閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

モバイルWiFiを徹底比較。2019年いちばんのおすすめはコレ

モバイルwifi おすすめ

2019年現在、モバイルwifiは複数の会社が取り扱い、豊富に選ぶことがきできます。

しかし複数あるため、どの会社で購入すべきか迷っていませんか?
速度やエリア、料金など、使いやすい会社はどこなのか事前に確認が必要です。

ここではモバイルwifi選びを失敗しないように、最新のおすすめwifiルーターを紹介いたします。

モバイルwifiの種類は?おすすめはWiMAXで間違いなし

外出先に持っていく小型のルーター全般をモバイル WiFiルーターと呼称する場合、その通信方式は大きく分けてLTEと WiMAXとがあります。
LTE系のモバイル wifiとWiMAX系のモバイル WiFiにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、料金が安く、快適に利用できるのはWiMAXと言えます

モバイル WiFiのサービスを提供している会社としてはau、ドコモ、ソフトバンク、 WiMAX、Y!mobileなどがあります。
au とドコモとソフトバンクは日本のスマホの3大キャリアで、Y!mobileは SoftBank のサブブランドです。
WiMAX は au のグループ会社である UQコミュニケーションズが提供する通信方式です。
この通信方式を利用している本家のサービスが UQ WiMAXで、回線をレンタルしてWiMAXのサービスを提供しているプロバイダがいくつもあります。

ドコモとソフトバンクとY!mobileは、基本的にLTE系の通信方式を使っている。
細かい点を指摘した場合、ドコモのバックのNTTグループがUQ コミュニケーションズのシステムを利用したサービスを行っているなど補足がありますが、便宜的にドコモとソフトバンクとY!mobileはLTE系、WiMAXはLTEとは違う通信方式を使用している。

なおauはグループ会社のためWiMAX と提供しているサービスが基本的に同じです。
ただし、割引の違いはあります。

モバイルwifiの料金やエリア、速度の違いは?

モバイル wifiを使う場合に気になるポイントがいくつかあります。

まず料金は安いに越したことはありません。対応エリアも重要です。
どれだけ安くてもサービスが十分に使えなければ意味がありません。

また速度も大切です。安くてエリア対応していたとしても、ネット通信速度が非常に遅ければやはり意味がありません。
代表的なモバイル wifi を例に、これらのポイントを比較してみましょう。

モバイル wifiなら、WiMAXが一番安い

まず料金について、以下の料金表を見てみましょう。

 プラン月額料金
docomo5GBプラン5,000円 (ドコモユーザー割引あり)
au7GBプラン5,880円 (auユーザー割引あり)
softbank5GBプラン4,880円 (ソフトバンクユーザー割引あり)
uqwimax7GBプラン3,696円
ギガ放題プラン(無制限)4,380円

表を見ると、WiMAXと3大キャリアとでは大きく差があることがわかりました。
万単位の割引が行われるため、最終的な料金はWiMAXが安くなります

通信速度はドコモが速い?

続いて通信速度についても見てみましょう。

下り最大通信速度
docomo 788Mbps
au 558Mbps
softbank 612Mbps
uqwimax 558Mbps

純粋にこれらの数値を比較した場合、ドコモが一番早いのが分かります。
auや UQ WiMAXは最も遅い速度です。

しかしこれらの速度をそのまま真に受ける必要がありません。
実はこれらの速度は「最大ここまでの速度が出る」という指標に過ぎません。
常にこれらの速度が確保されているわけではないのです。

実際にホームページなどを見ると「ベストエフォート」という文字が注意書きに書かれていることが少なくありません。これは「最高の環境下での最大速度ですよ」という意味です。

つまり環境によってはどれも横並びになるか、むしろ低いと思っていたものが早かったという事がありえるわけです。
そのためUQ WiMAXも十分速い通信サービスを提供していると言えます。

かつてはインターネットの速度が12Mbpsなど2ケタ台でした。それでもある程度動画の視聴やWebページの閲覧がサクサク行えました。そのためこのレベルにおける速度差は、ほとんど気にならないと言えるでしょう。

通信量が無制限で利用できるのは?

速度制限についても見てましょう。

短期制限 月間制限
docomo なし 契約通信量を超えると128kbps
au 3日で10GBを超えると1Mbps
(夕方6時~2時まで)
7GBを超えると128kbps
softbank 3日で10GBを超えると128kbps 契約通信量を超えると128kbps
uqwimax 3日で10GBを超えると1Mbps
(夕方6時~2時まで)
7GBを超えると128kbps

ドコモには短期制限がありません。
そのほかについては、3日間で10GBを超えて利用した場合に制限されることがわかります。

月間制限についてはドコモも含め全てにあります。

128kpbsの速度では、テキストのみのメールや容量の少ないLineのやり取り、 Webページの閲覧などが可能です。
しかしYouTubeで動画を見るのは厳しいです。
とはいえ1Mbpsの速度制限についてはYouTubeの動画も標準画質でふつうに見られる範囲です。

そのため、あまり速度制限が気になり過ぎることはないでしょう。
また短期間でのデータの使いすぎに気をつける限り、1Mbpsの速度制限はありません。

モバイルwifi選びのポイントは3つ

モバイル wifiに関する基本的なポイントを復習しました。
ではどのようにモバイル wifiを選ぶと良いかを見てみましょう。

注目すべきポイントは使用場所のエリア環境と、月額料金の安さ、そして快適さです。

使用場所のエリア環境

まず使用場所のエリア環境を、よく考える必要があります。
いかに料金が安かったとしても、利用したい場所が対応エリアの外では意味がありません。
そのため、利用場所ができるだけエリアに対応しているかどうかを確認する事が大切です。

モバイル wifiのつながりやすさは、基地局の多さや電波の特性によってある程度変わってきます。
ドコモやauやソフトバンクの通信エリアは、WiMAXのサービスエリアよりも広いといえます。

WiMAXは、高周波の周波帯を使っています。
一方携帯電話のキャリアでは、低周波の周波帯を使っています。

高周波の周波帯は直進する特性があるため、山間部などでは電波が届きにくいというデメリットがあります。
一方低周波の電波帯は障害物を回り込みやすいため山間部や屋内に強いという特性があります。

とはいえ WiMAX の電波そのものが弱いわけではなく、場所によってまだ苦手なところがあるだけです。

またWiMAXの電波とauの電波の両方を使うという裏技もあるため、エリアに関してはさほど心配する必要はないでしょう。

ドコモのサービスエリア:https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/
ソフトバンクのサービスエリア:https://www.softbank.jp/mobile/network/
auのサービスエリア:https://www.au.com/mobile/area/
UQ WiMAXのサービスエリア:https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

月額料金の安さ

一番気になる月額料金についてですが、既に見たように月額料金に関してはWiMAXが低価格を実現しています。

WiMAXのサービスを提供しているプロバイダーはさまざまで、プロバイダーごとにキャンペーンなどが展開されています。
こうしたキャンペーンを使うことで実質月額料金を抑えることができるため、WiMAXはコストパフォーマンスが優れています。

快適さが重要

快適さについても WiMAXが良いと言えるでしょう。

大量のデータ通信をしたい方の場合、ドコモやソフトバンクのLTE通信では無制限プランがないため、物足りなさが感じられます。

その点WiMAXでは、無制限プランを利用する場合ほとんど速度制限がないため安心です。
時間帯によっては速度制限そのものがありません。
また使いすぎて速度制限をされたとしても、1Mbpsの低速通信でストレスなく利用できます

モバイルWiFi(WiMAX)の選び方

ここまでの情報を整理した場合、おすすめのモバイル wifiとしてWiMAXを考慮できるということがわかりました。

月々の料金が安く、快適に使えて速度も早いネット通信として、WiMAXはこれからも人気が高まるでしょう。
実際すでにWiMAXのユーザーは2000万人を超えています。

ではWiMAXを提供しているプロバイダを選ぶ際には、どんな点を意識したらよいか見てみましょう。

月額料金がいちばん重要

WiMAXサービスを提供しているプロバイダーはさまざまで、プロバイダーごとにキャンペーンなどが展開されています。
こうしたキャンペーンを使うことで実質月額料金を抑えることができるため、WiMAXはコストパフォーマンスが優れています。WiMAXプロバイダのサービスは多種多様なため、どのプロバイダを選べば良いのか迷うこともあるでしょう。

プロバイダの選び方の一つは月額料金の安さです。やはり安いに越したことはありません。
プロバイダは数万円のキャッシュバックを提供している場合もあれば、キャッシュバックなしで月額料金を抑える場合もあります。
月額料金で比較する際に重要なポイントは、直近の1年間だけではなく3年、4年単位で見ることです。
キャッシュバックも計算して3年間あるいは4年間の総支出を見た上で、他の分野と合わせて選択すべきです。

キャッシュバックは受け取りやすいか

WiMAXには、キャッシュバックを行っているプロバイダが多く存在します。
キャッシュバックは、お得感を感じやすいキャンペーンです。

しかし、キャッシュバックは必ずしも魅力的なキャンペーンとは限りません。
キャッシュバック受け取るには、以下のようなデメリットがあります。

・使う端末によってもらえる金額が違う
・受け取れる時期が契約から1年後
・キャッシュバックの案内が、メールで送られるため見逃しやすい
・口座登録期間が1ヶ月しかない

実際に、「キャッシュバックを受け取れなかった」という口コミも多くみられます。
そのためキャッシュバック特典ではなく、「初期費用の大幅割引」「低価格の月額費用」などの特典を望む方が増えています。

端末受取りまでの期間

端末の受け取りまでのスピードも重要なポイントです。
せっかく月額料金が安いのに、端末がなかなか届かないとストレスを感じてしまいます。
申し込みからどれぐらいの期間で端末を手に入れられるのか、という点も考慮しましょう。

Broad WiMAXなら、店舗で受け取ることが出来たり、即日発送してくれるので安心です

サポート体制の充実

サポート体制もある程度重要です。
端末が壊れてしまった時の対応や、設定の方法がわからない時のサポートなどがあると、快適にWiMAXを利用できます。
解約の際にも、サポートセンターと容易にコミュニケーションを図れるかという点が大切になるでしょう。
あまり気にしないことかもしれませんが、大事なポイントです。

またオプションサービスなどが設定されているかという点も大切です。
オプションサービスによって機能を充実させることができるため、プロバイダー選びの基準とすると良いでしょう。

おすすめのモバイルWiFi(WiMAX)プロバイダはBroad WiMAX

以上のことを考えた上でおすすめのモバイル wifiは、WiMAXと言えるでしょう。
WiMAXのサービスの中でもおすすめのプロバイダが、BroadWiMAX です。

BroadWiMAXには現在キャッシュバックキャンペーンはありません。
しかしシンプルに月額料金が安いです。
業界最安級で、月額2726円から利用可能です。

その他、端末代金が無料、豊富なオプションサービスがあることも評価できます。

 

【Broad WiMAXのオプションサービス】

 月額料金サービス内容
安心サポートプラス500円端末が故障した場合も無料で修理可能
マイブロードサポート907円(最大2ヶ月無料)設定や困りごとを電話や遠隔操作で365日相談可能
モバレコポイントクラブ400円(最大2ヶ月無料)優待サービスWELBOXとポイント会員サービスを提供している

オペレーターに電話相談可能、英語対応のコールセンターを設けるなど、電話での対応も充実しています。

さらに他社WiMAXからの乗り換え時の違約金負担や、 端末の受け取りがスムーズであることなど、サポート体制が充実しています。

長期的な使用を考えた上で、Broad WiMAXは有力なモバイルwifiであるといえます。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi