閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

JP WiMAXってどんなプロバイダ?特徴や評判

WiMAXサービスを利用する場合はプロバイダを選択する必要があります。
プロバイダによってキャンペーンや月額料金、オプションサービスなどが異なるため、よく比較検討して判断しましょう。この記事では「JP WiMAX」というプロバイダの特徴や評判について説明します。

JP WiMAXとは?

「JP WiMAX」とは、WiMAXサービスを提供している会社です。WiMAXはモバイルアワードを3年連続で最優秀賞を受賞している、業界NO.1のモバイルWiFiルーターです。

JP WiMAXはそのサービスを2018年から開始しています。まだ新しいプロバイダサービスのため認知度は高くありませんが、実力はそれなりに高いです。月額料金やキャンペーン情報などについて詳細を見てみましょう。

月額料金

まずJP WiMAXの月額料金について見てみましょう。WiMAXサービスには2年契約タイプや3年契約タイプがあります。

さらに月額使用データ量が限られている通常プランと、無制限でデータが使えるギガ放題プランとがあります。JP WiMAXでは3年契約のギガ放題プランのみが現時点で申込できるようです。

解約金

JP WiMAXは違約金がとても高いです。最初の一年に関しては3万円もかかってしまいます。
利用期間ごとの設定違約金は以下の通りです。


唯一更新月だけ料金がかからず解約などが可能です。また契約の違約金に加えて、JP WiMAXでは端末の違約金がかかることもあります。端末の24ヶ月間はレンタル品扱いとなります。

そのために14ヶ月以内に解約した場合は端末違約金が発生する可能性があります。
この場合端末を返却すれば違約金はかかりませんが、何かしらの理由で返却できない場合は要注意です。

なお24ヶ月目以降は契約者のものとなるため返却する必要がなくなります。
また契約事務手数料は税抜3,000円かかります。

オプション料金

クレードルはUSBタイプCのケーブルを持っている場合は必要ありません。
クレードルは端末に有線LANの差し込み口がついている充電用台座です。
自宅で WiMAX サービスを使う場合、無線機能のないパソコンとは通常つなげることができません。
しかしクレードルを使うことでパソコンと接続可能になります。

またクレードルの中には通信状態を良くする機能を持ったものもあり、使い方によっては非常に便利です。購入するかどうかは好みが分かれるところでしょう。端末補償サービスが端末に不具合や故障があった場合に無料で交換してくれるサービスのことです。月々550円かかるため12ヶ月の場合は6600円かかります。

JPサポートは、 WiMAX の使い方や設定などに関して問い合わせができるサポートサービスのことです。 WiMAX についてほとんどよくわからないという方は、この電話サービスを利用すると良いでしょう。ちなみにオプションに関しては契約時に選択することはできますが契約途中にはできません。

キャンペーン

JP WiMAXでは現在Amazonギフト券10,000円分をもらえるキャンペーンを実施しています。
アマゾンで頻繁に買い物をするという方には嬉しい特典です。

しかもこのギフト券によるキャッシュバックキャンペーンは契約してすぐ10,000円が受け取れるという特徴があります。通常キャッシュバックを受けるためには何ヶ月も待たなければいけなかったり、複雑な手続きを行わないといけなかったりします。人によってはキャンペーンのことをすっかり忘れてキャッシュバックをもらい損ねるということもありえるでしょう。

その場合はかなり損してしまうことになりますが、このキャンペーンのようにすぐに受け取れるのは非常に便利です。

不安な方に0円レンタル

「JP WiMAXに興味はあるけれどもまだ契約するかどうか決められない」という方は、1週間の無料レンタルサービスをお勧めします。

このサービスでは、WiMAX サービスの使い勝手を知るために1週間お試しで利用可能です。もし気に入らなかった場合は契約日から7日以内に手続きを完了して端末を返却すれば OKです(返却の場合の送料は負担する必要あり)。 気に入った場合はそのまま契約しても OK です。

この場合は契約日から7日以内に手続きをするだけで OKです。また初回の支払い時に発生する事務手数料3000円が1000円になります。

JP WiMAXのメリットデメリット

JP WiMAXのサービスの概要について見てきましたが、このサービスのメリットとデメリットについて簡単にまとめてみたいと思います。

メリット

まずメリットは以下の通りです。


JP WiMAXでは端末代金はかからず、最近機種が無料で手に入ります。 外出に便利なW05と自宅据え置き型のL01sのどちらかから選択できます。W05はダウンロードスピードが758Mbpsに対応している人気機種です。アップロードスピードも112.5Mbpsに対応しています。家庭でしか使わないという場合はL01sでもOKです。ただしダウンロードスピードは440Mbpsです。


JP WiMAXのAmazonギフト券キャンペーンも魅力的です。やはりすぐに一万円本を受け取るというのは大きいでしょう。このギフト券サービスになって月額利用料約3か月分が無料になるためお得感があります。



JP WiMAXでは8日以内なら違約金なしで契約を解除できます。クーリングオフ制度とは違う新制度ですが(電気通信事業者法改正による新制度)、これによって電波が入りにくいなど利用して初めて気づく問題に対応することができます。

デメリット

続いてデメリットを見てみましょう。以下の様な点があげられます。



やはり端末違約金がかかってしまうのは痛い点です。しかも24カ月という期間は長いです。
端末は2年もするとバッテリーの消耗の問題があるため、これはデメリットです。
また違約金が高めの設定であること、契約できるプランが限られているところもマイナスポイントです。

JP WiMAXの口コミ

最後にJP WiMAXのユーザーの口コミ情報を見てみましょう。

良い口コミ

悪い口コミ

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi