閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

【WiMAX】契約前に試さないと後悔すること間違いなし!「Try WiMAX」で15日間WiMAXを無料体験してから契約すべき理由

WiMAXの契約を考えている方が1番気になるのは、自宅や学校、会社、または電車で移動中の間など、一日の大半を過ごす場所で快適にインターネット通信できるのか、という点ですよね。

そんな悩みを解決する救世主「Try WiMAX」

「Try WiMAX」とは、契約前にお試しでWiMAXを15日間無料で貸し出ししてくれる画期的なサービスなんです!

  • WiMAXのエリア判定で〇だった自分には関係ない。お試しなどせずWiMAXを本契約してしまおう!
  • △だから諦めよう・・・

なんて考えている方!ちょっと待ってください!悪いことは言いません、是非Try WiMAXでお試しすることをオススメします。
移動先や自宅周辺の建物状況によっては〇でも通信が難しい場合もありますし、逆に△でも問題なく通信できる場合だってあるんです。利用頻度によっては速度に制限が掛かって利用できないなんてこともあるんです。実際に使ってみないと分からないのがWiMAX。
契約してから使えなかったでは遅いんです!WiMAXの違約金は高額なので後悔すること違いなしです!

この記事ではそんな事態を防ぐためのサービスである「Try WiMAX」の申し込み方法や注意点を分かりやすく解説していきます。

また、申し込みをしたら終わりではありません!try WiMAXが手元に届いた後に検討しなければならないことがあります。プロバイダ選びです。これが重要になりますのプロバイダについても解説していきます。

利用エリアを確認をしよう

Try WiMAXを申し込みする前にエリア確認をしておきましょう。判定は2種類ありますので、判定方法のポイントを参考にエリア確認をしましょう。

≪判定のポイント≫
サービスエリアマップ
広域での判定に便利。移動して利用することが多い場合向き。

ピンポイントエリア判定
住所を番地まで入力することにより〇△×で詳細な判定ができる。自宅など特定の場所で頻繁に利用する場合の判定に。

ピンポイントエリア判定で「〇~△」または「△」だった場合、諦めずにTry WiMAXに申込してみましょう。案外快適に利用できる可能性もあります。間違ってもいきなり本契約をしないようにして下さい。

判定はこちらから⇒サービスエリアマップ

Try WiMAXの申し込み条件は4つ

申込するには以下4つの条件があります。

日本国内に在住の20歳以上の方
お申込み者本人名義のクレジットカードを登録できる方(クレジットカードが無い方のレンタル方法は次の項目で説明します)
過去180日以内にTry WiMAXを利用していない・または貸し出し機器の未返却履歴が無い方
利用規約に同意できる方

4つの条件のなかで気になるのがクレジットカードの登録です。Try WiMAXは無料なのに何故クレジットカードの登録が必要なの?と思うでしょう。
これは、Try WiMAXの申込完了後、クレジットカードのショッピング枠を一時的にレンタル機器相当金額分だけ確保するためです。これによりレンタル機器の紛失、破損など様々な理由でWiMAXが返却されなかった場合、レンタル機器相当金額分の料金が違約金としてクレジットカードから支払いされます。
クレジットカード登録は、いわばレンタル機器が返却されなかった場合の保険となるのです。

期間内に返送すれば違約金は請求されず0円でWiMAXを試すことができますので、ルールを守ってレンタルしましょう。

返却が遅れそうな場合は、こちらの記事を参考にしてください。

クレジットカードが無い場合の申し込み方法

クレジットカードがないとレンタルできないと諦めないでください!デビットカードがあればTry WiMAXは申込できます。ただWeb申込はできませんので書面での申し込みが可能です。

申し込みはUQ WiMAXページから申請!

申し込みする前に、レンタルするルーターを決めておきましょう。しかしW06、WX05など最新の機種はレンタルが込み合っている場合もありますので在庫確認をして申込しましょう。
在庫確認はこちら⇒Try WiMAX在庫状況

どの機種を申し込みしたらいいか分からない場合は、現在おすすめの最新機種の記事をどうぞ。
最新WiMAXルーター⇒W05/WX06比較記事
最新ホームルーター⇒Speed Wi-Fi HOME L02紹介記事

Try WiMAXの申し込みはUQの公式ホームページからできます。
申し込みはこちらTry WiMAX申し込みページ

【重要!】お試し期間中に検討すべきこと

WiMAXが手元に届いたら、利用したい場所で快適に利用できるのか確認することはもちろんですが、それ以外に契約期間中に検討しておきたいことがあります。
WiMAXが快適に利用できることが分かり返却後の契約を検討しているのであれば、どこのプロバイダを選ぶのか?という点です。

Try WiMAXに同封されているDMから申し込まないこと

UQコミュニケーションズが提供するサービスであるお試しTry WiMAXは、顧客を獲得するためのサービスであるため、そのままUQを契約をしてもらうことが理想です。Try WiMAXには申し込みに関するDMが同封されていますので
そのままDMから申し込みをしたほうが楽であると考える人も多いでしょう。

しかし、WiMAXはDMからUQに申し込むよりも、他のプロバイダ契約のほうが断然料金が安いのです!

UQ以外でプロバイダ契約をしても、通信速度や使用できるルーター、エリアは変わりません。
他のプロバイダはUQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りる形でサービスを提供しているため、UQ WiMAXであっても別のプロバイダであっても利用する回線や端末は全く同じなのです。

同じであれば毎月の月額料金が安いに越したことはありません!むしろコスパを考えたら安い契約を選ばない理由はないでしょう。
WiMAXの申し込みを決めたのであれば、月額料金に注目してプロバイダを選びましょう。

WiMAXプロバイダ料金比較

WiMAXギガ放題プランのプロバイダ料金比較をみてみましょう。

ギガ放題
初月
日割り
日割り
日割り
1ヶ月目
2,726円
3,609円
3,696円
2ヶ月目
2,726円
3,609円
3,696円
3ヶ月目
3,411円
4,263円
3,696円
4ヶ月目~24ヵ月目
3,411円
4,263円
4,380円
25ヶ月目~36ヶ月目
4,011円
4,263円
4,380円
37ヶ月目以降
4,011円
4,263円
4,380円
3年間総額
128,626円
152,160円
155,628円
3年間平均
3,573円
4,227円
4,323円

比較表を見ても一目瞭然でBroad WiMAXが安いのがわります。Broad WiMAXは業界最安値の部類に入る月額料金でサービスを提供しているプロバイダです。
初期費用が18,857円掛かりますが、無料にする方法があります。

・Webから申し込み
・Broad WiMAXが指定するオプションに加入(契約後すぐに解約OK)
・クレジットカード支払い

この3つの簡単な条件をクリアすれば初期費用が0円になるキャンペーンを実施しています。
また他社の違約金がある場合、たとえ違約金がWiMAXではなく光回線であっても19,000円までBroad WiMAXが負担してくれます。

Try WiMAXお試しの後はBroad WiMAXがイチオシ!

どのプロバイダで契約しても速度に違いはありませんし、ルーターも同じものを利用できます。
それなら比較すべきは月額料金になりますのでBroad WiMAXが断然オススメです!

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi