閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの速度はどれくらい?速度低下の原因や対策についても紹介

サービスエリア内であれば、場所を限定せずどこでもインターネットを利用できるという点がWiMAXの強みです。しかし、ページの閲覧やテキストの送信など、インターネットを快適に使うためには、通信速度が重要になります。高速通信が魅力のWiMAXですが、場合によっては通信速度が低下することもあります。そこで、WiMAXの通信速度が低下する原因と対処法について解説します。快適にインターネットを利用するためには、速度に影響を与える通信回線についても理解しておくことが大切です。通信速度に関する知識を深め、WiMAXを最大限に活用しましょう。

WiMAXは下り通信速度が速い!外出先でも高速インターネットが可能に

WiMAXは通信速度が速いことによってインターネット通信を利用した際の不満を解消しています。ウェブサイトの表示スピードや動画の読み込みなどのスピードを向上させることで、利用者が満足できるサービスを提供しています。通信速度を考えるとき、特に重要となる部分はデータの受信時、つまり下り通信のスピードです。WiMAXの最大通信速度は下り708Mbpsと数あるサービスの中でも技術面でトップであるといっても過言ではありません。将来的には1Gbpsを目指すという計画もあり、今後さらに通信速度が向上することが見込まれます。特にモバイルWi-Fiルーターは外出時のインターネット通信速度に大きな影響を与えています。モバイルWi-Fiルーターを使用することで、屋内だけではなく外出先でも高速インターネット通信が可能になりました。

WiMAXの通信速度はどこでも速い?その理由は2種類の通信回線

エリアを広げ、通信速度をあげたWiMAX2+は、WiMAX専用の回線、au 4G LTE回線の2種類を使用しています。これによってWiMAXの回線単体を利用しているため、より広い範囲で高速インターネットが利用できるようになりました。電波が届きにくい建物の中や地下など、これまでのインターネット通信サービスではスマートな動きを実現できなかった場所でも、WiMAXは2種類の回線を使用することで快適にインターネット通信を利用できます。場所を選ばずに高速通信を体感できるため、エリアを限定され、通信速度に不満を抱いていたユーザーから支持を得ているのです。

WiMAXの回線

WiMAXの回線にはWiMAX2+と旧WiMAXという2つの回線があります。WiMAX2+のエリアが拡大した結果、WiMAX2+が主流になりました。WiMAX2+の拡大によって旧WiMAXを利用するケースは無くなり、停滞が決定しています。実際に旧WiMAX回線を利用するよりも、WiMAX2+では高速通信が可能です。その理由は周波数にあり、古くから利用されている周波数である2.4GHz帯と、新しい周波数5GHz帯という2つの周波数帯を使い分けることができるためです。この2つの周波数は自動で切り替えることができ、エリアや通信状況に応じてユーザーが設定をする必要はありません。

au 4G LTE回線

WiMAX2+では、オプション料を支払うことでauのLTE通信回線を利用できるサービスがあります。「ハイスピードプラスエリアモード」とよばれるサービスであり、高速通信が可能です。オプションサービスとして利用できるサービスとなっており、対応している機種も限定されます。auの電波はWiMAX2+よりも対応エリアが広いため、WiMAXがエリア外の場合にもインターネット通信が可能となります。WiMAXの回線だけでは不安であるという人や、エリア外に出るケースが多いという人にとって、WiMAXを利用する理由になるほど魅力的なサービスであるといえるでしょう。

WiMAXの通信速度はプロバイダによって違う?

プロバイダが異なる場合でも変わりません。インターネット通信サービスを提供しているところはUQコミュニケーションズであり、使用できる通信回線は同じであるためです。そのため、どのプロバイダを利用したとしても、WiMAXの高速通信には変化がありません。つまり、プロバイダを選ぶ際の基準は月額の利用料金やキャンペーンになります。キャッシュバックキャンペーンや端末代金無料、違約金負担といったさまざまなキャンペーンを展開しています。顧客獲得のためのキャンペーンであり、どれもメリットが大きいものです。自分にとって金銭的な面で負担が少なく、利用方法などがあっており、お得だと思えるプロバイダで契約をしましょう。

通信速度は環境によっても変わる?WiMAX利用上の注意点

自宅でも外出先でもインターネット高速通信を利用できる点がWiMAXの特徴ですが、インターネットを利用する場所、環境によっては、通信速度が低下する場合があります。エリア外になっている、電波の感度が悪く通信速度が低下している場合には、ルーターを移動させる、回線を切り替えることで解決することが多いです。しかし、WiMAXのサービス内容や、端末が影響するケースもあるため、利用を開始する際には注意したいポイントを押さえておきましょう。

電波状況によって通信速度が変わる

電波の状況や回線の混雑具合によって、想定していたよりも通信速度があがらない可能性もあります。特に屋内など壁や隣接するビルなどの障害物がある場所では、電波の感度が弱くなることで通信速度が低下する場合があるでしょう。昼や夕方以降、休日などインターネット回線の利用者の多い時間帯は回線が混雑し、通信速度が低下するケースもあります。地下や屋内、地方ではサービスエリアに入っておらず、圏外になってしまうエリアもあるのです。電波が届かず通信ができないという事態を避けるため、利用するエリアがサービスエリアであるか、事前に確認をおこなうことも大切です。

利用状況によっては通信制限が発生する

WiMAXには、無制限プランであっても一定の通信量を使用すると通信速度制限がかかります。無制限プランである「ギガ放題」の場合、3日で合計10GBを超えて使用すると、翌日の夜に1Mbpsまで低下します。その後の通信量によって、速度は元に戻ることが無制限プランの特徴です。月間のデータ使用量に7GBの上限がある通常プランを選んだ場合や、ハイスピードエリアプラスモードを併用した状態で7GBを超えた場合、月末まで128kbpsの速度制限がかかります。通常プランは、インターネットの使用頻度を確認したうえで選択することがおすすめです。また、ハイスピードプラスエリアモードに関しては無制限プランにも適応されるため、使用には注意が必要です。必要な場所でのみ利用しましょう。

端末の性能にも影響される

WiMAXの速度は、使用する場所や環境、通信制限以外にルーター端末の性能にも影響されます。電波を感知するアンテナ技術が向上しているため、新しいルーターのほうがスペックも高く、高速通信に対応している機種が多いです。古いルーター端末と新しいルーター端末を比較すると、古い端末は低価格で販売されているケースが多いため魅力的に感じることもあるでしょう。しかし、インターネットの高速通信を体感したい場合や通信速度を重視するのであれば、可能な限り新しい世代のルーターを選ぶことがおすすめです。

速度は十分すぎる!?WiMAXを使ってできること

WiMAXを導入するメリットの1つは、外出先でもインターネットを利用できることです。モバイルWi-Fiルータータイプを使用することで、ビジネス、プライベートさまざまなシーンでインターネットを活用できます。しかし、実際に使ううえでは、実用に耐えるだけの速度が出るのかという点も重要です。外出先でインターネットを利用するシーンごとに必要な通信速度は、ある程度決まっています。頻繁に利用するメールやSNS、アプリゲームを快適に利用するための通信速度について見ていきましょう。

Webページの閲覧

Webページの閲覧に必要な通信速度は、ページ内の画像やリンクの量など、コンテンツのボリュームによって異なります。基本的には1Mbps以上あれば問題ないと考えられており、もちろんWiMAXではスムーズに表示することが可能です。1Mbpsであれば、無制限プランで通信制限がかかった状態であっても時間をかけずに表示される速度です。画像の読み込みには時間がかかるケースもありますが、利用に際して大きなストレスはかからない速度となります。

テキストの送受信

メールやLINEなどテキストの送受信については、通信速度が遅くても問題なく利用できることが特徴です。通常プランの7GBを超えた際や、ハイスピードプラスエリアモードの利用で通信制限がかかり、128kbpsまで低下した場合でも使用できる可能性あります。FacebookやTwitterなどのSNSはテキスト中心であるため、速度が低下してもテキスト部分はスムーズに閲覧できるケースが多いです。SNSの中でも写真が中心のインスタグラムは、1Mbps程度の速度がなければスムーズに利用できるとはいえないでしょう。

動画の視聴

通信速度や通信容量を最も必要とするのは、動画の視聴です。YouTubeやニコニコ動画などを視聴する場合、画質によっても必要な通信速度が異なります。YouTubeの低画質であれば1Mbps、高画質の場合は3Mbpsほどの通信速度が必要です。動画の長さによっては、1Mbpsで低画質で視聴した場合でも読み込むまでに時間かかる場合があります。サービスにもよりますが、5Mbps程度あるとスムーズに視聴できるでしょう。ただし、動画の視聴は、通信容量も大きく消費します。映画やドラマなどを視聴する場合、高画質で1時間以上視聴することで、制限を超える可能性が高いのです。WiMAXでも通信速度の面では十分に対応できますが、大きなデータのやり取りによる通信制限に注意が必要です。

オンラインゲーム

オンラインゲームでは、たくさんのゲームデータをやり取りします。そのため、通信速度が速くなければスムーズに進めることができないというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には動画視聴やテキスト送受信と変わらず、ダウンロードは3Mbps、アップロードは2Mbpsほどの速度が必要となります。RPGなど、一見データのやり取りが多そうなオンラインゲームであっても、3Mbpsほどで遊ぶことはできるのです。ゲームによってはデータ容量が大きいため、通信速度が遅い場合にはプレイよりもダウンロードに時間がかかる場合があります。
つまり、オンラインゲームをプレイするのであれば、通信速度は多少意識すべきであるということです。2Mbpsもあれば問題なく利用でき、WiMAXでは十分すぎるほどです。ただし通信回線の安定性が重要なため、サービスエリア内であることを確認する必要はあります。また、大量のデータのやり取りに伴う通信制限にも注意が必要です。通信速度よりも、通信容量に余裕があり通信環境のよい場所でプレイすることがポイントです。

WiMAXは光回線とどう違う?通信速度やメリット・デメリットを比較!

これからWiMAXを契約する人の中には、光回線との違いが気になる人も多いのではないでしょうか。光回線といえば、高速通信の代表格です。WiMAXと光回線には、通信速度以外にもサービスや設置方法に違いがあります。1つ例を挙げると、光回線の設置には工事が必要ですが、WiMAXは手軽に設置できることが特徴です。通信速度が速いことが注目を集めているWiMAXですが、光回線と比較した場合にはどのような違いがあるのでしょうか。具体的な違いと、それぞれのメリット・デメリットについても見ていきましょう。

WiMAXと光回線の通信速度について

インターネットを利用するうえで重要なポイントとなる通信速度は、WiMAXと光回線に多少の差があります。WiMAXが目指している1Gbpsという速度ですが、光回線では最大で1Gbpsの速度を出す場合があるのです。WiMAXは最新機種であるW05のルーター端末で最大708Mbpsまで対応となっているため、多少の差があることがわかります。ただし、これらはあくまでも理想的な環境ではかった数値であるため、実効速度ではありません。数値も大きな差ではないことから、通信速度で優劣はつけられないともいえます。実際に使用した際の体感としては、光回線でもWiMAXでもほとんど変わらない通信速度でインターネットを利用できるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットについて

WiMAXと光回線は同じインターネット通信サービスですが、通信速度以外の内容には大きな差がある部分も存在します。そのため、利用を開始する前には、通信速度以外にも比較するべきポイントをチェックしておきましょう。WiMAXは手軽に持ち運べるモバイルルーターがあり、屋外でのインターネット通信をおこなう際に便利です。光回線は自宅でのインターネット環境を快適にするために、導入を検討してみることをおすすめします。より快適にWiMAXを使うためには、WiMAX以外にも自宅に光回線があったほうが便利なケースもあるのです。さらに詳しく、WiMAXと光回線、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

WiMAXの場合

屋外で使用するWiMAXのモバイルWi-Fiルーターはサービスエリアも広く、高速通信によって快適にインターネットを利用できます。手軽に使用できるWiMAXのメリット・デメリットを見ていきましょう。

WiMAXのメリット

WiMAXは、店頭で購入した日、インターネットによる申し込みで届いた日に、すぐ利用を開始できます。利用開始時の工事が不要であり、説明書に沿って初期設定をおこなうだけでインターネットを利用できる点がメリットです。WiMAXではホームルーターも取り扱っていますが、モバイルWi-Fiルーターを選択することで場所を選ばずにインターネットを利用できます。初期設定後はスイッチ1つでインターネット通信が可能になるのです。

WiMAXのデメリット

WiMAXは無線通信となるため、場所によっては通信の安定性に問題が生じる場合があります。建物の奥まった場所、地下や地方などでは、通信状態が安定せずWebページの読み込みに時間がかかるなどの影響が出ることもある点がデメリットです。また、料金プランによっては通信制限が発生する可能性もあります。インターネットの使用頻度によっては、プランを変更するなどの手続きが必要になるでしょう。

光回線の場合

通信速度の速さが特徴の光回線ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。WiMAXのメリットとデメリットをふまえたうえで、比較しながら見ていきましょう。

光回線のメリット

自宅で使用する光回線は、通信状況が安定していることがメリットです。ルーターの不具合が起こらない限り、インターネット環境に変化が起こらないといえます。また、データの使用量の制限を設けるプランがないため、通信容量の上限を超えてしまい通信制限がかかるといったこともありません。基本的に変わらない速度と、安定した電波の感度を体感できます。

光回線のデメリット

光回線最大のデメリットは、新しく回線を引く際には回線工事が必要になるということです。費用だけではなく、工事には立ち合いが必要であり時間も要します。回線を引いた場所でしか使えないため、インターネット回線を屋外へ持ち出すことはできません。戸建てであれば家主の都合で回線工事を依頼できますが、アパートやマンションの場合、大家さんや管理会社の工事許可が必要です。許可されない場合もありえるため、気軽に導入できない点がデメリットです。

WiMAXの速度は光回線並に速い!シチュエーションに応じて使い分けよう

WiMAXでも光回線に引け劣らない通信速度が出ます。しかし、料金プランの内容や使用頻度によっては通信容量の上限に達してしまい、速度制限がかかる場合もあります。WiMAXを利用するのであれば、自分がなににインターネット通信を使用するのかを考え、使い分ける必要があるでしょう。Webサイトの閲覧や、テキストの送受信、SNSを楽しむだけという人は、WiMAXをメイン回線として使用することがおすすめです。
大きなファイルの送受信をおこなわない限り、通信容量の上限に達する、通信速度にストレスを感じるケースは少ないといえます。オンラインゲームや高画質の動画視聴を楽しみたいという人は、WiMAXと光回線を組み合わせることがおすすめです。WiMAXだけでは通信制限がかかる可能性や、安定しない場所で利用できないこともあります。反対に、光回線だけでは屋外でインターネットを利用できません。自分に合った方法で2つのサービスを活用しましょう。

もっと快適に使いたい!WiMAXの速度を上げるコツ

高速通信が売りのWiMAXですが、想定していたよりも実効速度が出ない場合には、原因を探ることで対処法がみえてきます。WiMAXを使用する場所など、環境に左右されてしまい、一時的に通信速度が出ないケースがあるのです。屋外では回線が安定しにくいため、通信速度をあげるためには工夫が必要です。また、通信速度が出ない理由の1つには通信制限もあります。通信制限は、料金プランによって定められた月7GB、3日間で10GBという容量を超えた場合に、通信回線の混雑を防止する目的でおこなわれる制限です。一定期間で解除されますが、通信制限中は通信速度が遅くなり不便であると感じることもあるでしょう。通信制限も避けながら快適にインターネットを利用したいという人のために、おすすめの対処法を紹介します。

エリアに合わせた通信モードを使う

無線通信であるWiMAXの電波は、周囲の環境の影響を受けやすいことが特徴です。シチュエーションに合わせて通信モードを切り替えることで、通信速度を保ち快適に利用できます。たとえば、屋内の場合は電波干渉の起きづらい5GHz帯の周波数の電波を使用するなどです。壁や建物に囲まれることになるため、もともと電波の感度が低下します。そのため、屋内では通信モードの切り替えが必要になるシーンが多いでしょう。屋外や広い範囲で使いたい場合には、比較的障害物に強い2.4GHz帯の周波数の電波を使用することがおすすめです。WiMAXが圏外の場合は、LTE回線であるハイスピードエリアプラスモードに切り替えて試してみます。WiMAXの電波は圏外であっても、より広範囲をカバーしているLTE回線であればインターネットにつながり、通信速度も問題なく利用できる可能性があるのです。

より電波状況のよい場所に移動する

周囲に障害物があると、電波を受信できず通信状況も悪くなりやすいです。そのため、ルーターの置く場所を変えるだけでも電波が改善される可能性があります。自室であれば窓際など、壁や建物などの障害物がないところで使用することがポイントです。屋外で通信状況が悪いと感じた場合には、場所を移動して電波の状態を確認します。サービスエリア内の場合でも、一部分で一時的に通信速度が低下するという可能性もあるため、移動することで通信速度が戻るかを確かめてみましょう。

自分に合った料金プランを選ぶ

WiMAXを利用するうえで気をつけたいのは、通信速度制限です。特に、月間のデータ使用量に上限がある通常プランを選択した場合の速度制限は厳しく、メールやLINEなどのテキスト送受信以外ではインタ-ネットを使うことができない状態となります。 WiMAXをとことん使いたいのであれば、通信容量の条件や速度制限のペナルティが軽い通信容量無制限、使い放題のプランがおすすめです。ただし、無制限プランであってもハイスピードプラスエリアモードを使用する際には通信容量を意識しなければなりません。インターネットを使用できないといっても過言ではない通信制限に引っかかる可能性があるため、十分に注意しましょう。

おすすめはBroadWiMAXのギガ放題プラン!

WiMAXの料金プランはプロバイダによって異なります。WiMAXを扱うプロバイダの中でもおすすめのBroad WiMAXは、月額料金が業界最安クラスです。ライトプランとギガ放題プランという名称で2種類のプランが用意されています。通信容量を気にせずにインターネットを利用できる使い放題は「ギガ放題プラン」です。ライトプランは7GBまでの上限がありますが、料金の差は大きくありません。そのため、料金プランに迷っている場合にはギガ放題プランを選択することがおすすめです。

賢く使って快適な通信速度を実現!とことんWiMAXを使い倒そう

WiMAXは、通信速度制限に注意するなどいくつかの注意点を意識しながら利用することで、場所を選ばず高速インターネットが楽しめます。インターネットの使用頻度、用途によって、光回線と併用するという方法もおすすめです。WiMAXをより快適に利用することにつながり、インターネットの活用方法の幅が広がるかもしれません。WiMAXはサービスエリアも広く、2種類の回線を切り替えることよって、屋内外問わず快適にインターネットを利用できます。使い方のポイントを押さえて、徹底的に使い倒しましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi