閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

大人気のおすすめホームルーター特集。Speed Wi-Fi HOME L02は何がすごいのか?

ホームルータータイプのWiFiなら、コンセントにさすだけで即開通。
その中でも人気なのが2019年1月25日に発売された「HOME L02」です。

大人気だったWiMAXのホームルーターL01sの後継機種で、電波や回線速度がさらに改善されているので固定回線代わりに使いたいという方にもおすすめです。

この記事ではL02のスペック評価や利用者の評判をマイナス面も含めて解説します。
L02の良い点・悪い点が全てがわかる内容となっているのでぜひ参考にしてください。

L02はホームルーター史上No1の通信速度と通信安定

最新機種HOME L02は、下り最大速度1.0Gbpsを実現しました。
固定回線にも負けないほどの高速通信や、高画質な動画も楽しめます。

Speed Wi-Fi HOME L02のスペック

注目すべき点は、下り最大速度1.0Gbpsの高速通信が可能になったこと。
さらに同時に接続できる通信機器台数が42台まで増えています。

L02は最大1Gbpsの高速通信に対応

「HOME L02」は、下り最大速度が1Gbpsに対応!
今までは最高で440Mbpsでしたが、2倍以上に進化しました。

1Gbpsの通信速度を出すには、WiMAX2+とau 4G LTEを組み合わせて利用するためハイスピードエリアモードに切り替えて、さらに有線接続が必須です。

LTE電波を利用する場合は、毎月7GBまでなら利用可能。
1Gbpsなら、光回線と同等の速度を感じられます。

L02は高感度アンテナWi-Fiで全方位カバー


「HOME L02」は、4本の高感度アンテナを搭載。
4方向にアンテナを配置することで、360度全方位をカバーしています。

アンテナを増やすことによって通信が安定しやすく、受信速度もアップしたため、今までつながりにくかった場所でも快適に利用できます。

L02はビームフォーミング対応で電波をキャッチ

スマホなどのWiFi機器の位置を検知し、狙って電波を送信するTXビーム。
ビームフォーミングにより、電波干渉を減らし遠くまで電波を届けられるようになりました。

「HOME L02」は、ビームフォーミングに対応しており、スマホなどのWi-Fi機器の位置を検知し、狙って電波を送信することができます。
ビームフォーミングに対応していない「L01s」と比べて通信速度が向上しています。

L02は電波状況をアプリで確認が可能

新機能の「ベストポジション」で電波の強さを確認できます。
専用のスマホアプリでその場の電波の強さがわかるため、強い場所にルータを設置することが可能です。

「HOME01」と「HOME L02」スペック比較してみた

2018年にNECから「HOME 01」が新しく発売されたばかりですが、HUAWEIから2019年「HOME L02」が発売されました。

この2つのホームルーターの違いを見ていきましょう!

比較すると分かると思いますが、「HOME 01」と「HOME L02」どちらも大きな差はありません。
ホワイトで統一されたシンプルなデザインで、どんなインテリアにも合うおしゃれなホームルーターです。
しかし通信速度や接続可能数に大きな違いがあります。
どちらを選ぶか迷っているなら、速度が速く接続可能数が多い「HOME L02」をおすすめします。

「HOME L02」は通信速度が違う

「HOME 01」と「HOME L02」の大きな違いは通信速度です。
「HOME L02」は有線LANを接続すれば、下り最大速度1.0Gbpsと光回線並みの速度です。
Wi-Fi接続でも下り最大867Mbpsで「HOME 01」に比べると、かなりの違いがあり高速通信が期待できます。

「HOME L02」は同時接続台数がUP

もう一つの違いは最大接続可能数です。
「HOME 01」が22台なのに対して「HOME L02」は42台とその差は2倍!22台でも十分と言えますが、スマートフォン、パソコン、タブレット、ゲーム機など、一人あたり保有する端末が増えていることを考えると、42台あればとても安心できます。

共通の新機能TXビームフォーミング

ビームフォーミングとは、ホームルーターからスマホなどの利用機能に向かって、電波を送信する機能です。
離れた部屋でも快適にインターネットを楽しむことが出来るのはうれしいですね。

「HOME 01」と「HOME L02」どちらを選ぶべき?

「HOME 01」と「HOME L02」を比較してきましたが、選ぶなら断然「HOME L02」をおすすめします。
上記でもご説明はしましたが、見は目はほとんど一緒ですが、通信速度や接続可能数に大きな違いがあります。
機能が一緒で、速度や接続数が「HOME L02」の方が優れているとすれば、製造元にこだわりがなければ、ホームルーターは「HOME L02」をおすすめします。

HOME L02を一番お得に契約できるBroad WiMAX

HOME L02を契約するなら、Broad WiMAXが一番お得。
どのプロバイダより月額料金を安く抑えられます。
WiMAXを初めて利用する方から一番人気のあるプロバイダでもあり、初心者の方が利用しやすい窓口も設けています。

それでは詳しく見てみましょう。

Broad WiMAXメリット1:支払額が安い


多くのプロバイダはキャッシュバックキャンペーンを行っているため、月額料金を高めに設定しています。
キャッシュバックは一見お得感がありますが、毎月高額な月額料金を支払い、受け取ることができるのは約1年後。
受け取るための手続きが別途必要で、毎月高額な月額料金を支払う必要があります。

しかしBroad WiMAXはキャッシュバックを行っていないため、月額料金が安く月々の負担がありません。
とくに手続きも必要なく、支払う料金が自動で安くなっているので、料金面だけでなく精神面でも負担がありません。

Broad WiMAXはこちら

Broad WiMAXメリット2:即日発送ですぐ届く

WiMAXの端末は、契約手続きが正常に完了したら配送で自宅に届きます。
中には手続きがスムーズに行われても、契約から発送まで1週間ほどかかるプロバイダもあります。

その点 Broad WiMAXは、契約後に最短即日発送してくれます。
契約後すぐに利用したいなら、Broad WiMAXでの契約をおすすめします。
一部地域では、お申込み当日に端末を店舗で受け取ってすぐに利用できるので、急いでいる方や忙しく自宅で受け取れない方にも便利です。

Broad WiMAXメリット3:8日以内ならキャンセル可能

端末到着後に、電波が入りづらかったり使いにくいと感じたら、端末到着から8日以内ならキャンセル(初期契約解除)できます。

初期契約解除とは
インターネット回線や携帯電話などの通信サービスを契約した後に、電波の入りが悪いなど正常に利用できない場合に利用者の都合で契約を解除できる、クーリング・オフに似た制度。

Broad WiMAXでは、まずは端末到着後8日以内に電話で申請します。
そのあと、「端末」「SIMカード」「保証書」「ケーブル類」「端末個装箱」を端末到着後8日以内に返却するだけ。
このようにクーリング・オフに似た制度があるから、気軽に申し込みしやすいのです。

Broad WiMAXメリット4:はじめての人に一番選ばれている

モバイルWiFiの中でもWiMAXが一番選ばれて、満足度No.1。
その中でもBroad WiMAXはWiMAX初心者に人気があり、そのまま継続利用する方も増えています。

その理由は、契約後に料金プランが変更できたり、長期利用者には最新端末へ変更できるなどさまざまなサービスを行っているから。
そして他プロバイダでは珍しい、口座振替でのお支払いにも対応しているからです。

Broad WiMAXは利用者に負担のない料金設定や、他社にはない店舗受け取りサービスなど、常に利用しやすいサービス提供しています。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi