閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

【分かりやすく解説】W06・ WX05 比較してみました

2018年11月8日に発売されたWX05と、2019年1月25日に発売されたW06。

WiMAXの契約を検討しているが、どちらのルーター契約すればいいのか分からない…と悩んでいませんか?

通信速度
繋がりやすさ
バッテリー持ち

この記事ではWiMAXを契約するにあたり一番気になるこの3点をメインにそれぞれの特徴を分かりやすく比較しましたので、メリット・デメリットも含め、自分に合った端末を見極める参考にしてください。

通信速度を比較

W06はWiMAX史上最速の下り最大1.2Gbpsと、光回線に引けを取らない高速通信が自慢の端末です。

しかしこの高速通信を実現するには、以下の条件をクリアする必要があります。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京・埼玉、愛知、大阪の一部エリアで使用
  • ハイパフォーマンスモードで使用
  • 4×4MIMO設定オン
  • USB接続

そもそも東京・埼玉、愛知、大阪にいない場合、いくら「ハイスピードプラスエリアモード」を利用しても1.2Gbpsを出すことができません。
エリアは先日まで東京・埼玉のみでしたが、今では愛知・大阪も対応エリアになりました。エリアは順次拡大していますので今後に期待したいところです。

ここからはユーザーが普段利用するであろう「ハイスピードエリアモード」の速度についてW06とWX05を比較していきます。

機種名
W06

WX05

ハイスピード
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリア
下り最大1,237Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps

メーカーが公開している端末のスペック的にはW06の速度が少し上になります。しかし、通常の利用ならばW06とWX05で体感できるほどの差はないでしょう。

それでも「少しでも速度が速いほうがいい! 」という方にはスペックで上をいくW06がおすすめです。

繋がりやすさを比較

通信速度も大切ですが、そもそも繋がりにくければどんな高速通信も意味がありません。

最近の端末は繋がりやすさにこだわった性能を備えたものが増えてきました。

もちろんW06・WX05もそんな端末の1つです。

それぞれの繋がりやすさと性能をみていきましょう。

W06の繋がりやすさ

W06の機能をみていきます。

高性能ハイモードアンテナ搭載

高性能ハイモードアンテナ搭載とは、前機種では電波の入りにくかった場所でも電波をキャッチしやすくする機能です。

機能の役割としてはWX05のWiMAXハイパワーと似ています。

高性能ハイモードアンテナ搭載

Wi-Fi TXビームフォーミング

Wi-Fi TXビームフォーミングという、W06端末本体が、接続しているスマホやPCなどに狙い撃ちで電波を送おくる優れた機能を搭載しています。

これによりメーカー公式ホームページでも前機種W05より20%も受信速度がアップしたとしています。

Wi-Fi TXビームフォーミング

WX05の繋がりやすさ

WX05の機能をみていきます。

WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワーとは電波が弱い場所で出来るだけ電波を拾うようにする機能で、従来機より通信速度が約20%改善され、前機種WX04より繋がりやすい端末となっています。

クレードルアンテナ搭載

本体ではなく、クレードル(別売り)にアンテナが搭載されています。

このアンテナが非常に優秀で、クレードルに端末を設置して利用するとWi-Fiが繋がりやすくなるうえ通信速度が向上します。

税込み3980円と値段が高めなのが少しネックですが、自宅で利用する機会が多い人は電波状況に合わせてクレードルを購入してもいいでしょう。

このクレードルがあれば有線接続もできます。やはりWi-Fiより有線接続の方が速度は向上しますし、通信も安定します。

ゲームにWiMAXを利用したい人には有線接続がおすすめです。

WX05クレードル

繋がりやすさまとめ

どちらも繋がりやすさにこだわった端末になりますが、利用用途に合わせて選びましょう。

外出先で利用する機会が多いのであれば、どちらの端末でも問題ありませんが、自宅で利用する機会が多く、ゲームなど通信速度やWi-Fiの安定性を求めるのであれば有線で利用できるWX05がおすすめです。

バッテリー持ちを比較

外出先で利用する場合、重要なのが最大連続通信時間。

連続通信時間はWX05のほうが長く通信可能です。

外出先で長時間使用することが多い方であればWX05を検討された方がよいでしょう。

WX05のメリットは、バッテリーの取り外しができることです。

バッテリーのみの販売も行っていますので、長時間外出する際の予備バッテリーとして購入してもいいですし、経年劣化に伴いバッテリー持ちが悪くなった場合でも、新品のバッテリーに交換できるのは嬉しいですよね。

端末を3年以上の長期で利用するつもりであれば、WX05のようなバッテリー交換ができる機種がおすすめです。

一方W06はバッテリーの取り外しができません。

長時間の外出にはモバイルバッテリーを持ち歩けば安心ですが、荷物が増えるという点ではデメリットとも言えるでしょう。

機種名
W06

WX05

ハイスピード
ハイパフォーマンス
約7時間10分
約8時間10分
ノーマル
約9時間
約11時間30分
エコモード
約11時間40分
約14時間
ハイスピード
プラスエリア
ハイパフォーマンス
約5時間
約8時間
ノーマル
約6時間40分
約10時間30分
エコモード
約10時間
約13時間20分

その他のおすすめ機能

W06・WX05のその他のおすすめ機能を紹介していきます。

W06

ベストポジション機能

「HiLink」というアプリを利用し、まさにその名の通り電波状況のベストポジションを探します。

電波の強さが12段階で表示されますので、どこに端末を置けば通信速度が向上するかわかりやすい実用的な機能です。

電波は2秒おきに更新されていきます。

ベストポジション機能

通信モード自動切換え

ハイスピードプラスエリアモード使用時に7GB超過の速度制限を防ぐために、自動的にハイスピードモードに切り替えるよう設定できるので、7GBオーバーの速度制限を防げます。

WX05

Wi-Fiビジュアルステータス

2.4GHzの周囲のWi-Fi使用状況を確認できます。

「1」「6」「11」の3つのチャネルのうち、一番空いているチャネルを選ぶこどにより、端末のパフィーマンスが向上します。

Wi-Fiビジュアルステータス

周囲のWi-Fi使用状況(2.4GHzのみ)をビジュアル的に表示するツールです。
画面タップで空いているチャネルに切替えることができるのでパフォーマンス向上が期待できます。

ワンタイムHS+A機能

普段利用しているハイスピードエリアモードのWiMAX2+の電波が悪いときに、LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードに自動的に切り替わる機能です。
だたしハイスピードプラスエリアモードは月に7GBまでしか利用できませんので、よほど途切れたくない通信をしている場合のみ設定した方がいいでしょう。

サイズ・デザインをみてみよう

一度購入したら最低でも2年は持ち歩きたいWiMAX。サイズやデザインは気になりますよね。
双方のサイズとデザインを見ていきましょう。

サイズ

機種名
W06

WX05

重さ
約125g
約128g
サイズ
約W128×H64×D11.9mm
約W111×H62×D13.3mm

W06デザイン

カラー
ブラック
ホワイト
正面
裏側

WX05デザイン

カラー
レッド
ホワイト
正面
裏側

プロバイダ選びは重要

WiMAXにはUQをはじめ、多数のプロバイダが存在します。

UQのような大手プロバイダは「通信速度が安定している」「対応エリアが広い」「プランが充実している」、なんてことはありません!

どのプロバイダも同じ回線を利用し、同じ端末、同じプランを利用しています。

では何を比較してプロバイダを選ぶのかというと、「月額料金」を比較することになります。

今回比較するのは、「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB」「UQ」の3社です。

ギガ放題
Broad WiMAX
gmo とくとくBB
UQ
初月
日割り
日割り
日割り
1ヶ月目
2,726円
3,609円
3,696円
2ヶ月目
2,726円
3,609円
3,696円
3ヶ月目
3,411円
4,263円
3,696円
4ヶ月目~24ヵ月目
3,411円
4,263円
4,380円
25ヶ月目~36ヶ月目
4,011円
4,263円
4,380円
37ヶ月目以降
4,011円
4,263円
4,380円
3年間総額
128,626円
152,160円
155,628円
3年間平均
3,573円
4,227円
4,323円

比較表をみて分かるように、UQはWiMAXプロバイダのなかでも月額料金が高めに設定されているプロバイダになります。

一番安いBroad WiMAXとの月額料金の差は歴然です。

Broad WiMAXは業界最安級の月額料金でサービスを提供しているプロバイダです。

Broad WiMAXの他社にはない驚きのサービス

契約後に「思ったほど速度が出なかった」「電波が途切れて利用しずらい」「速度制限に掛かり使いずらい」「引っ越し先で利用できなかった」などの理由で固定回線に乗換えをする場合、通常のプロバイダであれば高額な違約金を支払って解約しなければなりません。

しかしBroad WiMAXではこのうような場合、違約金なしで乗換えができる「いつでも解約サポート」というサービスがあります。

初期契約解除期間(クーリングオフ)を過ぎていても違約金は不要なんです。

無料で乗換えするためには1つ条件がありますが、それは「Broad WiMAXが提案した他社7回線のうち、どれか1つに乗換える」だけなんです。

乗換え先も大手が多くて安心です。

Broad WiMAX いつでも解約サポート 乗り換え先7社

月額料金は業界最安級、契約後のアフターフォローも充実しているBroad WiMAXは、今1番オススメのWiMAXプロバイダです。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi