閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXサービスが2020年3月末に停波。本当に終了するの?

WiMAX と言うと超高速通信が可能な無線通信規格ですが、最近WiMAXサービスに関して発表されたことがあります。それは WiMAXサービスが2020年3月末に終了するという発表です。

現在 WiMAX を使っている方はそのニュースを見て一瞬びっくりしたかもしれません。しかし WiMAX サービスといっても、現在の WiMAX2+の端末や契約が無効になるわけでありません。

ここでいうサービス終了とは「旧 WiMAX サービス」のことです。

旧WiMAX は現在ダウンロードスピード最大13.3Mbpsの通信を提供しています。
このWiMAXサービスは2009年2月より提供されてきましたが、現在 WiMAX 2+という新しい規格に移行が進んでいて、それに伴い旧回線である WiMAX が停波することになっています( WiMAX の新規加入受付は2018年9月30日で終了)。

実はこの停波に関するニュースは過去にもありました。一時は2018年3月にWiMAXサービスを終了予定されていましたが、実際は現在までサービスが提供されています。
しかし9/1にUQコミュニケーションズが2020年3月31日で終了することをついに発表しました。
そのため現在旧WiMAXを利用している人は今後の対応を考える必要があります。

この記事ではWiMAX 2+に移行するにあたってどうすべきかを説明します。

なぜWiMAXサービスが終了するのか?

WiMAX 2+に移行する方法について話す前に、まずなぜそもそも旧 WiMAX サービスが終了するのかを説明しておきます。

簡単に言うと、WiMAX 2+のサービスをより快適に利用できるようにするためです。

具体的には現在 WiMAX が使っている10 MHzの周波数帯をWiMAX2+に切り替えて、よりWiMAX 2+の使用する周波数帯を広げるためです。現在 WiMAX 2+は40 MHzを使っていますが、 WiMAX の10 MHzが加わって50MHzになります。
WiMAX2+のエリアがWiMAXエリアより拡大していて、今後WiMAX 2+のみのサービスとなります。

WiMAXサービスを利用中の場合は?

現時点で旧 WiMAXサービスを利用している場合は、WiMAX2+に移行する必要があります。
現在使っている機種が旧WiMAX のみ対応の機種だと利用できなくなりますので、WiMAX 2+対応している機種に変える必要があります。

一例をあげると、WMX-GWMR、AZ01MR、Aterm WM330R、Aterm WM3500R、Aterm WM3600R、Aterm WM3800R、URoad-5000、URoad-7000、URoad-9000、URoad-SS10、URoad-Aero、egg、Mobile Cube、Mobile Slimなどが使えなくなります。
ホームルーターやWiMAX パソコン、 WiMAX タブレットなども使用できなくなるため注意してください。

さらに機種によっては一部サービスが使えなくなることも覚えておきましょう。
例えばノーリミットモードやWiMAX自動切り替えモードなどが使えなくなります。ノーリミットモードは旧WiMAX サービスで速度制限がかからず無制限に使えるというものですが、旧WiMAX のサービスそのものがなくなるので無効になります。
また WiMAX 自動切り替えモードは、 WiMAX 2+で繋がらなかった場合 WiMAX に自動で切り替える機能ですが、こちらも旧サービス終了とともに必要なくなります。

また「UQ Flat年間パスポート」「UQ Flat年間パスポートハート割」「UQ Flat」「UQ Step」「UQ 1Day」などのサービスも終了となります。

WiMAX2+へのおトクな移行方法

ではここからは WiMAX 2+へのお得な移行方法についてみていきましょう。
旧WiMAX から WiMAX 2+に移行するのに意識しておきたいポイントをご紹介します。きちんと情報を理解して移行することで、お得に WiMAX を活用し続けられるため安心です。

「おトクに機種変更」の利用

まず本家プロバイダーである「UQ WiMAX」の「おトクに機種変更キャンペーン」についてご紹介します。このキャンペーンは2018年10月1日より開始していますが、このキャンペーンの利用で、月額料金や登録料、契約解除料などがおトクになります。

公式ページにはこう記載されています。

「UQ Flatツープラスギガ放題 3年プラン」なら、通常月額4,380円のところ3年間月額3,696円でご利用いただけるうえ、WiMAX契約解除料、登録料、そして端末代金が0円と、大変お得なキャンペーンになります。また、3年プラン、4年プランご契約のお客さまは、LTEオプションを無料でご利用いただけます

新しい端末がタダで手に入るうえに旧サービスの解約手数料もかかりません。また登録料などの事務手数料も発生しません。月額料金は約700円程安くなります。

なおこのキャンペーンの受付期間は2018年10月1日~2020年3月10日となっています。

プロバイダで契約する

今度は他のプロバイダーで契約をした場合の説明をしたいと思います。
結論から先に言うと他のプロバイダで新規契約した方が UQ WiMAX のお得に機種変更キャンペーンを利用するよりお得になります。
プロバイダーによってサービス内容は異なるものの、月額割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを利用した場合、数年間の総額費用は UQ WiMAX よりも安くなります。

なかにはキャッシュバックが4万円を超えるようなプロバイダもあります。そのためプロバイダをよく比較検討して WiMAX 2+への移行方法を決定すると良いでしょう。

BroadWiMAXが簡単手続きでおトク

WiMAX 2+に移行するために新規契約をする場合、おすすめのプロバイダーはBroadWiMAXです。
Broad WiMAX は特に高額キャッシュバックなどのサービスはありません。しかしシンプルに月額料金が安いのが特徴です(最大3ヶ月2726円から使用可能。3ヶ月以降は3411円)。

キャッシュバックも確かに魅力的ですが、実は意外と見落としがちなこととして、「キャッシュバックをもらい忘れた」とか「手続きが面倒だ」というデメリットがあります。
キャッシュバックされるタイミングが何ヶ月も後の場合、すっかりその事が頭から離れてしまうということもあるでしょう。

そのため後でもらえるキャッシュバックよりも、毎月少ない金額で契約できるほうが実質的だと感じる方は少なくないはずです。
またBroadWiMAXならプロバイダーの乗り換え時に違約金を負担してくれるサービスがあります。端末料金も無料です。そのため新しくWiMAX 2+のサービスを楽しみたい方にはBroadWiMAXがおすすめです。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi