすめです。

通信速度をもっと速くしたい

新しいwimax機種のほうが、通信速度は速いです。2018年の段階で最新機種となるW05は、下り最大758Mbps上り最大75Mbpという数値となります。
しかし、旧端末のW01は下り最大220Mbps、上り最大25Mbpsです。2倍以上の差があることがわかります。最新機種は技術の向上によって最大速度に対応できているため、通信速度が速いのです。古い機種を使用していても、最大速度を体感することはできません。
通信速度をさらに上げた場合には、最新機種に変更する必要があります。ストレスなくインターネットを利用するという面でも、通信速度を上げるための変更は有効でしょう。

au 4G LTE回線を使いたい

wimax2+の回線がエリア外となる場合や、エリア外に出る機会が多い方には、au 4G LTE回線を利用したハイスピードプラスエリアモードがおすすめです。両回線を比較すると、au 4G LTE回線のほうがサービスエリアは広くなっています。地下や高い建物に挟まれているビルなど、部分的にwimax2+の回線が届かない場所もあるでしょう。
ビジネスなどで緊急を要する場合には、au 4G LTE回線に切り替えることによってインターネットを利用することが可能です。ただし、旧端末ではau 4G LTE回線に対応していない場合もあるため、機種変更をする必要があります。最新機種であれば、ほとんどがau 4G LTE回線に対応しているので安心です。

旧WiMAX回線の端末を使っている

wimaxには、旧wimax回線とwimax2+回線の2つの種類があります。
旧wimax回線は下り最大13.3Mbps、上り最大15.4Mbpsの速度であり、現在発売されているものと比較をするとスムーズな通信ができるとは言い難いでしょう。wimax2+は2013年に開始されたサービスです。wimaxと比較をすると通信速度が速いことで注目度が高く、現在では各プロバイダが提供しています。
また、通信モードを変更するとwimax、wimax2+だけではなく、プランにオプションとして加えることでau 4G LTEも利用可能です。
wimax、wimax2、au 4G LTEは手動切り替えと自動切り替えを利用できるため、使い勝手も良く高速通信や通信エリアを拡大することができます。旧wimax回線を利用しているという場合には、wimax2+回線への切り替えを検討しましょう。

契約期間が過ぎている

wimaxの契約期間は2年もしくは3年契約です。契約期間が過ぎるころには、使用している端末が古くなっている可能性があります。2~3年経過していると最新機種が発売されているため、古い端末を使い続けるよりも最新機種に変更したほうがインターネットを快適に利用できるでしょう。
「通信速度が速い」「端末自体の使用感が良い」など、最新機種のほうが劣るということはないといえます。デザインは最新機種であるほどコンパクトになっており、外出先での使用にも適しているのです。

契約変更する方法

wimaxの契約変更にはいくつかの方法がありますが、まずは、キャンペーンやプロバイダのお得な情報をリサーチします。契約状況によっては変更時に料金が発生するケースもあるため、現在の契約内容を確認したうえで、契約方法を選択しましょう。

機種変更キャンペーンを利用する

現在利用しているプロバイダがある場合には、キャンペーンを利用しましょう。
機種変更キャンペーンについては、22カ月目以降にならなければ利用できないプロバイダが多いことが特徴です。しかし、Broad wimaxであれば20カ月目以降でキャンペーンが適応されるため、機種変更を検討する場合にはおすすめします。
さらに、端末代は無料であり、月額料金割引もある点が魅力です。月額料金は安いサービスでも端末代金が必要になってしまうと、トータルで支払う金額が高くなるケースもあります。端末代が無料という点は、注目したいポイントであるといえるでしょう。

プロバイダを解約して新規契約する

現在利用しているプロバイダを解約してしまい、ほかのプロバイダへ乗り換えるという方法も有効です。
各プロバイダが打ち出すキャンペーンの中には、乗り換えキャンペーンというサービスもあります。キャンペーン適応期間中であれば、wimax端末代や初期費用が無料になるのです。初期費用だけでも数千円の割引となり、端末代を含めると非常にお得な価格で買い替えることができます。
また、現在利用しているプロバイダを解約した場合に違約金が発生する場合、違約金を負担するといったキャンペーンもチェックしましょう。

契約解除にかかる違約金とは

wimaxは、解約月以外に解約した場合に違約金が発生します。具体的な違約金の金額は0~12カ月目で1万9,000円、13カ月目~24カ月目で1万4,000円となるところが多い傾向です。
プロバイダによっては違約金が高額な場合もあるため、解約月は契約時に確認する必要があります。2~3年で解約するケースが多いため、解約月を忘れてしまう人が多いかもしれません。解約月は契約時に作成する書類もしくはプロバイダに登録することで、マイページから確認することも可能です。
違約金をカバーできるキャンペーンを行っているプロバイダを探すという方法もありますが、解約月にあわせて買い替えを検討するという方法がよいでしょう。キャンペーンに関わらず、プロバイダから選ぶことができるため、おすすめの方法です。

契約変更はキャンペーン利用がおすすめ

キャンペーン中以外でwimax機種変更や解約する場合には、違約金の支払いに注意が必要です。確認不足、もしくは急な引っ越しなどで解約月以外に解約しなければならない場合、
違約金負担サービスや乗り換えキャンペーンで違約金の支払金額を減らす方法を検討しましょう。違約金負担サービスでは、プロバイダが他社への違約金をユーザーへキャッシュバックする形で負担するケースが多い傾向です。
乗り換えキャンペーンは、割引率が高くなり最初の2年は月額料金が安くなるというサービスや、端末代金が無料、初期費用が無料などお得に利用を開始できるような内容が目立ちます。
キャンペーン内容は随時変更されるため、実際に解約を検討するタイミングで確認をしておきましょう。

WiMAXの契約は特典や月額料金を比較検討しよう!

wimaxの契約は、キャンペーンの内容や料金プランを比較してお得なサービスを見つけることが重要です。各プロバイダはさまざまなキャンペーンを行っていますが、キャッシュバックキャンペーンなど手続きが難しく、結果的に適応されないなどのトラブルが起こる可能性もあります。
機種変更の際にも、可能な限りお得なキャンペーンを利用することが大切です。料金プラン、サービスやキャンペーン情報を確認し、最もお得な方法で買い替えましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi