閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

一人暮らしのインターネットにはWiMAX!おすすめする6つの理由を紹介!!

動画を見たり、買い物したり、行きたいお店を探したりと、いまや日々の生活に欠かせない存在となっているインターネット。

しかし、いざ契約してみようとしても多くの回線、プロバイダが存在しているのでどこを選べばいいか迷ってしまいます。

通信速度や料金、使う用途、場所によって選び方は様々です。

家族で暮らしている方、1人暮らしの方などでも変わってきますが、この記事では1人暮らしの方におすすめのインターネット回線はどれなのかを教えます。

最初に、結論を言っておきますがおすすめは断然 WiMAX !!です。
理由は低価格、容量無制限、工事不要、持ち運び可能などがあります。

そして WiMAX の中でも一番の低価格を誇る Broad WiMAX が一押しです!

なぜ Broad WiMAX がおすすめなのかを色々な比較、それぞれの回線、プロバイダのメリット、デメリットを交えながら解説してますのでどうぞ。

2種類のインターネット接続方法と特徴

まず、契約するプロバイダを選ぶにあたり確認するべきなのが通信量です。

「無制限」のものと「制限あり」のものがありますが、「制限あり」の契約だと通信量が一定の決められた量を超えてしまうと通信速度が驚くほど下がってしまい、満足にネットが使えなくなってしまいます。

せっかく契約するのなら通信量を気にせず使いたいですよね。
無制限」のデータ通信契約をしたいと思っている場合、通信方法として候補にあがるのは以下の2つです。

・モバイル Wi-Fi
・固定回線(光回線)

モバイル Wi-Fi は名前の通り、端末を持ち運ぶことで外出先でもインターネットが使えるタイプの通信方式です。

一方固定回線は持ち運びはできません。自宅やオフィスなどに光ファイバーケーブルを取り込んで、同じ場所でネットを使うことを想定している通信方式です。

一人暮らしの場合、モバイル Wi-Fi にするか固定回線にするか迷うことがあるでしょう。
どちらの方が良いかは使い方によっても異なります。

そこでモバイル Wi-Fi と固定回線双方のメリットとデメリットを紹介します。

モバイル Wi-Fi なら工事不要ですぐに利用可能

まずはモバイル Wi-Fi です。
一口にモバイル Wi-Fi と言っても、そのサービスは多岐に渡ります。

代表的なのが UQ コミュニケーションズが運営している「 WiMAX 」。
ソフトバンクグループの「 Ymobile 」、また au・ソフトバンク・ドコモなどのキャリアがサービス提供しているポケット Wi-Fi サービスなどがあります。

モバイル Wi-Fi のメリット

工事不要

モバイル Wi-Fi は小型の端末に SIM カードを挿入するだけですぐに使えます。
光ファイバーのような有線ではなく無線接続となるため、面倒な工事が必要ありません。

端末を机の上に置いたり鞄の中に入れておき、簡単な設定をするだけで使えます。

料金が安い(端末無料、月額が安い、工事がないから費用がかからない)

料金が安いのもモバイル Wi-Fi の大きな特徴です。
端末が無料になるプロバイダは少なくなく、月額料金も光回線より安くなります。

工事が不要なので工事費も浮かせます。
工事費に何万円もかかる場合もあるためこれは大きな点です。

すぐに利用できる

契約からサービス利用開始までの期間が短いのもメリットです。
光回線の場合は2週間から1ヶ月ほど待たなければいけない場合があります。

引っ越しシーズンであれば工事がなかなか行われないため、ネットが使えない期間がかなり発生するリスクがあります。
一方モバイル Wi-Fi の場合は数日以内に使える場合が少なくありません。

サービスによっては最短当日から使えることもあります。
毎日のようにネットを使うという人や、引越し後すぐにネットを使いたい人などにとってはとても便利です。

モバイル Wi-Fi のデメリット

サービスによっては速度制限が実施されるてしまうことがある

例えば WiMAX でデータ容量無制限プランを使っているとしても、「3日で 10GB を使うと速度が 1Mbps に下がる」といった一時的な制限があります。

さらにプランによっては一定容量のデータを使うと、さらに遅い速度に落とされることがあります。
ただしこれがデメリットになるかどうかはケースバイケースです。

この速度制限はそもそも、一部のネットヘビーユーザーが短期間に大量のデータをやり取りし続けられないように取り決められている制限です。

ネットの公平性を目的にしているため、ヘビーユーザーではない人にとっては「ありがたい」ともいえる制限です。

そこそこネットを使うユーザーであっても、動画をたくさんみたり大容量のデータを利用しなければそれほど困ることはありません。

仮に制限がかかったとしても、1Mbps もあれば Youtube 動画をそれなりの画質でストレスなく利用できます。
LINE や Web 閲覧なども可能なため問題なしです。

固定回線に比べて安定感がない

昔と比べて現在の電波技術は高く、無線通信でも超高速で楽しむことができますが、やはり安定性に関しては有線が一枚上手です。
物理的な回線を使うと障害物などの影響も受けないので、光回線などの方が接続の快適性は上です。

固定回線(光回線)は安定感がある

現在固定回線というと光回線がメインです。
光回線にはフレッツ光・NURO光・au光などがあります。

光サービスを提供している会社によってサービス名は異なりますが、接続の仕組みは基本的には同じです。

固定回線(光回線)のメリット

通信速度が安定している

光回線は下り最速 1Gbps とか 2Gbps というようにかなりの速度が出ます。
最近では 6Gbps や 10Gbps といったもっと速いサービスも登場してきています。

また有線接続なので障害物の影響を受けにくく、通信が安定しています。
モバイル Wi-Fi も 1Gbps ほどの速度が出る場合がありますが、光回線よりは低速です。

もっとも 1Gbps でもかなり速い方なので、普段使いには困ることはまずないでしょう。

速度制限がない

速度制限がないのもメリットです。
特に「3日で 10GB 使うと低速化」といったことはありません。
そのため通信量を気にせずネットを楽しめます。

ただし同じマンション内で同時利用が多い場合は速度が遅くなることもあるので注意しましょう。

固定回線(光回線)デメリット

工事が必要な場合がある

光回線の場合は工事が必要です。
そして工事には契約者の立会いが必要です。

工事の時間はまちまちですが、業者を待っている時間などを合わせると、半日近く時間を取らなければならないでしょう。

料金が高い(工事費や月額料金が高い)

工事があると工事費が発生します。
それをカバーするキャンペーンもありますが、そうではない場合数万円の工事費が発生してしまいます。さらに月額料金も高めです。

マンションであれば3千円台のサービスもありますが、戸建てだと軽く4,5千円台になってしまいます(エキサイト光 4,360円、ドコモ光 5,200円など)。

利用できるまでに1~2ヶ月かかる

これも厄介な点です。光回線を開通するまでには、早くて2、3週間、長ければ1~2か月かかってしまうこともあります。
引っ越しシーズンなどの繁忙期ではかなり待たないといけないでしょう。

一人暮らしの方に WiMAX をおすすめする理由

一人暮らしの方は固定回線よりもモバイル Wi-Fi サービスを利用したほうがいいでしょう。
そしてモバイル Wi-Fi サービスの中でも WiMAX がおすすめです。

その理由を3つ教えます。

① 料金が安い

まず月額料金が安いです。
ほかのモバイルルーターに比べても WiMAX が最安です。
ドコモやソフトバンクのモバイル Wi-Fi はそもそも無制限プランがなく、容量が大きいプランは当然高額になってしまいます。

例えばドコモは 30GB の「ギガホ」の場合税抜 6,980円もかかります。スマホとセットで契約すると割引きがありますが、それでも高いです。

ソフトバンクの「 4G / LTE データし放題フラット」というプランは、「し放題」と言っているものの、7GB を超えれば速度は 128kbps に落ちます。月額料金は税抜 3,696円とそこまで高くないですが、通信制限が痛い点です。 Ymobile は 3,696円とそこまで高くないですが、WiMAX ほど安くはならないですし、残念ながら無制限プランが存在しません。

au は少し特殊です。
実は au と WiMAX のサービスは同じものです。
何故なら両者とも KDDI 系列のサービスだからです。

そのため au は他のスマホキャリアと違って無制限プランがあるのが良い点です。
しかし利用料金は 4,380円と少し高めです。

au スマホユーザーの場合は「スマートバリュー mine 」を使うと利用料金が毎月最大 1,000円OFFになりますが、この割引は WiMAX のどのプロバイダでも適用されるため特に au の特長とはなりません。
料金で言うと、WiMAX が No.1となります。

② 月間容量制限がない


利用できるデータ量に制限がないのも魅力です。
WiMAX には 7GB までの高速通信が楽しめる 7GB プランと、データ容量無制限の「ギガ放題プラン」とがあります。

ギガ放題プランならネットが使い放題です。
「3日で 10GB 」の制限はあるものの、ヘビーユーザーでなければ短期間で 10GB に到達することはほとんどないです。

③ エリアが広い、安定している

WiMAX はどんどんエリアが広がり充実しています。
全国に基地局は 20,000局あり、全国実人口カバーは一億人を達成しています。

全国政令指定都市であれば 99%以上のエリアがカバーされています。
そのためほとんどの場所でつながると言っても過言ではないでしょう。

仮に Wimax2+ が利用できなくても、端末によっては au 4G LTE が使える「ハイスピードプラスエリアモード」が利用できます。

WiMAX なら最安の Broad WiMAX を選ぶべき

モバイル Wi-Fi を選ぶなら WiMAX がおすすめですが、WiMAX に決めたなら今度はプロバイダ選びをする必要があります。
プロバイダはたくさんありますが、おすすめは Broad WiMAX です。その理由を3つ紹介します。

① 手続き不要のキャンペーンがお得

WiMAX プロバイダは様々なキャンペーンを行っていますが、月額料金に関係するキャンペーンとしては、キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダが多いです。

これは一定期間経過後にまとまったお金をくれるキャンペーンです。
一見魅力的なキャンペーンですが、実は契約後に受け取り手続きが必要で面倒です。

また「 11か月目にキャッシュバック」などだいぶ先の話になるため手続き忘れが多いのが現状です。
結果的に受け取れない人が多く報告されています。
この点 Broad WiMAX はキャッシュバックではなく、シンプルに月額料金を割引くタイプのサービスを提供しています。

そのため確実にコスパの良いサービスを受けられます。

② 月額料金が安い

Broad WiMAX の場合、初回 2726円~と業界最安級で利用できるため、毎月安く利用できます。
また2年経過以降の料金も一番安いです。(2年以降急に高くなるプロバイダもいる)

最近の機種は高機能になり長期利用者が増えているので、2年以降の契約継続や月額料金を意識するのも重要です。

以下に主要なプロバイダの月額料金を挙げてみました。(キャッシュバックはもらい忘れリスクを加味してノーカウント)

これを見ると2年、3年、4年総額のすべてで Broad WiMAX が安いのが分かります。
キャッシュバックを入れた場合は内容が多少変わってきますが、割引の確実性を考えると Broad WiMAX を選択するのが無難です。

③ 契約したその日に利用可能

WiMAX 料金比較Broad WiMAX では端末が送料無料で最短即日発送されるため、すぐにネットが利用できます。
またネットで契約して店舗(渋谷、秋葉原、埼玉、大阪の4店舗)で即日受け取ることも可能です。

この場合契約した日から利用することだって可能です。
これは他プロバイダにはない WiMAX 業界初のサービスです。

まとめ

一人暮らしのあなた。いかがでしたか?最後にこの記事のおさらいです。

工事不要で、持ち運び可能なモバイル Wi-Fi ルーターが便利。
料金が安く、容量無制限で、接続可能エリアが広い WiMAX 。
その中でも最安値の Broad WiMAX がおすすめ!

料金、利便性、通信容量、即日使用可能など、どれをとっても WiMAX が一番おすすめです。
その中でも最安の Broad WiMAX を契約すればあなたのインターネットに対する不安、不満は間違いなく解消します。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi