閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

どっちを選ぶのが正解?WiMAX最新ルーターW06・WX05徹底比較!【分かりやすく解説】

WiMAX契約を検討している人が悩むのは最新端末2機種「W06」と「W05」のどちらを契約するべきか?ということですよね。

この記事では

・通信速度優先で選ぶのか
・バッテリー持ち優先で選ぶのか

みなさんのWiMAX購入の参考になるよう、この2つのポイントに絞って最適な端末はどちらかを解説していきます。

通信速度で選ぶならW06

通信速度を優先するのであれば、選ぶべきルーターはW06になります。
W06はWiMAX史上最速の下り最大1.2Gbpsと、光回線に引けを取らない高速通信が自慢の端末です。

それぞれの通信速度を比較表でみていきましょう。

W06 WX05 通信速度

普段利用する通信モード「ハイスピードエリアモード」の速度は、メーカーが公開している端末のスペック的にW06が少し上になります。
ですが、これくらいの差であれば通常の利用でW06とWX05に体感できるほどの差はないと言えます。

 
違いがでるのは「ハイスピードプラスエリアモード(有料)」です。
W06はWiMAX史上初のギガ越えである「下り最大1,2Gbps」が可能となりました。

ハイスピードプラスエリアモード下り最大1,2Gbps

しかしこの速度を出すには以下の条件があります。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京・埼玉、愛知、大阪の一部エリアで使用
  • ハイパフォーマンスモードで使用
  • 4×4MIMO設定オン
  • USB接続

東京・埼玉、愛知、大阪にいない場合、いくら「ハイスピードプラスエリアモード」を利用しても1.2Gbpsを出すことができません。
エリアは先日まで東京・埼玉のみでしたが、今では愛知・大阪も対応エリアになりました。
エリアは順次拡大していますので今後に期待したいところです。

普段利用する通信モード「ハイスピードエリアモード」で、できる限り高速通信を希望するのであれば、性能で少し上をいく「W06」がオススメ!契約者の口コミも高評価が多い

バッテリー持ち重視ならWX05

外出先で利用する場合、重要なのが最大連続通信時間。

連続通信時間はWX05のほうが長く通信可能です。
外出先で長時間使用することが多い方であればWX05を検討された方がよいでしょう。

WX05のメリットは、W06よりバッテリー持ちが良いばかりではなく、バッテリーの取り外しができることです。

バッテリーのみの販売も行っていますので、長時間外出する際の予備バッテリーとして購入してもいいですし、経年劣化に伴いバッテリー持ちが悪くなった場合でも、新品のバッテリーに交換できるのは嬉しいですよね。

端末を2年以上の長期で利用するつもりであれば、WX05のようなバッテリー交換ができる機種がおすすめです。

一方W06はバッテリーの取り外しができません。

長時間の外出にはモバイルバッテリーを持ち歩けば安心ですが、荷物が増えるという点ではデメリットとも言えるでしょう。

外出時間が長くバッテリー持ち重視であれば「WX05」がオススメ。バッテリーは別売りされているので、予備バッテリーとして購入することも可能

繋がりやすさをみてみよう

通信速度も大切ですが、そもそも繋がりにくければどんな高速通信も意味がありません。

最近の端末は繋がりやすさにこだわった性能を備えたものが増えてきました。

もちろんW06・WX05もそんな端末の1つです。

それぞれの繋がりやすさと性能をみていきましょう。

W06の繋がりやすさ

高性能ハイモードアンテナ搭載

高性能ハイモードアンテナ搭載で受信感度が向上。前機種W05より繋がりやすくなりました。

高性能ハイモードアンテナ搭載

Wi-Fi TXビームフォーミング

Wi-Fi TXビームフォーミングとは、W06端末本体がスマホやPCの位置を検知して集中的にWiMAXの電波を送信する機能です。
これにより前機種W05より受信速度が20%アップしました。

Wi-Fi TXビームフォーミング

Wi-Fiビームフォーミングは、スマホ・PCなど受信する側もビームフォーミングに対応している機器でなければ意味がありません。
Wi-Fi規格は現在、2.4GHzと5GHzの2つの規格が主流となっていますが、Wi-Fiビームフォーミングは5GHzのみ対応しています。

iPhoneならiPhone6以降、サムスンならSCL22以降、SonyならSOV33以降、SharpならSHV32以降が5GHzに対応しています。

それ以外の機器であれば、Wi-Fi規格の表示に「IEEE802.11a」と記載されていれば5GHz規格です。

【Wi-Fi規格の表示例】

  • 2.4GHzのみ対応
  •   IEEE802.11b/g/n

  • 2.4GHz、5GHz両方対応
  •   IEEE802.11a/b/g/n/ac

WX05の繋がりやすさ

WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワーとは、自宅や地下街・ビルの中などの電波の届きにくい場所でWiMAXルーターの電波を送信する出力を上げる機能です。
これにより前機種までは繋がりにくかった場所でも、通信速度が20%改善されました。

この機能はエリア外で電波が届いていないような場所では使えません。

あくまでも「エリア内で電波もあるが、電波が弱い」場所で力を発揮する機能です。
自宅で電波が弱い部屋がある、のような場合に有効です。

クレードルアンテナ搭載

本体ではなく、クレードル(別売り)にWウイングアンテナが搭載されています。

このアンテナが非常に優秀で、クレードルに端末を設置して利用するとWi-Fiが繋がりやすくなるうえ通信速度が向上します。

税込み3,980円と値段が高めなのが少しネックですが、自宅で利用する機会が多い人は電波状況に合わせてクレードルを購入してもいいでしょう。

このクレードルがあれば有線接続もできます。やはりWi-Fiより有線接続の方が速度は向上しますし、通信も安定します。

ゲームにWiMAXを利用したい人には有線接続がおすすめです。

WX05クレードル

繋がりやすさまとめ

どちらも前機種より優れた機能が搭載され繋がりやすさにこだわった端末になりますが、有線接続したい場合はクレードルがあるWX05を選びましょう。

W06おすすめ機能

高速通信が嬉しいW06ですが、そのほかのおすすめ機能をみていきましょう。

ベストポジション機能

「HiLink」というアプリを利用し、まさにその名の通り電波状況のベストポジションを探します。

電波の強さが12段階で表示されますので、どこに端末を置けば通信速度が向上するかわかりやすい実用的な機能です。

電波は2秒おきに更新されていきます。

ベストポジション機能

通信モード自動切換え

ハイスピードプラスエリアモード使用時に7GB超過の速度制限を防ぐために、自動的にハイスピードモードに切り替えるよう設定できるので、7GBオーバーの速度制限を防げます。

WX05おすすめ機能

Wi-Fiビジュアルステータス

2.4GHzの周囲のWi-Fi使用状況を確認できます。

「1」「6」「11」の3つのチャネルのうち、一番空いているチャネルを選ぶこどにより、端末のパフィーマンスが向上します。

Wi-Fiビジュアルステータス

周囲のWi-Fi使用状況(2.4GHzのみ)をビジュアル的に表示するツールです。
画面タップで空いているチャネルに切替えることができるのでパフォーマンス向上が期待できます。

おまかせ一括設定

利用状況に合わせて設定をワンタップで変更できます。
その設定とは以下の通りです。

  • 通信速度を優先
  • 下り通信速度の理論値を440Mbps設定。ファイルのダウンロードなど大容量データ通信の設定。

  • スタンダード設定
  • 下り通信速度の理論値を220Mbps設定。外でも家でもバランス良く使える標準的な設定。

  • バッテリー持ちを優先
  • 下り通信速度の理論値を110Mbpsする設定。
    キャリアアグリゲーションオフ、電波送信出力などをコントロールする省電設定。

  • 一括設定しない(個別設定)
  • おまかせ一括設定を使用しない。(デフォルト設定)

ワンタイムHS+A機能

普段利用しているハイスピードエリアモードのWiMAX2+の電波が悪いときに、LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードに自動的に切り替わる機能です。

だたしハイスピードプラスエリアモードは月に7GBまでしか利用できませんので、よほど途切れたくない通信をしている場合のみ設定した方がいいでしょう。

W06・WX05サイズとデザイン

一度購入したら最低でも2年は持ち歩きたいWiMAX。サイズやデザインも気にしたいところですよね。
双方のサイズとデザインを見ていきましょう。

W06デザイン・サイズ

W06はブラックとホワイトで端末に丸みがあり、大人っぽく仕上がっています。
前機種W05がポップなカラーで角がある端末でしたので、ガラっとイメージが変わりました。

W06デザイン サイズ

WX05デザイン・サイズ

前機種WX04とデザイン的にあまり変わりがないように思えるWX05。
WX04のカラーはブルーとホワイトでしたが、今回はレッドとホワイトになりました。

WX05デザイン サイズ

WiMAXのプロバイダ選びは安さが決め手!

WiMAXにはUQをはじめ、数多くのプロバイダが存在します。

プロバイダによって月額料金に幅があるのがWiMAXの特徴です。

料金が高いプロバイダと安いプロバイダでは毎月600~800円程差があります。
料金が高すぎるのもイヤだけど、安すぎるのも心配・・・と考えますよね。

実はWiMAXは高いプロバイダも安いプロバイダも、同じ回線・同じ端末を使ったサービスになります。
料金によってサービスに差がでることはありません。

であれば、月額料金が安いプロバイダと契約するのが正解です!

今回は人気プロバイダ5社の月額料金を比較してみました。

深田恭子さんのCMでお馴染みのUQは月額料金がかなり高めに設定されています。
逆に一番安いのはBroad WiMAXです。

UQとBroad WiMAXとの月額料金の差は歴然です。

Broad WiMAXは業界最安級の月額料金でサービスを提供しているほか、独自のキャンペーンやサービスが多いため現在大変人気のあるプロバイダです。

Broad WiMAXはコチラ

Broad WiMAXの嬉しいキャンペーンやサービス

Broad WiMAXはキャンペーンや他社にないサービスを展開していますので紹介していきます。

「Web割キャンペーン」で初期費用0円

WebからBroad WiMAXに申込し、支払方法をクレジットカードにすると「Web割キャンペーン」が適用され初期費用18,857円が0円になります。

Web割キャンペーン申込はコチラから⇓
 
Broad WiMAX申込

端末料金0円

最新端末のW06など、すべての端末を無料で受け取ることができます。

他社違約金キャッシュバックあり

現在他社のWiMAXやWi-Fiサービスを使っていてBroad WiMAXに乗り換えたいという場合、最大19,000円(非課税)まで違約金を負担してくれます。
WiMAXの違約金は19,000円という契約が一般的なので、実質無料でBroad WiMAXへ乗換えできます。

実は、他社違約金キャッシュバックを行っているプロバイダはほとんどありません。

最短当日から利用できる店舗受け取りサービス

WiMAX業界では珍しく、配送だけでなく店舗受け取りサービスも実施しています。
現在は渋谷と秋葉原、大宮、梅田の4か所のみですが、すぐにでも使いたいというユーザーにはぴったりです。

ちなみに配送を選んだ場合でも、最短即日発送なのですぐに使えます。(当日発送は平日13時までの申込の場合)

いつでも解約サポート

Broad WiMAXには解約に伴うユニークなサービスがあります。
それが「いつでも解約サポート」というものです。
もしBroad WiMAXを契約したものの、「通信速度が遅い」「固定回線に乗り換えたい」「電波が悪い」などの問題が起きて他のサービスに乗り換えたくなった場合、違約金なしで他社に乗り換えることができます。これは通信業界初の試みです。

Broad WiMAXが紹介する以下のインターネット回線に申し込むことが条件になります。

乗換え先も豊富で大手が多いので安心ですよね。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi