閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの申し込みってネットと家電量販店どっちがお得?

WiMAXを利用したいけど、

「どこで申し込みすべきだろう」
「どんな方法ならおトクに利用できるのだろう」

と悩んでいませんか?

同じ端末でも契約方法や契約会社によって、料金に大きく差があります。ここではWiMAXの契約や購入の仕方を失敗しないための注意点についてまとめてみました。

WiMAXの申し込み方法は3つ

KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているWiMAXは、さまざまな提供会社により申し込みすることができます。それぞれの提供会社は、インターネットのホームページ上や、家電量販店、auショップなどの店頭での申し込みを受け付けています。
結論から言うと、家電量販店などの店頭販売よりもネットでキャンペーンを利用するほうが大幅に安く購入でき、サポートも期待できます。
では、3つのお申込方法の特徴を見てみましょう。

家電量販店で申し込む場合

ヤマダ電機・ビックカメラ・ヨドバシカメラなどの家電量販店で申し込みできる。
端末やプランの選択は販売員に相談しながら決めることができる。
書類に必要事項を記入し手続きが完了すれば、その場で端末が受け取れる。
不安なら端末設定なども教えてもらうことができる。

auショップで申し込む場合

KDDIグループである auショップでも申し込み可能。
家電量販店と同様に直接相談することができる。
端末を受け取り自宅で設定するか、ショップ店員に教えてもらうことができる。

インターネットで申し込む場合

UQ WiMAX公式ホームページ以外にも、GMOとくとくBB・Broad WiMAX・so-netなどさまざまなプロバイダ(販売代理店)のホームページで申し込みできる。
端末やプランを選び、購入時に必要な情報を入力するだけで手続きが完了する。
端末は手続き完了後に即日発送される場合や2~3日かかる場合もある。
Broad WiMAXなら、申し込み当日に店舗での受け取りも可能。

インターネットでの申し込みでは、わからないことがある場合は契約前に自分で調べておく必要がありますが、店舗がある家電量販店やauショップなら店員に聞くことができます。ただし店員の知識が低かったり、トラブルになったというような口コミを多く見かけます。
その点プロバイダは、直接聞くことはできなくてもチャットで何でも相談できたり、購入後のサポートがしっかりしているので安心して利用できます。

WiMAXを取り扱う会社は多く、どの会社で契約すべきか迷ってしまうことでしょう。WiMAXは契約する会社により大きな違いもありますが、基本的に販売している端末や通信速度、エリアについては違いがありません。
中には最新の端末を取り扱わないところもありますが、通信速度やエリアに関してはどこで申し込みをしても変わりありません。
その点、料金やサポートはそれぞれ大きく差が出るので、申し込み方法には十分注意し選択しましょう。

3つの申込みによるメリット・デメリット

それぞれの申込み方法の特徴はわかりましたが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
申し込み方法と合わせて、詳しく見ていきましょう。

家電量販店での申込方法とメリット・デメリット

では、家電量販店での申し込み方法とメリット・デメリットを見ていきましょう。
まずは申し込み方法です。

①端末・料金プランなどを決める(相談できる)
②必要書類に記入する
③端末受け取り(同時に接続設定を教えてもらえる)

【契約に必要なもの】印鑑・クレジットカード・本人確認書類

初めてWiMAXを申し込みする方は、相談しながら決めたり契約後も相談しやすいので安心です。

<メリット>
・申し込み前後でわからないことを販売員に聞くことができる
・申し込み当日に使うことができる

<デメリット>
・料金が割高(高額キャッシュバックを謳っているが、基本料金が高く、最終的に総支払額も高くなる)
・販売員の知識が低く、十分なサポートが受けられない

家電量販店での申し込みなら、わからないことがあったとしても契約前に販売員に相談することができるので、WiMAX初心者でも不安を感じることなく購入できます。その場ですぐに端末を受け取ることができて接続設定も手伝ってもらえますが、知識が乏しい販売員が多く、購入後のサポートもしっかり受けられない場合があるので、そのあたりは注意が必要です。

デメリットの中でもいちばん注意しておきたいのが料金。
家電量販店の広告などでよく見かける「最大50,000円割引」などは、一見お得に感じますが実際にはカラクリが隠されています。50,000円割引する代わりに月額料金に上乗せして、実際に支払う総額を上げています。
結果的にプロバイダで契約するより高くなってしまうので気をつけましょう。

auショップでの申込方法とメリット・デメリット

次に、auショップでの申し込み方法とメリット・デメリットを紹介します。

①端末・プランを相談しながら手続きを進める
②手続き後、端末を受け取る(接続設定を教えてもらうことができる)
【契約に必要なもの】印鑑・本人確認書類・口座情報(お届け印)またはクレジットカード

契約に必要なことなどの説明から決定まで、ショップ店員がサポートしてくれるので安心ですが、待ち時間が長く契約のために何時間も待たされる場合があります。

<メリット>
・申し込み前後でわからないことをショップ店員に聞くことができる
・申し込み当日に使うことができる

<デメリット>
・料金が高い(基本的に定額販売なので)
・待ち時間が長く、契約に時間がかかる

家電量販店同様、わからないことを契約前に相談することができるが、やはりauショップの販売員もあまり知識がなく期待できない。ただし契約後にすぐ持ち帰ることができるので、当日には利用することができます。
一番の心配は料金です。キャンペーンを実施している場合もありますが、基本的に定額販売なので料金が高くお得感はありません。

ネットでの申込方法とメリット・デメリット

最後にインターネットでの申し込み方法とメリット・デメリットです。

①端末・料金プラン・オプションなどを決める
②購入時に必要な情報を入力し申し込みする
③自宅に端末が届く
④接続設定をする

人件費がかからないため安く購入できるが、端末を受け取るまでに数日かかる場合がある。即日発送を行っているプロバイダもあり、Broad WiMAXなら申し込み当日に店舗で受け取ることもできる。

<メリット>
・料金が安い
・サポートがしっかりしている

<デメリット>
・申し込みから利用まで2~3日かかる
・直接、相談できない

端末やプランが決まれば契約情報を入力するだけなので、すぐに申し込みが完了します。端末を受け取るまでに多少日数が必要ですが、料金が安くいちばんおトクに利用できます。キャッシュバックや月額料金割引など多くのキャンペーンを実施しているため総支払額が安く、3年、4年と長く利用する度に安くなるプロバイダもあります。

契約前はわからないことを直接聞くことができませんが、プロバイダのホームページ上ではチャットで何でも相談できるため、とくに困ることはありません。さらに契約後のサポートもしっかりしているので、利用方法などわからないことは何でもたずねると良いでしょう。

意外と契約前より契約後のほうが知りたいことが増えるので、詳しく教えてくれるプロバイダが安心です。

3つの申込みによる大きな違い

それぞれの申込みによる、料金やサポートにはどれほどの違いがあるのでしょうか。
そして、どうしてこれほどの差がうまれるのでしょうか。

料金の違い

店頭販売でもネット販売でもそれぞれメリット、デメリットはありますが、その中でもいちばん気になるのは料金についてではないでしょうか。
それぞれのメリット、デメリットにも記載しているとおり、いちばん安く利用できるのはプロバイダ経由のネットで申込です。ネット申込を行っているプロバイダのほとんどは、キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを実施しています。

高額キャッシュバックや月額料金の大幅値下げを実施しているプロバイダに比べて、店頭販売での総支払額は大きく上回り、プロバイダ契約のほうが断然お得といえます。
家電量販店での販売は高額キャッシュバックと謳いながら、実際は月額料金に上乗せしているので結果として総支払額が高くなってしまいます。
auショップは、そもそも割引がなく定価販売が基本。店頭販売は、店舗の維持費や人件費もかかるため、大きな割引ができないのは仕方ないのかもしれません。

サポートの違い

一方、サポートについてはどうでしょうか。
サポートは契約前と契約後に違いがあります。まず契約前のサポートは、店頭販売をしている家電量販店やauショップでは、直接販売員の説明を受けることができるため初めてWiMAXを利用する方にとっては安心して契約できるでしょう。
その点、ネット販売については直接相談することができません。ただし、電話対応やホームページ上でチャットを利用して質問できるので活用すると良いでしょう。

そして契約後のサポートについては、家電量販店やauショップだと販売員によって説明や対応に差があるので注意が必要です。知識が十分でないスタッフも多く、トラブルの原因にもなりかねません。ネット販売については、基本的に問題なく電話やチャットでていねいに教えてくれるという印象です。

WiMAX契約を検討しているなら、料金はもちろんサポートについてもネット申込がオススメと言えるでしょう。

料金が安いネット申込みの気になる点とは

WiMAXの申込方法は想像以上に多く、自分にとってどんな申込方法がおトクで利用しやすいのかしっかり見極める必要があります。料金の割引、月額料金、総支払額などお金に関わることは必ず把握しておく必要があります。
料金以外にもサポート面や、端末を受け取るまでに必要な期間なども調べておきましょう。

何度も言いますが、料金についてはネット申込がおトク。安く利用できるのは明らかなので、とくに悩む必要はありません。
少し気になるのは、端末受け取りに日数がかかること。店頭申込なら契約後すぐに受け取り可能ですが、ネット申込は申込の翌日~1週間後に届くので、すぐに使いたいという方には店頭販売が向いています。
ただし、Broad WiMAXなら東京、大阪に店舗があり近くにお住まいの方はネットで契約して店頭で受け取ることもできます。
家電量販店やauショップなど店頭で契約となると、待ち時間が長く契約に時間がかかることもあるので当日受け取り可能だからといって、安易に契約すべきではありません。
自分にとって必要な点をしっかり押さえ利用しやすい申込方法を選びましょう。

おすすめはBroad WiMAX

ちなみに、料金やサポートなどさまざまなサービスを考慮した中、オススメしたいのはBroad WiMAX。
面倒な手続きがなく、シンプルに月額料金が安いため。店舗受け取りサービスや、8日以内に無償で契約キャンセルできるなどエリアが心配な方にも安心できるサービスが豊富です。
他社から乗り換えを考えている方には、Broad WiMAXが違約金を負担してくれる違約金保証サービスも魅力的ですね。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi