閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXのパソコンセットはBroad WiMAXが断然オススメ!キャンペーン比較

WiMAXのパソコンセットキャンペーンをご存知でしょうか。WiMAXのパソコンセットキャンペーンとは、WiMAXに契約すると格安でパソコンが手に入るサービスです。かつてはこうした方式のキャンペーンを多くの通信会社が行っていましたが、現在は契約後のキャッシュバック方式のほうが主流となっています。しかし、パソコンとインターネット接続の同時購入を検討している人にとって、WiMAXのパソコンセットキャンペーンはさまざまなメリットがあります。そこで今回は、WiMAXをパソコンで利用するメリット・デメリットから、パソコンセットの概要、キャンペーン内容まで幅広く紹介します。

WiMAXをパソコンで使えるのか?

まず、WiMAXをパソコンで使えるのかと心配されている人もいるかもしれません。また、どのようにしてパソコンでWiMAXを使えばよいのかわからない人もいるでしょう。
WiMAXをパソコンで使う方法には、「無線接続」と「有線接続」の2種類があります。無線接続はいわゆるWi-Fiのことであり、WiMAXの基本的な接続方法です。WiMAXルーターに電源を入れるだけで無線LANのアクセスポイントとして使え、パソコンだけでなくスマホなど複数機器で利用できることが大きなメリットです。
一方、有線接続は、「クレードル」という拡張機器を使用することで、クレードルとパソコンとの間をLANケーブルで接続する方法です。この方法であれば、無線機能がないパソコンなどの端末でもインターネット接続が可能になるのです。また、WiMAXの通信速度も固定回線に劣らぬほど速くなってきていることからも、パソコン利用に適しているといえるでしょう。WiMAXの詳しい通信速度は、後述する「パソコンでWiMAXを使用するメリット」以降で紹介します。

WiMAXとパソコンの接続方法

WiMAXは無線機能のあるパソコンはもちろんのこと、無線機能がないパソコンでもクレードルを介して使用できます。そこで、実際にパソコンとWiMAXを接続するにはどうしたらよいのか、その手順について解説します。

無線接続の場合

①WiMAXルーターの電源を入れ、パソコンの無線(Wi-Fi)をオンにしましょう。

②パソコンでネットワーク一覧が表示されるので、そのなかから所有しているWiMAXのネットワーク名を選択します。
※このとき、WiMAXのネットワーク名がわからなければ、WiMAX本体で確認します
ネットワーク名は、トップ画面から「設定」→「情報」→「SSID情報」→「SSID1」とタップしていくことで確認することができます。

③パソコン側でネットワーク名を選択したら、ネットワークセキュリティキーの入力をします。
パスワードはWiMAX本体のトップ画面から「設定」→「情報」→「SSID情報」→「パスワード」の順番でタップしていくことで確認できます。

④パスワードを入力したら接続完了。
インターネットを開いてみて、パソコンとWiMAXとの接続がしっかりできているかを確認します。

有線接続の場合

有線接続をするためには、まずクレードルとLANケーブルを用意しましょう。

①クレードルをACアダプタに接続して電源をとりましょう。

②クレードルにWiMAXルーターをセットし、LANケーブルでクレードルとパソコンのLANポートを接続します。

③LANケーブルで接続後、WiMAXルーターのトップ画面から「設定」→「システム設定」→「クレードル設定」→「モード設定(ルータモード/APモード )」の順番でタップしていきます。最後に、モード設定でルーターモードを選択します。

④接続完了。

パソコンでWiMAXを使用するメリット

WiMAXは無線通信機能のある機器であればパソコンだけでなくスマホやタブレット、家電でも接続できます。しかし、なかでもオススメなのはパソコンでのWiMAX利用です。なぜパソコンでWiMAXを利用するのがよいのか、具体的なメリットについて知りたい人も多いでしょう。メリットとしては「どこでも通信できる」「通信速度が速くて安定」「月額料金が安い」「工事不要」の4点が挙げられます。ここからは、それぞれのメリットについて詳しく紹介します。

どこでも通信できる

パソコンでWiMAXを利用するメリットとしてまず挙げられるのは、「どこでも通信できる」ことです。WiMAXの特徴は、持ち運び可能なWi-Fiスポットとしてどこでも利用できる点にあります。家のなかはもちろんのこと、外出先であってもWiMAXルーターを携帯していれば、そこがWi-Fiスポットとなるのです。とりわけ移動しながら仕事することが多い人や、旅行などの外出先でも高速通信をしたい人には非常に魅力的だといえるでしょう。

通信速度が速くて安定している

WiMAXは、通信速度が速くて安定していることも大きな魅力です。WiMAXの通信速度は、WiMAX2+で下り最大440Mbps、4G LTEで758Mbpsという高速通信です。固定回線の代表である光回線は下り最大1GMbpsなので、それと比べると少し見劣りするかもしれません。しかし、下り通信速度最大440Mbpsは、通常の利用であれば十分に満足できる速さです。実際に自宅でWiMAXを利用してネット配信の動画や音楽などを視聴しても、特に画質が落ちてしまったり、映像が止まってしまったりすることはありません。WiMAXであれば日常生活において非常に快適なインターネットを楽しむことができるでしょう。

固定回線よりも月額料金が安い

WiMAXは固定回線より月額料金が安いのも見逃せないポイントです。固定回線の代表である光回線の平均的な月額料金は、戸建てプランで5,700円です。一方、WiMAXは公式のUQ WiMAXで割引されて最安3696円になります。プロバイダを経由すれば、たとえばBroad WiMAXでは最安2,726円になります。月額料金では、圧倒的にWiMAXのほうが光回線よりも安くインターネットを利用できます。

工事不要ですぐ使える

さらに、WiMAXは工事不要ですぐにインターネットが使えるメリットがあります。固定回線の場合、戸建てや集合住宅で回線が導入されていなければ、最初に回線の開通工事をしなければなりません。しかし、モバイルルーターのWiMAXは回線工事が不要です。このことは、当然ながらインターネットを始めるにあたって余計な工事費用がかからないということでもあります。初期費用を少しでも抑えたい人には、WiMAXが断然オススメです。

パソコンでWiMAXを使用するデメリット

パソコンでの利用に際してさまざまなメリットがあるWiMAXですが、残念ながらいくつか気をつけておくべきこともあります。WiMAXのデメリットのなかでも主なものとして挙げられるのは、建物内などでは電波が弱くなってしまうことと、使い方によっては速度制限がかかってしまうことです。そこで、ここからはそれらのデメリットが具体的にどういうものなのか、どのように対処すればよいのか詳しく解説していきます。

建物内などで電波が弱い

WiMAXの主要回線であるWiMAX2+は無線通信の性質上、固定回線に比べると建物内や山間部などで電波が弱くなってしまうことがあります。また、使用可能なエリアが設定されており、そこから外れてしまうと通信ができなくなったり、不安定になったりします。しかし、WiMAXではWiMAX2+のほかにau 4G LTE回線を利用できる「LTEオプション」があります。このLTE回線を使えば、WiMAX2+で電波が弱くなってしまう場所でも問題なく使うことができます。通信環境に懸念がある人は、LTEオプションを検討するとよいでしょう。

速度制限がかかることがある

WiMAXには通信量無制限の「ギガ放題プラン」と、月に7GBまで利用できる「フラットプラン」があります。このプラン名称はプロバイダ各社によって異なりますが、その内容は同じです。ギガ放題プランであれば、毎月どれだけ使用しても速度制限がかかることはありませんが、フラットプランは月間の利用量が7GBを超えると速度制限がかかってしまうので注意が必要です。
また、ギガ放題プランでも、3日間で10GB以上を使うと混雑する18時頃~翌2時頃に通信速度が1Mbpsになってしまいます。そのほか、LTEオプションのハイスピードプラスエリアモード使用時も、フラットプランと同じく月7GBを超えると128kbpsといったかなり遅くなる速度制限があります。そのため、特にフラットプランやハイスピードプラスエリアモードでWiMAXを利用する際には、データ利用量が上限を超えてしまうことがないよう気をつけましょう。

WiMAXのパソコン利用をオススメする人

WiMAXでパソコン利用するメリットとデメリットを紹介してきました。これらのポイントを押さえたうえで、実際にWiMAXのパソコン利用をオススメできるのはどのような人なのでしょうか。
まず挙げられるのは、外出先でパソコンを使いたい人です。WiMAXはモバイルルーターを携帯していれば、通信エリア内のどこでもインターネットにつなぐことができます。自宅でしかネットができないということはありません。
また、自宅で複数の端末からアクセスしたい人にもオススメです。WiMAXのモバイルルーターはWi-Fiスポットになりますので、パソコンはもちろんのこと、スマホなど複数の電子機器からも同時に利用することができます。
そのほか、ネット利用に関して少しでも費用を抑えたい人にもWiMAXはオススメです。ネット接続を利用したいが工事費用などが気になる人は、WiMAXであれば設備工事不要でインターネットを始めることができます。固定回線よりも月額料金が安いことも、WiMAXが低コストである大きな理由です。

WiMAXのパソコンセットとはなに?

ここまでは、WiMAXをパソコンで利用することで得られるさまざまなメリットについて紹介してきました。それらのメリットを踏まえたうえで、固定回線からWiMAXの通信回線に乗り換えようという人や、WiMAXで新しくインターネットを始めようという人もいるでしょう。そんな人にオススメなのが、WiMAXの「パソコンセットキャンペーン」です。そこで、ここからはWiMAXのパソコンセットの概要や実際のセット例などを詳しく解説します。

パソコンセットの概要

WiMAXのパソコンセットとは、主にパソコンやタブレットなどの端末をWiMAXの回線契約時に同時契約すると、そのぶん料金がお得になるキャンペーン・サービスです。家電量販店などでよく行われている、通信契約といっしょにパソコンも入手できるサービスと同じようなものだといえます。
気をつけておくべきポイントとしては、WiMAXのパソコンセットはWiMAX内蔵パソコンではないということです。パソコンのなかにはあらかじめWiMAXのモバイルルーター機能が内蔵されているものがありますが、そういったタイプのパソコンのことではありません。あくまでも、通信契約といっしょにパソコンが安く購入できるセットです。

パソコン代金はいくら?

WiMAXのパソコンセットは、WiMAXに契約すればパソコンが無料でもらえるわけではありません。よく家電量販店などで「パソコンが実質ゼロ円でもらえる!」といった広告を見たことがある人も多いでしょう。ここで気をつけておくべきことは、そうしたキャンペーンでは本当にゼロ円でパソコンをもらえるわけではないということです。頭金は実質ゼロ円になりますが、実際はパソコン代金が月額利用料のなかに上乗せされています。そのため、実質ゼロ円に見える形でセット販売ができるのです。
WiMAXのパソコンセットの仕組みも、基本的にはそうしたキャンペーンの仕組みと同じです。最初から高額のパソコンを購入しなくても、毎月の通信料に上乗せされた月額利用料金を支払うことで、少額からパソコンを使えるわけです。そう考えると結果的には普通に購入するよりも高くなってしまうのではないかと心配する人もいるかもしれません。しかし、実際はあらかじめ定められた契約期間をすべて終えれば、結果的に分けて購入するよりもお得になるケースが多いのです。

WiMAXパソコンセットの実例

WiMAXでの通信契約は、公式以外にもプロバイダと呼ばれるさまざまな販売代理店が行っています。そうしたWiMAXプロバイダのなかでもとりわけ代表的な会社として挙げられるのが、Broad WiMAXです。そこで、ここからはBroad WiMAXのWiMAXパソコンセットキャンペーンを例に挙げながら説明します。キャンペーンを利用してパソコンを購入すると、通常で購入するよりもどのくらいお得になるのかを詳しく紹介します。

Broad WiMAXとは

Broad WiMAXはWiMAXを取り扱うプロバイダのひとつで、業界最安値級の月額料金を実現しています。それだけでなく、Broad WiMAXではさまざまなサービスを提供していることも大きな魅力です。
たとえば、代表的なものとして違約金負担サービスがあります。このサービスは、通信会社を乗り換える際に発生する違約金を負担してくれるものです。多くの人が乗り換えを躊躇する理由としてまず挙げられるのが、この違約金の存在でしょう。しかし、Broad WiMAXであれば違約金を気にする必要はありません。
また、契約したその日からネットを使いたい人や、宅配だと日中留守にしていることが多い人に人気なのが、店舗受け取りサービスです。Broad WiMAXの受け取り可能店舗は東京に2店舗、埼玉と大阪に1店舗ずつあるので、それらの店舗で直接ルーターなどを受け取ることができます。
これらに加え、Broad WiMAXでは8日以内であればキャンセルOKとなっています。申し込んだ後に自宅が通信エリア外だったことがわかっても、8日以内なら契約をキャンセルできるので安心です。
さらに、多くのプロバイダでは契約後の登録制によるキャッシュバックを行っていますが、Broad WiMAXではキャッシュバックが直接料金に反映されています。そのため、Broad WiMAXの月額料金は最安2,726円を実現しているのです。

Broad WiMAXのパソコン・タブレットセット

パソコンセットからキャッシュバックへと方向転換しているWiMAX公式や多くのプロバイダのなかで、Broad WiMAXは現在でもパソコンセットを提供している数少ないプロバイダです。また、パソコンだけでなくタブレットなどとのセットも販売しているため、さまざまな利用方法に対応しています。
たとえば、Broad WiMAXであれば月額利用料金2,000〜3,000円台の24カ月契約でパソコンを利用できますし、タブレットであれば月額利用料金800〜900円ほどです。月額利用料金とは別にWiMAXの利用料が発生するものの、通常購入するよりもかなり安くパソコンを購入できるといえるでしょう。
各セットの詳しい料金や内容は次項から紹介していきますので、ぜひチェックしてください。

Lenovo PCとWiMAXのセット

現在、Broad WiMAXで展開されているWiMAXパソコンセットのなかでももっともオススメなのが、「Lenovo ideapad 320」とWiMAX通信のセットです。「Lenovo ideapad 320」はWindows10に対応しているだけでなく、Microsoft Officeもインストールされています。そのため、ネットだけでなくさまざまな用途に使用できるでしょう。さらにWebカメラも搭載しているので、購入初日からスカイプなどの動画通話にも対応できます。
このセットの価格は月額利用料金が3,000円で、契約期間は24カ月です。今現在Amazonで同じ型が販売されていないため比較が出来ませんが、当時は82,890円でした。ですのでBroad WiMAXのキャンペーンで購入したほうが約10,890円もお得になります。

hp PCとWiMAXのセット

「Lenovo ideapad 320」のほかにも、Broad WiMAXのパソコンセットには「hp W6S90PA-AAAB」があります。「hp W6S90PA-AAAB」は残念ながら現在在庫切れとなっているものの、DVDマルチドライブやWebカメラを搭載したユーザビリティの高さが人気の機種です。
この月額利用料金は2,200円で、契約期間は24カ月になります。Amazonでは同じ型の機種は販売されていないため比較ができませんが、後続機である「2BD71PA-AAAA」が79,693円であることを考えると、Broad WiMAXのパソコンセットのほうが相当お得だといえます。

タブレットとWiMAXのセット

パソコンセットのほかにも、Broad WiMAXではタブレット端末のセット販売も行っています。Broad WiMAXが販売しているタブレット端末とWiMAX通信のセットは2種類で、「ASUS ZenPad 7.0」と「HUAWEI MediaPad T3 7」です。「ASUS ZenPad 7.0」は月額900円で契約期間は24カ月、「HUAWEI MediaPad T3 7」は月額800円で契約期間は24カ月になります。いずれの機種もディスプレイサイズが7インチと程よい大きさの使いやすいサイズで、なんといってもパソコンと比べた場合の月額利用料金の安さが魅力です。スマホだと小さくて不便ですが、パソコンまでは必要ない人にオススメのセットです。

Broad WiMAXの初期費用割引キャンペーン

ほかにも、Broad WiMAXではWiMAX契約時の初期費用割引キャンペーンも行っています。このキャンペーンでは、契約時にホームページから「WEB購入」し、支払い方法として「クレジットカード支払い」を選択、そして「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」という2つの指定オプションサービスに初回加入すると、初期費用が1万8857円割引されます。そうすることによって、契約時に同時購入するルーター端末は全機種実質ゼロ円になるのです。しかも、この場合の料金プランの最安価格は2,726円となるのですから、まさに驚きのキャンペーンです。初回加入した2つのオプションサービスは、ルーター端末到着後に無料で解約することもできます。お得で手軽にWiMAXを始めるチャンスだといえるでしょう。パソコンはすでに手持ちのものがあるという人は、まずこのキャンペーンでWiMAXを始めてみてはどうでしょうか。

プロバイダ契約の注意点

WiMAXは公式で契約するよりもプロバイダから契約したほうがより格安になります。ただし、その際には注意するべきポイントが2つあります。もしも契約内容やキャンペーン内容をよく知らずに契約してしまうと、公式で契約するよりも割高になってしまったり、受けられるはずのキャンペーンのサービスが受けられなかったりするかもしれません。プロバイダ経由にすることで逆に損をしてしまうことのないよう、ここからは注意点について解説します。

3年契約と2年契約どちらにすべきか?

1つ目の注意するべきポイントは、公式やプロバイダでは2017年から「3年契約プラン」を前面に打ち出している点です。契約する際にはこの3年契約の期間が果たして最適なのかどうか、よく考えておきましょう。
なぜなら、3年契約にすると3年ごとに自動更新されてしまいます。ということは、解約できるタイミングも3年に1回しか来ないことになります。3年契約については、その間にルーター端末が劣化してしまうデメリットがあるのではないかという声もささやかれています。
また、3年契約プランの魅力は本来有料の「LTEオプション」が無料になることです。しかし、普段利用する場所がWiMAX2+エリアに対応しているのであれば、LTEオプションが無料であってもそれほどメリットは感じないかもしれません。一方で、LTEを使う頻度が高くなりそうであれば、3年契約のほうがメリットの多い可能性があります。
プロバイダのなかには、そもそも2年契約プランを扱っていない会社もあります。その場合には2年契約にしたくてもできないことになりますので、契約前にあらかじめ調べておきましょう。

キャンペーン対象機種は最新機種か?

2つ目の注意点として挙げられるのは、たとえ高額なキャッシュバックサービスであっても、そのサービスの対象機種が最新機種とは限らないことです。プロバイダのなかには、キャンペーン対象となる機種が実際は1年前に発売された機種だったというケースもあります。
WiMAXなどのWi-Fiルーター端末は、発売時期が1年違うだけでも確実に性能が変わります。耐久性もよくなりますし、通信速度も最新機種のほうが断然速くなります。1,000〜3,000円程度の差しかないのであれば、古い機種よりも最新機種を選んだほうが結果的にお得なのです。実は、キャンペーンとはいってもほとんどメリットがなかったということもありえます。
広告などでは魅力的なキャンペーンのように思えても、実際はそうではないかもしれません。プロバイダ経由で契約する際にはキャンペーン対象となっている機種がどの機種なのか、事前によく確認しておきましょう。

様々なキャンペーンを利用してよりお得にWiMAXを利用しよう

ここまでWiMAXをパソコンで利用するメリットやデメリットのほか、パソコンセットの概要、プロバイダが展開しているキャンペーンの内容などについて紹介してきました。それらのなかで、自分に合ったプランやキャンペーンは見つかったでしょうか。
キャンペーンやプランは公式や各プロバイダがそれぞれ独自のものを展開しています。まずはそれらのキャンペーンやプランをよく吟味してみましょう。そしてそのなかから、自分がもっとも満足するキャンペーンやプランを見つけ、よりお得にWiMAXを始めてみましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi