閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Wi-Fiとは?初心者でもわかりやすい徹底マニュアル公開

Wi-Fiとは何でしょうか?インターネットが必須の時代になったからこそこの言葉も普及しているものの、Wi-Fiそのものが何なのか今更聞けないという方もいらっしゃるはずです。
インターネットの基礎だけでなく、導入方法やメリットデメリットも知ることで、普段何気なく使っているWi-Fiに関しての理解を深めていきましょう。

Wi-Fiとはどんなもの?

Wi-Fiとは、無線LANに関して商標登録されたアメリカのブランドです。
無線で各種電子機器を接続し、それをルーターと呼ばれるひとつの無線管理システムでまとめます。

無線LANとの違い

無線LANと同じではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、無線LAN(LAN=ローカルエリアネットワーク)とは、自宅にある各種電子機器の連携やネットワークを指します。
それを無線でつなぐのが無線LANです。この無線LANが商品化された当初は、各種電子機器が確実に無線LANに接続できるかどうか保証されていませんでした。そのため、電子機器を購入する際は無線LANに接続可能かどうか、その電子機器が対応しているかどうかを確認しなければなりませんでした。
Wi-Fiと呼ばれるアメリカの団体はこれを確実にするために無線LANに関する規格を設定し、無線LANへの持続性を保証しています。

有線LANとの違い

有線LANとは、前述の自宅にある電子機器をつなぐローカルエリアネットワークを優先で行う方法を指します。パソコンとプリンターをケーブルでつなぐ、インターネットのモデムとパソコンをケーブルでつなぐ、モニターと有線LANルーターをケーブルでつなぐなどが挙げられます。
インターネットを受信するモデムからすべての電子機器が有線で接続され、ケーブルが必要となるのが特徴です。無線で接続しないため、通信状態が常に安定しているのがメリットですが、ケーブルで接続できなければ何もできないというデメリットがあります。ケーブルが破損してしまっても接続することができず、
そもそも有線の接続端子を持たないスマートフォンやタブレットは、インターネットに接続することができません。

Wi-Fiを利用するメリット・デメリット

便利な事だらけのように見えるWi-Fiですが、Wi-Fiの特徴をさらに詳しく知ることでメリットやデメリットを正確に把握していきましょう。まずはメリットからご紹介します。

いろいろな機器と接続できる

無線LAN対応している電子機器であれば、種類や形状を問わずどんなものでも接続することが可能です。
最近ではカメラやプリンターも無線LANに対応しており、電子的なデータをやり取りする際に物理的に接続する必要がほとんどなくなりつつあります。インターネットの設定も非常に簡単に行うことができるため、どんな電子機器を導入したとしてもすぐにインターネットに接続することが可能です。
ケーブルで接続する必要がないために、ケーブルの掃除や交換、万が一の破損事故なども避けることが可能です。タブレットやスマートフォンを接続すれば、当然ケーブルが届かない範囲や寝転がったような姿勢でもインターネットを利用することができます。

スマホの料金が節約できる

無線LANに接続してインターネットを使用することで、スマートフォンの料金を節約することも可能です。モバイルデータ通信をオフにして家のインターネットを使用するならば、携帯電話回線を使用せずに通常のインターネットを利用することになります。
最近では電話回線ではなくLINEなどのインターネット電話で会話することが標準的な電話になりつつあります。インターネットさえあれば、携帯電話回線を使用せずに電話もメールも行うことができ、条件さえ許せば電話回線を使用するとも電話やメールを利用できます。Wi-Fi電波の届く範囲にいなければならないという制限はあるものの、使い方次第で電話料金の大幅な節約も可能です。

配線不要でスッキリ

Wi-Fiの最大のメリットがこれでしょう。ケーブルを使用せずにあらゆる電子機器をインターネットに接続することが可能であるため、物理的な限界が一切ないのが特徴です。
以前は、ケーブルで接続したデスクトップパソコンでなければインターネットを使用することができませんでした。インターネットカフェでは何十台ものデスクトップパソコンを用意し、全てがケーブルで接続されていました。しかし無線LANを導入することによって、ケーブルがなければインターネットができない、
ケーブルに接続されたパソコンでなければインターネットが使用できないといった限界を完全に無視できるというメリットがあります。

デメリットはあるの?

有線LANと比較した際に最大のデメリットとなるのは通信速度でしょう。無線で電波を飛ばす強さに法律的な規制があるため、現在のWi-Fi通信の最高速度は1Gbpsを超える程度です。
実際の通信時の速度としても200Mbpsと、USBメモリをパソコンに接続した際の通信速度が最高と言われています。有線であれば最大10Gbpsと、無線LANの理論上の最高速度の10倍を記録するため、
仮想通貨の管理や株式市場でのやり取りなど、できるだけ速い通信速度が必要となるケースでは無線LANは使用されていません。さらに、パスワードさえ分かれば誰でも接続できる無線LANは、セキュリティ面で有線より劣ることになります。

Wi-Fiでどんなことが利用できる?

このような特徴を持つWi-Fiはどんなことに利用できるのでしょうか?
利用されている様々な場面を知ることで、なぜWi-Fiがそれほど重要なのか、きっとお分かりいただけるでしょう。

インターネットに接続

インターネットに接続するには、モデムを通して家庭にインターネット回線を導入しなければなりません。
このモデムにWi-Fiに対応した無線LANを接続することで、ありとあらゆる電子機器がインターネットに接続できることになります。

画像や動画を共有できる

画像や動画の共有もWi-Fiがあれば非常に簡単になります。以前はメモリーカードを抜き差ししたり、USBメモリを利用して端末間でコピーしていたはずです。
しかし全てをWiFiで接続することで、端末間で無線LANを使用してコピーしたりオンライン上の共有スペースに接続することで、非常に簡単に共有することができるようになりました。
もはや物理的にコピーする必要はなく、全てはWi-Fiにより、各種電子データを端末間で自由にやり取りすることが可能です。

世界中の人とゲームを楽しめる

最近では、スマートフォンの普及によりネットワーク機能を搭載したアプリやゲームが非常に多くなりました。ゲームをするにも、一昔前と違ってオンライン機能でサーバーと接続し、世界中のプレーヤーと対戦したり協力してゲームを行えます。
Wi-fiがあれば、端末をインターネットに接続してオンラインゲームを楽しむことも非常に簡単です。複雑な機器やシステムは一切必要なく、アカウントを作って登録するだけで誰でも世界規模でゲームを楽しめます。

スマホやパソコンのデータを印刷できる

スマートフォンやパソコンから写真や文書等のドキュメントを印刷するのも非常に簡単です。
プリンターを有線でつなぐ必要はなく、Wi-Fiで繋がっている電子機器であれば、どんなものからでもプリンターにデータを送信して印刷することが可能です。スマートフォンで撮った写真をさっと印刷したり、複数のパソコンでデータをコピーすることなく一つのプリンターを共有できます。
最近ではWi-Fiに対応したカメラなども多数発売されており、もはやパソコンを介することなく写真を印刷することが可能です。有線であれば、接続し直さなければ違うパソコンを使用してプリンターで印刷することができませんでしたが、Wi-Fiを介したネットワークにより、プリンターの使用の仕方にも変化が及んでいます。

Wi-Fiの種類は?契約方法は?

このように便利なWi-Fiを家庭に導入するには、どのように契約すればいいのでしょうか?
Wi-Fiの種類や契約方法による違いなどを簡単にご紹介します。

モバイルwifiルーター

モバイルWi-Fiルーターは、持ち運びできる小型の端末を使用して、インターネット電波をどこでも受信する方法です。Wi-Fiを場所に縛られずに受信できるため、出先や車の中でインターネットを使用できます。インターネット導入のために工事する必要もなく、非常に簡単に自宅に導入できます。
後述する固定回線のインターネットに比べると料金も安く、利便性で他の追随を許しません。

デメリットとしては、スマートフォンのように通信速度や通信料に制限があるため、データのダウンロードやインターネットサービスを介した映画の試聴などには不向きです。電波状態が悪いところではインターネットにうまく接続できないことがあり、固定回線に比べて不安定になってしまうことがあります。
いずれにしても、インターネットを手軽に導入したい向きには非常に魅力的なのがモバイルWi-Fiルーターです。契約はインターネットから行うのがお得で、キャッシュバックや割引などの特典が多く見られます。

固定回線

固定回線は、有線LANを使用する際にも導入する方法で、自宅やオフィスなどにインターネットを受信する設備を物理的に設置します。そこからWi-Fiに対応したルーターを設置することで、一定のエリア内でWi-Fiを利用できる環境を設定します。安定した通信速度や電波障害などの影響を受けないことが魅力ですが、設置にあたってはインターネット業者や通信会社による工事が必要です。
インターネット回線を引っ張ってきたりアンテナを設置する工事に費用が発生するため、使用頻度が高い場合や導入の必要性が高い場合にはおすすめですが、利用料金の高さも合わさって、手軽にインターネットを導入できる方法ではありません。

公衆無線LAN

コンビニや駅、空港などでは、無料の無線LANが提供されるようになっています。
パスワードフリーで誰でも接続できる無線LANや、受付で申請することで無料でパスワードが提供される無線LANなど、利用料金が発生せずにインターネットを利用できる環境が広がっています。
自宅にインターネットを導入する必要がないため、気軽に行ける範囲に公衆無線LANがあり、インターネットを使用するのは時々でいいという方には、非常に便利でお得なサービスです。
しかし、誰でもインターネットに接続できるため、自分が利用している端末から個人情報が抜き取られたりウイルスが侵入したりする危険性があり、公衆無線LANを利用した個人情報を使用するやり取りは非常に危険です。動画の閲覧やちょっとした情報の検索程度に留める賢明でしょう。

まとめ

Wi-Fiは、インターネットを利用する際に欠かせない無線システムです。
ありとらゆる電子機器が対応するWi-Fiを使用することで、誰でも簡単にインターネットに接続することが出来る、インターネット普及を陰で支える立役者として世界中で利用されています。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi