閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光回線の仕組みと特徴を分かりやすく解説!

”光回線”という言葉をよく耳にしますが、何?と聞かれるとあまり分からない方が多いのではないでしょうか?

この記事では、光回線の仕組みとその特徴について分かりやすく解説していきます。

インターネット回線の種類

インターネット回線と聞くと、光回線やADSL回線を思い浮かべる方が多いことでしょう。
ところが、インターネット回線には複数の種類があります。それには光回線、ADSL回線、アナログ電話回線、ISDN回線、CATVなどの種類が挙げられます。
ですから、契約する前にそれぞれのメリットとデメリットを把握することは大切と言えるでしょう。

光回線とは?

光回線とは、光ファイバーケーブルを使い、データを送信するインターネット回線のことです。光ファイバーケーブルは、ガラス素材や樹脂素材に光を反射させてデータを送ります。電気を通さないので、電気の影響を受けることなく、ノイズの干渉なしでインターネットを利用することが可能となっています。

また、光を通すため通信速度が速く、遠くまで届くというメリットがあります。旧世代のインターネットと回線として普及していたADSLと比較すると通信速度がとても速いため、今では光回線が主流となっています。具体的にはフレッツ光やauひかり、NURO光、eo光などが光回線に該当します。

ADSLとは?

ADSLとは、一般家庭に引かれている電話回線(アナログ)を利用して、インターネットに接続する回線です。光回線と比較すると、ADSL回線は安い金額で利用することができます。しかし、光回線よりも通信速度が遅いというデメリットがあります。

また、電話回線を利用するため、NTT基地局の距離が関係してきます。NTT基地局から距離が近ければ快適にインターネットを利用できますが、距離が離れれば離れるほど通信速度が遅くなり、インターネットの質が低下します。

IDSNとは?

IDSNは、ADSLのさらに前に普及していたデジタル回線で、ADSL同様、電話回線を利用しています。
デジタル電話回線を利用するには、デジタル電話回線を引く工事が必要となります。デジタル電話回線は、1契約で2回線利用することが可能なため、インターネット接続中で電話が利用できるという利点があります。

通信速度は60Kbps前後ですが、2回線を同時に利用すると通常の2倍である120Kbps前後になります。しかし、通信速度は遅いので、ホームページの閲覧がやっとできる程度のスピードです。

光回線のメリット

現在の主流回線とも言える「光回線」には、どのようなメリットがあるのかみてみましょう。

速度が速い

光回線の最大のメリットは何といっても、速度が速いことです。
旧来の通信方式であるADSL回線は速度が50Mbps程度でしたが、光回線の速度は、一般的なタイプで平均1Gbps(=1000Mbps)、回線サービスによっては最大速度2Gbpsもあります。

つまり、光回線はADSL回線の20倍以上の速さがあると言えます。そのため、動画の視聴やオンラインゲーム、大容量のデータ送信の取り扱いもストレスを感じることなく、快適に利用することができます。

通信が安定している

光回線は、性質上ノイズの影響を受けにくいため、ADSL回線と比較すると通信が安定しているという利点があります。
ADSL回線は基地局から距離が離れていると、通信が途切れてしまうため不安定ですが、光回線はどんなに離れていてもデータを伝達することが可能なため、常に安定した通信を維持することができます

ひかり電話ができる

光回線サービスを提供しているほとんどの業者では、ひかり電話も扱っています。そのため、光回線を契約すると、オプションサービスとして光電話のサービスも利用することが可能です。

ひかり電話は電話料金がとてもお得で、便利な付加サービスも豊富に揃っています。ほとんどの業者が、ひかり電話の月額基本料金を500円程度で設定しています。アナログ電話の基本料金は1,600円なので、ひかり電話に切り替えると1,000円以上出費を抑えることができます。
アナログ電話からひかり電話へ移行する場合は、使用している電話番号をそのまま引き継げるのも魅力と言えます。

アンテナ不要

光回線サービスと一緒にテレビサービスも扱っているなら、オプション契約をすることでアンテナ不要でBSテレビや地上デジタル放送などを楽しめます。

また、最新のテレビを保有しているなら、LANケーブルで光回線と接続すれば、インターネット経由で視聴することも可能です。どのような番組を見るかは契約する会社によって変わってきますが、オプションをつければ専門チャンネルを視聴することもできます。

光回線のデメリット

光回線は速度が速くて、通信が安定しているというメリットがある反面、デメリットもあります。

料金が高い

光回線のデメリットのひとつとして、ADSL回線と比較すると月額利用料金が高いという点が挙げられます。プロバイダ込みとなると最低でも5,000円はかかり、初期費用なども含めるなら最初の2年間は最低でも6,000円はかかるでしょう。

しかし、現在は光回線を扱っている多くの業者は、新規顧客獲得のためにさまざまなキャンペーンを実施しています。それには月額料金を下げたり、キャッシュバックなどお得なキャンペーンなので、月額料金が高い!とも言えなくなっています。

戸建て住宅はやや高めですが、マンションタイプなどの集合住宅なら、同じネットワークを複数の契約者でシェアして利用するので、料金が安く設定されています。
ただし、何人もの人と回線をシェアするので、通信速度が遅くなるというデメリットもあります。

工事が必要

光回線を利用するためには、必ず工事が必要となります。しかも立ち合いが必要なので、手間がかかると言えるかもしれません。
また、光回線を利用したい方が急増しているため、導入工事の希望も殺到しており、工事が予約待ちとなっています。通常は、申し込みをしてから約1ヶ月程度で開通となりますが、混んでいるとそれ以上かかるケースもあります

持ち運びができない

光回線は持ち運びをすることができないというデメリットもあります。
外出先でもインターネットを利用したい方は、モバイルwifiを選ぶ方がよいでしょう。

どの光回線を選ぶべき?

光回線を提供しているサービス業者は、フレッツ光、光コラボレーション、そして、独自の光回線の3種類です。フレッツ光はNTT東日本と西日本が自社の回線網を利用して提供している大手のインターネットサービスとして、多くの方から選ばれています。
全国の95%に対応しているので、ほとんどの地域で利用することが可能です。光コラボレーションは、フレッツ光のサービスを借りて自社のプロバイダにセットし、ユーザーに提供しています。2015年から提供されているまだ新しいサービスですが、新規顧客獲得のためにさまざまなキャンペーンを実施しています。

そして、独自の光回線とは、自社でインターネット回線を所有し、提供しています。具体的にはauひかり、BBIQ、NURO光、ピカラ光などが該当します。このようにさまざまな業者が光回線を提供しています。
それぞれの光回線を比較し、ご自分にあったサービスを選ばれることをおすすめします。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi