閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の引っ越し手続きについて。東日本と西日本では違う?

フレッツ光の光回線は、超高速のインターネット回線です。昔 ADSL 回線を使っていた方の場合は分かると思いますが、光回線が非常に早い回線のため、動画視聴やオンラインゲーム、大容量のデータのダウンロードなど様々な分野で非常に使い勝手が良いのが特徴です。
しかし光回線に関連して面倒な点があります。それは引っ越しの時回線をどうするかということです。
光回線の引っ越し手続きには工事や書類上の手続きなどやるべきことがあります。
この記事では引越し時に必要な手続きについて理解できるように説明したいと思います。
特に東日本と西日本という別々の NTT が関連する場合の引っ越しについて取り扱いたいと思います。

フレッツ光の引っ越し手続き

フレッツ光の引っ越し手続きのやり方は実は1つではありません。
住んでいる地域や引っ越し先の地域によってやり方が変わります。
ではフレッツ光の引っ越し手続きについて場合分けをしてやり方を紹介しましょう。

エリアの確認

日本における NTT は二つあります。NTT東日本と NTT 西日本です。
NTT東日本には北海道や東北地方、関東地方や甲信越地方が含まれます。それより西は NTT 西日本になります。引越しに関連してまず確認すべきこととして、自分が今いる都道府県の管轄がNTT 東日本なのかNTT西日本なのかを把握する必要があります。以下にそれぞれのサービス提供地域の都道府県を紹介します。

NTT東日本に含まれる地域
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

NTT西日本に含まれる地域
富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

同じエリアでの引越し手続き

NTT東日本の地域からNTT東日本に引っ越すなど、同じエリアでの引っ越し手続きの場合は、管轄しているNTTへ連絡します。もしくはインターネットで手続きをすることもできます。
連絡先は以下の通りです。

連絡先:0120-116-116

NTT東日本と NTT西日本は別会社扱いでありながら、連絡先は同じです。
なお営業時間は午前9時から午後5時までとなっているため注意しましょう。

違うエリアでの引越し手続き

東日本から西日本、西日本から東日本の地域に引っ越す場合などは提供エリアを超えることになります。
この場合は現状の契約を一度解約して新規で契約する必要があります。
NTT東日本と NTT 西日本は同じ会社ではありますが、カテゴリ上一応別会社として分けられているため、2つのサービス提供地域をまたぐ場合は、面倒ですがこの手続きを踏む必要があります。

NTT東日本から西日本に引っ越す場合の違約金と工事について

提供エリアが異なる地域に引っ越す場合は契約を解約する必要がありますが、その際には契約の違約金や工事を依頼などの手続きについて考える必要が出てきます。必要な手続きについて簡単に紹介したいと思います。

工事は必要?

残念ながら引越しの際は工事が必要です。これはサービス提供エリアをまたぐ場合もまたがない場合も同様です。NTT東日本同士、NTT西日本同士でも工事が求められます。
工事と言っても道路工事のように大げさな工事が必要なわけではありません。
簡単に言えば光ファイバーケーブルを部屋に引き込むための工事です。
部屋内には「回線終端装置」と呼ばれるものが設置されますが、この装置と最寄りの電柱との間を光ファイバーケーブルでつなげます。この工事は早ければ30分ほど、長くかかっても2時間程度あれば完了します。
そのため大げさな工事ではありません。しかし工事には立ち会いが必要になるため、普段仕事で忙しい方にとっては面倒な手続きとなるかもしれません。

工事の内容は住まいのタイプによって変わってきます。先述の工事内容は戸建ての場合です。
申込から工事や開通が済むまでは1カ月程度かかります。マンションタイプの場合は、電柱からマンション共有スペースにケーブルを引き込みます。そして配管を利用して室内にケーブルを引き込みます。
ただし構造によってやり方は若干ことなります。だいたい1~1.5ヶ月くらいはかかるでしょう。
仮にマンションに回線がすでに導入されている場合は、電柱からの引き込みはなくなるため作業は短縮されるでしょう。2週間か1カ月ほど開通までにかかります。引っ越し先の住居形態を考えた上で新規申込をするようにしてください。転勤などが多い春先は工事が立て込むため、開通までに時間がかかる可能性があります。そのため前もって日程調整をしましょう。

なお工事費の支払いも必要になってきます。ただし同じエリアでの引越しの場合は工事費の割引もあります。一例としてNTT西日本の場合は「移転時工事割引」 が適用されて工事費が18,000円→9,000円と半額になります。工事費の詳細は管轄のNTTに確認しましょう。
注意点として、土日祝日などに工事を依頼する場合は数千円ほど工事費が高くなってしまうことがあります。出来るだけ安くしたい場合は平日の工事を依頼すると良いでしょう。

解約金はいるの?

同じエリアでの引越しの場合は、解約する必要も解約金もいりません。
しかし東日本から西日本、西日本から東日本に引っ越す場合は解約手続きをするため、解約金が必要になります。料金は以下の通りです。

東日本の場合(にねん割の場合)
戸建ての場合 9,500円
集合住宅の場合 1,500円
*「にねん割」を利用していて更新月に解約する場合は料金がかからない。

西日本の場合(光もっともっと割の場合)
ファミリータイプ 10,000円~30,000円
マンションタイプ 3,500円~10,500円

解約金については複雑な注意事項が色々とあるため、具体的にはNTTに確認してください。

auユーザーはauひかりに乗り換えるとお得?

フレッツ光をずっと使い続けるやり方を説明しましたが、他のサービスに転向する方法もあります。
例えばKDDIのサービスであるauひかりにすることもできます。
仮にauスマホなどを使っている場合、同じKDDIサービスの契約となるため、「auスマートバリュー」という割引が利用できるようになります。この場合auスマートフォンの月額料金が最大で毎月2,000円も割引されることになります。auユーザーはこの点も踏まえて自宅インターネットについて考えると良いでしょう。

解約金のサポート

フレッツ光からauひかりに乗り換えるときももちろん解約が必要です。
しかしこの違約金をKDDIが最大30,000円還元してくれるキャンペーンがあります。
これを使うことで、うまく行けば違約金を相殺できるかもしれません。
ただし月額料金など他の要素も総合的に考えた上で契約するようにしましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi