閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

クレードルでより速く安定した通信を!wimaxの有線接続のススメ

外出先でパソコンやスマホをネットに接続するためにwimaxのモバイルルーターを使用しているという人は多いでしょう。実はこのwimaxは、無線接続だけでなく有線接続もできるということはご存知でしょうか。有線接続にした場合には、無線接続では得られなかったさまざまなメリットを享受できます。
そこでこの記事では、有線接続と無線接続の違いや有線接続のために必要なもの、有線接続の設定方法などについて詳しく解説していきます。

無線接続と有線接続はどう違うの?

そもそも無線接続と有線接続とではどこがどう違うのかわからないという人も多いかもしれません。インターネットが普及し始めた頃は、LANといえば有線接続が一般的でした。
しかし、現在ではオフィスや公共の場所はもちろんのこと、自宅でも無線LANの普及が進んでいます。このような流れは、まさにwimaxのような通信会社の台頭によって生まれたものでもあるのです。
wimaxに限らず、まずは無線接続と有線接続の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて理解していきましょう。

無線接続とは

無線接続とは、ルーターとパソコンを接続する際にLANケーブルを使用せず、文字通り無線によって接続するインターネットの接続方法です。かつてはパソコンなどからネットにつなぐ際は、接続したい本体にLANケーブルを差し込む有線での接続方法が一般的でした。
しかし、スマートフォンやタブレットの普及によって自宅でもパソコン以外の機器でネット接続をする機会が増えたため、LANケーブルを使用しない無線接続が急速に普及したという背景があります。

無線接続のメリット

無線接続のメリットとしてまず挙げられるのは、使う場所を選ばない点です。無線接続は、電波の届く範囲であればオフィスのフロアや家の中など、どこにいてもネット接続ができます。また、LANケーブルの配線に頭を悩ませる必要もありません。
もうひとつのメリットは、無線接続は一台のルーターで複数の機器を接続できる点です。もちろん有線接続でも複数機器の接続は可能ですが、有線接続の場合はLANポートを備えたパソコンやプリンタなどがメインになります。しかし、無線接続は対応している機器ならパソコンやスマホ、家電などの種類を選ばず、さまざまな機器を一台の無線ルーターだけでネットに接続できます。

無線接続のデメリット

一方、無線接続のデメリットとして挙げられるのは、デッドスポット(無線の電波が届きにくい場所)では通信速度が遅くなったり、接続が不安定になったりするということです。
また、無線接続は有線接続に比べるとセキュリティ面に不安があります。無線接続は悪意のある第三者に回線を悪用されてパスワードなどの個人情報が盗まれる危険性が高まるといわれています。
そのため、使用する際にはセキュリティ対策をしっかりと行う必要があります。しかし、有線接続と変わらないほどの通信速度を実現した規格の無線通信や、広いフロアでも電波が安定している無線ルーターも多く販売されています。あらかじめ機種選びをしっかり行えば、そうしたデメリットの影響はかなり小さくなるでしょう。

有線接続とは

有線接続とは、通信回線の入り口となるルーターとパソコンなどのネットに接続したい機器との間をLANケーブルによって接続する方法です。家庭やオフィスにあるデスクトップ型のパソコンなどは、LANポートとルーターを有線接続することによってインターネットにつないでいる人も多いでしょう。
有線接続はインターネットのブロードバンド接続、特にADSL(デジタル加入者線の一種)が普及した時期から存在するネットへの接続方法であり、現在でもどちらかといえば有線によるネット接続のほうが一般的だといえるかもしれません。

有線接続のメリット

有線接続のメリットとしては、まず無線接続よりも通信品質が高いということが挙げられます。有線接続はLANケーブルを利用して接続するため、無線接続に比べると通信速度が速く、安定しているという特徴があります。また、ルーターなどの接続機器が無線接続のものより比較的安価なので、お手ごろ価格で導入できるという点も魅力です。
さらには、安全性の高さも大きなメリットのひとつといえるでしょう。有線接続は無線接続に比べて第三者に電波を乗っ取られたり、悪用されたりする心配が少ない接続方法です。ビジネスでネットを利用しているなど、セキュリティ面で十分配慮をする必要のある人は無線接続よりも有線接続のほうがより安心できるでしょう。

有線接続のデメリット

逆にデメリットとしては、有線接続はLANケーブルが必要となるため、インターネットを使える場所が限られてしまう点が挙げられます。ケーブルが届かないような場所ではインターネットに接続できません。また、部屋やオフィスによっては配線工事を行わなければならない場合があります。通信設備が整っていない部屋やオフィスに有線LANを導入するときは、配線などの設置工事費がかかることを覚悟しておく必要があるでしょう。
また、有線接続ではケーブルが切断してしまったり、機器が故障してしまったりするとインターネットに接続できなくなります。無線接続とは違ってケーブルや機器のメンテナンスを気にかけなければならない点もデメリットのひとつです。

wimaxでも有線接続できる?

有線接続には無線接続にはないメリットがあります。しかし、当然のことながら、ルーターなどの通信機器が有線接続に対応していなければ有線接続はできません。
そこで、ここからは肝心のwimaxで有線接続は可能なのかどうかを検証していきましょう。

基本は無線接続

wimaxのルーターは、ホームルーターなどの機種を別にすれば基本的に無線接続用のモバイルルーターとしての機能に特化しています。そのため、もしwimaxのルーターで有線接続をしたいというのであれば、「クレードル」という拡張機器を別途用意しておく必要があります。
クレードルは通常は付属していないので購入する必要がありますが、有線接続の需要も増えていることから、最新機種ではクレードル付きの契約なども用意されています。
最初から有線接続を利用したいと決めている人は、クレードル付きの契約を結ぶとよいでしょう。

wimaxを有線接続するメリット・デメリット

wimaxを有線接続するメリットとしてまず挙げられるのは、Wi-Fi非対応のデスクトップパソコンでもインターネットに接続できるという点です。wimaxは利用するための設置工事が不要なので、契約後はすぐに使い始めることができます。自宅にWi-Fi非対応の機器があるが、わざわざ固定回線の工事をするのは煩わしいという人には、wimaxの有線接続がおすすめです。
また、wimaxは固定回線からWi-Fiスポットを作れる点も大きなメリットです。wimaxルーターは、クレードルという拡張機器を介して有線でインターネットに接続する機能を追加できます。そのため、クレードル付きのwimaxルーターは、固定回線の据え置き型ルーターの代わりとして使えるのです。
有線接続では使える場所が固定してしまうというデメリットがありますが、クレードル付きのwimaxルーターであれば、そうしたデメリットも解決できるでしょう。なぜなら、クレードル付きのwimaxルーターは、無線接続と有線接続の両方を実現できるからです。
ただし、唯一のデメリットを挙げるとしたら、ホームルーターなどの機種を別にすればwimaxルーターの拡張機器であるクレードルの購入が必須になるという点でしょう。

有線はなぜ通信速度が速くなるのか

通信速度の「安定」と「速さ」は、無線接続よりも有線接続のほうが優れている大きなメリットといえます。とはいうものの、そもそもなぜ有線接続は無線接続より速くなり安定するのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
その理由として挙げられるのが、通信規格の違いです。しかし、通信規格といわれても、それが何かを知らない人も多いかもしれません。そこで、ここからは通信規格の概要について詳しく紹介していきます。

通信規格とは

通信規格と聞くと、まるで難しい専門用語のように聞こえるかもしれません。簡単にいえば、通信規格とは「コンピュータ同士が通信する際の手順書」といった意味合いを持っています。周波数帯の種類によって表され、周波数帯の数字が大きければ大きいほど、それだけ大容量のデータ送受信が可能になるというわけです。そして、有線接続の通信規格(周波数帯)は一般的に無線接続の通信規格よりも大きいことが多いので、有線接続では無線接続よりも速くて安定した接続が可能となります。

無線の通信規格

無線接続で使用される通信規格はIEEE(米国電気電子学会)によって策定されており、IEEE802.11シリーズがそれにあたります。IEEE802.11シリーズで使用できる周波数帯域は、5GHz帯と2.4GHz帯の2つに大きく分けられます。
5GHz帯は2.4GHz帯よりも対応機器が少ないため、電波干渉を受けにくく安定した通信が可能といわれています。また、高速で安定した通信によって動画の再生や大きいファイルの転送も快適です。しかし、一方で障害物に弱いという特徴もあります。そのため、壁などの障害物で電波が遮られるとつながりにくくなる場合もあります。5GHz帯の通信規格は主に「11a」で、通信速度は54Mbpsです。そのほか、高速化のための新規格として「11ac」があり、通信速度は6.9Gbpsを誇ります。
2.4GHz帯は、対応機器が多いためほとんどのWi-Fi機器から接続できる帯域です。2.4GHz帯は障害物に強いという特徴があり、壁やドア越しでも電波が届きやすく、Wi-Fiが途切れる心配もありません。しかし、同じ周波数帯を使用する機器が多いというのがデメリットです。そのため、5GHz帯に比べて混雑しやすく、速度が遅くなる場合があります。2.4GHz帯の通信規格は「11g」と「11b」の2つで、11gの通信速度は54Mbps、11bの通信速度は11Mbpsです。
そのほか、両方の周波数帯で使える「11n」という規格もあり、通信速度は600Mbpsとなっています。
以上が無線接続における5つの通信規格です。従来規格の600Mbp(11n)と比べて約11.5倍(規格最大値)の高速化を実現している11acを除けば、速くても現在の無線速度は600Mbps程度なのです。また、ルーターが古い機種だと速い通信規格に対応できなくなっています。そのため、有線接続との通信速度に差が出てしまう場合が多いのです。

有線の通信規格

有線接続の場合、通信規格は有線接続ケーブル端子の形状に互換性がある3種類が主流です。無線接続の通信規格に比べると、その数はかなり少ないといえるでしょう。この3種の通信規格は、それぞれ通信速度が速い方から1000BASE-T>100BASE-TX>10BASE-Tとなります。1000BASE-Tの通信速度は最大1Gbps、100BASE-TXの通信速度は最大100Mbps、10BASE-Tの通信速度は最大10Mbpsです。3種のなかでも最も主流の通信規格は最大1Gbpsの通信速度を誇る1000BASE-Tです。
そのため、有線接続にすると無線接続よりも断然速くて安定した接続を楽しめるでしょう。
もちろん、1000BASE-Tよりも無線接続の11acのほうがより高速化された新規格なのですが、11acはまだ広くは普及していません。対応している機器が少ないですし、導入にはそれなりのコストがかかります。

wimaxを有線接続してみよう

ここまで、wimaxを有線接続した際に得られるメリットや、有線接続にするとなぜ通信速度が上がるのか、その理由などについて触れてきました。有線接続と無線接続それぞれの特徴をよく比較した結果、今度契約するときは有線接続を選ぼうという人や、今契約している無線接続から有線接続に乗り換えようと考えている人もいるかもしれません。そこで、つぎからはwimaxで有線接続をしようと思ったときにどんなものが必要になるのか、詳しく紹介していきます。

必要なもの

有線接続をするためには、ルーターとパソコン本体などを有線LANケーブルによって接続します。このとき、ケーブルを挿入する穴の部分を「LANポート」と呼びます。多くのwimaxルーターの本体には、LANポートが設置されていません。そのため、wimaxルーターで有線接続するためにはクレードルという拡張機器が必要です。また、当然のことながらLANポート同士を接続するための「有線LANケーブル」も用意する必要があります。

クレードル

まずはクレードルを用意しましょう。クレードルとは、スタンド型の拡張機器のことです。かつての携帯電話の卓上充電器のような形態をしています。クレードルにはLANポートが付属しているため、wimaxルーターといっしょに使うと有線LAN接続ができるようになります。
また、クレードルはwimaxの充電機能もあわせ持っています。クレードルの上部に差し込むだけでwimaxルーターを充電できるようになっているからです。ルーターを充電する際にケーブルの抜き差しが不要なため、wimax本体のUSB端子を傷めずに済むという点も大きなメリットといえるでしょう。
クレードルはルーターの機種ごとに異なりますが、価格はどれも3000円前後です。入手するためには「UQアクセサリーショップ」で純正品を購入しなければなりません。一部の大型家電量販店で取り扱っているケースもあるので、UQアクセサリーショップではなく実店舗で購入したい人は探してみるとよいでしょう。最近はwimaxルーターとのセット販売も積極的に行われています。

有線LANケーブル

つぎに、クレードルとパソコンなどの機器を接続するための有線LANケーブルが必要です。LANケーブルはクレードルと接続機器との位置関係などをあらかじめ決めたうえで適正な長さを計測し、機器に合った規格のものを用意するようにしましょう。LANケーブルの規格の違いについては、あとで詳しく説明します。
また、クレードルにLANポートが設置されていても、有線接続したい機器の側にLANポートがなければ意味がありません。ほとんどのデスクトップ型のパソコンでは、LANポートがあらかじめ内蔵されているでしょう。しかし、一部のノートパソコンやすべてのスマートフォン、タブレットなどは内蔵されていません。そうした機器は、そもそも有線接続を想定していない場合が多いからです。もしも接続したい機器にLANポートが内蔵・設置されていないというのであれば、有線接続するためには各機器に合った「有線LANアダプタ」を別途用意しなければなりません。

wimaxを有線接続する場合の注意点

wimaxを有線接続する際には、いくつかの注意したいポイントがあります。まず挙げられるのは、LANケーブルの規格です。LANケーブルにはカテゴリと呼ばれる規格があるので気をつけましょう。
また、Apple社のパソコンやスマートフォンには通常LANポートが内蔵されていません。そのため、それらの機器で有線接続をするには別途有線LANアダプタを用意する必要があります。
さらに、クレードルと接続機器との配置についても気をつけましょう。有線接続とはいっても、クレードル上に置かれたwimaxルーターは無線の電波を送受信しています。そのため、クレードルと接続機器の配置場所次第でつながりやすさが変わります。どの場所にクレードルと機器を配置すればもっともつながりやすいのか、いろいろ試してみることが大切です。それぞれの注意点を、ここから詳しく見ていきましょう。

LANケーブルの規格が異なる場合がある

LANケーブルにはカテゴリと呼ばれる規格があり、それぞれ通信速度や周波数が異なります。カテゴリは大きく7つに分かれていて、数字が大きいほど通信速度や周波数が上がります。また、数字の大きさに比例して値段も高くなるので注意が必要です。
LANケーブルを選ぶ際は、どれくらい通信速度が出てほしいのかなどを意識して、自身の用途に適したカテゴリを選ぶようにしましょう。たとえば、カテゴリ3のLANケーブルであれば速度は10Mbpsしかありません。ということは、仮に回線自体の速度が1Gbpsだったとしても、ケーブル本体のポテンシャルが10Mbpsなので、それだけの通信速度しか出ないのです。
通信に関してストレスなくインターネットを楽しみたいという人は、通信速度のポテンシャルが1Gpbs以上になるカテゴリ5e以上のケーブルを選ぶようにしましょう。動画視聴を多く楽しみたいという人は、スムーズに動画が見られてコスパもよい「カテゴリ6」がおすすめです。

Apple社製品のPC・スマホはアダプタが必要

有線接続をするには、接続したいパソコンなどの機器側にもLANポートが必要です。多くのデスクトップ型パソコンなどはLANポートがあらかじめ内蔵されているため問題はないでしょう。しかし、Apple社製品であるMacやiPadなどは設計段階で有線接続が想定されていないため、本体機器にLANポートが内蔵されていません。
その場合は、クレードルとそれらの機器の間にLANケーブルを接続するための有線LANアダプタが必要となります。たとえば、機器に挿入できるのがサンダーボルト端子であれば、「Apple Thunderbolt-ギガビットEthernetアダプタ(MD463ZM/A)」が必要です。USB端子であれば、BUFFALOの「Giga USB3.0対応 有線LANアダプタ(LUA4-U3-AGT)」を用意しましょう。USB Type-C端子の機器には、エレコムの「USB3.1 ギガビットLANアダプタ(EDC-GUC3-B)」で、Type-C端子とLANケーブルをつなぐことができます。

クレードルと機器との配置次第でつながりやすさが変わる

クレードルから有線接続する機器まではLANケーブルを引き回す必要があるため、クレードルと機器の配置も気をつけたいポイントです。クレードルと本体機器は有線接続しても、クレードル上のwimaxルーターは無線によって電波を送受信する必要があるためです。クレードルや本体機器の配置が悪いと、有線接続であっても通信が不安定になってしまいます。
クレードルの配置場所がうまく定まらないという人は、WX03やWX04のクレードルがおすすめです。これらは両端にアンテナがついているので、wimaxルーターの正面だけでなく、側面から来た電波もキャッチしやすくなっています。そのため、これらのクレードルであれば今まで自宅のなかでつながりにくかった場所でもつながりやすくなることが期待できるでしょう。

wimaxを有線接続する手順

クレードルやLANケーブル、有線LANアダプタといった必要機器を準備したら、今度は実際に接続したい機器本体とクレードルとを有線接続してみましょう。このとき、接続の順番や手順を間違えてしまうと、接続はできてもネットとの通信が不安定になってしまいます。
接続する際にはしっかりと手順を確認しながら作業を行いましょう。そこで、ここからはwimaxを有線接続するための手順について詳しく解説していきます。

有線接続の手順

有線接続の仕方について、順を追って説明します。その前に、まずは必要機器が手元にそろっているかを確認することが大切です。wimaxルーター本体と、パソコンなどの接続したい機器を用意しましょう。
また、クレードルとクレードルの電源をとるためのACアダプタ、クレードルとパソコンなどを接続するためのLANケーブルも忘れてはなりません。Apple製品などに接続するのであれば、有線LANアダプタもあらかじめ準備しておきましょう。

クレードルをACアダプタに接続して電源をとる

最初にするべきは、クレードルの電源をとることです。クレードル自体に電源が入っていなければ、接続してもクレードルは機能しません。パッケージにあらかじめ付属しているACアダプタをクレードルに接続し、アダプタの電源ケーブルをコンセントにさしましょう。
クレードルの電源が入ったら、今度はwimaxルーターをセットして、ルーターの電源を入れます。その際、ルーターが充電されているかをチェックしましょう。

パソコンとクレードルを有線LANで接続する

クレードルとwimaxルーターにしっかり電源が入っていることを確認したら、いよいよパソコンなどの接続機器本体と接続します。接続したい機器のLANポートとクレードルのLANポートに、有線LANケーブルの端子をそれぞれ差し込みましょう。
もしもApple社製品などでLANポートがない場合は、まず有線LANケーブルの端子をクレードルと有線LANアダプタにそれぞれ差し込みます。その後、アダプタとMacやiPadなどを接続します。

wimaxをルーターモードに設定する

接続できたら、クレードルをルーターモードに設定する必要があります。wimaxのタッチ画面から、「設定」→「システム設定」→「クレードル設定」→「モード設定(ルーターモード/APモード )」とタップしていき、「ルーターモード」に設定しましょう。
これで接続は完了です。最後にパソコン画面を操作して、正しくネット接続ができるかどうかを確認しましょう。接続できないとすれば、どこかの手順で間違っている可能性を疑ってみましょう。

ルーターモードとAPモードとは

クレードルの使い方には、ルーターモードとAPモードの2種類があります。
ルーターモードは、Wi-Fi通信機能を搭載していない有線LAN機器とクレードルを接続するためのモードです。そのため、ルーターモードでクレードルを使用するには別途LANケーブルによる接続が必要です。
一方、APモードは自宅に固定回線がある人向けのモードです。APモードでは固定回線用ルーターなどとクレードルを有線LAN接続することにより、クレードルをWi-Fiアクセスポイントとして機能させます。
固定回線での接続とwimaxでの接続はクレードルの取り付け・取り外しにより自動的に切り換わります。
そのため、外出先ではwimax、家では固定回線から接続するといった利用方法が可能となり、使い勝手が非常によくなります。

クレードルで快適なwimax生活を送ろう

wimaxは、基本的には無線接続用のモバイルルーターです。しかし、クレードルや外部有線LANアダプタをうまく活用して有線接続を行えば、無線接続よりも「安定」して「速い」ネット接続が可能になります。また、有線接続はセキュリティ的にもより安心できるという点も嬉しいポイントです。
これまでの通信環境に不満を感じていた人や、これまでよりももっと充実したモバイル通信生活を楽しみたいという人は、wimax専用のクレードル購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi