閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光回線を利用する為に使う「光コンセント」とは?

インターネットを利用するときに耳にすることがあるのが「光コンセント」です。光コンセントとは何でしょうか?

インターネットを導入する上で、光コンセントについて知って何かおかなければならないことはあるのでしょうか?
今回は光コンセントの内容やその特徴をご紹介します。

光コンセントって何?

光コンセントとは、光回線のインターネットを利用する際に接続するコンセントです。
インターネットに接続するには固定回線か、近年話題のWiMAXなどのモバイルルーターを使用する必要があります。

大抵の場合、自宅にインターネットを導入するには固定回線を引き込むのが一般的です。インターネット信号が通っている回線を自宅に接続して、引き込んだ回線はWi-Fiルーターに接続し屋内に電波を飛ばします。
このルーターに接続するLANケーブルを差し込むのが光コンセントです。

光コンセントにはすでにインターネットの回線が接続されており、LANケーブルをルーターとパソコンに接続することで、インターネット接続が可能になります。
つまり、ご自宅やお引っ越し先に光コンセントが設置されている場合、インターネットの契約さえあればすぐに使用することができます
光コンセントがあれば光回線が部屋まで既に繋がっているということです。これがなければ工事で新たに配線を引き込まなければなりません。

光コンセントの種類

光コンセントには一体型タイプと分離型タイプがあります。

一体型タイプは、コンセントの横にLANケーブルを接続するための特別なコンセントや「光」と書かれた出っ張りのあるコンセントなどが見られます。
分離型タイプは、コンセントや回線引き込み工事の際に作られた穴やエアコンダクトの近くに、小さな箱のように設置されたものです。光回線が露出している場合にはこのタイプが使用されます。

どちらもLANケーブルを差し込んで接続できるようになっており、接続には特別な端子を使うものの、コンセントを抜き差しするように使うことができます。
光コンセントには中を覗かないようにとの注意書きがあり、小さなシャッターで常に閉められるようになっています。

設置場所

設置場所はコンセントと一緒に設置されているか、エアコンダクトなどから引き込んだ配線の先に設置されていることがほとんどです。

インターネットの光回線と一緒に光電話を契約されている場合、電話の親機を設置している場所の近くに光コンセントが設置されていることがあります。光回線を利用した固定電話を使用する際、回線終端装置(ONU)に電話機を接続する必要があり、それと同じように光コンセントも設置されます。

電話機の近くには電話線のコンセントを置かなければならないため、一緒に光コンセントを配置することで配線も目立たず最もシンプルに設置工事を済ませられます。見た目にもスッキリしていてコンセントやケーブルが散らからないのがメリットです。
光コンセントの場所から固定電話の場所が遠いと新たに設置工事を行う必要性があり、配線工事などによって余計な費用がかかってしまう場合もあります。

光コンセントはインターネットを使用する端末の近くに置くことも一般的です。主に1階でインターネットを利用される場合、光コンセントも1階に設置されているのが理想的です。
最近のWi-Fiルーターは非常に高性能で、多少の障害物であればものともしない電波到達性を有しているとはいえ、できるだけ障害物がなく距離も近い方がデータ通信に有利なのは間違いありません。
1階と2階をまたいでWi-Fi電波を受信したり、部屋をいくつも挟んでインターネットに接続すると、接続そのものが不安定になったり通信速度が非常に遅くなったりしてしまいます。
光コンセントはインターネットを利用することを想定している場所にできるだけ近いのが理想的です。有線で接続する場合でさえ、理論上長いケーブルよりは短いケーブルの方が高速通信に有利です。

クローゼットの中などに光コンセントを設置する場合もあります。
回線終端装置を隠したいという場合や、マルチメディアボックスなどを設定して配線を全てまとめてしまう場合にも利用されます。
ルーターをクローゼットの中に置く場合、通常のコンセントも必要になります。

すぐに使えるの?

光コンセントさえあればインターネットに接続できるというわけではありません。インターネット接続にはインターネット契約が必要です。通信を行うために必要な設定や回線の提供をプロバイダーで契約する必要があります。
インターネットにはこの2つが必要です

回線があっても契約していなければ使用できず、契約していても回線がなければインターネットは届きません。
インターネットを使用するためには、接続するために端末を認識する必要があるからです。端末を認識させるためにIPアドレスなどの設定を行うのがプロバイダーであり、プロバイダーがアクセスのために必要な許可や情報をインターネット上で設定することで、初めてインターネットを利用できるようになります。

光回線を引き込む事業者は回線事業者と呼ばれ、インターネットをインフラの面から物理的に作業します。
当然、回線が損傷したり質が悪かったりすればインターネットの接続に影響しますが、パソコンやスマートフォンなどを使用して実際に端末上でインターネットに接続するのは、プロバイダーによるネットワーク上での設定が終わってからです。

例えば、携帯端末さえあればすぐに通話できるわけではなく、有効なSIMカードを差し込んで通話できるプランを契約しなければなりません。
その回線が使用できる状態になければならないからです。それと同じように、光回線というモノが揃っていたとしても、インターネット回線を別に準備する必要があります。
光コンセントに関しては、インターネットを設定するプロバイダーではなく、工事を行う回線事業者が担っている部分です。

光コンセントのメリット

そんな光コンセントを設置するメリットとは何でしょうか?
新築で家を建てることをお考えの方や、マンションなどにお引越しを考えておられる方にとって、光コンセントの有無によってインターネットの利便性や回線引き込み工事の有無が変わってくることは無視できない要素かもしれません。

工事不要

光コンセントがあれば配線引き込み工事をする必要がありません。
もちろん、光コンセントに有効な回線が接続されているかどうかを確認する必要があります。しかしすでに宅内まで光回線が設置されている場合、回線事業者にお願いして設置工事を行う必要がないため、工事費用を節約することができます。

インターネットを設置する際には、光コンセントの有無を業者に伝えておく必要があるでしょう。業者は家の中をくまなく見るわけではなく、それぞれのノウハウに従って最も効率的な光コンセントの設置や回線引き込み工事を行うため、既に設置されているものに気づかない場合もあります。
無駄な工事費用発生させないためにも、光コンセントがあることをご存知なのであれば、工事を行う前に担当する業者に伝えておく必要があるでしょう。

工事の立会い不要

回線引き込み工事が必要ないため、工事に立ち会う必要がなく手間が省けるというメリットがあります。
わざわざ時間を作らなくても良いところもおすすめポイントです。

契約から利用までの期間が短くなる

利用するまでの時間を節約できるというメリットもあります。例えば、4~5月などの引っ越しのピークの時期にはインターネット回線工事も非常に多くなり、事前にお願いしていてもそれなりの日数がかかってしまうことがあります。

しかし、光コンセントによってすでに設置が済んでいる家屋であれば、業者の引き込み工事を待つことなくインターネットの契約だけを済ませて利用することが可能です
前述のように、インターネットの利用には回線事業者による物理的な工事とプロバイダーによるインターネット上の設定が必要なため、光コンセントは既にあるのであれば、物理的な工事が既に終わっていることになります。

光コンセントがない場合はどうなる?

新たに回線引き込み工事を行う必要があります。通常のコンセントの近くに設置する場合であれ、エアコンダクトや壁に穴を開けて配線を引き込む場合であれ、回線事業者や担当する業者によって工事が行われます。

例えばフレッツ光の場合であれば、一戸建てで18,000円、マンションで15,000円となっています。
この工事費用を節約できると考えると、光コンセントが既に設置されている場合のメリットが大きくなります。

戸建ての工事内容

電線に最も近い場所の光コンセントやエアコンダクトから、光回線を引き込んで設置します。新たに光コンセントを取り付ける場合もあれば、既に設置されている光コンセントの宅内配線に外部の回線を接続するだけの場合もあります。
最短距離で理想的な位置がなければ、エアコンダクトを利用して配線を引き込むこともあります。

集合住宅の場合

アパートやマンションなどの集合住宅であれば、戸建てのように各家庭の壁に穴を開けたりエアコンダクトに工事する必要がありません。
共有部分にある専用のスペースから家まで光ケーブルを回すだけで済む場合がほとんどです。そういった設計がないアパートやマンションの場合は、戸建てと同じように外部から回線を引き入れる必要があります。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi