閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの高速通信が無制限で使える!ギガ放題がおすすめ!

wimaxを長時間利用する人には、インターネットの通信容量を気にせずに使える無制限プランがおすすめです。動画やインターネットサイトの閲覧、ファイルの送信を頻繁に行う場合には、容量に余裕がなければ快適にインターネットを利用できません。無制限プランの内容や、無料で試すことができるサービス、実際に無制限プランを契約する際の流れや注意点などを紹介します。

WiMAXを無制限で使えるギガ放題プランとは?

wimaxには、使用できるインターネット通信量を無制限とするギガ放題プランがあります。2つのプランがありますが、ギガ放題プランはビジネスやプライベートでインターネットを活用したいという人におすすめです。プランの特徴や魅力を見ていきましょう。

容量を気にせず使える

wimaxには、通常プランとギガ放題プランがあります。2つのプランのみであるため、シンプルで選びやすい点が魅力です。料金の差よりも、サービス内容に大きな差があります。
通常プランは月7GBが上限となっており、上限に達すると翌月まで速度制限がかかってしまうでしょう。月末まで128kbpsという速度でインターネットを利用しなければなりません。
この速度では、インターネットサイトの閲覧や、YouTubeを視聴することは難しいでしょう。その点、無制限のギガ放題プランには月の通信使用量に上限がありません。ギガ放題プランは3日間で10GBを超えた場合のみ、翌日18~翌々日2時まで速度制限がかかります。しかし、速度は1Mbpsと、YouTubeの動画は問題なく視聴できる程度の速度制限です。

お試し期間がある

UQ WiMAXでは、15日間無料でwimaxを試せる「Try WiMAX」があります。登録料、通信料、レンタル料、配送費用など、費用は一切かかりません。申し込み完了後2~3日で到着し、すぐにwimaxを使用できます。通信速度や使用したい場所で「つながるかどうか」「通信容量がどの程度必要か」を確認することが可能です。ルーターも無料でレンタルできるため、自宅でインターネットを利用した場合の使用感も体感できるでしょう。
無料お試し期間終了後、契約に進む場合は料金プランや機種を選びます。プラン選択で迷ったら、月の通信容量は無制限のギガ放題プランを選択することがおすすめです。
wimaxは最大3カ月間、通常プランと同じ月額料金でギガ放題プランを利用することができるキャンペーンも行っています。

プラン変更ができる

wimaxの無制限ギガ放題プランでは容量が余ってしまうという場合は、ギガ放題から通常プランへの変更も可能です。反対に通常プランからギガ放題への変更も可能となっており、いつでも料金プランを変更することができます。月の途中で変更することも可能であり、プランの変更に回数の制限はありませんが、変更後のプラン内容は翌日から適応される点に注意が必要です。
変更のタイミングが自由であるため、毎月の通信使用容量を確認してプランを選択しましょう。
動画視聴の時間が長くなる予定や、ビジネスで大きなファイルの送受信をする場合にはギガ放題がおすすめです。インターネットを使用しない月が続く場合は通常プランなど、使い分けることができます。
ただし、最初の3カ月間はギガ放題プランでもお得な料金で利用できるのです。そのため、最初はギガ放題プランにすることをおすすめします。

WiMAX無制限プランの速度制限を詳しく解説!

インターネットを使用するうえで、通信制限の内容は非常に重要です。インターネットサイトの表示や動画や音楽の視聴などに大きな影響を与えます。wimax無制限プランの速度制限について、詳しい内容や特徴を見ていきましょう。

速度制限とは

ネットワークの混雑回避のため、一定のデータ使用量を超えた場合には通信速度を制限するというものです。「インターネットサイトの閲覧ができなくなる」「ページの表示や動画の再生に時間がかかる」など、インターネットを満足に利用できない状態となります。ギガ放題プランにも通信制限があり、wimax 2+とau 4G LTEのデータ量合計が3日間で10GBを超えると、速度制限がかかる仕組みです。
高画質の動画を閲覧したり、容量の大きなファイルをダウンロードしたりした場合には10GBを超える可能性が高いでしょう。ギガ放題プランでは、制限後の最大通信速度は1Mbpsとなります。
無制限プランは通常プランの通信制限よりも利用しやすい速度であり、YouTubeの動画が視聴できる程度の速度です。インターネットサイトの閲覧であればストレスなくり利用できます。

10GBの目安

無制限プラン3日間の上限である10GBの使用量とは、スマートフォンでのホームページ閲覧は3万回程度、パソコンで4,000回程度です。500字程度テキストメールは、スマートフォンで約65万回、パソコンで約30万回送受信できます。300字程度の写真が1枚添付されたメールであればスマートフォンで約1万回、パソコンで約2,000回送受信が目安です。YouTube動画閲覧はスマートフォンで約40時間、パソコンで約13時間が目安となります。3日間で使用できる量としては十分であるといえるでしょう。
高画質の動画や、10GB以上のファイルをダウンロードした場合には通信容量を超えてしまうため注意が必要です。使用した容量はモバイルルーターの液晶やwimaxのホームページで確認することも可能です。「どの程度使用したのか」「残りの容量はどのくらいか」を確認しながら使用するとよいでしょう。

制限がかかるタイミング

wimaxの無制限プランは3日間で10GB以上を使用した場合に制限がかかりますが、制限されるタイミングは翌日の18時~翌々日の2時までです。
例えば、1日目5GB利用し、2日目4GB、3日目2GB利用した場合には、4日目の18時~5日目の2時まで速度制限がかかります。1日目1GB利用し、2日目2GB、3日目10GB利用した場合には4日目の18時~5日目の2時まで速度制限がかかることになるのです。つまり、4日目の18時までは速度制限の影響を受けずに、インターネットを使用できます。ギガ放題では、使用量の合計が10GB以上で制限がかかるのです。
そのため、1日使いすぎてしまった日がある場合には、2日目と3日目に通信容量を節約するという方法で調整しながら使用するとよいでしょう。

WiMAX無制限プランで使ったデータ量を確認する方法

通信制限を回避するために、使用したデータ量を確認することがおすすめです。wimax無制限プランでは月ごと、3日ごとにデータ量の確認が可能であり、最適なプランを選ぶ際の参考にもなります。
確認する方法は3通りあるため、自分に合った方法で確認しましょう。

各プロバイダの専用ページで確認

各プロバイダの専用ページから、使用したwimaxのデータ量を確認することが可能となっています。専用ページとは「マイページ」や「お客様ページ」などログインが必要なページです。
契約の際に登録した暗証番号やIDを入力し、ログインすると閲覧でき、UQを例にとると「月額通信量照会」「過去3日間分の通信量照会」を確認できます。前日までの使用分を翌日12~13時ごろに確認可能としているプロバイダが多い傾向です。
18時から速度制限がかかる場合、昼の段階で把握しておくことができると、仕事やプライベートでインターネットを使用する予定も立てやすくなるのではないでしょうか。
契約しているプランに合わせて、確認すべき項目を選択し、使用量の調整を行うことが可能です。

端末のディスプレイで確認

wimaxの端末「Speed Wi-Fi NEXT WX01」では、ディスプレイで直近3日のデータ通信量や月の通信量を確認することができます。ただし、ディスプレイでデータ容量を確認する場合には事前に設定が必要です。データ量を表示するためには、まずSELECTボタンを6回押し、次にSETボタンを1回、SELECTボタンを3回、SETボタンを1回、順番に押していきます。大きなファイルを送信する予定がある場合や、動画の視聴時間が決まっている場合などは、データ量の確認を行うことでスムーズにインターネットを活用できるでしょう。
公式サイトのマイページでも容量の閲覧は可能ですが、外出先などでスムーズに確認したい場合に備えて、ディスプレイでも表示できるよう事前に設定しておくことがおすすめです。

ブラウザから確認

「Speed Wi-Fi NEXT WX01」または「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」で確認できます。最初に、無線LAN端末とSpeed Wi-Fi NEXT WX01またはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11がネットワークに接続できているかどうかを確認しましょう。
無線LAN端末でブラウザを起動したらアドレスバーに「http://192.168.179.1」を入力し、「クイック設定Web」画面を表示させます。「装置情報」の「データ通信量」、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の場合は「送受信データ通信量」で通信量の確認が可能です。
通信量を確認することによって、節約しながら使用したり、自分がどのインターネット通信を使用しているかを把握したりすることができます。プランの変更や検討に役立つため、確認したことがないという人はブラウザやwimaxルーター端末のディスプレイから確認をすることがおすすめです。

やっぱりWiMAXの無制限プランはおすすめ!その理由は?

ほかのプラント比較をした場合、最もおすすめのプランはwimaxの無制限プランです。通信速度や通信制限の内容、これらの内容をふまえて料金が安いという点が魅力でしょう。
通信速度、制限、料金について、おすすめの理由を詳しく紹介します。

速度が速い

wimaxは通信速度が速いという点が特徴で下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。
また、上りも最大15.4Mbpsを記録しています。写真や動画のアップロードもスムーズに行うことができる速度です。SNSを楽しむ場合や、ビジネスシーンで大きなファイルのやり取りがある場合にも、不便に感じることはないでしょう。WiMAX2+のハイスピードモードを使用した場合は下りが最大220Mbps、wimaxのノーリミットモードでも下り最大13.3Mbpsです。
UQ WiMAXでは関東と関西の主要駅で行った実測結果を公表しており、新宿駅170Mbps、東京駅121Mbpsとなっています。光回線にも劣らない100Mbpsという高速通信を実現しているため、首都圏ではストレスなく利用可能です。

制限後でも不便がない

3日間で10GBを超えると制限がかかります。制限がかかることをwimaxのデメリットであると感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、10GBはインターネットサイトの閲覧やSNSを閲覧し写真をアップロードする程度では超えません。
また、制限後でも1Mbpsという速度であるため、サイトの閲覧やYouTubeやニコニコ動画などの動画視聴には支障がないといえます。高画質の動画を視聴する際には不便に感じる場合もありますが、制限がかかる時間は18時~翌2時までに限られているのです。
そのため、制限時間をさけてインターネットを利用することで、一切の支障をきたすことはないでしょう。制限後は3日間の合計が10GBを超えなければ制限が解除され、通常通りの高速通信でインターネットの利用が可能です。

通信量無制限なのに料金が安い

通信量無制限のwimaxギガ放題プランであっても、月額料金は2,000円台~3,000円台となります。プロバイダによって料金は異なるものの、ほかの通信サービスが提供している無制限プランよりも安いことが特徴です。
さらに、契約した直後の最大3カ月間は通常プランと同額というサービスも展開しており、より低価格な料金で使用できます。また、ほかの通信サービスと比較をすると初期費用も安く、初期費用をかけずにインターネットの利用を開始したい人、長期的にお得な料金で利用したい人におすすめです。
2年、3年と長い期間使用するサービスであるため、月額料金の安さは非常に重要なポイントになります。契約期間内に支払ったトータル金額に数十万円という差が出る場合もあるでしょう。

WiMAX無制限プランの注意点は?

魅力的な特徴が多数あるため最もおすすめのWiMAX無制限プランですが、使用についてはいくつかの注意点があります。月額料金で損をしたり、別途料金が発生したりする場合もあるため、注意点をしっかりと確認してから使用しましょう。

3日間の通信制限がある

インターネットを無制限で利用できるサービスではあるものの、3日間の使用量が10GBを超えてしまうと速度制限がかかる点に注意が必要です。不便に感じる速度ではないといえますが、速度制限がかかるという点は認識したうえで利用する必要があります。
速度制限がかかるタイミングはインターネット使用量を把握することで確認でき、ブラウザやルーター端末から、こまめに使用量を確認することがポイントです。また、通信制限がかかる容量を使用していた場合には、制限される時間帯を確認しておきます。
重要なファイルダウンロードや送信などは18時までに済ませるなど、インターネット利用の計画を立てることも必要です。工夫をすることで、速度制限があっても快適に利用できるでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードは月7GBの制限がある

無制限プランの場合でも、au 4G LTE回線を使用する通信モード「ハイスピードプラスエリアモード」は月7GBの制限があります。ギガ放題プランでも制限があるということを認識し、使用の際には注意が必要です。ハイスピードプラスエリアモードの制限にかかると、WiMAX2+回線の速度も制限され、翌月まで128Kbpsまで速度が抑えられてしまいます。この速度ではインターネットの使用は難しい状態になるでしょう。
また、2年契約の場合はハイスピードプラスエリアモードを使用するとオプション料金がかかります。1度の利用でもオプション料の追加払いをしなければなりません。いずれにしても、ハイスピードプラスエリアモードは極力利用すべきではないといえるでしょう。

プロバイダによって月額料金が違う

使用する回線が同じであるため、WiMAXの機種や速度はどのプロバイダを使用しても同じです。
ただし、月額料金は異なるため、プロバイダは慎重に選ばなければなりません。
無制限プランで契約するときには、月額料金が安くキャンペーンを行っているプロバイダを探すことが必要です。無制限プランの月額料金が安いプロバイダに絞り、キャッシュバックや特典などをふまえて、トータルで支払う金額を計算します。
2年間、3年間支払いを続けた場合の合計金額がいくらになるのかをチェックすることも、お得に使い続けるために重要なポイントです。

比べてみよう!WiMAX以外で無制限で使える通信サービス

WiMAX以外のも無制限で使える通信サービスがありますが、WiMAXとはサービス内容が異なります。月額料金やプランなども、通信サービス会社によってさまざまです。通信速度や通信制限など、インターネットを使用する際に重要なポイントを比較してみましょう。

ワイモバイル

ワイモバイルは知名度が高く、利用者も多い通信サービスです。無制限プランはあるのか、インターネット通信速度や速度制限についても紹介します。最終的にwimaxと比較した場合のメリット、デメリットも確認しましょう。

通信速度

「LTE」の通信速度は、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsです。ただし、通信環境や混雑状況、機種により通信速度が変わります。12時~14時や、18時以降など、通信が混雑する時間には速度が低下する可能性があるかもしれません。時間帯による速度変化よりも地下や建物の中など、電波の状況が悪いと通信速度が大幅に低下する可能性があるのです。建物周辺の設備の差もありますが、機種ごとにスペックが異なるため、通信速度にも差が生じます。
WiMAXは下り最大440Mbps、幅広いエリアをカバーしており機種ごとの差もほとんどありません。使用する場所、機種の制限などを受けずにインターネットを使用できます。通信速度にこだわる人には、WiMAXのほうがストレスなく使用できるのではないでしょうか。

速度制限

ワイモバイルは、プランごとに1GB、3GB、7GBと通信制限があります。制限を超えると翌月まで128Kbpsまで制限されてしまうのです。インターネットサイトを表示するために10秒前後の時間がかかったり、動画の読み込みには5分程度の時間を要したりする場合があります。
ストレスなくスムーズにインターネットを使用できる状態ではなくなるでしょう。
WiMAXのギガ放題プランでは、3日間で10GBを超えると速度制限がかかります。
ただし、制限後の速度は1Mbpsと、YouTubeの動画を視聴する場合にも支障のない速さです。インターネットサイトやメールの送受信もスムーズに行えるうえ、制限後の使用量によっては2日後の深夜には解除されます。

サービス利用にかかる料金

ワイモバイルには無制限プランがありません。最大で月間7GBまでのプランが用意されており、7GBを越えた際に500MBごと500円の追加料金を支払うと速度を変えずに使用することが可能です。
月額料金は3,696円、初期費用には事務手数料3,000円が含まれており、基本的にキャッシュバックはありません。無制限プランがあるWiMAXの月額料金は2,000円台~3,000円台と、比較をしても大きな差がないといえます。キャッシュバックキャンペーンを打ち出すプロバイダも多く、サービスにかかる料金を抑えることも可能です。
通信制限がかかった場合に追加料金を支払うシステムではなく、通信制限と制限する時間を設けています。動画の視聴や、インターネットサイトの閲覧など、時間や回数を意識せずに使用できるのはWiMAXであるといえるでしょう。

WiMAXとの比較

通信速度はWiMAXのほうが速いといえます。機種や場所、時間帯などが影響するものの、首都圏を中心に高速通信を実現しているWiMAXは、さまざまなシーンでストレスなくインターネットを使用できるでしょう。使用容量に応じて速度制限がかかるという点は、WiMAXと同じです。
ワイモバイルは速度制限によってインターネットサイトの閲覧にも支障が出る可能性が高いものの、WiMAXは速度制限の影響をほぼ受けずに使用できます。
動画の視聴にも影響がないほどの制限であり、その後の使用量によっては数日で解除される点も特徴です。初期費用や月額料金もキャッシュバックや特典を利用できるWiMAXのほうが安く利用できます。
ワイモバイルと比較した場合にはWiMAXのほうが速度が速く、お得であといえるでしょう。

格安SIM

格安SIMは、月額料金を抑えて手軽にインターネットを使用したいという人から注目を集めているサービスです。速度制限については明確な基準がないという点が重要であり、各社のサービス内容のなかで最も重視したいポイントとなっています。

通信速度

動画や音楽などをスムーズにダウンロードしたい場合など、最大速度を重視することが必要です。
格安SIMの通信速度は、通信サービス会社ごとに異なります。代表的な通信サービス会社の通信速度は、U-mobileが下り最大速度375Mbps、DTI SIM が下り最大速度370Mbps、UQモバイルが下り最大速度500kpsです。UQモバイルの通信速度が速いことが分かります。
速度は通信サービス会社だけではなく、インターネットを使用する条件や、エリアの環境によっても異なります。さらに、扱う機種によってもスペックが異なるため、通信速度を重視する場合には購入時に気になる機種の仕様も確認しましょう。

速度制限

格安SIMの速度制限は、はっきりとした基準が公表されていないことが特徴です。外出先でインターネットを使用することが多い場合など、不便に感じるシーンも多くなります。
しかし、U-mobileの場合、無制限プランでも1日で1GB以上使用すると3日間の速度制限を受けると明示されています。1GBでは動画の視聴やファイルのダウンロードで超えてしまう可能性があるため、注意が必要です。
ただし、U-mobileの「LTE」であれば使い放題となります。速度制限を意識しながらインターネットを使用するといったストレスもなく、自分に合った方法でインターネットを活用できるでしょう。

サービス利用にかかる料金

事務手数料はどの格安SIMも同額ですが、月額料金と端末代金に差があります。端末は最新のものほど高額になりますが、通信速度など使用感に影響があり、長期間使用するうえで重視しなければならないポイントです。そのため、可能な限り最新の機種を選択するとよいでしょう。
格安SIMのうち最も安いU-mobileの場合、月額料金は2,980円、初期費用として事務手数料が3,000円、端末代が2万円ほどかかります。基本的には2年以上使用することになるため、月額料金の安さを中心に通信サービス会社を選択しましょう。

WiMAXとの比較

通信速度はWiMAXのほうが速いものの、速度制限については基準が明確ではありません。
そのため、一概にどちらがよいとはいえないのです。U-mobileは月額料金が安いものの、初期費用として事務手数料・端末代金がかかることを考えなければなりません。WiMAXは端末代金が無料、キャンペーンによって割引が適応される場合もあります。
つまり、初期費用のトータルで支払う金額で比較すると、WiMAXのほうがお得なのです。経済的な負担がなく、気軽に導入できるのではないでしょうか。
加えて、WiMAXのギガ放題プランはWiMAX2+通信が無制限で利用できます。購入後の使用方法についても幅が広がり、インターネット利用について不便に感じるシーンが少ないのもWiMAXであるといえるでしょう。

auのWiMAX無制限プランとは?

auでは、WiMAX無制限プランを利用することが可能です。スマートフォンの利用料金が割引になる等のサービスが注目されており、auユーザーにとっては見逃せないサービスでもあります。
メリットやデメリットもあわせて紹介します。

auの料金プラン

auの料金プランは、ほかのプロバイダとは名称が異なります。月に7GBまで使用できる「通常プラン」は、「WiMAX 2+フラットfor DATA」です。
「ギガ放題プラン」は「WiMAX 2+フラットfor DATA EX」と呼ばれます。名称のほかにも、WiMAX2+フラットfor DATAに追加できるオプションとして「エクストラオプション」も用意されているため、あわせてチェックしましょう。
「通常プラン」であるWiMAX 2+フラットfor DATAは、月7GBを超えた場合に通信制限がかかることが特徴です。しかし、エクストラオプションによって自動的に2GBのデータ通信量を追加することが可能なauオリジナルサービスとなります。

auで契約するメリット

もともとauのスマートフォンを使用している人であれば、端末代金が月額最大1,000円割引になります。auスマートフォンのみ契約の場合は月額8,500円ですが、WiMAXを追加すると月額7,360円で利用可能です。WiMAXの購入を検討している場合にはセットで購入することも検討してみましょう。
申し込みはauショップもしくはKDDIの申し込みセンターから行います。また、auのWiMAXは解約金が安いこともメリットです。
また、auの場合は、24カ月以内に解約した際に9,500円の解約金を支払う必要があります。
しかし、ほかのWiMAXプロバイダでは24カ月以内では1万円以上の解約金がかかるケースが多く、比較をするとauの解約金金額は安いことが特徴です。そのため、万が一途中で解約したい場合も、金銭的な負担が少なくなります。

auで契約するデメリット

セットで利用することによってauスマートフォンの月額料金は安くなります。
しかし、WiMAXの月額料金は、プロバイダの提供しているサービスのほうが安いのです。プロバイダごとに異なるものの、キャッシュバックなどの特典がつくことも特徴です。
また、取り扱っている端末の種類がモバイルルーター2種類、ホームルーター1種類の合計3種類と少ないこともデメリットとなります。
auで契約する場合には店頭で手続きを行う必要があり、営業時間内に申し込みにいかなければなりません。休日などは混雑するため、長時間待つ場合もあります。
プロバイダで契約をする場合は、インターネットで申し込みが可能であり、時間も場所も制限されません。契約できる時間や場所が決められているという点も、デメリットであるといえるでしょう。

WiMAX無制限プラン契約の流れ

WiMAX無制限プランの契約を検討している場合、最初に使用する場所のサービスエリアを確認し、端末を選ぶ作業が必要です。プロバイダによって扱う機種は異なるため、希望の機種は第2候補まで決めておくことがおすすめです。

エリアを調べる

実際に使用する予定の場所が、WiMAXのサービスエリア内であるかを確認する必要があります。
サービスエリアは、公式サイトのサービスエリアマップまたはピンポイントエリア判定で確認することが可能です。サービスエリアマップでは都道府県、市区町村など大きなエリアを、ピンポイントエリア判定は自宅や会社など住所で検索してエリア内であるかを確認できます。共に無料で利用できるサービスです。
都市部ではほとんどのエリアでサービスの利用が可能となっていますが、もしもサービスエリアから大きく外れている場合、再度検討しなければなりません。
ただし、サービス内でも周辺環境によって速度が変わることがある点を認識したうえで契約に進みましょう。

端末を選ぶ

端末によって通信速度が変わります。古い端末では通信速度が遅いと感じる場合もあるため、最新の機種を選ぶことがおすすめです。
また、WiMAXの端末にはモバイルタイプとホームタイプがあり、外出先でインターネットを使用する場合にはモバイルタイプを使用します。ホームタイプは自宅を中心にインターネットを使用するという人や、家族で使用したいという人に最適です。
接続可能端末数やバッテリーに差があるため、使用用途に応じて選びましょう。端末はプロバイダによって取り扱っている種類や数が異なります。
希望の機種がある場合には、取り扱っているプロバイダの中から料金やキャンペーン内容を確認し、最もお得なプロバイダを選ぶことが大切です。

プロバイダを選ぶ

プロバイダを選ぶ基準として重要なポイントは、「購入したい端末を取り扱っているか」「初期費用や月額料金が安いか」「キャンペーンを打ち出しているか」の3点です。
扱う端末はプロバイダごとに異なるため、使用したい機種がある場合には確認する必要があります。初期費用や事務手数料などは、「多くのプロバイダが無料に設定している」「キャンペーンが適応され無料になる」というケースが多い傾向です。キャンペーンの内容よって異なるため、契約時に行っているキャンペーンをチェックしましょう。
最も重要なポイントは月額料金です。欲しい端末があっても月額料金が高額では損をしてしまいます。
数年間支払い続けることになる料金は、数百円の差でも見逃さず比較しなければならないポイントです。

契約する

月額料金、機種などで比較をしてプロバイダを決めた後、契約は各プロバイダの公式サイトから行います。一般的にWeb申し込みと電話申し込みの2つの方法がありますが、オペレーターを通さないぶん、Web申し込みのほうがお得に契約できるところが多い傾向です。
お得なサービスがない場合でも、時間も場所も選ばないWeb申し込みのほうがスムーズに契約手続きを済ませることができます。
契約手続きには、本人確認書類として身分証明書やクレジットカードが必要です。
「クレジットカードではなく口座振替で支払いをしたい」という場合には、口座振替に対応しているプロバイダを選択する必要があります。契約時に必要なものは、公式サイトから確認をしておきましょう。

WiMAXが無制限で使えるギガ放題がお得なプロバイダ

WiMAXが無制限で使えるギガ放題は、プロバイダから契約した方がお得な料金で契約できる可能性が高いです。プロバイダによって料金は異なります。
そこで、最もお得なプロバイダやプロバイダ契約のメリットについて紹介します。

プロバイダ契約のメリット

家電量販店や店頭、UQで契約するよりも、プロバイダで契約をしたほうが月額料金が安いことが特徴です。家電量販店や店頭、UQの月額料金は正規価格となるため、割引やキャンペーンなどが適応されるプロバイダのほうが安くなります。プロバイダが顧客獲得のために打ち出す高額なキャッシュバックキャンペーンを利用することによって、月額料金を大幅に抑えることも可能です。
端末代金や初期費用を無料にするなど、さまざまなキャンペーンが行われています。
端末の取り扱い数はプロバイダごとに異なりますが、端末の種類そのものや通信速度などは変わりません。
そのため、月額料金の安さで比較をするという方法でプロバイダを選ぶことがおすすめです。

プロバイダはBroad WiMAXがおすすめ

WiMAXを契約する際に最もおすすめのプロバイダは「Broad WiMAX」です。
キャンペーンの利用で端末代金や初期費用が無料になる点に加え、月額料金が安いことが特徴となっています。端末の返却も不要であり、手間をはぶくこともメリットの1つであるといえるでしょう。
月額料金については、使用期間ごとに異なります。ギガ放題の月額料金は1~2カ月目2,726円、3~24カ月目3,411円、25~36カ月目4,041円です。平均すると月額料金は約3,583円と、ほかのプロバイダよりも安い料金で利用できます。
また、3年契約で、LTE利用のオプション料金も無料です。そのため、Broad WiMAXのギガ放題の3年利用が最もおすすめの契約方法となります。

WiMAXの無制限プランはお得なプロバイダで契約しよう!

WiMAXの無制限プランは、他のプランと変わらない料金設定ですが、メリットを考えるとコストパフォーマンスがよいといえます。通信速度が速く、通信制限についてもインターネットの利用をさまたげるほどのものではありません。長時間、高速通信を利用したい人にはメリットが大きいのです。
無制限プランはプロバイダによって月額料金が異なるため、キャンペーンやキャッシュバックなどの内容を確認し、できるだけお得なところで契約を検討しましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi