閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXでスマホ料金を簡単に節約しよう

生活に必須とはいえ、家計にそれなりに重くのしかかってくるのが携帯代金です。
LINEが普及した現在では、電話代に圧迫されるということはほとんどなくなってきましたが、代わりに定額の通信料を毎月ずっと払い続けなければいけない現象が生じています。

スマートフォン料金を抑えるには、最近普及が進みつつあるWiMAXを使って賢く費用を抑えるのがおすすめです。

WiMAXを使ってスマホの通信費を下げるには?

WiMAXを使ってスマホの通信費を下げるにはどうすればいいのでしょうか?
どんな形の場合でもWiMAXが節約になるというわけではないため、どのようなケースで費用を抑えられるか考えてみましょう。

キャリアの通信費を節約

基本的に、大手キャリアの通信費用はどこもそれほど変わりません。
基本料金はauが最も安いものの、パケット定額サービスが固定のソフトバンクの方が安く抑えられる可能性があります。
大手キャリアの料金プランと上手に組み合わせることで、WiMAXを利用した月々の更なる節約ができるでしょう。

基本料金やインターネット接続料などは変えられないものの、通信費を定額サービスの下限に抑えることが狙いです。
キャリアにもデータ定額のプランはいくつか種類があるものの、キャリアの低額プランではなくWiMAX端末とのWi-Fi接続によってインターネットを行うことができれば、理論的には3000円~4000円の節約も可能です。

WiMAXは、モバイルルーターを利用してインターネットに接続するため持ち運びも簡単で、アンテナが設置された対象エリア内に限られるものの、基本的にはどこでもインターネットを利用することができます。
格安スマホの場合はさらに費用を抑えられる可能性があり、LINEアプリを持っていない相手にかける通話料以外はすべてWiMAXとのWi-Fi接続によって済ませられるでしょう。
この場合、毎月1万円近く支払う大手キャリアでの携帯代金と比べて半分以下に抑えることも可能です。

データを大容量使う人にはWiMAXがおすすめ

大容量のデータ通信を行うには断然WiMAXがおすすめです。大手キャリアで同じようにパケット通信を使用した大容量の通信を行う場合は、通信量の多さがもろに請求料金に反映されてしまいます。
これに対し、WiMAXでは後述するように使い放題のプランがあり、大手キャリアのパケット定額料金に比べて安く済みます。
上手に活用すれば費用を安く抑えられるため、通信量が多い方はWiMAXを導入することで得られるメリットがより多くなるでしょう。

WiMAXの利用をおすすめしたい人
→YouTubeの視聴を日常的に行う方
→最近増えているオンライン通信を行いながら遊ぶスマホゲームのユーザー
→安い定額料金でたくさんインターネットを楽しみたい方

反対に、それほどデータ通信を行わないという方にはあまりメリットがないとも言えます。

WiMAXを利用しなくても良い人
→スマホの料金がそれほど高くない人
→アプリのダウンロードやYouTubeの視聴、オンラインゲームを使用しない

LINEでやり取りするにも写真や動画などを送らずもっぱら文字だけのメッセージが多いという方は、そのキャリアで最安となる料金プランを選択することで、地道ながらも正攻法による節約を目指すのが最善です。

WiMAXはどこでも繋がるのか

携帯のパケット通信と比べて、同じ機能を待ちながらはるかにメリットがあるように思えるWiMAXですが、最大の問題は接続の安定性です。
WiMAXに関して注意すべき点や心配な点は何でしょうか?

対応エリアは都市部が多い

WiMAXの対応エリアは拡大の一途をたどっていますが、どうしてもカバーできない範囲が存在します。現在のところ、首都圏や名古屋、大阪といった大都市では全く問題なく利用できるものの、郊外や田舎の地方に行くと電波が入らないといった状態が続いています。

各プロバイダーの公式サイトでどのエリアがWiMAXに対応しているか簡単に調べることができます。都市部にお住まいの方には問題なくおすすめできるWiMAXですが、対応エリアにお住まいでない方には選択肢にすることもできないでしょう。

対応エリアを示す「ピンポイントエリア判定」を見るときに最も問題となるのは、○でも×でもなくて△のエリアにお住まいの場合でしょう。このエリアは、環境や住む地区次第でWiMAX電波が入ったり入らなかったりする場合があるため、WiMAXを契約する際に悩ませる理由となります。
基本的には全く入らないということはないようですが、室内で利用する場合は窓の向きや近隣の住宅との位置関係、高い建造物の有無などによって左右されてしまうようです。

せっかくWiMAXを契約したのに、自分が想定している使い方では電波が入らないことが実際に使用して初めて分かった、というようでは残念極まりないため、契約前に各プロバイダーや大元のUQコミュニケーションズに問い合わせてより詳細な情報を得ることをおすすめします。

Try WiMAXで通信環境をチェック!

そんな契約前に不安な方におすすめなのがTry WiMAXです。WiMAX回線を日本全国に提供する唯一のプロバイダーUQコミュニケーションズが提供する、15日間無料でWiMAX端末を貸し出すサービスです。
実際に、自分が想定している環境で想定通りの機能を果たしてくれるのか実機を使って確認したいという方にはおすすめのサービスです。
15日間もWiMAXの使い心地を試すことができるため、基本的に試したい場所では全部WiMAXの性能を試すことができるでしょう。

Try WiMAXを利用する際に注意したいのは、貸出期間と受信性能、そして通信速度です。
15日間の貸出期間を超過してしまうと、2万円を超える請求が発生します。基本的にクレジットカードで申し込むため、15日間を超過した時点でクレジットカード会社に支払い請求が届くようになります。
2万円もあればWiMAXを何ヶ月も利用することができるため、期間超過による請求では元も子もなくなってしまうでしょう。

受信性能を確認するのも大切な用件です。ご自身が使用を想定されている場所はすべて回ってください。自宅や出先だけでなく、移動中や公共交通機関の中、駅ビルの中で使用できるかどうかもをチェックしてみましょう。
大半の部分で問題なく使用できるか、移動中は弱いものの使用をメインで想定している場所では問題なく動くことを確認できれば、WiMAXを利用する価値は十分あるでしょう。

そして、その際に忘れずに確認しなければならないのは通信速度です。WiMAXでインターネットに接続できるものの、ウェブサイトの閲覧が非常に遅いとなればやはり意味がありません。厳密に通信速度を計測する必要はありませんが、YouTubeの閲覧や想定しているウェブサイトでの検索やダウンロードなどが満足できる程度に行えるかどうか確認してください。

たくさんあるプロバイダー会社。どれを選べばいいの?

WiMAXのプロバイダー会社は今や非常に多くなっています。その中からどれを選べばいいのでしょうか?基本的にはご自身の好みでどれを選んでも問題ありませんが、選ぶ際の基準となるような情報をいくつかご紹介します。

価格を比較しよう

比較すべきは価格です。WiMAXの各プロバイダーといえども、使用する回線はたったひとつ、UQコミュニケーションズが提供するWiMAX専用の通信回線です。これに則って通信サービスを提供しているため、どのプロバイダーで申し込んだとしても通信速度や速度制限が発生する条件などに変わりはありません

しかしプロバイダーごとに様々なキャンペーンを行っています。高額のキャッシュバックキャンペーンや様々な割引サービスを提供しているため、ご自身にとって最も良いと思えるものを選んでください。
プロバイダーの選び方次第で最大年間3万円以上変わってくるため、料金設定やその内容をしっかりと理解することが必要です。

付け加えると、回線を提供している本家本元のUQコミュニケーションズは、料金割引サービスなどをほとんど行っていません。これを定価として捉えると、割引によってどれほど安く済むか計算が容易になるでしょう。

各プロバイダーの複雑な割引合戦がよくわからないという場合は、まずは定価の金額を確認してからどれほど差があるのか調べてみるのも一つの方法です。
ちなみに、Broad WiMAXはシンプルな基本料金割引を行っています。複雑な手続きなく月々が安く利用できるため、一番おすすめのプロバイダです。

契約するなら「ギガ放題」プラン

インターネットの利用の仕方にもよりますが、WiMAXを契約するのであればギガ放題プランほぼ一択と言っても過言ではありません。
WiMAXには、どのプロバイダーで申し込んだとしても通常プランとギガ放題プランの2つしかありません。

通常プランの場合、月間7GBの通信量を超えてしまうと128kbpsという非常に厳しい速度制限が発生します。

<<7GBの通信料>>
・300文字程度のメールの送受信14,000通
・ウェブサイトの閲覧20,000ページ
・480p以下の低画質での動画視聴30時間到達する容量

YouTubeで毎日2~3時間暇つぶししてしまうという方にはやはり非常に厳しい通信量でしょう。高画質でYouTubeなどの動画を見てしまうと、最短2時間ちょっとで7GBに到達してしまう可能性もあります。

これがギガ放題プランであれば、3日間で10GBという通信制限があり、次の日の午後6時から翌朝2時まで制限されることになります。しかし、YouTubeの低画質視聴であれば十分使用に耐える速度の通信制限ですので、ストレスなく利用することができます。
そもそも、WiMAXでスマートフォンの料金を節約したいという方はそれなりにデータ通信を行っていることが想定されるため、ギガ放題プランを申し込むことが最善です。

WiMAXおすすめプロバイダー

そんな数あるWiMAXのプロバイダーの中ではどれを選べばいいのでしょうか?
当サイトのおすすめはBroad WiMAXです。

WiMAXといえば業界最安値Broad WiMAXでしょ!

何度も触れたように、WiMAXのプロバイダーを選ぶ上でポイントとなるのは料金以外にありません。どのプロバイダを選んでもエリアや通信速度に変わりないため、ポイントは料金やサービスを比較することです。

Broad WiMAXは、現在のところ業界最安値でWiMAX回線を提供しており、大幅な月額割引など利用者に大きなメリットがあります。キャッシュバック割引ではなく基本料金を値下げしているので、契約から1年後などに面倒な手続きをする必要なく、月々発生した料金を支払うだけ。
さらに、契約から3年以上経過した場合の基本料金は、急に価格がアップするプロバイダがほとんど。その点、Broad WiMAXは3年以上の基本料金が安く、長期利用者にも安心の価格設定です。

長く利用しても安く、手間なく安心して使える プロバイダ=Broad WiMAX が選ばれるWiMAXです

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi