閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

自宅の離れで快適にインターネットを使うには?

自宅に離れや別宅をお持ちの方で、そこでもインターネットを快適に使用できるようにしたいと思っておられる方も少なくありません。母屋やメインで使用している家屋にはインターネットがあるものの、離れや別宅にインターネットを導入するにはどうすればいいのでしょうか?
そのままであれば、Wi-Fiが弱く通信が途切れてしまったり電波が弱まってしまったりするため使い物にならないケースが多く見られます。離れで快適にインターネットを使用するためにポイントとなるアイデアをご紹介します。

離れで快適に利用する方法

離れとは何でしょうか?母屋と離れの厳密な区別はないものの、主にメインで使用する家屋が母屋で、それ以外の住居や家屋を離れと呼びます。外見的に母屋のように思える家屋でも離れであったり、母屋も離れもメインで使用しているというケースもあるでしょう。
いずれにしても、メインで使用する建物と分かれて使用されるのが離れということになります。
完全に合体している場合もあれば距離が設けられているものもある離れで、快適にインターネットを利用しようとする場合、何が必要なのでしょうか?

無線LAN中継器を利用

無線LAN中継器を利用するのは最も手軽で簡単な方法です。
無線LAN中継器とは、上に設置されている無線LANのルーターから電波を受信し、それを再び無線LANとして電波を飛ばす中継器です。新たなLAN工事で増設せずに無線LANのエリアを広げることができるため、すでに無線LANが機能しているご家庭では最も簡単に導入できる方法です。
安い機器では2000円ほどで手に入れられ、大抵の量販店で見かけるはずです。無線LAN中継器はコードを使用するタイプと直接コンセントに挿すタイプがあり、中継器を置くスペースがなくてもコンセントがあれば設置することが可能です。
一般に、高性能モデルほどコードを使用した形状を採用しています。本体が大きくなったりアンテナなどを搭載することで、コンセントにさすだけでは本体を支えられなくなるのが理由です。
設置場所に問題がなければ、直接さすタイプでもコードを採用しているタイプのどちらでも構いませんが、理想的な場所にコンセントがないこともあるでしょう。
延長コードを使用することになるものの、コンセントに直接さすタイプでは本体の向きが固定できず、上手くWi-Fiの電波を受信できないかもしれません。床や平面に置くことを想定しておられる場合は、自立できるコードを採用したタイプがおすすめです。

無線LAN中継器を使用する場合は、親機と同等かそれ以上の規格のものを選ぶ必要があります。
親機以上の速度を出すことはできませんが、親機より低い性能の中継器を設置してしまうとそこで速度が低下する原因を作ってしまうことになります。
Wi-Fiルーターの規格は、「11」から始まる数字の後の小文字のアルファベットで見分けられます。
基本的には最新の「11ac/n/g/b」選んでおくのが無難です。Wi-Fiルーターが最新機種の場合、中継機がその性能に追いついていることはありませんが、最低でも400Mbps以上の速度が出せる中継器を選ぶようにしてください。

加えて、「デュアルバンド対応」の中継器を選ぶことで通信速度の低下を防ぐことができます。
Wi-Fiルーターは、5GHzと2.4GHzのどちらかの周波数帯を利用してWi-Fiの電波を飛ばしています。
親機が5GHzで電波を飛ばしている場合、中継機も5GHzで飛ばしてしまうと電波が干渉して通信速度が遅くなってしまいます。中継器からは2.4GHzで電波を飛ばし、電波を干渉させずに通信速度を維持するのが最善です。中継器を置く場所は十分に考慮してください。
中継器が親機より遠い場所にある場合は、そもそも中継器が高速で通信することができません。
中継器の角度や高さが不十分である場合も同じです。離れに中継器の電波が届く距離で、かつ親機から十分に電波を受けられる場所を探してください。次に、親機の電波をきちんと受けられる向きや角度かどうかを確認します。ほんの少し角度をずらしたり、窓が近い場所に置くだけで電波強度が変わることもあります。
親機の運用に支障がなければ、親機の向きも最も電波が強くなる向きに変えましょう。
当然ながら中継器が親機に近い方が、そして端末も中継器に近い方が通信は安定し、速度も速くなります。

有線LANで利用

有線LANを増設することも離れにインターネットを導入する有効な方法の一つです。
有線LANは、必ずしももう一つの回線を契約して増設するという意味だけではなく、自宅内に設置した有線LANルーターからLANケーブルを引き伸ばし、必要な場所まで物理的にインターネットを拡大する方法も含んでいます。
有線LANがあれば、無線LANの電波の到達限界距離や障害物などを一切気にすることなくインターネット使用エリアを拡大できるため、非常に合理的な選択肢のひとつです。
特に、離れのような距離のある空間までインターネットの電波を届けるためには、無線LANのルーターの性能や子機の追加だけでは対処しきれない場合があります。LANケーブルを親機から延長して離れまで設置し、そこから無線LANルーターを設置して必要とするエリア内にWi-Fiの電波を飛ばします。
インターネットのサーバーのトラブルや通信障害でも発生しない限り、母屋と離れの距離による通信不良や不安定性はなくなります。通信が確実であるため、通信速度が速くなるのも特徴です。
無線LANでは電波強度によって通信速度が左右されてしまいますが、有線LANでは常に最速の通信速度を実現します。つまりルーターと端末間に電波強度による通信速度の不安定性がなくなるため、回線が混雑していない限り常に現場での最高速度が実現できます。

Wi-Fiルーターや無線LAN中継器では接続台数に限りがあるのも欠点となります。1台のルーターに接続できるのは10台程度が限界ですが、有線LANケーブルを延長する場合はそのケーブルの先に各ルーターを設置できるため、接続できる台数は非常に多くなります。
もちろん、同時にデータ通信を行うと通信速度は低下してしまいますが、台数制限による接続の限界がない点はメリットとなるでしょう。こう聞くと、有線LANにはメリットだらけのような気がしてしまいますが、個人で気軽に設置できないのが最大のデメリットです。
家屋の構造やインターネット回線の種類によっては工事を発注しなければならない場合があり、無線LAN中継器のコンセントに挿すだけで使用できる手軽さに比べると、はるかに複雑で費用もかかりがちです。

NTTのモデムを離れに設置できない?

NTTのモデムを増設すれば離れでもインターネットを快適に利用できますが、NTTモデムは1回線につき一台のモデムしか使用できません。二台目のモデムはもう一つの回線を契約しなければならず、単純にインターネット料金が2倍になってしまいます。
そうした選択肢しかない場合もあるかもしれませんが、インターネットの通信量にまだ余裕があり、無線LAN中継器やLANケーブルを延長するだけインターネットが使用できる場合は、モデムを増設するよりも前述の選択肢をとる方がはるかに安上がりでしょう。

それでも接続しづらい場合はWiMAXがおすすめ

無線LAN中継機が届かない場合や、屋外での有線LAN工事が高額になる場合はWiMAXを契約するという方法もあります。最近話題の、モバイルルーターによるいつでもどこでもインターネットに接続できるサービスを利用すれば、離れなどの環境にかかわらずインターネットの利用が可能です。
WiMAXを提供しているプロバイダーの数も多くなっているため、月額費用が発生するものの状況によっては検討する価値があるでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi