閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXは災害時に使えるか?

WiMAXは、モバイルルーターとしての非常に強力なポテンシャを有しており、WiMAX対応エリアであれば便利なことこの上なしです。そんなWiMAXは、災害時にはどのような働きを見せるのでしょうか?
繋がりにくい携帯電話に代わって、常時にも通信できるライフラインとなり得るのかどうか調べてみました。

WiMAXと携帯電話の違い

災害時に電話が繋がらなくなるのは周知の事実ですが、WiMAXのそれと同じだと意味がありません。
災害時にライフラインとなるポテンシャルを秘めていると言える理由の一つとして、周波数帯域の違いが挙げられます。しかし、同時にWiMAXならではの弱点もあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

周波数帯域の違い

携帯電話が使用する周波数帯はキャリアによってそれぞれ異なっているものの、700MHz~2.0GHzの範囲で使用されています。各周波数帯にもそれぞれ個別に利用している回線があり、それらは「バンド」と呼ばれています。

ドコモ
・700MHz帯 バンド28
・800MHz帯 バンド19
・1.5GHz帯 バンド21
・1.7GHz帯 バンド3
・2.0GHz帯 バンド1

au
・700GHz帯 バンド28
・800GHz帯 バンド18、バンド26
・1.5GHz帯 バンド11
・2.0GHz帯 バンド1

ソフトバンク、ヤフーモバイル
・900GHz帯 バンド8
・1.7GHz帯 バンド3
・2.0GHz帯 バンド1

携帯電話は、当初800~900MHz帯のみが使用されていました。
利用者数の増加に伴い、利用される周波数帯も徐々に増えていきます。CMなどで耳にする「プラチナバンド」とは、700~900MHz帯の周波数のことです。基本的に携帯電話に対応した周波数ですが、この周波数帯は、比較的低い周波によって障害物に強く、到達距離が長いという特徴があります。
より強力に通信を行えるという意味でプラチナという愛称がつけられています。

「その周波数は以前から携帯電話に利用されていた周波数ではないのか」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、携帯電話が増えるに従って、各キャリアに周波数の割り当てが行われました。
それもテレビの地上デジタル放送をきっかけに新たな周波数が携帯電話に割り当てられるようになり、各キャリアへの周波数配分も見直されたことがきっかけで、新たにプラチナバンドとしてその電波特性の長所をアピールしています。

最近ではSIMフリーの携帯も多く見られるようになりましたが、注意しなければならないのは各端末が対応している周波数です。例えば、端末が2.0GHz帯に対応したものであるのに対し、契約する電話会社のSIMカードが1.7GHz帯を使用している場合、その端末で通信を行うことはできません。
周波数に端末も対応している必要があり、購入の際にはそこも確認しなければなりません。できるだけ対応する周波数が多い端末を購入するのが無難です。

WiMAXの場合、通信に使用されている周波数帯は2.5GHz、バンド41となっています。
実は、WiMAXの回線を提供しているのはUQコミュニケーションズただ1社です。20以上あるプロバイダーは、UQコミュニケーションズの回線を使用してデータ通信サービスを提供していることになります。
この周波数により、携帯電話で行うデータ通信や電話とWiMAXで行うデータ通信には、電波の特性上違いが発生します。

WiMAXの電波は障害物に弱い

WiMAXの電波の最大の弱点は、障害物に弱いことです。2.5GHz以上の高い周波数を利用しているため、本来は大量のデータ通信量や高速通信に最適な周波数となっています。
周波の間隔が短いために直線に進むという特性があり、これによってデータ通信量を増大させることが可能になっています。家庭で使用されるWi-Fiルーターも、2.5GHzか5GHzの周波数帯を利用しており、高速で通信するとともに比較的短距離での利用に適した周波数帯です。

これに比べて、前述のような携帯電話に使用される低い周波数の電波は、直進性が低く大量のデータ通信には向いていないものの、回折という電波が障害物を回り込む特性を有しており、山やビルなどが間に挟まれていても電波が到達するという特徴があります。
携帯電話であれば、大量のデータ通信よりも確実に電話ができることが重要であるため、昔から比較的低い周波数帯が利用されてきました。Wi-Fiルーターであれば、障害物などが特になく短距離での利用を想定しているため、高い周波数帯を利用しても問題ありません。

しかし、より高い周波数を使用するWiMAXは回折が弱くなっており、加えて広範囲を対象にした通信サービスでありながらこの高い周波数帯を使用しています。
前述のように、直進性のある電波は通信速度を向上させやすく、大量のデータ通信に適しているからです。これにより、WiMAXの最新機種では固定回線を上回るほどの通信速度を実現しているものの、オフィス内や地下鉄では使えないといった現象が見られます。

キャリアのLTE通信に比べてアンテナをより多く設置しなければならないのもWiMAXの特徴です。
電波到達距離が短いためインフラをより多く整備しなければならず、現状では、アンテナ設置が進んでいない地方でのWiMAXの利用は難しいままです。

自宅でWiMAXを利用しているときもこの特徴は顕著に現れ、トイレでは端末が電波を受信できないものの、部屋の窓際に端末を置くと一気に通信速度が速くなったということも珍しくありません。
窓際や高い所にWiMAXルーターを設置するように心がけてください。

WiMAX 災害時のライフラインになり得る?

こういった特性を踏まえて、WiMAXが災害時のライフラインになるかどうかを考えてみましょう。

携帯電話は繋がりにくい

災害時に携帯電話がつながりにくくなるのは、物理的にケーブルの切断や基地局の停電などが発生するというインフラの不具合と、輻輳(ふくそう)と呼ばれる回線の混雑が発生するためです。
物理的に基地局やケーブルに問題が生じるのは、どれほど対策を施していたとしても災害の規模によって発生するものです。道路が寸断されれば修理のためのトラックや移動電源車なども現場に到着することができないため、災害の規模によっては回線の復旧に多大な時間を要する場合があります。
輻輳は、字義通りには「複数の場所から一箇所に集まる」という意味があります。
災害時には誰もが連絡を取ろうとするため、既存の回線がパンクしてしまいます。それを防ぐためにキャリア側がネットワーク制限を行います。回線の混雑もさることながら、各キャリアが警察や消防などへの緊急電話のために通信制限を行うため、電話がつながりにくいという現象が発生します。

災害時に必ず繋がるわけではない

ではWiMAXの場合はどうでしょうか?回線の混雑という意味ではWiMAXに分があります。
大手キャリアと比べて利用者が少ないためです。しかし、それでもインフラが物理的に破壊される可能性や、都市部に集中しているため、やはり回線には混雑が発生し得るであろうことなどが想定され、一概には言えません。実際に、災害時にWiMAXが役に立ったという声も、WiMAXがつながりにくくキャリアのケータイから通常通り電話したという声もあり、複数の通信手段を持っていることが威力を発揮しているようです。

まとめ

WiMAXであれば必ず災害時でも連絡できるというわけではないため、それのみを目的としてWiMAXを契約する意味はないでしょう。しかし、二つ目以降の通信手段としては確実に有用であるため、対応エリアにお住いの場合は導入を検討する価値があるでしょう。都市部であれば、固定回線波の通信速度でインターネットを利用することもできます。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi