閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

amazonプライムビデオを見るならWiMAXを使おう!

最近よく耳にするamazonプライムビデオですが、まだ契約に踏み切れないでいるという方が多いのも事実です。月額制であるため、その金額部分をきちんと活用できるかどうか不安に感じたり、内容がよく分からないまま時間が過ぎていっているかもしれません。
しかし、WiMAXと合わせて利用すれば非常に便利なサービスをお得に楽しめたり有効活用できたりと、メリットの多いサービスでもあります。そんなamazonプライムビデオとWiMAXについて解説します。

amazonプライムビデオとは?

そもそも、amazonプライムはamazonが提供する有料の会員サービスで、ビデオ以外にも様々な特典を受けられるサービスです。amazonのヘビーユーザーには嬉しい特典ばかりで、月額料金や年間料金を補って余りあるメリットがあります。

例えば、amazonでの注文金額が2,000円以下だと400円の配送料がかかってしまいますが、プライム会員であれば常に送料は0円です。配送オプションである「お急ぎ便」や「日時指定便」も、通常500~600円が発生するところを無料で利用できたりします。そして、件のプライムビデオで膨大な数の映画やドラマが見放題となります。パソコンでもスマートフォンでも、インターネットに接続できれば利用可能です。
最新の映画は登録されていなかったりしますが、追加料金なしで見れることを考えると充実していると言えます。その他にも、本や音楽のダウンロードし放題サービスも付属しています。

WiMAXは、近年普及が見られる次世代の通信サービスです。今までのモバイルWi-Fiと違い、外でも高速通信を実現するのが特徴です。屋外でも、なんと最大で867Mbpsの下り速度を実現し、通常利用でも固定回線に全く引けを取らない通信速度が評判です。

amazonプライムビデオのメリット

そんなamazonプライムビデオのメリットは何でしょうか?主に、

コストパフォーマンスがいい
作品数が多い
豊富なオリジナルコンテンツ
対応デバイスが多いこと

が挙げられます。順に見てみましょう。

コストパフォーマンスが良い!

amazonプライムは、月額400円(税込み)、年間費は3,900円です。年会費で支払えば、月額は325円となりさらにお得になります。前述したものも含めて、amazonプライムで受けられる特典をさらにご紹介しましょう。

・「お急ぎ便」「お届け日指定」「2,000円以下の総領400円が無料」など、ネットショッピングがお得に
・「プライムビデオ」を利用し放題
・100万曲以上の楽曲を聞ける「プライムミュージック」が利用し放題
・電子書籍リーダー「キンドル」の購入価格が4,000円引き
・キンドルで対象の本が読み放題
・プライムデーで会員限定セールへの参加
・プライム会員限定クーポンの発効
・プライム会員限定のタイムセールへの参加
・毎日使う生活必需品の購入を必要な分だけ定期購入できる「amazonパントリー」利用可
・消耗品を切らさずにいつも注文できる「ダッシュボタン」利用可
・生鮮食品などを迅速に届けてくれる「プライムナウ」利用可
・インターネット上でファイルを保存できる「amazonドライブ」が5GBまで利用可
・写真を無制限で保存できる「プライムフォト」利用可

他にも、家族特典や音楽を4,500万曲聞き放題となる「musicunlimited」のお得な割引、専用クレジットカードでポイントをお得に貯められる特典、衣料品を自宅で試着できる「プライムワードローブ」の利用、ペット関連商品の割引きや専用コンテンツを楽しめる「プライムペット」が利用できるなど、あまりにも多い特典に理解が追い付かないほどです。これで月額400円、年会費で支払えば325円はバーゲンしか言いようがありません。

作品数が多い!

そんなamazonプライムで利用できるプライムビデオでは、実に35,000本以上のコンテンツを利用し放題です。有名なタイトルでは、「バック・トゥ・バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ジュラシック・パーク」「バットマン」「ワイルド・スピード」、海外ドラマでは「プリズン・ブレイク」「ウォーキング・デッド」「24」「セックス・アンド・ザ・シティー」など、外れの無いタイトルが並んでいます。

当然これ以外にも書ききれないほどのタイトルが並んでおり、全て見ようとするとまったくもって時間が足りなくなるでしょう。邦画や日本のドラマに関しては数は少なめというレビューが見られるものの、あくまでamazonプライムのサービスがプライムビデオだけではないことを考えると、必要にして十分といえる内容を誇ります。“ついで”で利用するには充実しすぎている映画やドラマは、プライムビデオを利用して良かったと思わせてくれる内容です。

豊富なオリジナルコンテンツ

地上波では放送できない内容でも、インターネットで配信するコンテンツとして自由に製作されているのも魅力です。バラエティがお好きな方であれば、「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」「戦闘車」「千原◯ニアの◯◯-1GP」「これが無いなら来なかった~又吉直樹の宮古島~」「内村さまぁ~ず Second」などがおすすめです。いずれも、単にamazonオリジナルというだけではなく、地上波では見られない過激で面白い内容を楽しむことができ、追加料金も一切発生しません。

対応デバイスが多い!

事実上、インターネットに接続することができればほとんど何でも利用することが可能です。iOSやAndroidに対応した端末であれば、専用のアプリをダウンロードすることで利用可能になります。
さらにはPS3・PS4、WiiUなどのゲーム機やスマートテレビでも視聴可能です。
もしそういった機器がなくても、HDMIに挿すだけの「Fire TV Stick」で、HDMI端子があればどんなテレビでもプライムビデオが利用可能になります。インターネット環境は必要ですが、小さな端末が電波を受信してプライムビデオやネットフリックス、Hulu、YouTubeなどの動画サービスもお手持ちのテレビで視聴できます。

amazonプライムビデオを快適に視聴するには?

そんなプライムビデオを快適に視聴するためには、どんなインターネット環境が必要なのでしょうか?
以下に、目安となる数値や回線についてご紹介します。

視聴するのに必要な通信速度って?

プライムビデオには、全部で3種類の画質プランがあり、それぞれに求められる通信速度は異なります。SD(標準画質)であれば900Kbps(DVD画質並み)、HD(高画質)HDであれば3.5Mbps(ブルーレイ並み)、UHD(最高画質)では15Mbps(ブルーレイ以上)となっています。簡単に表記するとこのような感じですが、標準画質とは480pの解像度、高画質は1080p、最高画質は2160pの解像度となります。
最高画質は4K画質となり、視聴するテレビやモニターにも4K対応が求められます。標準画質では、かなり遅い通信速度でも利用可能で、通信制限などが発生していない限り利用可能であると言えるでしょう。
高画質以上となると、安定して5~20Mbps程度の通信速度が求められるため、上限の低い通信プランや通信制限が発生した状態ではまず利用できません。固定回線であれば問題なく、WiMAXなどのモバイルルーターでもほとんどの場合安定してい視聴できます。

視聴するのに必要な通信量って?

画質プランによって違いますが、1時間あたりの通信量の目安は「SD→0.6GB」「HD→1.8GB」「UHD→5.8GB」となっています。HDやUHDなどの高画質では、通信量制限に注意したいところです。

amazonプライムビデオを視聴するならWiMAXがオススメ!

プライムビデオの利用にはWiMAXがおすすめです。現在普及している、第2世代の「WiMAX2+」であれば、理論最大値558~867Mbpsの通信速度を実現しています。最高画質のUHDでも、必要な速度は15Mbpsであり、通信速度に関しては余裕を持ってクリアしています。
実際に出る速度に関しても、電波が十分に届く場所であれば30~50Mbps、大都市圏など速いところでは100~150Mbps出ることも確認されており、高画質での視聴にも問題ありません。加えて、3日で10GB使用すると1Mbpsの速度制限が発生するものの、標準画質であれば視聴に耐えうる画質が確保できます。
バッファリングやページを開くのに多少時間がかかるように感じられるかもしれませんが、“映像が数秒おきに止まってしまって全く使い物にならない”などということはありません。
WiMAXは、プライムビデオを遊びつくすのに理想的な通信サービスです。そんなWiMAXの中でも、ブロードWiMAXがもっともオススメです。その理由は次の見出しでご紹介します。

BroadWiMAX、今ならこんなにお得!

ブロードWiMAXは、現在お得なキャンペーンを展開しています。それが以下に挙げる3点です。

今なら初期費用無料!

初期費用が0円です。「Webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込み、指定オプションサービスに初回加入」した方が対象者となっており、初期費用18,857円が割引きとなります。
利用するならオンラインでの申し込みとクレジットカード払い一択とも言えます。

端末代金0円!

最新のWiMAX端末でも、月額の利用料は無料になります。モバイルルーターとして定評のある「W05」やクレードル追加で電波受信能力強化に対応する「WX05」、そしてW05の後継機で、最大867Mbps、USB有線接続時にはなんと1.2Gbpsの高速通信を実現する「W06」、据え置き用の端末で、最大42台同時接続・下り最大1.2Gbpsの性能を誇る「HOME L02」など、性能に関して贅沢な最新機器もすべて対象となります。

他者WiMAX利用中なら違約金を負担してくれる!

他者のWiMAXを利用中でも、乗り換えに伴って発生する違約金や初期費用はすべてブロードWiMAXが負担してくれます。専用の申し込みサイトから申し込む必要があるため、公式サイト要チェックです。違約金は2万円近い金額となるため、これもぜひ見逃さずに利用したい特典です。

まとめ

WiMAXを上手に利用して、amazonプライムをお得に楽しみましょう。
WiMAXであれば、外出先でもほとんど通信容量を気にせずにプライムビデオを見放題です。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi