閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

人気のUQwimaxルーター!特徴や料金プランなどをご紹介

外出先でも自宅と同じようにネットが使えると便利ですよね。WiMAXルーターを利用すれば、簡単にネット環境が整います。この記事では、UQのWiMAXについて解説します。「WiMAXルーターって何?」「光回線との違いは?」など基礎知識からはじめて、通信速度・料金プラン・おすすめのプロバイダなど詳しく解説していきます。

WiMAXって何?

自宅・外出先でインターネットを使いたいと検討中の人なら、必ずといってよいほど候補にあがるのがWiMAXです。しかし、そもそもWiMAXとはどのようなものなのでしょうか。WiMAXの基本から説明していきます。

光回線とWiMAXルーターの違い

インターネット回線に接続するには、大きく分けると有線か無線かに分かれます。有線の場合は「光回線」、無線の場合は「WiMAXルーター」が主流です。それぞれの特徴に触れながら、メリット・デメリットについても解説していきます。

外出先でインターネットができるかどうかが違う

WiMAXは、WiMAXルーターという無線LANの一種であるWi-Fiを送受信できる機械を介して、パソコン・スマホ・タブレットがインターネットに接続することを可能にします。電波が届くエリアであれば、自宅・外出先など場所を選びません。

一方、有線の場合は光回線接続となります。光回線は、自宅や集合住宅の部屋に引かれている光ファイバーを介して接続します。そのため、外出先ではインターネットに接続できません。

ネット回線と速度制限が違う

光回線は光ファイバーを使った固定の有線接続です。光回線には、スマホなどのようにデータ通信量に応じて通信速度が変わる「速度制限」がありません。

一方、WiMAXルーターを使った接続の場合は、速度制限があるプランがほとんどです。通信速度で比較しても、光回線の主流が下り1,000Mbpsに対してWiMAXは400~500Mbpsが主流となっています。また、周りの障害物の影響を受けず通信が安定しているメリットもあります。

設置するための準備が違う

光回線の場合は、光ファイバーを自宅や集合住宅に引き込む作業が必要です。マンションやアパートの場合、すでに光ファイバーが引かれている場合もありますが、加入したい業者でない場合は別途工事をしなければなりません。場合によっては、大家の許可を取る必要もあるでしょう。

WiMAXの場合、工事が不要という点が大きなメリットです。契約を行い、WiMAXルーターを設定するだけで、すぐに使えるようになります。

WiMAXルーターで何ができるか

WiMAXルーターがあれば、外出先でもネット回線に接続できます。例えば、外出先で商談する際、資料をダウンロードしたり会社からのメールを受信したりする時、便利に利用できるでしょう。skypeなどを使用して、遠距離でミーティングを開くことなども可能です。
また、WiMAXルーターならば、複数のパソコンで使用できるので、メンバーでネット回線を共有できます。外回りが多い仕事の場合、モバイルデータ通信カードを使うことも多いですが、WiMAXルーターのほうが通信速度の面でも接続機器の数の面でも性能が上です。そのため、WiMAXルーターの利用者が増えてきているのが現状です。

UQWiMAXのメリットと注意点

「UQWiMAX」とは、UQコミュニケーションズが提供する通信サービスのことです。UQコミュニケーションズは、WiMAX回線を提供元の会社なので、いわば本家本元が提供している通信サービスといえるでしょう。UQWiMAXを利用するメリットと注意点を紹介していきます。

メリット1:外出先で使える

タブレット機器などでは「simモデル」と「Wi-Fiモデル」があります。simモデルが単体で通信できる機能があるのに対し、Wi-Fiモデルはありません。しかし、UQWiMAXのWiMAXルーターを利用すれば、外出先でもネット回線が使えるようになります。Wi-Fi専用のタブレットやノートパソコン、携帯ゲーム機などの通信が可能です。

メリット2:通信費用を抑えられる

スマホで6GB以上などの大容量を利用するユーザーは少なくありません。データ通信量が増えると、月々の料金が高くなるのがデメリットです。このような場合、データ通信をUQWiMAXでカバーすれば、スマホのプランを最小の容量プランに変更できます。
実際、UQWiMAXを賢く利用することで、スマホのプランが安くなり全体の通信量が抑えられます。

メリット3:工事の必要がない

光回線のように工事の必要がなく、手軽にはじめられるのがUQWiMAXの魅力のひとつです。最短で申し込み当日から利用開始できます。
また、WiMAXルーターや接続機器の設定も簡単です。この手軽さから、引っ越し先で新生活をはじめる社会人や大学生などからも人気のサービスとなっています。あらかじめUQWiMAXに加入しておけば、小さなWiMAXルーターを持ち運べばいいだけなので、非常に便利といえるでしょう。

注意点1:繋がらないエリアがある

外出先でネット回線が利用できるUQWiMAXのサービスですが、注意点があります。場所によっては通信できないエリアがあるということです。サービス提供エリアはUQWiMAXのホームページでチェックできるので、よく使うエリアを事前に確認しておきましょう。
ただし、実人口カバー率は全国政令指定都市で99%以上ですし、他の日本全国の土地もほぼすべてをカバーしているといえます。エリアは現在も徐々に拡大しています。空港、鉄道、地下鉄など各交通機関とも連携も強化しているということです。

注意点2:契約年数が決まっている

UQWiMAXの最低契約期間は料金プランによって異なっています。ほとんどが2年か3年の契約期間となっており、契約満了前に契約を解除すると違約金が発生するので注意しましょう。
なお、プロバイダのなかには条件次第で違約金が発生しない会社もあります。契約内容に不明な点がある場合、あらかじめ契約するプロバイダに確認が必要です。

注意点3:データ制限がある

加入しているプロバイダのプランにより、WiMAXの通信速度が落ちる場合があることにも注意しましょう。例えば、月のデータ通信料が7GBを超えるとデータ制限により速度制限がかかります。
また、速度制限なしのプランでも、3日間で10GB以上の通信量になった場合に速度制限がかかります。大量のデータ通信を行った際などは、残りの通信量をチェックしておく必要があるのです。

どんな人におすすめ?

メリットや注意点を考慮すると、WiMAXがおすすめできるのはどのような人でしょうか。
まず、「外出先でネット回線を使いたい」「工事不要で手軽にネット回線を開通したい」という人です。
「引っ越し先で光回線の工事ができない・待てない」という人もWiMAXが向いています。
また、キャリアのプランからWiMAXに切り替えしてデータ通信を行うことで、スマホの料金プランを安くしたい人にもおすすめです。

一方、「通信速度が光通信に比べると遅い」「速度制限がある」などのデメリットもあります。したがって、「高画質の動画やゲームなど、通信速度が求められる用途で使用しない」「データ通信料が比較的少ない」という人がWiMAXに向いているといえるでしょう。

UQWiMAXの速度やエリアとは?

UQコミュニケーションズが提供するUQWiMAXであれ、他のプロバイダが提供するサービスであれ、結局はUQコミュニケーションズのWiMAXの回線を利用します。
したがって、プロバイダによって速度や対応エリアが異なるわけではありません。そこで、UQWiMAXを例に通信速度や各エリアでの実測結果などを解説していきます。

UQWiMAXの通信速度

UQWiMAXの通信速度は、どれぐらいでしょうか。有線の光回線と異なり、「通信速度が遅くて動画などは快適に見られないのではないか」と疑問に思う人もいるかもしれません。通信速度の理論値と実測結果について解説します。

WiMAX2+の通信速度は?

2014年より提供されている「WiMAX2+」は、従来の「WiMAX」に比べて通信速度が大幅に早くなっています。「WiMAX」の下り通信速度が最大13.3Mbpsであったのに対し、「WiMAX2+」は440Mbpsと33倍超の高速通信となりました。ちなみに、2013年110Mbps→2014年220Mbps→2016年440Mbpsでスピードアップしてきた経緯があります。

端末や使うエリアによっては708Mbpsの高速通信が可能です。光回線の主流である約1,000Mbpsに迫る通信速度であるといえるでしょう。スマホの通信速度が最大で375Mbpsであることを考えると非常に高速です。5Mbpsの速度があればスマホやPCで動画を視聴できることを考えると、かなりのヘビーユーザーでなければ快適に使えるレベルです。

UQコミュニケーションズの実測結果は?

通信速度は、「理論値」を表記するのが一般的です。UQコミュニケーションズは理論値に近づける努力はします。しかし、通信環境が悪い場合やネット回線を利用している人が増えると理論値に比べて通信速度は変わります。
そこで、UQコミュニケーションズが調査した実測値を紹介しておきましょう。これによると東京駅では121Mbps、大阪城周辺では94Mbpsの通信速度になっています。理論値と比較すれば遅いですが、映画やオンラインゲームなどの推奨通信環境が約60Mbpsとされていますので、十分な回線速度です。

UQWiMAXの速度制限

「WiMAX2+」では、通信の混雑を避けるため速度制限が設けられています。ここでは、UQWiMAXでWiMAXを利用する場合を例にして、「通常プラン」「ギガ放題プラン」など各プランでどのような速度制限があるか解説していきます。

通常プランでの速度制限は?

UQWiMAXで「通常プラン」に加入している場合、1カ月の通信量が7GBを超えると当月末まで速度制限がかかります。速度制限がかかると、通信速度は送受信最大128kbpsです。
なお、通信速度の制限は翌1日に自動的に解除されます。通信速度が128kbpsとなると、例えばネットのホームページを表示完了するだけで数十秒以上かかることもあり、現実的に遅すぎて耐えられないと感じる人も多いでしょう。

ギガ放題プランでの速度制限は?

UQWiMAXには「ギガ放題プラン」というプランがあります。このプランでは7GBという通信量の制限はありません。したがって、月の使用料は無制限です。しかし、3日間で10GB以上の通信を行うと、最大通信速度がおおむね1Mbpsとなる通信制限がかけられてしまいます。1Mbpsの場合、YouTube動画を標準画質で視聴可能というレベルであるため、大きな問題になるレベルとはいえません。ただし、ビジネス用途など通信速度が必要となる場合、速度制限にかからないように通信量をコントロールする必要があります。

LTEを使用した時の速度制限は?

LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードを利用して7GB以上のデータ通信料による速度制限がかかると、128Kbps程度の通信速度になります。ハイスピードプラスエリアモードとは「WiMAX2+」の電波が入らない場合に「4G LTE」を使うことによって通信をカバーするモードです。LTEだから関係ないと勘違いしてしまわないように注意しましょう。

UQWiMAXのカバーエリア

UQWiMAXのエリアは、日本全国をほぼカバーしており、現状の無線通信サービスでは最高レベルといっていいでしょう。主要首都では「どのような通信環境になっているのか」を解説します。また、自宅や仕事先のエリアが通信可能か調べる方法についても紹介していきます。

主要都市のカバー率は高い

UQWiMAXは主要都市の通信に強みがあります。首都圏では地下鉄を含む、ほぼすべてのエリアで使用可能です。大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡など、全国政令指定都市の99%のエリアもカバーしています。これらの地域で使用を考えている人は、どこでも使えると考えて問題ありません。WiMAXの契約数も順調に増え、WiMAXの基地局増設に伴い通信エリアはますます広がっています。

自宅がエリア内か確認する方法

自宅がエリア内か確認する方法はあるのでしょうか。また、外出先でWiMAXを使って仕事をしたい場合に、外出先が通信可能なエリアか調べたい時はどうしたら良いのでしょうか。UQコミュニケーションズのホームページでは、住所を入力すると通信状況を「○」「△」「×」の3段階で評価してくれます。
また、実際にWiMAXを使って通信速度を体験してみたい場合もあるでしょう。その場合は、「TryWiMAX」という15日間無料で試せるサービスを利用してはいかがでしょうか。

WiMAXはどこで契約するのが得なのか

WiMAXはUQコミュニケーションズと契約をするだけで使用できます。したがって、必ずしもプロバイダと契約する必要はありません。しかし、プロバイダと契約するメリットもあります。プロバイダを選ぶメリットと、おすすめのプロバイダを紹介していきます。

プロバイダを利用するメリット

結論からいえば、プロバイダを選ぶメリットとは利用料金が安くなることです。また、キャンペーン特典を受けたり、キャッシュバックや月額の割引を受けられたりすることができます。
また、自分にあった通信プランを選べるので、月々の無駄なコストを減らすことも可能です。ユーザーにとっては選択肢が増えるメリットもあるといえるでしょう。
一方、UQコミュニケーションズとしては、プロバイダを経由することでサービスを充実させ、契約者を増やすメリットがあります。

プロバイダによって、「通信品質が変わらないか」「支払いの手間が面倒にならないか」など、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。しかし、これも結論からいえばありません。なぜなら、通信品質については、どのプロバイダを選んでもUQコミュニケーションズが提供しているWiMAXの回線を使っているため、プロバイダによって差がでないからです。

また、プロバイダと契約した場合には、支払いはプロバイダが一括で請け負ってくれ、UQコミュニケーションズへの支払いはプロバイダが代行してくれます。プロバイダ契約なしでもUQコミュニケーションズへの支払いは行うので、手間としては変わりません。

おすすめのプロバイダ5社

プロバイダを選ぶメリットはありますが、特別の事情がないかぎりデメリットは少ないといえるでしょう。自分にぴったりのプロバイダを見つければ、安い料金で快適なネット環境を使えます。ここでは、おすすめのプロバイダを5社紹介します。

Broad WiMAX

月額料金を安くしたいなら、「Broad WiMAX」がおすすめです。月額2,726円(税抜)からという、業界トップクラスの安さが特徴です。キャッシュバックは行っていませんが、月々の料金を考えると他社に引けをとりません。キャッシュバックの手続きが面倒という人にもおすすめのプロバイダといえるでしょう。また、Webフォームからの申し込み割引などキャンペーンも随時行っているのでチェックしてみましょう。

端末の即日発送など対応が早いのも魅力です。最短で、即日にネット回線を使えます。引っ越しや仕事の関係で急いでネット環境を整えたいという人におすすめです。また、口座振替にも対応しているので支払いも便利です。

GMOとくとくBB

キャッシュバックで選ぶなら「GMOとくとくBB」です。業界最高額のキャッシュバックがもらえます。GMOとくとくBBはインターネット関連事業を行う東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダです。契約後20日以内は違約金がかからず解約できるサポート体制や、最新端末を2年契約できるという点もおすすめといえるでしょう。とりあえずWiMAXを試してみたいという人におすすめできるプロバイダとなります。

キャッシュバックについては、受取が1年後という注意点があります。もし、GMOとくとくBBを選んだ場合には、キャッシュバックを受け取ることを忘れないようにしましょう。口コミなどを読むと、うっかり受け取り忘れてしまったという人も多い傾向です。

So-net WiMAX

「So-net」はSonyの子会社が運営するプロバイダで、BIGLOBEと同じくインターネットプロバイダとしても老舗です。月額大幅割引キャンペーンを行っており、はじめの月から3年間月額料金を抑えられます。So-netで少し分かりにくいのは、毎月会員費が200円かかるということです。ただし、月額割引キャンペーンやキャッシュバックを合わせると、トータルでは他社に引けをとらず安く抑えられます。最も安いプランでは月額2,720円(契約後3年間)+会員費200円となっています。

なお、このプランでは月に7GB以上データ通信を行うと速度制限がかかってきますので、So-netのホームページではメールやネットサーフィンメインの人向けのプランと説明されています。

BIGLOBE

BIGLOBEは元NEC系のインターネットプロバイダ老舗業者です。特典が選べる仕組みになっており、「月々のコストが抑えられる」「がっつりキャッシュバック」のいずれかの特典を選びます。合計での割引額は「月々のコストが抑えられる」特典が62,570円、「がっつりキャッシュバック」は68,570円です。

なお、キャッシュバックは1年後となっています。これらの特典により、口座振替に対応しているなかでは最安値のプロバイダです。2年契約の解約にかかる違約金設定についてですが、BIGLOBEは普通のプロバイダと同じく違約金が発生します。

UQ WiMAX

UQWiMAXはUQコミュニケーションズが運営しているプロバイダです。WiMAX回線を所有している、いわば本家本元が運営しているプロバイダなのでサポート体勢などに信頼感があります。端末は当日発送となっており、2カ月目には商品券がもらえるキャンペーンも実施しています。口座振替にも対応していますが、月額が最も高いのがデメリットです。充実したサポート・安心感を重視する人におすすめのプロバイダといえるでしょう。

WiMAXの料金プランの選び方は?

料金プランの選び方は、例えば、UQWiMAXでは「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,380円(税抜)」の2つです。

通常プランの場合、データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります。128kbpsはネットサーフィンでも数十秒待たされることになり、動画などでは視聴が不可能というレベルです。メールやネットサーフィンをする程度など、データ通信が比較的少ない人におすすめです。

ギガ放題プランはデータ量の月間制限はありません。ヘビーユーザーの人はこちらのプランを選ぶほうがおすすめです。また、ビジネス用途で速度制限が気になるという人もギガ放題プランを選んだほうがいいでしょう。基本的には料金の差はそれほどありませんから、無制限プランがおすすめといえます。

おすすめのWiMAX機種は?

WiMAXルーターの機能・スペックによって通信速度に差がでるので、機種選びは重要です。プロバイダのホームページなどを見ると、いろいろな機種が選べますが、どれがよいのでしょうか。選び方とおすすめの機種を紹介します。

最もおすすめなのはW05

機種は、W05(2018年1月発売)、W04(2017年2月)、WX04(2017年11月)、WX03(2016年12月)、W03(2016年7月)の5種から選べます。端末については、あまり迷う必要はありません。W05は前モデルであるW04より通信が高速で、バッテリーの持ちが最も優れています。
基本的には、W05のような最もスペックの高い最新機種を買っておけば間違いありません。

W05が優れている理由

W05の特徴を説明します。まず、W04と同じく下りの通信速度が最大708Mbpsと最も高速であることです。また、上りの通信速度は75Mbpsと最も高速となります。他機種はすべて30Mbpsであるので、上りは倍以上の速度です。また、WiMAXがカバーしていないエリアでは「au 4G LTE回線」が使えるモードを搭載しています。

WiMAXのキャンペーンってどう?

おすすめのプロバイダを紹介してきましたが、月額割引やキャッシュバックキャンペーンなどいろいろありました。同じ条件なら、トータルで安い会社を選びたいものです。どんなキャンペーンがあるのか、注意点は何かを解説します。

どんなキャンペーンがあるの?

主なキャンペーンの種類は、月額割引とキャッシュバックです。各プロバイダのホームページでは、「キャンペーンが適用されるといくら得になるのか」について書いてあるので比較できます。また、契約期間が長いほど割引率が高くなる傾向にあります。キャッシュバック額で比較すると、GMOとくとくBBが最も高額です。3年契約をすることで、4万円以上のキャッシュバックが受けられます。

キャンペーンを受ける注意点

キャンペーンで特に注意したいのはキャッシュバックです。「契約11カ月目に贈られる口座情報登録メールから1カ月以内に振込口座を登録する」などが一般的です。実際、半数近い割合がキャッシュバックサービスを受けていないそうです。もし、忘れてしまいそうなら基本の月額料金が安いBroad WiMAXがおすすめです。実質上、他社でキャッシュバックが行われた場合の月額相当になっていますし、ギフト券をもらえるキャンペーンなども実施中です。また、WEBからの申し込みで初期費用が無料になるなどもあります。

UQWiMAXとauやUQmobileを併用するとお得?

プロバイダとしてUQWiMAXを選ぶと、auやUqmobileと併用した場合にメリットはあるのでしょうか。スマホの月々の使用料を考えると、少しでも支払いを減らしたいと考える人も多いでしょう。賢い料金プランの例を解説します。

UQWiMAXとauを併用するメリット

UQWiMAXはauと同じKDDI系列なので、セット割引のようなプランがあります。auのスマホ、携帯でパケット定額サービスに加入しており、UQWiMAXのWiMAXを利用すると最大934円の割引になります。プランによって割引率が違うので自分のプランで調べてみる必要はありますが、1000円近い割引はauユーザーにとって大きなメリットがあるといえるでしょう。

UQWiMAXとUQmobileを併用するメリット

UQmobileとUQWiMAXは、どちらもUQコミュニケーションズ社が運営しています。しかし、事業間の繋がりは薄く、2社の間でのサービスのセット契約やセット割引は行われていません。したがって、UQ mobileのサービスでスマホを使っているなら、データ通信をUQWiMAXのWiMAXで分担するなどの利用方法が有効です。スマホの通信量を減らせれば、月額が安いプランに変更することもできるでしょう。

確実に費用を抑えたい人はBroadWiMAXがおすすめ

WiMAXは基本的にはネット回線なので、それなりに高額です。確実に費用を抑えたい人はBroad WiMAXがおすすめです。なぜなら、トータルで考えて月額使用料が最安値のレベルでありながら、他社のように手間がかかり、忘れやすいキャッシュバックがないからです。
また、UQWiMAXのようにサポートの充実・信頼性で選ぶという選択もありますが月額が最も高く、負担になります。費用を抑えたいならばBroad WiMAXがベストです。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi