閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXは未成年者でも契約はできる?

WiMAXは場所を選ばず契約も便利で、インターネットが必須の現在に非常に魅力的なインターネット回線です。
無線のため、固定回線に比べると安定感が少ないのが弱点ですが、電波状態さえ良ければ光回線に引けをとらないないどころか、上回る通信速度を実現することも可能であるため、いつでもインターネットが必要な若い世代には特に導入したいインターネット回線のひとつです。

未成年でもWiMAXを契約することはできるのでしょうか?

WIMAXを親の同意なしで契約することは可能?

結論から言うと、未成年の方が自力でWiMAXを契約することは不可能です。
WiMAXを扱うすべてプロバイダーや、あるいは同じモバイルインターネットサービスを展開するYモバイルであっても、20歳未満となる未成年者の契約には親の同意書の添付を義務付けています。

日本では、未成年者を保護するという目的のために、金銭的あるいは社会的に責任能力が弱い未成年が関係する際、とりわけお金が絡む契約に関しては制限がかけられています。
そのため、未成年者が親の同意なしに行った契約は、親権者(正確には法定代理人)が一方的に解約することが可能です。
民法によって定められている制限であるため、不要なトラブルを避けるためにも親権者の同意を得ることが大切です。

未成年者がWiMAXを契約する方法は?

親の同意書さえあれば、未成年者が自分の名義でWiMAXを契約することは可能です。
他にも、以下の方法でWiMAXを契約することができます。ご自身の状況で最もやりやすいものを選ぶようにしてください。

親の名義で契約する

最も確実かつ簡単な方法です。法律的に何一つ問題がない大人の立場から契約を締結し、その名義で購入したWiMAXを自分が使用するという方法です。WiMAXだけでなく、通常の携帯電話回線など未成年者が何かを契約する際に最も一般的に用いられる方法でしょう。

“親に借りる”という側面が強くなるものの、確実に契約を行うことが可能です。契約の際に親と一緒に行くか親に出向てもらい、親の名義で契約し、支払いのクレジットカードや振替口座も親の名義となります。

注意点として、WiMAXのインターネットサービスを提供しているほとんどのプロバイダーがクレジットカードでの支払いを前提としているため、クレジットカードを持っていることはほぼ必須という点が挙げられます。
口座振替での支払いを受け付けているプロバイダーもあるものの、書類手続きの煩雑さや引き落とし手数料、インターネット開通までに時間がかかる等のデメリットがあります。
支払い方法を事前に確認してみましょう。

自分名義の口座を使い契約する

自分名義の銀行口座やゆうちょ口座などをお持ちの場合は、それを支払い口座として登録することで契約が可能になります。
この場合でも親の同意書は必ず必要です。支払い口座を自分名義にすることでWiMAXの契約者名義も自分の名前になるため、自分でインターネットを契約できるというメリットがあります。

前述のように、口座振替で契約できるプロバイダーが限られていたり手続きが面倒な一面があるため、自分名義の講座で契約する場合はそれを踏まえて手続きを行いましょう。
自分で金銭的な管理が可能になるのが魅力です。

自分名義のクレジットカードを作って契約する

自分名義のクレジットカードを使用する際でも、親の同意書は必要です。
しかしクレジットカードがあれば、取り扱いも多く余計な手間のかからないスムーズなWiMAXの契約を実現できます。

ここで問題となるのは、自分名義のクレジットカードをどのように手に入れるかです。
未成年でもクレジットカードを作ることは可能です。「18歳以上」「高校生不可」という条件を満たせば、未成年であったとしてもクレジットカード申し込みを受け付けてくれるカード会社が幾つかあります。
高校生以下の学生には不可能で、これに関して法律で決められている訳ではありませんが、現在の日本のクレジットカードを取り巻く環境では、その2つの条件を満たしていなければなりません。

学生でクレジットカードの申し込みと聞くと少し不安になるかもしれませんが、クレジットカード会社は支払い能力を最優先に考慮します。
今まで就職した経験がなく、支払いに関する履歴はまっさらな状態の未成年は、基本的にカードを作りやすい状態にあります。自分の口座から毎月の携帯料金などの支払いが遅れている等といった、返済能力不足を示すような経歴でもない限り、クレジットカードを作るのはそれほど難しくはないでしょう。

注意すべきは、クレジットカードを作る際にも親の同意が必要となるということです。作るクレジットカードをよく選べばカードの審査は優しくなるものの、親の同意がなければ絶対に作ることはできません。成人していればクレジットカードに親の同意は必要なくなりますが、未成年であれば、責任の所在が法的な親権者に移るようになっているためです。

いずれにしても、未成年の方がWiMAXを契約する際には、どこかの段階で必ず親の同意が必要となるようになっています。未成年でクレジットカードを作る際には、必ず信頼できる大手ブランドのカードを選ぶようにしてください。未成年が簡単に作ることのできるクレジットカード会社は、むしろトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。
クレジットカードを作るのが難しければ、デビットカードでの支払いに対応しているプロバイダを探してそのカードを登録するというのも一つの方法です。

未成年者がWiMAXを契約する時に必要なもの

では、未成年者が実際にWiMAXを契約する際に必要なものを見ていきましょう。
これらさえ揃えることができれば、誰でも未成年者の方がモバイルインターネットを契約することが可能です。

契約者本人の身分証明書

契約者本人の身分証明書は最も重要です。未成年の方が持参する身分証明書には、各種公共機関が発行する証明書やIDカードのなどが含まれています。
一番身近なのは健康保険証です。健康保険証には個人を特定する情報がほぼ全て載せられており、病院で診察を受ける際に利用するため身分証として使用する機会が最も多いと言えます。
健康保険証は国が発行する個人情報を記載した証明証であるため、記載されている情報も全て一般的に信用される内容となります。
公的機関が発行した公文書という意味で、住民票の写しや戸籍謄本、運転免許証、パスポートなども同様に使用できます。

最近では証明写真付きの身分書の方が好まれる傾向にあるため、もしお持ちであれば原付専用の運転免許証パスポート個人番号カードなどを持参する方が望ましいでしょう。
特に、発給する手続きが最も厳格なパスポートは、なかなか見る機会がないとはいえ身分証明書として最も信用されかつ権利を有しています。世界中を旅行した際にも身分証として通用するため、提示を求められた際に最も自信を持って提出できる身分証明書です。

証明写真付きの公文書であればどんなものでも身分証明書になるように思いがちですが、証明書や免状を発給する際に本人確認書類提出のプロセスがないものは身分証明書として認められない可能性があります。
一例として、危険物取扱者などの免許証は、公文書でありながら自己申告制による個人情報によって免状が作られるため、本当に本人確認できる情報は写真のみということになり、一般に身分証としては採用されていません。
同じことは親が本人の代わりに契約する場合にも必要となり、上記に挙げたような身分証を持参することが求められます。

保護者の身分証明書

保護者の身分証明書を必要となります。
これは、契約する本人が未成年者であり、後述する保護者が記入した同意書を持参してる場合でも基本的に提出を求められるでしょう。
保護者と名乗りさえすれば誰であっても成り立つというわけではないため、会社側としても、保護者が契約上問題のない立場にいるか、市民として身分を証明できる状態にあるかどうかを確認しなければなりません。
保護者の身分証明書も、健康保険証や運転免許証、パスポート、住民票の写しや戸籍謄本などが提出可能です。親のみなさんは、基本的に健康保険証や運転免許証を様々な機会に提出なさっているはずです。

保護者が記入した同意書

未成年が、WiIMAXに限らず様々な契約を行う上で、おそらく最もハードルが高くなるのがこの同意書でしょう。必ず保護者の方が記入したものでなければならず、印鑑を捺印することが求められるのが通常です。
手書きによるものがほとんどであるため、未成年者の方が偽って記入したり捺印することも可能です。

しかし、この場合はいかなる金銭的被害が生じたとしても、証明書を偽造しているため契約を破棄することが不可能で、様々なトラブルの原因となります。
親に了承をもらえない契約はするべきではなく、同意書の偽造は絶対にやめましょう。

契約者と保護者が家族である証明書

これは常に求められている証明書ではありませんが、まれに同意書を記入した本人との続柄を証明するために提出が求められる場合があります。

例えば、家庭的な事情により子供と親の苗字が違う場合や、死別などの理由で両親がおらず、祖父母や近親者が法的な代理人となっている場合などです。悲しくもこうした事態が発生することは考えられるため、戸籍謄本などにより続柄を証明しなければならない機会も存在します。
残念なことに、一般的な感覚として苗字が違うだけで違和感を感じるもので、こういった状況に置かれている方は家族(法的な代理人、親権者)であることを証明する書類を提出しなければならない場合があります。

WiIMAXは保護者の同意の下契約しよう!

以上のように、最低でも保護者が記入した同意書がなければ、未成年の方がWiIMAXの契約を自力で行うことはできません。後々生じる厄介のトラブルを避けるためにも、正しく作成された書類を全て揃えることにより、法的に何の問題もないインターネットの契約を結びましょう。

結論として、最も簡単なのは親の名義で契約してもらうことです。これで気持ちよくインターネットを利用することが出来るでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi