閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

GMOとくとくBBの高額キャッシュバックは本当にお得?

WiMAXといえば、UQコミュニケーションズが提供するモバイルインターネットサービスであり、回線は実質UQコミュニケーションズ一社が提供しています。
そのため、各種プロバイダー間でのインターネットの速度や質に変わりはなく、キャッシュバックキャンペーン競争のような様相を呈しているところもあります。
キャッシュバックで最も有名なのはGMOとくとくBBでしょう。高額キャッシュバックで人気のGMOとくとくBBで、実際にどのようなキャンペーン内容なのか、キャッシュバックを受け取るために必要な手順や注意点は何かをまとめてみました。

GMOとくとくBBとは

GMOインターネット株式会社が運営するプロバイダーで、UQコミュニケーションズのWiMAX回線だけでなく、NTT東・西日本の光回線やフレッツ光の回線を使用したサービスも提供しています。
業界トップクラスの低価格を誇り、ポイントサービスや電話サポートなどのアフターサービスも充実しています。WiMAXだけでなく、通常の光回線によるインターネットサービスの提供しているため、長年の経験を持つインターネットのプロバイダーとして、様々なノウハウを蓄積した便利なサービスを提供しています。

GMOとくとくBBのキャッシュバック利用前に

そんなGMOとくとくBBに、WiMAXを申し込んでキャッシュバックを受け取りたくなるのも無理はありません。しかし、利用する前に注意すべき点や実際の金額などを確認しておきましょう。
意外な落とし穴によって、思ったほどお得に利用できないといったユーザーも続出しており、正しい活用方法を把握することが不可欠です。

GMOのキャッシュバックはどれだけお得?

キャッシュバック金額や、端末を長期間利用した際のトータル金額では、確かにGMOとくとくBBが最も安いレベルを実現しています。3年プランで最大42,000円のキャッシュバックを提供しており、月額料金も最安値の部類に入るため、実質月額料金が最も安いプロバイダーの一つとなっています。

3年間利用したトータル金額で計算すると、安さに定評のあるBroadWiMAXやSo-net、BIGLOBEなどと比べても5,000~15,000ほど安くなり、他のプロバイダーと比べてインターネットの速度が遅かったり対応エリアが狭いといった欠点もないため、現時点で最もお得なWiMAXプロバイダーであると言えます。
即日発送で端末を届けるサービスや、20日以内であればキャンセルを受け付けといったサービスも設けており、カスタマーサポートが最も充実しているプロバイダーの一つでもあります。
GMOとくとくBBはインターネットでの集客に特化しており、大々的に宣伝を行ったり人件費を割いたりしておらず、最安値でWiMAX回線を提供しています。

UQコミュニケーションズにとって、GMOインターネット株式会社はWiMAX契約を最も多く販売する代理店という地位に成長したため、WiMAXの大元との関係も非常に強くあります。奨励金の提供などにより、キャッシュバックをより多く設定できるという強みを有しています。
最もお得にWiMAXを利用したい方にとってGMOとくとくBBが最有力候補となり、迷ったらとりあえずGMOとくとくBBを選んでおいて違いはありません。

GMOのキャッシュバックの注意点は?

最大の注意点は、「11ヶ月後の1か月間に申し込まなければキャッシュバックの権利を失ってしまう」ということでしょう。契約直後にそのままもらえるのであれば非常に簡単なのですが、GMOとくとくBBの場合は銀行口座を登録して現金を振り込んでもらう方法を取ります。
11ヶ月後に銀行口座を登録した上でキャッシュバックの手続きを行う必要があり、この煩雑さが多くのユーザーに混乱を生じさせる原因となっています。

この11か月後のスケジュールさえ忘れていなければ何の問題もないのですが、さすがに11か月後の予定をしっかりと覚えていられる人はいないでしょう。
スマートフォンのカレンダーなどに記録しておき、期日内に手続きを終えられるようしっかりとスケジュール管理をしなければなりません。1ヶ月しかないというのは幾分せわしない印象もありますが、キャッシュバックの金額が最大42,000円(平均でも30,000円以上)と大きいため、忘れないように十分に気を付ける必要があるでしょう。手続きを忘れてしまうと、もはやキャッシュバックを受けることはできません。

キャッシュバックは専用のメールから申し込みます。GMOとくとくBBを申し込んだ際に作成する「BBnabviメール」にご自身のメールを登録し、11か月後に登録したメールに案内が届きます。
問題は、GMOからその他の広告や案内メールがたくさん届くことで、その中に埋もれてしまって分からなかったという方が非常に多くおられます。設定によってはジャンクメールや迷惑メールの項目に振り分けられてしまい、普段使っている受信ボックスには届いていないため気付かなかったというケースもあるようです。キャッシュバックの案内は「GMOとくとくBBからのお知らせ」という件名で届くため、削除してしまう前に確認が必要です。

そもそも、キャッシュバックは11ヶ月目となっています。
規約を見ると「端末発送月を含む11か月目」です。端末を発送した月は料金が発生する月であるため、利用したかどうかにかかわらず請求が発生した月から数えて11か月目を正確に把握しておかなければなりません。請求が始まった月は、公式サイト「BBnavi」の「請求明細の確認」から調べることができます。
11か月後は“端末発送月を含んでいる”ため、最初の請求が来てから11か月後ではないという点にも注意が必要です。つまり端末を発送した時点で11か月のカウントが始まるため、利用始めや請求が来てから1か月と計算していると見逃してしまうでしょう。

目安として一覧をここに記しておきます。計算方法がよく分からない場合に参考になさってください。

・1月に端末を受け取った場合、同年11月にメール受信
・2月に端末を受け取った場合、同年12月にメール受信
・3月に端末を受け取った場合、翌年1月にメール受信
・4月に端末を受け取った場合、翌年2月にメール受信
・5月に端末を受け取った場合、翌年3月にメール受信
・6月に端末を受け取った場合、翌年4月にメール受信
・7月に端末を受け取った場合、翌年5月にメール受信
・8月に端末を受け取った場合、翌年6月にメール受信
・9月に端末を受け取った場合、翌年7月にメール受信
・10月に端末を受け取った場合、翌年8月にメール受信
・11月に端末を受け取った場合、翌年9月にメール受信
・12月に端末を受け取った場合、翌年10月にメール受信

一瞬10か月後のように感じますが、端末発送月を含むために以上のような計算となっています。

キャッシュバックが振り込まれるのは、手続きを行った翌月の最終営業日となります。
土日祝日を除いたその月の最後の平日です。これを逃さないために、キャッシュバックの手続きを期限内に行わなければなりません。期限は「メール送信日の翌月の末日」となっています。
メールが届いてから実質1か月以上あるにはありますが、メール転送設定や広告メールに埋もれてしまうことが問題となっています。

このメールアドレスは、申し込み時にホームページ画面で「お客様情報の入力」の際に打ち込んだアドレスです。これは「配送状況連絡先メールアドレス」で入力したものとは違い、普段GMOとくとくBBから連絡が来るアドレスとなります。初期設定では、ここで登録したメールが「GMOとくとくID」として登録されているため忘れることはないでしょう。

キャッシュバックの受け取り忘れでよく目にする“転送設定を忘れていた”というのは、このメールが会員サイトの中にあるWebメールとして送られるからです。
つまり、普段Yahoo!メールやGmailを利用している方でもGMOとくとくBBの会員ページをチェックしなければならず、そこのWebメールの案内から手続きを完了しなければなりません。
しかし、転送設定をしたことで不要なメルマガや広告が送られてくるため、多くの方は転送せずにWebメールとして放置しています。必要なのは、11か月後のキャッシュバック通知を会員サイトでしっかりと確認するか、メルマガに我慢しながら普段のメールボックスを管理するかのどちらかです。
送られてくるのは「〇〇〇〇@point.gmobb.jp」のドメインを持つメールです。

そして問題となっている広告メールについてですが、登録時の同じ画面で「メール受信設定」をオフにすることで、広告メールを少しでも減らすことができます。
「GMOとくとくポイントからのお知らせメールを受け取る」の項目のチェックを外しておきましょう。

なお、件名や案内内容は変更される可能性があるため、Webメールでも通常のメールでも、検索しても見当たらない場合は一つずつ確認しなければならないこともあります。
それでも、最初の端末発送月から数えて11か月目のみこのメールが届くため、範囲を指定して検索すればすぐに見つかるでしょう。

キャッシュバックの受け取り方法

届いたメールに、口座情報を打ち込む専用ページに案内するURLが記載されています。
そこをクリックし正確な口座情報を入力すれば、翌月最終営業日に指定の金額が振り込まれます。前述のように、契約時に申し込んだメールアドレスにしか送信されず、会員ページへ案内する内容を見逃さないようにしなければなりません。期限内に所定の手続きを行わなかった場合や、口座情報に誤りがある場合は、当然キャッシュバックは受け取れなくなります。

GMOとくとくBBの口コミや評判

良い口コミ

・「安くても、サポート、通信速度ともに問題ありません。混み合っていても一定の速さは出ますし、サポートも迅速でした。使って思ったのはとにかくお得だということでした」

・「使った感想としては十分に使えるという感じです。繋がりにくいなどの問題がでたことは今までに一度もありません。最初、使い始めたときは安いので少し心配でしたが、これまで4年間は何の問題もなく使えています」

・「基本料金が安いのはもちろん、毎月GMOポイントが貯まり、貯まったポイントを使えば様々なサービスを受けることができ、満足しています。キャッシュバックのスケジュールには気を付ける必要がありますが、キャッシュバック金額も大きいので、大変なだけの見返りはあります」

安さと十分に使用できる速度を評価する声が多く見られます。キャッシュバックの金額も業界最高値であるため、これも満足度につながっているようです。

悪い口コミ

・「夜になると速度が極端に遅くなり、動画や画像、ページの読み込みにかなり時間がかかりました。特に動画はかなりブツブツ途切れるので、快適とは言えなかったです。あくまでクオリティより値段重視な方にはいいと思います」

・「キャッシュバックを貰えば、お得だったと思いますが、色々なところに書かれているように、とにかくわかりづらい。とくとくBB専用マイページから入れるよく分からないアドレスに案内がくるそうです。自分のミスもありますが、もう少し分かりやすかったらな、と思います」

・「しばらく使ったけどキャッシュバックもらう前に解約しました。24,000円以上請求されました。さらに、SIMカードも返さないと3000円ぐらい取られるみたいです」

夜の速度の低下と違約金の高さ、そしてやはり、GMOを選んだ最大の理由であるキャッシュバックが分かりにくいという声が圧倒的に多かったです。
通信速度に関しては環境や回線の混雑具合によるものの(速いという声も多いため)、キャッシュバックの分かりにくさが他のプロバイダーより顕著といった印象を持ちます。

まとめ

実は、キャッシュバックの複雑さはどこのプロバイダーも似たようなものです。
GMOとくとくBBはWebメールの採用により、確かにより煩雑で面倒なシステムになっているものの、忘れずに手続きを行えばしっかりと受け取ることが可能です。
WiMAXをお得に利用するための対価として、メールアドレスやスケジュールの管理に注意してください。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi