閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

自宅の離れで快適にインターネットを使う方法を解説

母屋と離れがある家に住んでる方で、母屋に光回線のモデムが設置してあり、離れでもインターネットを楽しみたいと思っている方は少なくありません。
できることなら母屋の光回線をWi-Fiで離れに飛ばして利用できれば・・・と考えますよね。

そうなると心配なのは

WI-Fiが弱く通信が途切れてしまわないだろうか
速度が遅くならないだろうか

この2点ではないでしょうか。

この記事では、離れで快適にインターネットを使用するためのポイントとなるアイデアをご紹介します。

離れで快適にインターネットを利用する方法

ここからは、実際に離れでインターネットを利用する方法を解説していきます。

無線LAN中継器を利用

無線LAN中継器を利用するのは最も手軽で簡単な方法です。

無線LAN中継器とは、母屋で設置されている無線LANのルーターから電波を受信し、それを再び無線LANとして電波を飛ばす中継器です。
新たなLAN工事で増設せずに無線LANのエリアを広げることができるため、すでに無線LANが機能しているご家庭では最も簡単に導入できる方法です。

安い機器では2000円ほどで販売されており、大抵の家電量販店で購入できます。
画像は無線LAN中継器の一例です。

無線LAN中継器

コンセントにさして利用するので、購入前に設置場所を決めておいたほうがよいでしょう。

中継器は、親機より低い性能のものを設置してしまうと速度低下の原因となります。
Wi-Fiルーターの規格は、「11」から始まる数字の後の小文字のアルファベットです。
基本的には最新の「11ac/n/g/b」選んでおくのが無難です。

加えて、「デュアルバンド対応」の中継器を選ぶことで通信速度の低下を防ぐことができます。
Wi-Fiルーターは、5GHzと2.4GHzのどちらかの周波数帯を利用してWi-Fiの電波を飛ばしています。

親機が5GHzで電波を飛ばしている場合、中継機も5GHzで飛ばしてしまうと電波が干渉して通信速度が遅くなってしまいます。
デュアルバンドは、親機から5GHzで飛されてきた電波を中継器は2.4GHzに変えて飛ばし、電波を干渉させずに通信速度を維持します。

中継器が親機より遠い場所にある場合は、そもそも中継器が高速で通信することができません。
中継器の角度や高さが不十分である場合も同じです。離れに中継器の電波が届く距離で、かつ親機から十分に電波を受けられる場所を探してください。次に、親機の電波をきちんと受けられる向きや角度かどうかを確認します。
ほんの少し角度をずらしたり、窓が近い場所に置くだけで電波強度が変わることもあります。
親機の運用に支障がなければ、親機の向きも最も電波が強くなる向きに変えましょう。
当然ながら中継器が親機に近い方が、そして端末も中継器に近い方が通信は安定し、速度も速くなります。

有線LANで利用

有線LANを増設することも離れにインターネットを導入する有効な方法の一つです。
有線LANは、必ずしももう一つの回線を契約して増設するという意味だけではなく、自宅内に設置した有線LANルーターからLANケーブルを引き伸ばし、必要な場所まで物理的にインターネットを拡大する方法も含んでいます。
有線LANがあれば、無線LANの電波の到達限界距離や障害物などを一切気にすることなくインターネット使用エリアを拡大できるため、非常に合理的な選択肢のひとつです。
特に、離れのような距離のある空間までインターネットの電波を届けるためには、無線LANのルーターの性能や子機の追加だけでは対処しきれない場合があります。LANケーブルを親機から延長して離れまで設置し、そこから無線LANルーターを設置して必要とするエリア内にWi-Fiの電波を飛ばします。
インターネットのサーバーのトラブルや通信障害でも発生しない限り、母屋と離れの距離による通信不良や不安定性はなくなります。通信が確実であるため、通信速度が速くなるのも特徴です。
無線LANでは電波強度によって通信速度が左右されてしまいますが、有線LANでは常に最速の通信速度を実現します。つまりルーターと端末間に電波強度による通信速度の不安定性がなくなるため、回線が混雑していない限り常に現場での最高速度が実現できます。

Wi-Fiルーターや無線LAN中継器では接続台数に限りがあるのも欠点となります。1台のルーターに接続できるのは10台程度が限界ですが、有線LANケーブルを延長する場合はそのケーブルの先に各ルーターを設置できるため、接続できる台数は非常に多くなります。
もちろん、同時にデータ通信を行うと通信速度は低下してしまいますが、台数制限による接続の限界がない点はメリットとなるでしょう。こう聞くと、有線LANにはメリットだらけのような気がしてしまいますが、個人で気軽に設置できないのが最大のデメリットです。
家屋の構造やインターネット回線の種類によっては工事を発注しなければならない場合があり、無線LAN中継器のコンセントに挿すだけで使用できる手軽さに比べると、はるかに複雑で費用もかかりがちです。

NTTのモデムを離れに設置できない?

NTTのモデムを増設すれば離れでもインターネットを快適に利用できますが、NTTモデムは1回線につき一台のモデムしか使用できません。二台目のモデムはもう一つ回線を契約しなければならず、単純にインターネット料金が2倍になってしまいます。

そうした選択肢しかない場合もあるかもしれませんが、インターネットの通信量にまだ余裕があり、無線LAN中継器やLANケーブルを延長するだけインターネットが使用できる場合は、モデムを増設するよりも前述の選択肢をとる方がはるかに安上がりでしょう。

WiMAXという選択肢

無線LAN中継機が届かない場合や、屋外での有線LAN工事が高額になる場合はWiMAXを契約するという方法もあります。
最近話題のモバイルルーターによるいつでもどこでもインターネットに接続できるサービスを利用すれば、離れなどの環境にかかわらずインターネットの利用が可能です。

工事が必要ないので、申込から利用開始までが迅速で最短翌日から利用可能できるのもメリットです。

WiMAXを提供しているプロバイダーの数も多くなっており、月額費用はインターネットとしては安いので検討する価値はあるでしょう。

持ち運び可能なモバイルルーターのほかに、自宅のみで利用することに特化した置き型ホームルーターもあります。

持ち運び可能なモバイルルーターの詳細はコチラ

置き型ホームルーターの詳細はコチラ

WiMAX気になる料金

WiMAXの月額料金はインターネットとしては安く利用できます。
例として、WiMAX有名プロバイダ「UQ」、WiMAXプロバイダの中でも月額料金最安級の「Broad WiMAX」、WiMAXと似ているサービス「SoftBank Air」、光回線である「ドコモ光」の料金を比較してみました。

プロバイダ名
月額料金
2年間合計金額
1~3ヵ月:3,696円
4ヶ月以降:4,380円
103,068 円
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月以降:4,011円
80,494円
<端末分割払いの場合>
1~24ヶ月:3,800円
25ヶ月以降:4,880円

<端末レンタルの場合>
1~24ヶ月:4,290円
25ヶ月以降:5,370円
<端末分割払いの場合>
91,200円

<端末レンタルの場合>
102,960円
マンションタイプA:4,000円
マンションタイプB:4,200円
戸建てタイプA:5,200円
戸建てタイプB:5,400円
マンションタイプA:96,000円
マンションタイプB:100,800円
戸建てタイプA:124,800円
戸建てタイプB:129,600円

WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」が格安でサービス提供されているのが分かりますよね。

続いて、端末代金・工事費用をみてみましょう。

プロバイダ名
端末代金または工事費用
端末代:3,800円

月額料金の支払い方法によって変動

・クレジットカード支払なら端末代:0円
・口座振替なら端末代:18,857円
・端末代:58,320円
(割賦支払い:1,620円(税込)×36ヵ月)


・端末レンタル有(490円/月)
(レンタルは月額料金が高くなります)
・戸建て派遣工事:19,440円
・マンション派遣工事:16,200円
・無派遣工事:2,160円


※無派遣工事できるかどうかは、建物にフレッツ光の設備が元々導入されている場合に、ドコモ光が無派遣工事で開通可能か判断します。ユーザーの希望で無派遣工事にできる訳ではありません。

ここでもWiMAXがいかに安くお手軽に導入できるインターネットかわかりますよね。

離れでインターネットを利用するにはWiMAX契約を視野に入れても損はないでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi