閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

今更聞けない!光コラボレーションってなに?

近年「光コラボレーション」や「光コラボ」という言葉を耳にする機会が増えてきたと思います。
しかしよく聞くけど「光コラボって一体なんなの?」と不思議に思っている方も多くいらっしゃるでしょう。インターネットに関係していることは分かるけど、実際にどのようなサービスなのかは分からない方が少なくないはずです。この記事では光コラボとは何か、メリットは何かについて解説します。

光コラボとは

まずは光コラボの基本的な情報についてご紹介します。光コラボは光インターネットサービスに関連したシステムですが、人によってはお得なサービスになるため、しっかり基本ポイントを抑えてみてください。

2015年2月に光卸サービス開始

よく知られているように、現在インターネットの固定回線は光回線が主流になっています。
MM総研によるとNTT東西の光回線サービスの契約件数は約2000万件となっています。光インターネットの最大の魅力はその早さです。1Gbpsや2Gbpsといった超高速の通信を実現していて、光回線を使う事でかなり快適なインターネットライフを楽しむ事ができます。

光回線と言うと少し前まではNTTのイメージが強かったと思います。
NTTの光回線は日本で圧倒的なシェアを誇ります。しかしNTT東西は2015年2月から光卸サービス(フレッツ光回線を他社へ卸す)を開始しました。このサービスが「光コラボ」ないしは「光コラボレーション」と呼ばれているサービスです。このサービスではNTTが光回線を他の業者に貸し出して、それらの業者が光ネット事業に参入できるようにしています。簡単に言うと回線業者とはインフラを提供する業者です。

一方プロバイダとはインターネットサービスを提供する業者です。
例えて見ると、回線業者のインフラは道路で、プロバイダはバスの様なものです。
ある場所から別の場所に移動する時にはバスに乗ります。バスは道路を走って目的地に行きます。
同じようにプロバイダのサービスを使ってインターネットという「道路」を走って目的のサイトやサービスにアクセスすることができます。ちなみにプロバイダだけでは光ネットを利用する事ができません。
バスは道路がないと走る事はできないのと同じです。

さてこれまでの光回線サービスにおいては、ユーザーは回線業者とプロバイダの2社と契約をして光サービスを利用する必要がありました。
例えばNTTと回線契約をして、OCNやSo-net、@nifty、plala、yahoo.BBといったプロバイダ業者と別の契約をしていました。この場合支払いやサポート対応などが2手に分かれていてややこしくなります。
しかし光コラボのおかげで、それらを全て1本にまとめられるようになりました。プロバイダ業者はインフラ(光回線)を持りませんが、FVNO(Fixed Virtual Network Operator仮想固定通信事業者)として、独自のブランド名(ドコモ光、ソフトバンク光、ツタヤ光等)で光回線販売に参入することができます。

プロバイダは独自のキャンペーンやサービスをプラスして回線サービスを展開できるようになっています(格安SIMとセット、格安スマホとセット、動画配信とセットなど)。
NTTから提供された同じ回線を使っているため、プロバイダごとに速度や品質は変わることはありません。そのためユーザーは自分にあった回線サービスを選択する必要があります。

フレッツ光との契約はどうなる?

これまではNTTのフレッツ光という契約で光ネットを使用していましたが、光コラボに参入している業者と契約する場合は、フレッツ光の契約ではなくなります。
光コラボ業者との契約になっても、ONUという終端装置を含めて回線をそのまま使うため、中にはフレッツ光と契約していると勘違いされる方も多いでしょう。
しかし実際には光コラボ事業者が契約先となります。コラボ業者は契約者から聞いた転用(承諾)番号を聞いて、それをNTT側に伝えます。そしてNTTは回線提供事業者の名義変更をして、NTTからコラボ業者に回線提供をシフトします。ちなみにフレッツ光から光コラボ事業者へのサービスの理解をする場合はフレッツ光の解約金はかかりません。
また工事費用を分割支払いしている場合、通常だとコラボ事業者に転用すると工事費用がそのまま継続支払いになりますが、コラボ事業者によっては費用の残高を支払ってくれるところもあります。
そういった点も踏まえて光コラボ事業者を選定すると良いでしょう。

光コラボを契約するメリットは?

光コラボ業者を使うことにメリットについて挙げてみたいと思います。
少なくとも3つのメリットを挙げる事ができます。料金が安くなることがある、支払先を一つにできる、サポート対応も一つになるという3点です。

料金が安くなる可能性が高い

まず様々なサービスの料金が安くなる可能性があります。
例えばドコモ光やソフトバンク光など携帯電話キャリアとの光コラボの場合、そのキャリアのスマホを使っているとセット割が受けられます。自宅ネットとスマホをセットで同じ会社と契約する事で料金が安くなるでしょう。
携帯キャリア以外でも、以前より料金が安くなる可能性が高いです。
例えば格安SIMとのセット割を提供している事業者を使う場合、格安SIM利用者は割引を受けられます。
DMM光、OCN光、ASAHIネット光、IIJmio光、ビッグローブ光などがサービスを提供しています。
光ネットの月額料金も安くなる可能性があります。フレッツ光の場合、東日本では戸建住宅で月額料金が5700円です。西日本では5400円です。それに対して光コラボ業者の場合は、@スマート光が4300円、エキサイト光が4360円、ぷらら光が4800円など安くなっています。

支払いが一つになる

別のメリットは支払先がひとつになるということです。先述の通り、光コラボの前はフレッツ光とプロバイダへの支払いがそれぞれ別々に請求されていました。そのため支払い管理が面倒だったという方も少なくないでしょう。しかし光コラボにすることにより支払いは一つになります。
通信費はどれぐらいかかったかを家計簿につける上でもこれは便利です。またネットにあまり詳しくないという人でも出費がわかりやすくなります。

困ったことが起きた時の相談先も一つになる

別のメリットはサポート対応先が一つになるということです。インターネットが利用できなくなったとき、以前ならフレッツ光とプロバイダのどちらに連絡したらいいのかわかりませんでした。
例えばフレッツ光に電話したら「プロバイダの問題だと言われてプロバイダへ掛けなおした」といったこともあったでしょう。しかし光コラボの場合はプロバイダとセットになっていことが多いため、連絡先が分かりやすくなります。

光コラボに契約するデメリットは?

光コラボに転用するメリットについて見てきましたが、デメリットもあります。
手続きが面倒という点やフレッツ光に戻れないなどといった点があげられますが、それぞれの内容について見てみましょう。

手続きが面倒

まず手続きの問題です。さきほど触れましたが、乗り換えにはユーザー自身が転用承諾番号を取る必要があります。転用承諾番号はWebや電話を使って取得でき、さほど難解な事はありません。
とはいえネットに詳しくないという方や面倒だという方の場合は向いていないでしょう。
転用承諾番号は取得してから有効期限内に手続きする必要もあるため、忙しくてそんな暇はないという方にも不向きかもしれません。
さらにフレッツ光の回線が「フレッツ光ネクスト」以前の回線を利用してい場合、工事が必要となります。また回線自体がない方ももちろん工事が必要です。このような手続きをクリアできる場合には良いですが、多少なりとも面倒なのは事実です。

フレッツ光には戻れない

別のデメリットは、光コラボへ転用後にフレッツ光に戻すことはできないということです。
戻りたい場合は改めてフレッツ光を新規で契約しないといけません。
当然それは光コラボ事業者との契約の解約も意味します。もちろんフレッツ光に特段魅力を感じないという場合は大きなデメリットではないでしょう。
ちなみにひかり電話を使っている場合、ひかり電話の電話番号を光回線を使うようになってから取得した場合は電話番号が変わってしまうので要注意です。

色々考えて不安ならWiMAXがおすすめ

もし現在の自宅インターネットの契約を考え直している場合は、光コラボ事業者の他にも WiMAX の契約を考えるという手があります。 WiMAXは超高速インターネット通信ができるネットインフラです。
光回線のような固定回線とは違って、家でも外でも端末がある場所ならどこでもネットが使えるという利点があります。外出先で特にインターネットを使うことが多い場合は、WiMAXの大きな選択肢のひとつになるでしょう。WiMAXなら工事不要で光回線のように手続きも少ないです。また2,3000円台と料金も安いのが特徴です。
ただWiMAXには電波がつながりにくいエリアがあったり、未対応の場所があるなど制限もいくらかあります。そのため使う場所の電波状況を調べてから契約すると良いでしょう。
もし使うエリアがサービス対応エリア外であったりや電波が不安定な場合は光回線がお勧めです。
ちなみにBroadWiMAXの「ご満足保証」なら、WiMAXを契約後に電波が不安定なら、違約金なしで光回線へ乗り換えすることができます。auひかりやソフトバンクひかり、ビッグローブ光、ブロードひかりなど多くの業者に乗り換えできるので便利です。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi