閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

外国人も安心!英語対応可能な窓口のあるインターネット回線・WiMAX

国際結婚や海外移住が珍しくなくなってきている今、日本に外国人が移住するケースも非常に多くなってきました。インターネットの契約において、日本語対応しかなく契約に二の足を踏んでいる方もおられるかもしれません。今回は英語対応可能なインターネット業者やプロバイダーを紹介します。

外国人対応の窓口があるのはなぜ?

インターネットの契約といった、一見関係のなさそうなところになぜ外国人対応の必要が発生しているのでしょうか?一時期の外国人観光客による買い物ツアーはなりを潜めていますが、現在では日本での過ごし方や滞在場所に関して以前とは違う様子が見られます。
爆買いといった言葉が流行ったり流行語大賞になったのは、ほんの3年前の2015年でした。
その年には2000万人近い外国人客が日本を訪れ、なんと45年ぶりに海外を訪れる日本人を上回りました。

しかし、訪日外国人数はその後も増加の一途をたどっており、2017年度は約2900万人の外国人が日本の訪れています。欧米からの訪日外国人客数は安定していますが、中国や韓国、台湾、香港といったアジアの中でも近隣の国からの外国人客の訪日数が非常に伸びています。訪日外国人全体の旅行中に消費する金額も増加しており、2017年度には4兆円に達さんばかりの勢いです。
日本政府は2020年までに外国人旅行客を2000万人とする目標を掲げていましたが、前倒しで達成できているため目標を上方修正しています。これは、ビザの有効期間中に何度でも出入国できる「数次ビザ」の発行が始まったことや、アジア諸国において顕著な格安航空会社LCCの発展、そして東京オリンピックを控えた話題性の高さなどが理由となっていると見られています。

訪日する外国人客の興味の対象となっているのは、買い物などによるモノの消費から体験するコトの消費へと変わっていっていると言われています。
日本を何度も訪れることができる環境が整いつつあることにより、何度も目にするお土産品や日本製の商品よりも、日本ならではの体験を提供するツアーや観光などが人気となっているようです。
これには日本の風景を見て回る観光ツアーや歴史的建造物を巡るツアー、旅館や温泉などを利用する旅行なども増えています。侍や舞子といった幾分ブームが終わっているように感じるような日本の定番の文化的側面も、外国人観光客が実際に侍や着物の衣装を着て体験するツアーとして未だに人気です。
さらには、日本で人気の美容院やネイルサロンでサービスを受けるなど日常的な範囲で日本を楽しむ方や、より田舎の地域で実際に地元に密着して生活してみようと計画する外国人も増えており、日本に滞在する目的やお金の使い方も変化してきていることがわかります。

日本といえば東京や京都、大阪など代表的な大都市に日本全国のモノや文化が集まっており、これまでも外国人客はこういった大都市圏が圧倒的に多いものでした。
すでに3年前から、二人に一人の訪日外国人が東京や大阪などの大都市圏以外の地方を訪問していると報告されています。それだけでなく、現在では旅行ではない在留外国人の増加も注目されており、240万人を超える外国人が日本に滞在しています。最も多いのは中国人ですが、増加が顕著なアジア各国を除いてもアメリカやヨーロッパからの移住者も常に増加しています。
日本は、経済的に安定しているだけでなく、治安や教育環境など社会的な成熟が見られる文化が整っているため、住むのに理想的な場所というイメージが世界中にある程度定着していることも要因となっています。

日本政府としては、外貨収入が増えるために訪日外国人数や在留外国人が増えるのは嬉しいことですが、一方でやはりとも言うべき問題が地方においても増加しています。それは言語の問題です。
言語を学ぶことはコツさえつかめば不可能なことではありませんが、やはり簡単な問題ではありません。
特に曖昧な言葉の多い日本語を学ぶことは、文法や単語を理解するよりも文化的な側面を理解することに等しく、言語を学ぶ上で難しさを感じている外国人は非常に大勢いらっしゃいます。

外国人の地方への訪問や移住が増えてきている現在では、今までそういった経験すらなかった地域で外国人へ対応する必要が生じており、今後もそういった需要や場面は増えていく一方だと考えられています。
一般企業や学校、公共機関はもちろんのこと、小売店や美容室など地域に密着している場所でさえ、外国語で対応する必要に迫られています。日本人の英語力や中国語への対応力の無さはかねてより指摘されている分野であり、学校教育における外国語の重要性が高まっていることも叫ばれている今、とりわけ英語対応の重要性が指摘されています。

前述のように、観光だけでなく日本に移住する外国客が増えているため、日本に住みながら自宅への固定回線やモバイルルーターによってインターネットを利用したいという需要も非常に多くなっています。
こうした背景から、インターネット業者やプロバイダーにおいても英語で対応できる環境を整えるようニーズが高まっています。

どこが英語対応可能か?

英語対応が可能なインターネット業者やプロバイダーはあるのでしょうか?
現在のところ、数はそれほど多くないもの大手インターネット業者や利用者数の多いプロバイダーは英語対応に乗り出しているようです。日本ではプリペイドの携帯があまり普及していないこともあって、日本で電話やインターネットを利用するのに苦労する外国人が多かったようですが、英語対応可能な窓口が増えつつあることで、こうした環境も外国人にとって改善されつつあります。

インターネット回線(光回線)

いわゆる光回線などの、LANケーブル工事を必要とする固定回線を提供している大手企業では、
基本的に英語対応が可能です。フレッツ光やソフトバンク光、OCN光、au光などは、ホームページの内容からしてすべて英語に対応しています。
公式サイトに行くと英語に切り替えるボタンが装備されており、サイトの内容は全て英語でプラン可能です。ソフトバンクを例にとると、公式サイト下部より「English」の表示を見つけることができ、
そこをクリックすると同じサイトの内容が全て英語に変換されて表示されます。
英語で問い合わせたい方の場合は、その公式ホームページの上部より「Support」をクリックすることで、テクニカルサポートや問い合わせなどを行うことができます。
問い合わせのページでは英語対応可能な店舗の紹介しており、近くにお住まいの場合や電話でうまく解決できなかった場合に、直接ソフトバンクの店舗を訪れて英語でコミュニケーションをとることも可能となっています。

ソフトバンクの例では、現在英語対応可能な店舗は5店舗となっており、東京23区内に4店舗と名古屋に1店舗の展開となっています。問い合わせのページからは、契約にあたって必要な書類を公開しており、電話番号をそのままに機種変更を行う日本独特のシステムMNPについても詳細を説明しています。
カスタマーサポートにフリーダイヤルで電話することももちろん可能で、自動音声案内の後に数字の8を入力することで英語のサポートに切り替わるシステムとなっています。日本に住んでいる日本人にはあまり馴染みのない身分証明書ですが、外国人にとっては、運転免許証や保険証以外を身分を証明するためだけの証明書やカードの携帯が常識となっています。
日本で回線を契約するにあたって何が必要かも公式サイトでは詳細に説明しており、固定回線を引く場合には英語を話すことができればそれほど問題はないと言えます。

WiMAX

WiMAXを契約する場合、Broad WiMAXおすすめです。
外国人のお客様専用ページを用意しており、英語に切り替えてWebサイトを閲覧することができます。加えて、0120-535-028では英語に対応したコールセンターの職員がどんな相談でも受け付けています。
WiMAX回線の申し込みや端末の受け取りなども、日本語で行う通常のやり取りと同じように受け取ることができます。英語を話すことができれば安心してWiMAX端末を申し込むことができるでしょう。

英語対応窓口のメリット

英語対応窓口があることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

外国人本人から問い合わせ可能

知り合いや英語を話せる誰かに手伝ってもらうことでインターネットを申し込むこともできますが、自分一人でさっさと申し込みや手配を片付けてしまいたい場合に外国人本人から問い合わせることが可能です。
周りに頼れる人がいなかったとしても、英語で安心して申し込みや問い合わせを行うことができます。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi