閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

固定回線からWiMAXに乗り換えるメリットとデメリット

モバイルWiFiは、固定回線に比べて速度が遅く、通信制限があるというイメージではありませんか。
インターネット利用中、通信速度が遅いとイライラしストレスを感じてしまうこともあります。通信制限によりさらに速度が落ちるとなるとなおさら。

しかしWiMAXは、今では高速通信に対応し固定回線に匹敵するほどの通信速度で利用できるようになっているため、多くの利用者に選ばれています。
そして通信容量が無制限であることも、選ばれているポイントです。

WiMAXと固定回線の違い

では、WiMAXと固定回線にはどのような違いがあるのでしょうか。
気になる利用方法や必要な費用、冒頭でも述べた通信速度についても詳しく紹介していきます。

WiMAXは屋外でもインターネットができる

インターネットを使用する時、家の中で使う分には家庭で契約している固定回線とルーター、また、無線LAN、Wi-Fiを接続すれば快適にインターネットが使えます。しかし、この家庭内の設備では屋外や外出先、車や電車などの移動中にはインターネットの電波は届きません。

モバイルWi-Fiを使用すれば屋外でもインターネットができますが、一般的なモバイルWi-Fiは通信が遅く、通信制限もあり、結局はiPhoneやスマートフォンなど携帯電話で契約しているモバイルデータ通信でインターネットをしなければいけなくなります。
それでもまだインターネットは使えますが、1ヶ月の制限のあるデータ通信量をモバイルWi-Fiでもモバイルデータ通信でも消費してしまうともったいない上に、本当に必要なときにモバイルデータ通信に通信制限がかかっていて不便になる可能性もあります。

そんなトラブルを解決できるのがWiMAXという屋外でもインターネットが使えて、通信制限がほとんどないモバイルWi-Fiです。WiMAXならば屋外のほとんどすべての場所で快適にインターネットをWi-Fi経由で使えるようになりますので、ストレスや通信制限の心配なくインターネットができます。

固定回線は初期設定に工事が必要

安定性と接続の速さで言えば固定回線の方が断然良いですが、固定回線は初期設定、初期工事などが必要で、マンションやアパートによっては工事費用で数万円もかかってしまうこともあります。初期設定に難しい設定が必要でサポートを受ければ追加でお金がかかってしまうこともあります。

しかし、WiMAXならば初期設定はほとんどなく、最初に決められているWi-Fiのパスワード、または、自分で設定するWi-Fiのパスワードを入力すればすぐに接続できます。
家庭でも家族のほとんどが、iPhone、スマートフォンしか使用しない場合には、家庭備え付けのルーターに高額なものを選ばなくても、WiMAXと狭い範囲で使える無線LANルーターがあれば大幅にコストダウンできます。

通信速度は大きな差はない

一般的なモバイルWi-Fiでは、通信速度がかなり遅く、すぐに通信制限もかかってしまうという印象です。しかし、WiMAXは家庭の備え付け無線ルーターにも負けないくらいの回線速度を出してくれますので、インターネット利用の快適さにほとんど差はありません。
通信速度は変わらず、持ち歩きもできて、もちろん、家の中でも使用できるのがWiMAXの魅力です。
固定回線は持ち歩けず、壁や扉を挟んでしまうと電波が弱くなってインターネットの質も落ちますが、WiMAXならばどこの部屋にでも持っていけるため、インターネット利用が不快になることはないでしょう。

固定回線からWiMAXへ乗り換えた時のメリット

それでは、現在ご利用中の固定回線をWiMAXへ乗り換えた場合、料金や通信制限、利用場所などについてどのようなメリットがあるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

月額料金を安くすることができる

固定回線では毎月5,000円から7,000円ほどの通信費がかかりますが、WiMAXの最新のギガ放題プランならば月額4,380円ほどでデータ通信制限無しで利用できます。
UQWiMAXのFlatツープラスならば4,380円で2年契約、または、3年契約が選べて固定回線に比べると1,000円以上も安く利用できます。

また、BroadWiMAXのようなサービスでは約2,700円という格安価格で同じようなサービスを利用できます。他にもキャンペーンを行っているWiMAX系列のサービスを利用すれば2,000円台の月額料金まで節約することができます。

屋外でもネットが利用できる

WiMAXルーターを利用すれば屋外でもインターネットができるので、お出かけ時のインターネットの不安もなくなります。
子どものゲーム、お出かけ先でのSNS投稿なども自由になりますが、山の頂上や高原など電波の届きにくいところではつながらない可能性があります。それ以外の場所では、ほとんどだいたいどこでも接続可能というメリットがあります。

回線工事が不要

固定回線は、家庭に専用のケーブルを敷設しないといけませんが、WiMAXは無線ルーターさえあれば工事不要でインターネットを使い始められます。
回線工事がいらないため、細かな設定も必要なく、ケーブルの長さを気にする必要もありません。

配線ケーブルなどないからスッキリ

固定回線をつなぐ場合には、有線LANの接続をするためにあちこちにコードが増えてしまいます。
ルーター本体の電源コード、有線LANコード、固定のルーターからパソコンや家庭用無線ルーターへの接続コードなども必要で、家庭用無線ルーターの電源コードも必須です。
WiMAXならばぐちゃぐちゃになるコードはありませんので、スッキリと外出中でもインターネットを楽しめます。

通信容量無制限

WiMAXのようなモバイルWi-Fiで気になるのは通信制限ですが、WiMAXの一番の強みはこの通信制限、月間データ通信制限がない点です。1ヶ月間データ通信量を気にせずにインターネットを使い続けられますので、非常にお得でストレスフリーです。

固定回線からWiMAXへ乗り換えた時のデメリット

固定回線からWiMAXへ乗り換えると、月々の料金が安くなることがわかりました。WiMAXなら、少しでも安くなり工事費もかからないとなると、すぐにでも乗り換えたくなるのではないでしょうか。
では次に、固定回線からWiMAXへ乗り換えた場合にともなうデメリットを紹介していきます。

光電話が使えなくなる

固定回線を解約してWiMAXに切り替えた場合、家庭でもし光IP電話などを使用していた場合は、その固定電話は使えなくなります。
家庭の受話器で電話をする固定電話をほとんど使用しない家庭も増えているため、すべての連絡を携帯電話でするように切り替えてしまっても問題ないならば、WiMAXに一本化して、コストダウンしてしまったほうが良いでしょう。

通信エリアの制限がある

WiMAXの欠点は、通信エリアに制限があるという点です。
ほとんど全国どこでも接続されますが、回線が繋がりにくい地域はまだありますので、住んでいる場所や職場、お出かけ先によってはWiMAXでは役に立たない可能性があります。

一般的に都市部ではWiMAXは十分使えますが、遮蔽物の中、地下深くなどではインターネットはつながりにくくなりますので、行く先でWiMAXが使えるかどうかは注意が必要です。

3日間に10GBの速度制限がある

WiMAXでも無限にインターネットをしていられるわけではありません。3日間の間に10GBという制限がありますので、これを超えてしまうと通信速度制限がかかってしまいます。

例えば、YouTubeの動画を1日にフルHDの画質で何十本も見てしまうと下手をすれば1日で10GBを使い切ってしまう可能性があります。しかし、LINEのようなチャットツールは1日中テキストやスタンプで会話していても1GBも消費することはできません。
オンラインゲームで人気のフォートナイトは10分のプレイで約6MB、1時間で約36MBから40MBを消費するため、1日中プレイし続けていても1GB使い切るかどうかくらいのギリギリのラインです。
万が一通信速度制限がかかっても、1Mbpsほどの速度はありますので、LINEなどの利用では不快になることはありません。

こんな人におすすめ

それではどんな人にWiMAXが適しているのでしょうか。
WiMAXを最もおすすめしたい人はどんな人なのかを紹介していきます。

通信費を安く抑えたい人

WiMAXはスマートフォンやiPhoneをメインで使用している方で、それほどインターネットを過剰に使用せず、1日に3時間から4時間ほどしかインターネットを使わない方には特におすすめです。
YouTubeをよく見るという方も画質を360pか480p以下の画質に設定していればよほど使いすぎない限り通信制限にはならないでしょう。

日頃、あまりインターネットを使っておらず、LINEでのチャットやYouTubeや動画の視聴は良くするという方は、WiMAXに乗り換えることで、データ通信速度制限は気にせずに通信費は安くして、今までどおりのインターネットを楽しめます。少しでも通信費を安く抑えたい方にもWiMAXはおすすめです。

引っ越しが多い人

仕事で引っ越しや転勤が多い方、学業及び留学などの予定が多い方は固定回線よりWiMAXの方が良いでしょう。
回線契約の更新や場所を変えてのインターネット利用がしやすいので、WiMAXがあればだいたいのインターネットの不安は解消するはずです。

マンション・アパートで一人暮らしをしている人

マンションやアパートで一人暮らしをしている方もWiMAXが最適です。
1人でインターネットを使用するだけならば速度制限がほとんどかからないWiMAXを使ったほうがお得な上に、料金は大幅に安くなります。
生活は少し楽になって、インターネットの質は変わりませんので、検討してみてください。

まとめ

固定回線を使用している一人暮らしの方、通信費を抑えたいと思っている方は是非WiMAXへの乗り換えを一度考えて、まずはシミュレーションしてみてください。

年間で1万円から3万円安く出来る可能性がありますので、インターネットは快適なまま生活は楽にできるでしょう。まずは、WiMAXの詳細から確認してみてください。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi