閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Wi-Fiが繋がらない!考えられる原因と対処法

「家の wi-fi を使っていて、急に wi-fi が繋がらなくなった」
「問題なく使っていたパソコンやスマホが急に繋がらなくなった」

こんな経験はありませんか?

インターネットが急に使いづらくなるということはよくあります。その原因は様々ですが、意外とすぐには原因を究明できないものです。
あらかじめ知識を入れておくことでネット問題に素早く対処することが可能です。

この記事では wi-fi が繋がらない時に考えられる原因と対処法についてそれぞれ解説したいと思います。

接続している端末を確認する

wi-fi が繋がらない時は、プロバイダーやサーバーの問題だと思ってしまうかもしれませんが、実は家に設置されている端末が原因だったということは珍しくありません。
また接続している端末に問題が生じていることもあります。そのため外部の原因を追及する前に、まず接続しているパソコンやスマホの操作確認をするのがプロセスの第一歩です。

いくつかのチェックポイントと改善方法を紹介します。

ON/OFFボタンの確認

スマートフォンを例にしてみてみましょう。

まず設定画面を開いてWiFi設定を確認します。
「オンになっていると思ったら実はオフになっていた」ということがあるかもしれません。別の作業をしている時に、気づかないうちに画面をタップしてオフにしているということがありえます。

またスマホの機内モードのON/OFFをチェックする事も大切です。
機内モードになっていると Wi-Fi には繋がりません。どちらも wi-fi ボタンと同様にいつのまにかタップしてしまうということがあります。

他の原因としては省電力モードになってしまっていて、 Wi-Fi 機能がカットされているということがあり得るでしょう。省電力アプリなどを入れていて省電力モードになってしまうことも考えられます。

このように意外と wi-fiの機能がOFFになっていることがあるため、まずはここからチェックするのが基本です。

Wi-Fi設定を確認

WiFi の電源がオンになっていて問題ない場合は、SSIDやパスワードが合っているか確認してください。

SSIDとはルーターなどの識別名です。例えばELECOM製の無線ルーターを使っている場合は、「elecom~」という名前がスマホの Wi-Fi リストの一覧に出てくることがありますが、これがSSIDです。
複数の SSIDと接続した事があり、なおかつそのパスワードが保存されている場合、状況に合わせてスマホが自動的に接続を試みることがあります。

仮に家の中に複数の電波が飛んでいて、 WiMAX のSSID につながっているとしましょう。
もしその WiMAX の端末が誰かによって持ち出された場合、スマホの電波は家にある他の電波に自動的に繋がりますが、何らかの理由で電波を自動的にキャッチできず、スマホがその接続状態のままフリーズしていることがあります。この場合にも当然ネットはつながりません。

さらにパスワードが違えば当然ネットはつながりません。ワードの入力を間違えるということは、最初にそのルーターにつなげる時によく起こりますが、誰かがパスワードを変えてしまった時にも起こります。スマホにパスワードを再入力しない限りネットには繋がりません。

なおパスワードの設定をデフォルトのままにしておくとセキュリティ上の不安があるため、ルーター購入後は早いうちに複雑な文字列に変更しておくことをお勧めします。
また、パスワードを忘れてしまわないように安全な場所に書き留めておくと良いでしょう。

電波状況を確認

WiFiの電源がオンになっていてSSIDもパスワードも合っているという場合は、電波状況を確認してみましょう。
無線LANルーターの質にもよりますが、一般的にルーターとの距離があると電波が悪くなる場合があります。

例えば一階に無線LANルーターが設置されていて2階でスマホを使う場合、電波が悪くなる可能性があります。
そのような場合は無線LANルーターが設置してある場所に近づいてみましょう。仮にそれでネットが繋がるようになるとしたら、電波状況の問題だということが分かります。

スマホには扇形のwi-fiアイコンが表示されています。一番下に●があり、上に向かって3本曲線が出るのが一般的ですが、この曲線が全部出ていれば wi-fi の電波は強いですし、1本しか出ていなければ弱いということです。

再接続、再起動を試す

ここまでのポイントをチェックした上でも wi-fi がつながらない場合は、Wi-Fiへの接続を一度OFFにしてみたり、端末(パソコン・スマホ)の再起動を試してみてください。
何らかの問題によって一時的に端末側の機能が正常に作動していないことが考えられます。

まずはパソコンやスマホなどの端末のwi-fi機能のオンオフを試します。それでダメな場合は電源を落として再起動します。もし他の端末が正常に接続されている場合は、その端末が原因である可能性が高いです。

ルーター端末を確認する

端末が原因ではなさそうな場合は、ルーターの不具合を疑ってみましょう。
ルーターの機能をチェックする際のいくつかのポイントをご紹介します。

電源、ケーブルの確認

まず基本は電源がちゃんと入っているか、ケーブルが接続されているかというチェックです。掃除機などをかける時に意外とコンセントを抜いてしまっているということがあり得ます。
また同様の理由で LAN ケーブルなどが外れてしまっている可能性も否めません。電源が入っている場合は「Internet」や「PPP」などと書かれているランプが正常に点いているかを確認します。

ルーターの再起動

電源もケーブルも問題ない場合はルーターを再起動してみましょう。ルーターが何かしらの原因で誤作動している可能性も考えられます。
再起動して繋がるようであればルーターの問題だったということです。もしルーターとは別にモデムが設置されている場合は、モデムも再起動してみましょう。

なお電源を入れ直す時は、端末から見てより上部にある機器から入れ直してください。モデムとルーターだけの場合はモデムを先に入れます。
もし光回線でONUを使っている場合は、ONUの後にルーターを入れます。

初期化やファームウェアの更新

まだ問題が解決しない場合はルーターを初期化したり、ファームウェアを更新してみると良いです。
初期化するための手順を説明書を見て確認してください。
またファームウェアのアップデートが更新されていないかをチェックして、もし出ていたら試してみましょう。

そのほか考えられる原因

端末やルーターの設定がおかしいか、機能が一時的に異常な状態になっている場合は、ここで紹介しているような方法で直すことができるでしょう。しかしルーターそのものの特性や設置方法に問題がある場合も考えられます。チェックしておきたい他のポイントもご紹介します。

ルーターが旧機種のため

Wi-fiには2.4GHzと5GHzの周波数帯がありますが、中には旧機種は2.4GHz帯のみに対応しているものが多く、この場合はチャンネルが重なって繋がりにくくなることがあります。
もし両方の周波数帯に対応している場合は、切り替えて使ってみると良いでしょう。

ルーターには 対応周波数が記載されています。もし「11a」「11n」「11ac」と書かれている場合は5GHzの帯域に対応しています。

ルーターの設置場所

最後にルーターの設置場所に関してですが、基本的にルーターは見えやすく障害物のない場所に置くのが理想的です。隠すように置いたり、ルーターを覆うように何かかぶせていると繋がりにくくなる可能性があります。

部屋をスッキリさせるためにルーターを見にくい場所に置く方もいらっしゃると思いますが、接続を安定させるためには机の上や棚の上など分かりやすい場所に置くと良いでしょう。

 
いかがでしたでしょうか。
Wi-Fiが繋がらなくなってしまったときの対処法は、思った以上に複数項目の確認が必要だと感じられたのではないでしょうか。
繋がらないから故障したと決めつけるのではなく、自分でできる対処法を把握しておくことで、早期解決へと導けるのではないでしょうか。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi