閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

関東はもちろん東海・関西の方におすすめのNURO光!初期費用・月額料金は?

関東で徐々に人気を獲得しているNURO光ですが、これまで関東限定だった対象エリアを拡大しつつあり、東海や関西地方でも高速通信を利用できるようになりました。
最大10Gbpsの高速通信を提供するNURO光の月額料金や初期費用、その内容についてご紹介いたします。

月額料金はどれくらい?

そんなNURO光の月額料金はどれぐらいでしょうか?プラン別の料金やフレッツ光との料金比較を見てみましょう。

NUROの月額料金

NURO光には「NURO光 G2V」と「NURO光 G2」の2プランがあります。NURO光 G2Vは2年間の継続契約が条件となり、光 G2の方は契約期間が設定されていません。
光 G2Vの料金が4,743円で、光 G2は7,124円となっています(どちらも税抜き)。契約事務手数料3,000円と基本工事費40,000円が別途発生し、光G2Vの契約期間中に契約を解除すると9,500円の解除料が請求されます。固定回線としては一般的な料金で、契約期間の縛りが設定されていないG2が高額となっています。

マンションの世帯数で利用料金も変化するため、集合住宅にお住まいで他にNURO光の契約がある場合は、世帯数が多ければ多いほど利用料金が下がっていきます。

・4~6人利用で2,500円
・7人利用で2,400円
・8人利用で2,300円
・9人利用で2,200円
・10人以上の利用で1,900円

となっています。事務契約手数料や工事費は変わりませんが、契約数に応じて利用料金が下がっていくのが特徴です。もしお引越しなどを考えておられる場合は、大家さんにNURO光の契約数を確認することもできるでしょう。

ただし、「NURO光 for マンション月額基本料金(1,600円)」、「Hands-up会費(300~900円)」が別途発生するため注意が必要です。
このHands-up会費とは、「NURO光 for マンションの回線設備の導入が決まった時点で設立される、NURO光に設備導入工事費(共用部分の工事費)、および設備維持管理費を支払うための任意団体」とあります。マンションに光回線を導入するメンテナンス代のようなもので、導入工事や維持管理費をNURO光に対して支払っています。
2018年12月現在で、NURO光 for マンション月額基本料金において10,000円のキャッシュバックキャンペーンを展開しており、戸建て向けプランと同じように対象地域は関東1都6県の東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、東海4県の愛知、静岡、岐阜、三重、関西2府3県の大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良が対象となっています。

一戸建て向けプランでもマンションプランでも、通信速度はベストエフォート値で下り最大2Gbpsとなっており、驚くほどの高速のデータ通信を提供しています。

回線+プロバイダ込みの料金の為、お得に利用できる!

この料金には光回線の使用料だけでなくプロバイダー料金も含まれています。
プロバイダーを別に探す必要がなく、請求も一緒に来るため支払いを1度に済ませることができます。NURO光は回線事業者ですが、インターネットに接続するにはプロバイダーが必要です。
光回線を設置する工事を担うのが回線事業者です。光回線のメンテナンスや設置工事、物理的な復旧作業などを担っています。

これに対し、インターネット接続の設定を行うのがプロバイダーです。
物理的な工事は行いませんか、インターネット接続に必要なあらゆるパソコンやネットワーク上の設定を行います。本来は回線事業者にケーブル使用料を、プロバイダーにはインターネット接続料を払わなければなりません。特別面倒なことではないものの、別途料金が発生することや請求が別々に来ること、解約する際に両方で手続きを行わなければならないことなどがデメリットです。
NURO光の場合は、この回線使用料とプロバイダーに支払う料金が一括されており、料金の支払いが簡単なだけでなく、料金そのものもお得に済ませることができます。

フレッツ光との料金比較!

それではフレッツ光との料金を比較してみましょう。

「ファミリータイプ(戸建向)」
・フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 概ね1Gbps 基本料1,100円 フレッツ光利用料金5,000円 
=合計6,100円
・フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps 基本料1,100円 フレッツ光利用料金4,500円
=合計5,600円

「マンションタイプ」
・フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
プラン2
(16世帯以上) 概ね1Gbps 月額基本料金900円 フレッツ光利用料金3,250円
=4,150円
プラン1
(8世帯以上) 概ね1Gbps 月額基本料金900円 フレッツ光利用料金3,650円
=4,550円
ミニ
(4世帯以上) 概ね1Gbps 月額基本料金650円 フレッツ光利用料金4,250円
=4,900円

・フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ
プラン2
(16世帯以上) 200Mbps 月額基本料金900円 フレッツ光利用料金2,750円
=3,650円
プラン1
(8世帯以上) 200Mbps 月額基本料金900円 フレッツ光利用料金3,150円
=4,050円
ミニ
(4世帯以上) 200Mbps 月額基本料金650円 フレッツ光利用料金3,750円
=4,400円

分かりやすくするために少し大雑把に書くと、

・東日本【ギガ推し!割引】
戸建て4600円、マンション2950円~

・西日本【光はじめ割】
戸建て4300円3年目以降4100円、マンション2200円~

となります。この金額はプロバイダー料が含まれていない価格であるため、実質は上記のようにさらに金額が膨らんでしまいます。フレッツ光の回線料は、それだけでNURO光の支払金額に匹敵するため、プロバイダー料さえ含まれているNURO光の月額料金の方がお得です。
当然フレッツ光の方が対象地域がはるかに多く、日本中でフレッツ光のインターネット回線の引き込めない場所はほぼないと言えます。その点でNURO光が弱みを持っているのは確かですが、もしお住まいの地域がNURO光の対象エリアである場合は選択肢に十分を含める価値があります。

初期費用は少し高め?

そんなNURO光の初期費用も見てみましょう。
非常に高速の2Gbpsを誇る光回線であるため、初期費用や工事費用が高めである感は否めません。

初期費用は割高だが、実質無料にできるキャンペーンがある

冒頭で述べたように、NURO光の基本工事費は40,000円です。30ヶ月分割払いとなり、毎月の負担額は約1,333円となります。これは他の回線事業者に比べて高額な工事費で、やはり高速通信を実現する独自の技術が工事費用として跳ね返って来ていることが分かります。
しかし、現在インターネットから申し込むことで、30ヶ月にわたって月額料金から1,333円割引されるキャンペーンを行っており、工事費用の実質負担額は無料となっています。
工事費無料でNURO光を導入でき、キャンペーンページから申し込めば初月の利用料金は無料、その後は通常の4,743円(NURO光G2V)となります。本来支払わなければならない高額の工事費用が無料になるというキャンペーンは、NURO光の高速通信のメリットをさらに際立たせる内容です。

『NURO 光G2V 』の契約期間と割賦金支払期間

NURO光G2Vの契約期間は2年で、24ヶ月ごとに自動更新される仕組みです。
注意しなければならないのは、工事費用が30ヶ月の分割払いになっているということです。24ヶ月目は光回線自体の違約金は発生しないものの、この時点で契約を止めてしまうと工事費用の残り6ヶ月分を支払い終えていないことになります。
フレッツ光でも似たような支払いプランで、au光であれば戸建ては625円×60ヶ月分割の支払いプランもあるため、こうしたややこしさはNURO光だけではありません。
しかし、乗り換えの検討や24ヶ月目で違約金を支払わずに解約することを考えておられる方は注意が必要です。違約金も工事費用の支払いも終えた状態で解約するためには、実質48ヶ月の期間を待たなければなりません。

東海・関西エリアの方は固定電話の基本料金が安い!

NURO光の固定電話料金も特徴があります。固定電話を使用する機会は以前に比べて減っていると言われており、戸建にお住まいの家庭でも固定電話を引いていないという方は少なくありません。
それでも安い料金で残しておきたいという方にはNURO光のひかり電話がおすすめです。
関東であれば500円、東海地方や関西地方に至っては300円で利用できます。
関東地方500円は標準的な金額であるものの、東海・関西地方300円はこれも他社と比較して安いと言えます。NTTのアナログ電話の番号を引き継ぐことが出来たり、インターネット料金と合わせて一度に支払いを済ませられることもメリットでしょう。

デメリットとしては、ナンバーディスプレイやキャッチ電話といったサービスは有料のオプションサービスで、初回利用には工事費が別途発生します。解約の際には撤去費用として1,000円が徴収されるなど、細々とした追加費用が発生する点に注意が必要です。
それでも、現在の公式キャンペーンでは35,000円のキャッシュバックを行っていたり、本来の高速インターネット通信と合わせても他社より定額であることは変わりません。

ソフトバンクのスマホと「おうち割」てさらにお得!

ソフトバンクの携帯電話はお持ちであれば、NURO光電話によってさらにお得に利用することができます。おうち割ということでお使いのSoftBankのスマートフォンや3Gケータイ、iPadの利用料金が永年毎月最大1,000円の割引となります。NURO光の1契約で最大10台まで登録できるのもポイントです。
NURO光電話開通後にソフトバンクショップで申し込みます。

まとめ

光回線の月額料金や電話料金も安く、プロバイダー料も含まれているNURO光は、固定回線の導入を考えている方には魅力的でしょう。高速通信やソフトバンク携帯の割引などもあり、対象エリア内にお住まいの方に非常におすすめです。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi