閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXは外出先でも便利!短期間の利用にはレンタルがおすすめ

自宅でも外出先でもWi-Fiが使えるWiMAXを利用するためにはプロバイダの契約が必要です。WiMAXは通信速度が速くて持ち運びに便利ですが、短期間だけWi-Fiを使いたい人にとってはちょっと面倒だと思われがちです。しかし、WiMAXはレンタルすることもできるのをご存じでしょうか?短期間だけWiMAXをレンタルする方法や具体的な料金、おすすめの業者の選び方などを紹介し、効率的に安くWi-Fiを使うための方法を説明します。

持ち歩けるのは便利!外出先でWiMAXを使うメリットは?

WiMAXのメリットは、何といっても持ち運びがしやすいことです。外で仕事がしたいときはもちろん、出張や旅行でWi-Fi環境がないところに行くときにも重宝するでしょう。外出先でWiMAXを使うメリットについていくつか紹介します。

ルーターを持ち歩くことができる

WiMAXのルーターはどれも約100gと軽量で、幅も10cmほどと小さいのが特徴です。そのため、持ち運びに負担がかからず、スリムなのでカバンに入れても場所をとりません。同じルーターでも色のバリエーションが豊富なものもあり、スタイリッシュなデザインで年齢や性別を選ばずに使えるのもWiMAXのルーターならではの特長といえます。コンパクトなので、荷物をできるだけ少なくしたいときでも安心のサイズ感です。
また、連続通信時間が10時間を超えるものが多いため、バッテリーを気にしなくていいのが大きなメリットです。移動中など外で長時間作業がしたいときでも、安心して使えるのはWiMAXならではといえるでしょう。

外出先でもすぐにネットが使える

移動中の新幹線や飛行機、出張や旅行で訪れた先のホテルなどにWi-Fiがあるのか確認する作業は意外に面倒ですよね。Webサイトにはっきり記載していないところもあり、確認するのに手間取った経験がある人は多いはずです。
しかし、WiMAXのルーターを持っていれば、その場ですぐにWi-Fiを使うことができます。屋内、屋外を問わず、使いたいと思ったときにネットが使えるのはとても便利です。また、普段から使っている端末ならパスワードの入力をする必要がないため、パソコンやスマホを使いたいときにすぐ起動してネットにつなげることができます。フリーWi-Fiでよくある登録やパスワードの入力などの余計な手間が省けるのもWiMAXの特徴です。

データ量を気にせずにネットができる

持ち運べるタイプのWi-Fiを使うとき、どうしても気になってしまうのはデータ量です。従量課金制のルーターだと気づかないうちに請求金額がふくれ上がってしまう可能性があり、そうでなくても通信速度は落としたくないと思うのが一般的でしょう。そんな人でも安心の通信無制限のプランがWiMAXにはあります。データ量の上限なしで高速インターネットを使い放題のプランにすれば、料金を気にせずに使うことができるのです。
また、使っているスマホのデータ量が制限を超えてしまったときも、WiMAXがあれば対応できます。スマホに速度制限がかかってイライラしてしまう機会が多い人は、保険としてWiMAXを持っておくのもおすすめです。PCだけでなく、スマホのデータ量を気にしなくて良くなるため、データ量をたくさん利用する人には大きなメリットです。

セキュリティ面で安心して使える

街中で使用できるフリーWi-Fiなどは、どうしてもセキュリティ面に不安が残るものです。誰でも使える便利な面がある一方、住所や氏名、カード情報などの個人情報をやり取りするのはとても危険といえます。誰かに情報を読み取られてしまう可能性があるだけに、仕事の重要なデータを扱うのもあまりおすすめできません。
しかし、WiMAXを使えば自分でセキュリティ対策ができるので安心、安全にネットにつなげることができます。暗号を解読されたりパスワードが漏れたりしない限り、自分が使っているWiMAXの電波を知らない人に無断で使用される心配はありません。外でも個人情報や業務上の機密を守りながら作業ができる安心感は、フリーWi-Fiにはないものです。

1台の端末で何台もつなげる

WiMAXのルーターを1つ持っていれば、複数のパソコンやスマホ、タブレットをネットにつなぐことができるのもメリットといえるでしょう。仕事用とプライベート用にスマホを分けている人や、タブレットとパソコンを同時に起動して作業したい人にはとくにおすすめです。業務効率化を目的としたマルチタスクができるのも、WiMAXの魅力といえます。一度契約したあとに使用する端末が増えても安心です。
また、パスワードを共有することで自分以外の家族や友達と一緒にネットを使うこともできます。電波が届く範囲内なら同時に利用が可能なので、家族の人数分契約する必要はありません。こうしたコスパの良さもWiMAXを使用するメリットです。仕事のチームで外出したり、仲のいい友達グループで旅行をしたりしたときにも気軽にネットにつなげられるのも魅力といえます。

WiMAXを使うなら購入とレンタルどっちがお得?

WiMAXにはさまざまなメリットがありますが、どうせならお得に使いたいですよね。Wi-Fiにあまりお金をかけたくない人は多いはずです。そこで、購入した場合とレンタルした場合、どちらがお得になるのかを比べてみました。

どのような場合にレンタルがおすすめなのか

普段、家やオフィスで固定の回線を使っている場合はレンタルがおすすめです。WiMAXは外で使うものと割り切り、あくまでも外出用のネット回線として扱うのがいいでしょう。家に帰ったら電源を切り、電池の減りをできるだけ抑えてあげるのがおすすめです。WiMAXのルーターはとてもコンパクトでスタイリッシュなデザインなので、仕事やちょっとした外出のときも荷物になりにくいです。
入院や出張、旅行などで一定期間家を空けるときなどにもレンタルが向いています。Wi-Fiを使いたいときだけレンタルして、家に帰るタイミングで返却するとお得に使うことができます。Wi-Fi環境がない場所に行くときは手軽なのでとくにレンタルを重宝するでしょう。

レンタルのほうがお得な場合とは

レンタルがお得になるケースは2つあります。1つ目は、あくまでも一時的な利用で今後WiMAXを使う予定がないケースです。持ち運べるWi-Fiを探していても、今後WiMAXを契約するつもりがないならレンタルで済ませたほうがお得に利用できます。
2つ目は、短期間だけ高速通信を試してみたいというときです。遅いWi-Fiルーターを経験した人でも、とりあえず試すことができます。WiMAXのルーターの中にはハイスピードモードを搭載しているものもあり、外にもかかわらず高速の通信が体感できるのです。少しだけ使ってみたいと思っている人はいきなり契約をするのではなく、レンタルで試してみるというのもひとつの手です。実際に使った感覚をもとに、気に入ったら購入するくらいの軽い気持ちでもいいでしょう。

購入のほうがお得な場合とは

レンタルは手軽で魅力的ですが、トータル的に考えると買った方がお得なケースもあります。たとえば、長期間使いたい場合はレンタルを続けるよりも購入してしまったほうがお得になることもあるのです。およそ1年以上継続して使いたい場合などは、レンタルではなく買ってしまうのがおすすめです。
また、外出先に限定せず、家でも出先でもネットを使いたいと思っている人は、WiMAXを購入したほうが結果として安くすみます。家に固定の回線を引いていない人や場所にとらわれずネットを楽しみたい人は、レンタルだとかかる金額が高くなってしまう可能性があります。出張や引っ越しが多い人は、固定回線だと工事費などもかさみがちです。遅いインターネットがいやな人はもちろん、WiMAXを使うことで月々かかる金額以外の部分を節約することもできます。

WiMAXは海外でも使えるの?利用できる通信サービスは?

海外への出張や旅行が多い人は、国内でも同じように使えるのかが心配になるでしょう。残念ながらWiMAXは国内のみのサービスで、海外の通信には対応していません。海外でも使える通信サービスについても紹介します。

WiMAXは国内のみのサービス

海外でも日本と同じように高速で手軽なWiMAXの通信が使えたら便利ですよね。しかし、残念ながらWiMAXは国内向けのサービスなので、海外で使うことはできません。長期間の海外旅行や短期留学のお供としてWiMAXを使うことはできず、海外出張が多い人にはWiMAXは向いていないということになります。
また、国際ローミングサービスも非対応となっているため、日本国内でしか使い道はありません。そのため、海外でネットを使いたいときは別のポケットWi-Fiをはじめとした通信サービスを利用する必要があります。しかし、通信サービスにはいくつか種類があります。渡航先の国や環境にあったサービスをかしこく選択できるよう、あらかじめ知識をつけておくことが大切です。

海外で利用できる通信サービス

海外に行ったら、その土地にあった通信サービスを選択して利用する必要があります。しっかり知識をつけておかないと、「実際に渡航してから使えなかった!」という最悪のケースも考えられます。知っておくと得をする海外で使える通信サービスをみていきましょう。

レンタルモバイルルーター

もっとも手軽に使えるのは、渡航日から帰国日までレンタルできるモバイルルーターです。国内のメーカーのものを使用することで手続きも簡単にできるうえに、渡航先で何かトラブルがあったときも日本語でサポートを受けることができます。
事前に申し込みをしておくと、出発時に空港の窓口でルーターを受け取ることができます。申し込みは前日までに済ませておけるので、当日バタバタすることはありません。また、帰りは「空港の窓口に再度返す」「郵送で返却する」ことが選択できます。本当の意味で海外にいるときだけ使える通信サービスなので、無駄がありません。1日あたりの定額制をとっているルーターならたっぷり使うことができます。システムがとてもシンプルでわかりやすいので、初めて海外で通信サービスを使う人にもおすすめです。

プリペイドSIM

SIMフリーのスマホを使っている人は、現地に着いてからプリペイドSIMを購入してネットが使えるようになります。スマホキャリアの海外対応プランよりも割安になることが多く、できるだけネットにかかる料金をおさえたい人にはおすすめの方法です。
基本的には定額制のSIMになりますが、海外の空港やコンビニで売られていることもあります。ただし、その容量や価格、料金プランは国や地域で異なるため、念入りにリサーチしてから買ったほうがいいでしょう。また、サポートがないものが多いので、現地の言葉がある程度得意である必要があります。このほかにも、「いざ買ってみたら遅い」という可能性も考えられるでしょう。どこで手に入るか分からない場合は、ホテルのフロントやガイドなどに確認するようにするのがおすすめです。

国際ローミングサービス

ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯キャリアが提供している国際ローミングサービスを使うという手もあります。サービスに対応している携帯やスマホを所持していることはもちろん、オプションの申し込みや専用アプリでの操作が必要になります。
事前に申し込みをする必要がありますが、慣れている端末での操作になるので安心です。また、請求が月々の携帯代、スマホ代と一緒に行われるので、どの程度使ったのかを管理しやすいのがメリットといえるでしょう。ただし、他の通信サービスに比べると料金がやや割高になる傾向があります。速度が遅い可能性も考えられるのです。少しでも安く抑えたい人は他の通信サービスが向いているといえます。使い慣れた端末でできるだけ手間をかけたくない人や、急に海外に行くことになって時間がない人には国際ローミングサービスがおすすめです。

WiMAXを短期間レンタルできる業者を比較しよう!

その手軽やさや料金の安さからみてみると、WiMAXの短期間レンタルはとても魅力的なサービスです。WiMAXの端末を短期間レンタルできるお店とその期間、料金についてリサーチしました。WiMAXのレンタルを検討している人は必見です。

Wi-Fiレンタル屋さん

秋葉原駅から徒歩約5分の場所に位置するWi-Fiレンタル屋さんは、遠方でもWebからすぐに申し込みができます。事務手数料はいっさいかからず、レンタル料金以外に通信料が発生することがないので安心して利用できるレンタルサービスです。最短で1泊2日からレンタルすることができ、期間が長くなればなるほどお得な料金プランが設定されています。とくに14泊以上はレンタルパック料金があるので、長期間使用予定の人にはおすすめです。
利用料金は1日あたり450円ですが、1カ月パックだと6750円です。これに往復分の送料1080円を上乗せした金額が請求されます。
レンタルできるWiMAXの端末は「WiMAX WX03」で、下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsの通信速度が目安とされています。室内ではつながりづらいことがあるので、窓際に置いて使うなどの工夫が必要です。

e-ca

宅配便のほかに、空港でも受け取れるタイプのWiMAXレンタルです。配達証明ができる場所であれば、病室やイベント会場などでも届けてもらうことができます。返却は「ポストに投函する」「宅配便で送る」「空港で返却ボックスに入れる」といった3パターンから選ぶことができます。
最短1日からレンタルが可能ですが、29泊以上になると1日あたりの金額が安くなります。
料金は1日あたり415円ですが、29泊を超えると1日当たり207円になるので、長期間レンタルしたい人にはおすすめです。
レンタルできるWiMAXの端末は「WiMAX WX02」で、下り最大220Mbps、上り最大10Mbpsの通信速度が目安とされています。さまざまな借り方、返し方に対応していてサポート体制も充実しているので、忙しい人にはおすすめのレンタル業者です。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

宅配もしくは空港で受け取ることができるほか、コンビニ受取りにも対応した業者になります。コンビニなら24時間いつでも受け取れるので、忙しい人にはとてもおすすめです。また、受取り可能な場所であれば、病院やホテルなども指定できるため、急ぎでWiMAXのルーターを使いたい人にもぴったりな業者といえます。最短で1日からレンタルすることができ、30泊以上になると1日あたりの料金が安くなります。長期の出張や入院など、長い期間Wi-Fiが必要な人にはおすすめです。
料金は1日当たり432円ですが、30泊以上になると1日あたり209円でレンタルすることができます。レンタルできるWiMAXの端末は「WiMAX WX02」で、下り最大220Mbps、上り最大10Mbpsの通信速度が目安とされています。建物内ではつながりづらくなることがあるため、事前確認が必要です。

どこでもネット

最短で1日からレンタルすることができますが、なんと最長で360日プランまで設定されている業者です。1日あたりのレンタル代は900円ですが、最長の360日プランなら1日あたり169円と、レンタルする期間が長ければ長いほどかなりお得になるシステム。16時までに注文を確定させると、最短で即日発送が可能なケースもあります。自宅はもちろん空港やホテル、病院など、好きな場所に届けてもらえるので急いでいる人にはとくにおすすめです。また、来店での貸し出しも行っています。返却はポストに投函すればいいという手軽さも魅力といえるでしょう。
レンタルできるWiMAXの端末は「WiMAX WX04」で、下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsの通信速度が目安とされています。申し込みをする前に、対象のエリアをかならず確認するようにしましょう。

WiMAX端末を借りる際のレンタル業者の選び方

WiMAXのルーターを借りるなら、できるだけ簡単に安く借りられる業者を選ぶべきです。そこで、おさえておきたいレンタル業者の選び方についてまとめました。いくつかのチェックポイントをクリアした業者から選ぶようにしましょう。

簡単に手続きができるか

WiMAXのレンタルになれていない人はとくに、手続きが簡単な業者を選ぶのがおすすめです。ややこしい手続きに時間をとられたり、いざレンタルしてもらうときに分からなかったりして疲れてしまったら元も子もありません。
自宅や空港、ホテル、病院など、端末の受け取り場所が選べる業者を選ぶのはマストです。自分にとっていちばん都合の良い場所を選べると、受け取りの負担がぐっと下がります。これと同時に、ネットで簡単に手続きができる業者を選びましょう。申し込みが完了してすぐに配送してくれるスピード感のある業者もとてもおすすめです。電話やメールなどのサポートが充実している業者はとても信頼できますし、お店が近くに合ったら直接借りにいって疑問点などをぶつけてみるのもひとつの手段です。
借りるときだけでなく、返し方もかんたんな業者を選ぶようにしましょう。ポストに投函できるタイプや、空港でそのまま返せる業者はとても便利です。

最新の端末を借りられるか

どうせなら少しでも速く、快適な速度で通信がしたいですよね。速度が遅いと仕事にも支障が出てしまいます。最新の端末を借りることができれば最大速度での通信が可能になるので、端末の種類にもこだわって業者を選ぶのがおすすめです。とくにLTEオプションに対応している機種なら、電波が届きにくい場所でもハイスピードプラスエリアモードが使えます。逆にこれがないと、窓際など電波が入りやすい場所に移動してルーターを使わなければいけないケースがあるので注意してください。また、最新の端末は、連続通信時間が長いことも特長です。ストレスなくネットを使うことはもちろんですが、途中で回線が途切れてしまってはいけない場面でも安定して使えるのは大きなメリットといえます。
やはり固定回線に比べると安定感が出にくいWiMAXのルーターだからこそ、安心して使える最新の端末で少しでもストレスを減らすことが大切です。

料金が安いか

レンタル料金は少しでも安くおさえたいと思う人が多いでしょう。WiMAXのレンタルは同じ端末でも業者によって1日あたり400円台~900円台までとかなりの幅があり、複数の業者を比較して検討する必要があります。1店舗のみを見て決めてしまうと、最終的に損をしてしまう可能性があるので気をつけましょう。また、短期でお得なレンタル業者と長期でお得なレンタル業者があるため、自分が借りたい期間に応じて業者を選ぶべきです。WiMAXを使う予定の日数を先に割りだしてから業者探しをすると、余計な時間がかからずスムーズに業者を選ぶことができるのでとてもおすすめです。
このほかにも送料や手数料など、レンタル代以外にも料金がかかることがあります。レンタルの料金の安さだけでなく、こうした金額にも気を配りながら探してみるのがおすすめです。

レンタルで借りられる機種とそれぞれの特徴

さまざまな特色の業者がありますが、レンタルで借りられるWiMAXのルーターはおもに3種類です。いったい、どんな種類のものをレンタルできるのでしょうか。それぞれの機種の違いや特徴、メリットなどを説明します。

Speed Wi-Fi NEXT WX02

パールホワイト、マットブラック、マゼンタの合計3種類のバリエーションから選べる端末です。4×4MIMOという通信技術を採用しており、下りが最大220Mbpsで通信できます。最新のWi-Fi規格であるIEEE802.11acにも対応しているため、ほかの規格よりも速い通信速度でインターネットを利用できるのが特長です。エコモードやバランスモードに切り替えることで省電力を実現、長時間の連続通信が可能になります。また、消費電力の少ないBluetoothテザリング機能により、タブレットやスマホでも長時間のインターネットが可能です。
また、専用のアプリをダウンロードすることでスマートフォンからリモート操作ができます。休止の状態から利用開始まで約5秒でクイック起動できるほか、WiMAX本体をカバンなどに入れたままアプリの操作で利用可能です。

Speed Wi-Fi NEXT WX03

カラーはホワイトゴールドとディープブルーの2色展開されています。4×4MIMO技術とCA技術を採用、国内で提供される高速モバイルデータ通信の中では最速の下り最大440Mbpsの高速通信が可能な機種です
2.4インチの大型ディスプレイを採用することで見やすく、直感的な操作が可能になっています。器械の操作が苦手な人や、ルーターを初めて使う人でも安心して使えます。
また、大容量バッテリー搭載で充電のもちが良いほか、切り忘れ防止タイマー機能を搭載しています。ノーマルモードなら約600分の連続通信が可能です。60分経過後に強制的に自動休止がかかるだけでなく、電池容量低下をスマホに案内してくれるため、突然充電が切れて慌てる心配もありません。
あらゆる方向からの電波をキャッチできる別売りのグレードルを装着することで、室内でもよりつながりやすく快適に使用することができます。

Speed Wi-Fi NEXT WX04

カラーはアクアブルーとクリアホワイトの2色展開で、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。ハイスピードモードに加え、ハイスピードプラスエリアモード搭載により、さらに広いエリアで高速通信を実現しました。電波がつながりにくいエリアだけでなく、入り組んだ屋内にも対応できる機種です。一時的にハイスピードプラスエリアモードに切り替えるワンタイムHS+Aボタンも搭載されています。
ビームフォーミング技術を採用した専用のクレードルを使うことで電波を特定の方向へ飛ばすことができるようになるのです。安定したネット環境を実現し、Wi-Fiのスループットが従来に比べて約20%向上しています。このほかにも、取り外しが可能な大容量電池が採用され、賢い省電力モードで連続通信時間がさらアップしました。ノーマルモードなら約690分の連続通信が可能です。
通信の安定感とバッテリーをのもちを求める人には最適なルーターといえます。

Try WiMAXで通信速度を体感!どんなサービスなのか

WiMAXを15日間無料で試せるTryWiMAXというサービスをご存じでしょうか。これは一定の条件を満たす人ならだれでも試せるうえに、一切の費用がかからないサービスです。TryWiMAXの詳しい内容について紹介します。

Try WiMAXとは

一言でいうと、UQコミュニケーションズが提供するWiMAXのお試しサービスのことです。一定の条件をクリアした人なら、だれでもWiMAXのモバイルWi-Fiルーターを15日間無料で試すことができます。WiMAXのルーターを使ったことがない人や、実際に使ってみて様子をみたい人、購入を検討している人におすすめのサービスです。
WiMAXはサービスエリア内でのみ使用できるサービスなので、実際に使ってみて通信速度や快適さを確認することができます。貸し出しできる機器はある程度限られていますが、WiMAXの通信速度を存分に試せるラインナップになっています。登録料や通信料、レンタル料、配送費用などはいっさいかからないので、気軽に試せるサービスです。

利用条件

TryWiMAXを利用するにあたっては一定の条件があります。まず、日本に住んでいる成人にのみ申し込み資格があります。未成年は申し込むことができないことと、日本国内でのみ使用できるという特性上、海外からの申し込み、利用はできません。
また、本人名義のクレジットカードを所有していることも条件として挙げられます。このほかには過去180日間以内にTryWiMAXの利用履歴がないことや、貸出機器の未返却履歴がないことも条件です。無料だからといって、短期間に繰り返し利用することはできない仕組みになっています。
なお、利用するにあたっては利用規約に同意する必要があるので、申し込む前にしっかりと目を通しておくようにしましょう。

利用できる機種

TryWiMAXで利用できる機種は全部で8種類です。下り最大708Mbpsに対応したNEW Speed Wi-Fi NEXT WX05などをはじめとした機種のほか、工事不要で家で使えるSpeed Wi-Fi HOME L01/L01sやnovas Home+CAなどがあります。そのほかには、Speed Wi-Fi NEXTシリーズの「W02」「W03」「W04」「WX03」「WX04」もレンタル可能です。また、クレードル付きの機器も選べるので、試してみたい人は申し込んでみましょう。なかには販売終了となっているものもあり、ホームページに記載されている写真とは見た目が異なる場合もあります。

申し込み手順

申し込みを始めるまえに、サービスエリアの確認をしましょう。自宅や使いたいエリアがサービスエリアに入っているかどうかをチェックして、問題なく使えると分かったらWebから申し込みをしてください。必要事項を入力後、仮登録を済ませてから本登録に移ります。その際本人名義のクレジットカードが必要なので、あらかじめ用意しておくのがおすすめです。
申し込みが完了したら、貸出機器が届くのを待ちましょう。地域や交通状況によっては到着までに2日から3日かかる場合があります。貸し出しの期間は機器の発送日から返却する機器の着荷日までの合計15日間です。返却期限はメールで案内されるので、必ず守るようにしましょう。また、デビットカードではホームページからの申し込みができないため、書面で申し込む必要があります。

利用する際の注意点

TryWiMAXは無料でWiMAXを試せるとても魅力的なサービスですが、利用するにあたってはいくつか注意点があります。まず、返却日についてですが、指定されるのは端末の到着日となります。ギリギリに返送すると期日を過ぎてしまうおそれがあるため、余裕をもって返却するようにしましょう。もちろん、返却日を守るのは当然のことで、遅れてしまうと今後TryWiMAXを利用できなくなる可能性があります。また、返却の際は端末だけでなく付属品も忘れずに確認しましょう。返し忘れがないかしっかりチェックすることが大切です。
実際に使ってみて気に入ったら契約を検討するのもおすすめです。その場合は、月額料金やキャンペーンを調べたうえで、お得なプロバイダで契約することをおすすめします。

WiMAXを長期間利用するならプロバイダ契約がおすすめ!

WiMAXを試してみて気に入った人や、長期間利用する場合はレンタルではなくプロバイダを契約するのがおすすめです。とはいっても、いろいろな種類があってややこしいと思う人が多いかもしれません。そこで、プロバイダの詳しい内容や契約期間、おすすめの選び方などを紹介します。

プロバイダとは

そもそもプロバイダとは何を指すのかというと、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスを提供する通信業者のことです。どこのプロバイダで契約しても通信速度は選ぶ端末や利用環境によって左右され、サービスエリアはとくに変わらないので安心してください。しかし、契約期間や料金、お得なキャンペーンはプロバイダによって異なります。つまり、少しでもお得に利用するためにはプロバイダをきちんと選ぶことが必要不可欠なのです。また、店頭やUQコミュニケーションズで申し込むよりも、プロバイダ契約をした方がお得な料金で契約することができます。お店で急いで契約しても、あとで安いプロバイダを見つけて後悔するかもしれません。キャンペーンはそのときどきによって違いますし、申し込みをするタイミングでいちばんお得なプロバイダをじっくり選べるのがメリットです。

プロバイダ契約する際の契約期間

プロバイダ契約をするにあたって、その契約期間は2年また、は3年に設定されていることが多い傾向 です。長期間WiMAXを利用することが決定しているなら、レンタルよりもプロバイダを契約したほうが結果的に安くすみます。また、レンタルする際に必要な配送料などの料金や返却の手続きを考えると手間も少なくてすむのです。
一見すると2年契約よりも3年契約の方が長く、契約するのにためらってしまうこともあるかもしれませんが、月額料金は3年契約の方が安く設定されています。プロバイダごとに料金設定の差はありますが、長期間WiMAXを使う予定があるなら3年契約のほうが長い目でみたときにお得なのです。
月々支払う金額は安いほうが家計には負担がかかりづらく、複数の回線が使えるWiMAXなら使用する端末が増えても問題なく使用できます。安心して長く使えるのがプロバイダ契約のメリットともいえるでしょう。

どこのプロバイダを選ぶべきか

プロバイダ契約にはメリットがありますが、問題はどれを選ぶべきなのかということです。いくつかのプロバイダがあるなかでもっともおすすめなのはBroad WiMAX。その理由はなんといっても月額料金が安いことです。毎月の支払額が最低で2726円と安く、追加料金などはかかりません。たくさんネットをする人は制限なしのプランも選べるので、自分の使用状況によって使い分けることができます。
また、キャンペーンで初期費用が無料になるだけでなく、端末代まで無料だというのもBroad WiMAXを選ぶメリットです。月額料金が安いだけでなく、初期費用まで割引されるキャンペーンはほかのプロバイダにはない特典です。すでに他社のWiMAXを利用している人でも、乗り換えれば違約金を負担してもらえるのもメリットです。とても利用しやすく、金銭的にも続けやすいプロバイダといえます。

WiMAXの短期利用はやっぱりレンタルが便利!

WiMAXを短期で利用したいなら、1泊から使えるレンタルがとても便利です。利用期間に応じて業者を選ぶことで、よりお得に使うことができます。借り方や返し方は業者によって様々です。自分に合った業者を見極めて、ストレスなく利用するようにしましょう。WiMAXは自宅でも外出先でも気軽に高速通信が使える便利な通信サービスです。WiMAXのレンタルはもちろん、TryWiMAXを利用してみて気に入ったら、プロバイダ契約でお得に契約しましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi