閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

田舎でインターネットの回線を引くならこれ!

田舎と聞くと、インターネット回線が遅い・・とか、インターネットがつながらないというイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?確かに田舎は、都市部と比較するとインターネットがつながりにくいことがあります。では、田舎ではどんなネット回線を引けばよいのでしょうか?
田舎エリアにおススメの回線をご紹介します。

田舎では光回線がおすすめ

田舎はネット回線がなんとなく遅いイメージや、光回線が届かないなどのマイナス印象があります。
実際のところ、一部の人が少ない山間部や離島などはいまだに光回線がきていないのも事実ですが、
光回線のカバー率は90%以上なので、ほとんどの場所で利用することができる状況となっています。

光回線を使うメリット

田舎で、光回線を使うメリットとは何でしょうか?光回線が普及するようになってから、約10年が経過しようとしています。田舎では光回線が使えないという状況も以前はありましたが、現在光回線のカバー率は95%以上にまで達しており、田舎でも光回線を使ってインターネットを楽しむことが可能となっています。光回線のメリットでもある速度は、ADSLとは比較にならないほどスピーディーなので、ストレスフリーで快適にインターネットが利用できます。また、速度は速いだけでなく、常に安定しているので、高画質の動画視聴や音楽も十分に楽しめます。

デメリットも田舎には多い

光回線は速度が速く安定しているというメリットを得られますが、田舎ならではのデメリットもあります。
それは、工事費が高いという点です。光回線は、電柱を経由して光ファイバーを自宅に引き込むことが基本ですが、田舎の場合は電柱までの距離が遠いため工事費が高くなってしまうのです。
また、田舎は高齢者が住んでいる割合が高いため、マンションタイプの安い光回線の利用者が少ないのが現実です。そのため、戸建てタイプの光回線となり、割高となる場合もあります。
しかし、ネット回線で光回線以上に快適なものはありません。ですから、田舎で光ファイバー工事が可能なら、光回線を検討されることをおすすめします。

ADSL回線は今でも活躍している

現在、主流のインターネット回線といえば光回線ですが、一昔前まではADSL回線が主流でした。
しかし、今でも電話回線を使ってインターネットに接続するサービス・ADSL回線は活躍しています。
特に光回線がカバーしていないエリアのインターネット通信をつないでいるのはADSL回線で、現在でもそのメリットに着目して利用している方はいます。では、ADSL回線のメリットとデメリットについて詳しくみてみましょう。

ADSL回線のメリット

光回線が普及する前に活躍していたADSL回線は、電話回線を利用したインターネット接続サービスなので、光回線よりも対応エリアが広く、金額が安いというメリットがあります。
光回線の場合、月額料金はおおよそ5,000円程度しますが、ADSL回線の場合、プランによって多少金額は変動しますが月額料金は3,000~4,000円で利用することができます。
つまり、月額あたり1,000円以上の差があるので、年間単位で計算すると大きな額となるでしょう。
また、ADSL回線は導入までに期間が短いのも魅力となっています。
光回線は開通までに1ヵ月以上必要となることもありますし、工事も必要です。
しかし、ADSL回線なら申し込みから2週間程度で導入が完了し、工事も不要なので手軽にインターネットをつなぐことが可能です。

ADSL回線のデメリット

ADSL回線のメリットは、光回線と比較すると金額が安いことですが、通信速度が安定していないというデメリットがあります。ADSLが実現できる最大速度は、約47Mbpsと言われています。
ADSLはNTTの基地局に近ければ速度は安定しているため快適に利用できますが、離れた遠い場所での利用は、遠さに比例して速度が低下するため不自由を感じることがあります。
特に光回線の通信速度を前提に作られている動画やゲームなどのコンテンツを楽しむ場合は、ADSL回線ではストレスを感じる可能性があります。そのため、インターネットの利用頻度が少なく、月々のコストを抑えたい方にはADSL回線はおすすめと言えるかもしれません。

モバイルwifiは便利なネット回線

WiMAXやY!モバイルのようなモバイルwifiも田舎には便利です。田舎は都市と比較すると、フリーwifiスポットも少ないため、外出先で仕事をするときなどはモバイルwifiが重宝することでしょう。
特にWiMAXの場合、データ通信量の規制がないので、外出先でもデータ通信量を気にしないでインターネットを利用できるというメリットがあります。ただし、3かで10GB以上を使用すると、翌日、数時間速度制限がかかります。しかし、この制限は1日で解除されます。
また、速度制限中でも動画視聴やゲームなどのコンテンツを楽しむことはできるので、特に不便を感じることはないでしょう。

モバイルwifiの多くは通信制限があります。たとえばY!モバイルの場合は月7GBまで使用することが可能ですが、7GBを過ぎてしまうと通信制限がかかり、速度が極端に遅くなります。
しかし、WiMAXはそのような心配はないので、データ通信量が多い方にはWiMAXモバイルルーターがおすすめです。モバイルwifiはとても便利なネット回線ですが、使用可能なエリアが限定されているので注意しましょう。契約する前に、利用したい場所が使用エリア範囲以内なのか事前に確認することは大切です。

田舎すぎてネット回線がこない場合はどうしたらいい?

光回線のカバー率は95%以上と言われていますが、すごく田舎過ぎてネット回線がこない場合はどうしたらよいのでしょうか?実際、ネット回線がいまだにきていないエリアも存在しています。
電話回線は国が普及を進めているので、採算の合わないエリアでも使用することが可能となっていますが、光回線は電話回線のように普及は進んでいません。
なぜなら、光回線を引くためにはコストがかかるため、採算のとれないエリアは後回しにされてしまうのです。では、田舎すぎてネット回線がこない場合の解決策をご紹介しましょう。

NTTに回線工事を要望する

NTTに回線工事を個人で依頼すれば、光回線を引いてくれる可能性があります。
ただし、すべて自費となります。住んでいる場所によって工事費も変わってくるので、工事費がいくらかかるかは分かりせん。まずは、NTTに相談してみることができるかもしれません。
また、自分だけの要望ではなく、田舎とはいえ、数件から数十件の集団でネット回線を要望するなら、NTTが回線を引いてくれる可能性を高めることができるでしょう。

自治体に相談

地方によっては、自治体が光回線の普及に力をいれているところもあります。
自治体に相談すれば、光回線を引く上でサポートしてくれるかもしれません。

引っ越す

NTTや自治体に相談しても何も解決しないなら、最終手段として、引っ越すことを検討できるかもしれません。

まとめ

今後のことも考えると光回線が一番おすすめですが、戸建てに光回線を引くと基本料金が高いというデメリットがあります。ですから、光回線を引くことが難しい田舎なら、電話回線で利用できるADSL回線を利用したり、モバイルwifiルーターを利用することができるでしょう。

また別の対策法として、ネット回線がない場合は、スマートフォンで代用することもひとつの方法です。
スマートフォンを利用している方ならすでにご存じだと思いますが、テザリングで代用することが可能です。携帯電話やスマートフォンの電波は、速度も速く安定しているので、テザリングにはとても適しています。動画視聴やゲームなどのコンテンツをストレスフリーで楽しめるでしょう。
ただし、データ通信量には限界があるので、スマートフォンをネット回線として代用する場合は、データ容量が大きいものを選ぶことをおすすめします。

このように光回線、ADSL回線、モバイルwifiルーター、スマートフォンのテザリングとネット回線には種類がありますが、使用頻度に応じて、自分に適したネット回線を選ぶことで、快適なネットライフを送れるでしょう。それぞれのメリットとデメリットを考慮したうえで、適したネット回線を選びましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi