閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXは料金面でもお得!できるだけ安く利用するには?

WiMAXは、高速通信が特徴でありストレスなくインターネットを利用したい場合に最適なサービスを提供しています。
モバイルルーターは持ち運び可能など、さまざまなメリットがあります。

プランによっては無制限で利用できたり、広いエリアに対応していたりと、ビジネスや、プライベートを問わず活用できる点が魅力です。
しかし、料金面で考えた場合のコストパフォーマンスはどうなのでしょうか。
WiMAXの料金やお得な理由、安く利用する方法を紹介します。

WiMAXが通信サービスの中でお得と言われる理由は?

WiMAX通信までの工事を行う準備の時間や、実際に使用した際の通信速度や月額料金といった点から比較してみると、WiMAXがお得であることがわかります。
WiMAXの通信サービスは、固定回線やPocket WiFiと比較してどれほどお得なのでしょうか。具体的な数字で見ていきましょう。

固定回線と比較した場合

WiMAXはコンパクトな端末を持ち歩くことで、屋外でも快適にインターネットを利用できます。
従来の固定回線が屋内でしか使用できないのに対して、いつでもインターネットにアクセスできるようになるのです。
無制限プランのWiMAX端末を持つことで、月々のインターネット通信容量を気にしないで利用できます。

また、WiMAXは一切の工事が不要です。
そのため、回線工事の立ち合い時間や、家の壁に穴や傷をつけることなく端末が届いてからすぐにインターネットを利用可能です。
ホームルーターを使用した場合でもコードは1本であるため、家の中の配線を増やさず掃除やインテリアの邪魔にならない点もメリットでしょう。

固定回線の月額料金が4,000~6,000円かかるのに対し、WiMAXのプロバイダ契約は3,000円前後で利用できます。
WiMAXは他社と比較しても業界最安級の月額料金です。

また、他社では通信制限を設けているケースが多く、制限を解除するために追加料金が必要という場合もあります。
一方、WiMAXは定額プランとなっているため、プランによって通信制限はあるものの追加料金を支払う必要はなく、安心して利用できる点も特徴です。

Pocket WiFiと比較した場合

通信速度はインターネットを利用する環境やエリアによって変わるため、比較した際にどちらがよいと一概にはいえないでしょう。
しかし、Pocket WiFiとWiMAXを月額料金で比較すると、Pocket WiFiの通信無制限プランは月額4,000円以上であるの対し、WiMAXは3,000円前後で利用できます。

そのため、WiMAXを利用したほうが月々1,000円以上、年間で1万円以上もお得になるのです。
また、Pocket WiFiはサービスを提供する会社によって無制限プランがないというデメリットがあります。
一定以上の通信容量を利用すると通信制限がかかり、そのあとは非常に利用しづらい環境になるのです。
WiMAXは通信無制限プランがあるため、通信制限によるインターネット環境の変化に対する不安がありません。

その他のメリット

WiMAXを利用するメリットは、主に3つあります。

1つ目・・・室内はもちろん屋外の地下鉄や地下街、空港など室内、屋内を問わず通信サービスを利用できるという点です。地下鉄や鉄道、空港などの交通機関と協力し合い、サービスエリアを拡大していることによって実現されています。

2つ目・・・スマートフォンや携帯電話よりも早い通信速度でインターネットが利用できるという点です。動画閲覧やアプリのダウンロードもスムーズに行うことができるため、読み込みが遅いといったストレスなくインターネットを利用できるでしょう。

3つ目・・・WiMAXは端末を利用してインターネットに接続するため、設置工事などは不要なことです。そのため、端末が届いた日からインターネットを利用できます。このように、料金以外にもさまざまなメリットがあるのです。

WiMAXの契約から解約までにかかる料金は?

場所を問わず、快適なインターネット環境を利用できるWiMAXですが、トータルで支払う料金はいくらなのでしょうか。
WiMAXを契約した際の、利用期間中から解約までにかかる料金について紹介します。

契約時にかかる料金

WiMAXを契約した際に支払う料金は、事務手数料が3,000円、月の途中での契約した場合には基本使用料日割り額、機器代金の合計金額です。
まとめてプランに加入した場合はプラン月額料、有料のオプションを利用する場合には各オプション料がかかります。

契約事務手数料

プロバイダと契約する場合、どこを選択して「事務手数料」がかかる点に注意が必要です。
名称はプロバイダごとに異なり、「事務手数料」以外にも「登録料」や「初期費用」などの名目で支払いが発生します。
契約する際には、基本的に3,000円という費用がかかることに変わりはありません。

事務手数料3,000円分は契約時に支払うのではなく、最初に支払う月の基本使用料やプランの月額料金、各オプションの代金と同時に支払う必要があります。
WiMAXを契約する際にも、初月に事務手数料3,000円が上乗せされた料金が請求されることになるのです。

ルーターの端末料金

ルーターの端末料金は、通常約2万円かかります。
しかし、端末代金は割引やキャンペーンの対象となるケースが多く、安く購入できるケースも多い傾向です。

キャンペーンを利用することで、最新の端末料金が無料になることもあります。
最新機種を無料というキャンペーンは、「WiMAXの新機種に乗り換えたい人」「新しく購入する人」にとってデメリットとなることはありません。
顧客獲得につながるため、キャンペーンとして提供するケースが多いのです。
また、最新機種が発売されると1つ前の型については値下がりをするケースが多く、古い機種であれば低価格で購入できることもあります。
端末代金を安く抑えたい場合には、機種代金を対象としたキャンペーンをチェックしましょう。

プランごとの月額料金

WiMAXには通常プランとギガ放題プランがあります。通常プランとはデータ容量が設けられているプラン、ギガ放題プランとは通信制限がない料金プランです。WiMAXでは、93%の割合でギガ放題プランが選ばれています。

通常プラン

WiMAXの通常プランとは、データ容量の上限が7GBのプランです。
7GBを超えると通信速度が128kbpsまで制限されます。
そのため、7GBを超えて使用すると動画閲覧やインターネットやアプリを使用する際の動作が遅くなるなど、インターネット環境が快適であるとはいえない状態となるのです。

ただし、月額料金はギガ放題プランよりも安く、3,000円前後で利用することができます。
2年以上継続して契約すると、25カ月目以降は月額料金が500円前後高くなる場合もあるため注意が必要です。
ただ、25カ月目以降の料金が高くなるかどうかは、プロバイダによって異なります。

ギガ放題プラン

WiMAXのギガ放題プランは、通信制限がないとして多くの利用者が選択しているプランです。
月の通信容量に制限はなく、3日間で10GBを超えた場合にのみ速度制限がかかります。

しかし、制限された場合でも動画を視聴するのに支障がない程度です。
3日間で10GBを超えた場合の速度制限は、翌日18時ごろから翌々日2時ごろまでと、超えた日の翌日に一定の時間帯だけ制限されます。
プロバイダによっては制限する時間帯は多少前後する場合があるものの、時間帯が決まっているため、インターネットの利用スケジュールを立てやすい点が魅力です。

月額料金はプロバイダによって異なり、月々3,000~4,000円台が多くなります。
契約から3カ月は通常プランと同じ料金で利用できるケースが多いという点も、最初にギガ放題を選択する人が多い理由でしょう。

プラン変更にかかる料金

ギガ放題プランと通常プランは、ライフスタイルに合わせていつでも変更可能です。
料金プランを変更する場合、契約解除料や変更手数料などはかかりません。プランの変更は可能ですが、契約期間の変更はできるプロバイダとできないプロバイダがある点に注意が必要です。

契約期間の変更ができるプロバイダであっても、契約期間を短くする場合には契約解除料や解約料など料金の支払いが発生するケースがあります。利用期間もリセットされ1カ月目からのスタートになることがあるため、プランや契約期間変更に関する規約は契約前に確認しておきましょう。

オプションサービスにかかる料金

WiMAXには、月額料金とは別にオプション料金を支払うことによって受けられるサービスがあります。
別売りの付属品であるクレードルやバッテリーなどは、オプション料金と代金を支払うシステムです。

別売り付属品料金

端末料金には、クレードルやACアダプタ、モバイルバッテリー代は含まれていません。そのため、初回のみ別途付属品の購入代金がかかります。
クレードルは2,000~4,000円、ACアダプタは約1,800円、モバイルバッテリーは約3,000円です。

クレードルとは、WiMAX端末をセットして充電したり、有線LANケーブルをつなげたりという形で利用するための付属品となります。
自宅でモバイルルーターを利用する予定がある場合には、クレードルにセットすることでホームルーターにも似た形で活用できるのです。すべて買いそろえた場合でも1万円以内ですが、予算に加えることを忘れないようにしましょう。

サポート料金

プロバイダによって、サービス内容や料金が異なります。たとえば、Broad WiMAXであれば、修理や遠隔操作などのサポートがあることが特徴です。
月額550円で、端末が故障した場合に無料で修理をしてもらえるサービス、月額980円でトラブル時に電話や遠隔操作でサポートしてくれるサービスになります。
「My Broadサポート」として3つのサポートがセットになったサービスもあるため用途にあわせて加えましょう。

1つ目・・・WiMAXに関する内容からパソコンやスマートフォンなどの電子機器について、年中無休で遠隔操作サポートをしてくれる「PCプレミアムサポート」です。

2つ目・・・1GB容量のメールサービス「Broadメール」

3つ目・・・セキュリティ対策ソフト「KINGSOFT Internet Security」もあります。

プロバイダ契約時にはサポートを追加することで、より安心・快適にWiMAXを利用できるでしょう。

解約にかかる料金

WiMAXは、解約月以外に解約すると違約金が発生します。
2年契約、3年契約と期間が定められているため、契約した月から丸2年、3年の区切り以外に解約をする場合、違約金を支払わなくてはなりません。

12カ月以内・・・1万9,000円
13~24カ月以内・・・1万4,000円
26カ月目以降・・・9,500円

プロバイダによっては違約金が高額になることもあるため注意が必要です。
どのプロバイダでも更新月は無料になるため、タイミングをあわせて解約することをおすすめします。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは別料金がかかる!

WiMAXには、料金プランのほかにハイスピードプラスエリアモードという別料金のサービスがあります。
インターネットを利用する環境によっては必要となるサービスです。
ハイスピードモードのサービス内容と、使用料金を見ていきましょう。

ハイスピードプラスエリアモードとは

WiMAXでは、通常WiMAX2+回線を利用して通信サービスを提供しています。
通常プランやギガ放題などの料金プランではWiMAX2+回線のみを利用していますが、WiMAX2+のエリア外ではインターネットの利用ができないということです。

そこで、回線の異なるau 4G LTE回線を利用することでインターネット通信が可能になります。
このau 4G LTE回線を利用するためのサービスが「ハイスピードプラスエリアモード」であり、WiMAX+回線と切り替えを行うことで通信が可能です。
ただし、ハイスピードプラスエリアモードには7GBの上限があるため、通信制限がかからないように注意が必要しましょう。
ハイスピードプラスエリアモードについては、ギガ放題プランであっても7GBまでになります。

ハイスピードプラスエリアモードの使用料金

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは自由に切り替えることができますが、1回でも切り替えると月額料金に別途1,005円の料金が上乗せされます。
切り替えごとに料金が発生するわけではないため、1回使用したあとは料金の心配をせずに利用可能です。
支払いはハイスピードプラスエリアモードを利用した月のみ料金が発生しますが、プロバイダによっては無料となるケースもあります。

契約プランや、3年契約を選択した場合には料金が無料になるケースが多い傾向です。そのため、エリア外にいく機会が多い場合には、ハイスピードプラスエリアモードが無料のプロバイダ、プランを重視して選びましょう。

契約時に確認しよう!WiMAXの料金に関する注意点

WiMAXは月額料金のほかにも、初期費用やオプションなどの支払いが発生する場合もあります。
月額料金だけではなく、別途必要となる料金についても確認が必要です。
実際に支払う可能性がある料金と、支払うタイミングを見ていきましょう。

料金が発生するタイミング

WiMAXを利用するために必要な料金は、いつ支払うのでしょうか。
それぞれのサービスに必要な料金を支払うタイミングは、サービスごとに異なります。

初期費用の支払い

初期費用に含まれる内容は、事務手数料3,000円やWiMAX端末代、端末付属品などであり、契約時に料金を支払わなければなりません。
端末代は無料になったり、割引になったりするケースも多く、付属品に関してはクレードルが不要などプロバイダや使用方法によって異なります。

初期費用の支払いについては契約時ではなく、月額料金の初回支払時です。初回の支払金額の合計は、月額料金に事務手数料、端末代などを含めて1万円以上と見積もっておきましょう。

月額料金の支払い

月額料金はサービス開始日を含む月の翌月から発生しますが、月の途中でWiMAXを契約した場合にも残り日数を日割り計算し、翌月の請求金額に合算して請求されます。
月額料金は毎月1日から末日までの料金を翌月に請求されるケースが一般的ですが、ギガ放題の月額料金はプロバイダによって異なるためチェックしましょう。

最初は通常プランと同じ金額になるというキャンペーンがあり、数カ月後からギガ放題の金額になるケースも多いです。
お得な料金で通信無制限プランを利用できるため、ギガ放題を検討している場合には同額キャンペーンを行っているプロバイダを探すとよいでしょう。
キャンペーンはプロバイダによって異なり、なかには7GBプランよりもギガ放題のほうが安いというプロバイダもあります。

ハイスピードプラスエリアモード料金の支払い

ハイスピードプラスエリアモードを使用した場合、使用した月のみ別途 1,005 円のオプション料金が発生するケースが多い傾向です。
料金が発生した月ではなく、翌月の月額料金に加算される形で支払います。

1,005円は定額となっており、日割り計算ではありません。そのため、月の最終日に切り替えた場合も1,005円の料金が発生します。ただし、プロバイダの料金プランによっては無料の場合もあるのです。
頻繁に利用するという人は、月額料金よりもハイスピードプラスエリアモードの料金を重視しましょう。

料金確認方法

各プロバイダの公式サイトから「マイページ」や「お客様ページ」といった利用者専用ページへログインすると、WiMAX利用料の確認が可能です。
パスワードやIDが必須となるため、登録時に控えておきましょう。

毎月、登録したメールアドレス宛に利用金額に関するお知らせメールが届くため、サイトにログインせずメールでも手軽に確認が可能です。
UQコミュニケーションズ公式サイトの場合は、利用料の内訳として基本使用料やパケット通信料なども表示しています。
プロバイダによって料金確認ページの表示内容は異なりますが、基本的にはwebで閲覧可能です。

料金支払い方法

WiMAX月額料金の支払い方法は、プロバイダによって異なります。
年齢確認を行いやすく、支払いに関する手続きもスムーズなクレジットカードのみとしているところが多い傾向です。
プロバイダによっては、クレジットカードと口座振替から選ぶこともできます。
クレジットカードで支払うことに抵抗があったり、口座振替にしたかったりする人は、支払い方法を選べるプロバイダを利用しましょう。

料金プランの変更

WiMAXの料金プラン変更は、各プロバイダの公式サイトから行うことができます。
まずは、プロバイダ公式サイトの利用者専用ページにログインし、契約内容を確認したら契約変更画面から変更手続きを進めます。
締め切り日までに手続きを終えると翌月から変更となりますが、締め切り日以降に手続きした場合は翌々月からの変更となるため注意が必要です。
料金プランの変更手数料は発生しないケースが多いものの、各料金プランに設定されている契約解除料が発生する場合があります。
金額や発生の有無はプロバイダによって異なるため、変更前に必ず手数料を確認しましょう。

WiMAXを2台持ちすることはできる?気になる料金は?

モバイルルーターやホームルーターを提供しているWiMAXは、1台だけではなく2台持つこともおすすめです。
端末を複数持つことによって、さらに便利にインターネットを利用できます。

メリットや料金システムをチェックし、2台持ちも検討しましょう。

2台持ちのメリット

2台持つことで、自宅用と外出用で使い分けることができます。
1人が外出しても、自宅に残った人はインターネットを利用することも可能です。
単身世帯でも、ホームルーターとモバイルルーターを使い分けることで自宅では高速通信を、外出先ではモバイルルーターで場所を選ばずインターネットを利用できます。

また、家族全員でモバイルルーターを持つこともおすすめです。
このように複数の端末を所持して使い分けることで、インターネットを活用する幅が広がります。

WiMAX2台目の料金

WiMAX2+では2台目以降も新規契約で申し込む方法のみとなります。
少しでもお得に申し込むのであれば、キャンペーンを展開しているプロバイダを選ぶこと必要です。
おすすめのプロバイダBroad WiMAXは、1台利用している場合、2台目を契約すると初期費用10,000円割引になります。
1台目もBroad WiMAXで契約する必要がある点に注意しましょう。
2台以上契約をすることが考えられる場合には、1台目からBroad WiMAXを選択することがおすすめです。

WiMAXをレンタルするときにかかる料金は?

WiMAXは、契約ではなくレンタルサービスも行っています。
プロバイダと契約をせずに、出張や旅行の際など、数日間使用する場合に便利なサービスです。
WiMAXのレンタル料金やサービスの内容について確認し、活用してみましょう。

WiMAXのレンタルとは

WiMAXのレンタルサービスでは、プロバイダに申し込むのではなくレンタル業者に申し込みをします。
出張や旅行、入院など、決まった期間内のみ自宅や社内以外でインターネットを利用したい場合に便利なサービスです。
WiMAXをレンタルできる期間は1泊2日以上となっており、期間は自由に決めることが可能です。
ただし、WiMAXは国内のみで利用できるサービスであり、海外では利用できない点に注意しましょう。

レンタル料金

WiMAXのレンタル料金は業者によって異なり、1泊なら1,000円前後、1~3カ月など長期のレンタルの場合はパック料金もあります。
料金の安さを重視してしまうと旧端末しかレンタルできないこともあり、通信速度が遅いなどインターネットを快適に利用できない場合があるため注意が必要です。
料金だけでなく、レンタルできる端末の種類も確認してレンタル業者を決める必要があります。

1泊2日以上でレンタル可能としている業者が多いものの、業者により最短日数は異なり、1日だけでもレンタル可能な場合もあるのです。
端末、料金、レンタル可能日数を比較して業者を選びましょう。

レンタルの注意点

1日~数カ月間という短期間のみWiMAXを利用したい人には、レンタルがおすすめです。
しかし、長期間利用する場合は契約、購入したほうがお得になります。WiMAXの通信無制限プランは、月額料金2,000~3,000円台であり、1泊1,000円前後のレンタルを続けるよりもお得です。

また、業者や扱う端末によってはハイスピードプラスエリアモードが使えないこともあり、WiMAXのサービスエリア外でインターネットを利用できないケースもあります。

WiMAXをとにかく安い料金で契約する方法!プロバイダの選び方

契約する際には、WiMAXの料金に適応されるキャンペーンの有無や、月額料金の安さなどからプロバイダを比較します。
最も安い料金で契約するための、プロバイダの選び方について紹介します。

キャッシュバックがあるか

新規でWiMAXを契約するのであれば、キャッシュバックキャンペーンを利用できるかという点も重要になります。
キャッシュバックされる金額は、プロバイダや時期によって大きく異なるため、契約時に行われているキャンペーンを確認することが大切です。
お得な料金で契約をするためにもキャッシュバックキャンペーンは魅力的ですが、手続きが面倒なことが多い点がデメリットでもあります。

キャッシュバックを受けるまでの流れを必ず確認しましょう。

「手続きが必要であることを知らなかった」
「適応される時期を間違えて解約してしまった」
など、キャッシュバックを受けることができないというケースもあるのです。

月額料金が安いか

キャッシュバックの金額が大きいプロバイダは、WiMAXの月額料金が高くなる傾向があります。
キャッシュバック金額が大きいため、当然のことではあるものの、トータルで支払う金額がお得なプロバイダを見極める必要があるでしょう。
キャンペーンや月額料金などをふまえ、最も安いのはBroad WiMAXとなります。

通信無制限のギガ放題月額最安プラン
初期費用・・・1万8,857円
契約1~2カ月目・・・2,726円
3~24カ月目・・・3,411円
25カ月目以降・・・4,011円

ベーシックプランは月額900円が加算されますが、初期費用が0円となります。

つまり、2年以上利用するのであれば、初期費用を支払う通信無制限のギガ放題がおすすめです。

初期費用が安いか

初期費用は2万円ほどとなります。一般的に高いため、WiMAXの無料キャンペーンを利用することがおすすめです。
初期費用無料のキャンペーンを利用することで、「初期費用」に含まれる事務手数料や端末料金も無料になります。
プロバイダによってキャンペーンの内容や期間は異なるため、確認が必要です。

初期費用にはクレードルや充電器などの付属品代も含まれています。そのため、初期費用無料というキャンペーンによって、どの程度お得な料金で契約できるのかを計算しましょう。

おすすめのプロバイダは月額料金が安いBroad WiMAX!

お得な料金でWiMAXを契約する場合、プロバイダ選択が非常に重要になります。
キャンペーンや月額料金は「プロバイダ」「時期」によって異なりますが、最もおすすめのプロバイダがBroad WiMAXです。
料金の面で、どのような点がおすすめのポイントになるのかを紹介します。

月額料金が安い

料金で選ぶのであれば、月額料金が安いBroad WiMAXがおすすめです。

月額料金(ギガ放題プラン)
1~2カ月目・・・2,726円
3カ月目以降・・・3,411円

ほかのプロバイダは同期間で3,600~4,300円が相場であり、比較をするとBroad WiMAXはお得な料金設定です。
月額料金は2~3年のあいだ毎月払い続けるため、事務手数料割引やオプション料金の割引よりも重要であるといえるでしょう。

乗り換えキャンペーンで違約金を負担してくれる

ほかのプロバイダから乗り換える場合、解約時に違約金がかかるケースがあります。
違約金で損をするという点で、解約や乗り換えをためらう人も多いのではないでしょうか。

Broad WiMAXでは、適用条件を満たすことで違約金を負担してもらえるキャンペーンを行っています。
そのため、経済的な負担を減らして乗り換えることができるのです。
上限は1万9,000円まで、インターネット解約に必要な手数料の負担分が対象になります。

事務手数料や初期費用、工事費用は負担してもらえません。
手続きの際には、内容確認のため契約書の提出も必要です。
書類を準備したうえで、違約金負担キャンペーンの手続きを行いましょう。

初期費用がかからない

キャンペーン中は、WiMAXの契約に必要な初期費用1万8857円が無料になります。

初期費用無料の適応条件
「Web申込」
「キャンペーン対象端末」
「キャンペーン対象プラン」
「クレジットカード払い」
「指定オプション加入」

電話での申し込みは適応されないため、契約前にオペレーターに質問をしたい場合であっても、契約自体はWebから行いましょう。
キャンペーン対象プランはギガ放題プランのみであり、ほかの料金プランでは適応されません。
端末安心サポート月額300円とMy Broadサポート月額907円のオプション加入も必須ですが、端末が届いたあとに電話で解約することも可能です。
対称端末はホームルーターのL01s、モバイルルーターWX04、最新機種のW05の端末料金も無料となります。

LTEオプションがかからない

Broad WiMAXの契約期間は、ギガ放題、通常プランともにLTEエリア利用時のオプション「ハイスピードプラスエリアモード」の料金が無料です。
WiMAX2+回線の電波が届きにくいエリアでも、回線を切り替えることによってインターネット環境を手に入れることができるサービスになります。「出張で地方エリアを移動する人」「職場や自宅に電波が届きにくいという人」にとって必要なオプションです。

通常の追加料金は固定1,005円ですが、Broad WiMAXでは追加料金を払わずにハイスピードプラスエリアモードを利用することができます。オプションで利用を検討していた場合、無料になれば、さらに月額料金を抑えることができるでしょう。

支払方法が選べる

Broad WiMAXでは、支払い方法をクレジットカードと口座振替から選ぶことが可能です。
「クレジットカードを持っていない人」「支払いを口座振替にしたい人」でも契約できます。

クレジットカードの場合、Web申し込みを行う際に入力するだけで手続きが完了するため、非常にスムーズに契約が完了する点がメリットです。

口座振替でもWeb申し込みを行うことはできますが、インターネット上のみで申し込みを完了させることはできません。
本人確認書類の写真撮影と送信、口座の登録を行います。
口座の登録は、Web口座登録またはライフカードの口座振替依頼書で登録が必要です。

多くのプロバイダではクレジットカード払いのみとなるため、支払い方法を重視したい人にはBroad WiMAXを選ぶポイントになるでしょう。

確実に安く利用できる

キャッシュバックの金額が高いプロバイダは、一見お得に契約できそうであると感じるでしょう。
しかし、キャッシュバックを受け取るまでにある程度の期間が必要であり、万が一期間内に解約をした場合にはキャッシュバックを受けられないこともあります。

また、キャッシュバックを受け取るためには口座の登録など面倒な手続きが必要です。
メールでの通知を見逃してしまったり、手続きを忘れたりとキャッシュバックは受け取れなくなります。

Broad WiMAXの場合は月額料金が安いため、キャッシュバックの金額を計算しなくとも確実に安く利用できるのです。
面倒な手続きや、キャッシュバックを受け取れなかった場合に損をすることもなく、安心して利用できます。

WiMAXは料金と性能を考えるとコスパがいい!

WiMAXは料金、通信速度、利便性で考えると、非常にお得なサービスです。
高速通信によって、サイトの表示速度の低下、データのアップロードができないなど、インターネット環境に対するストレスは軽減されます。

複数のプロバイダが扱うWiMAXは、Broad WiMAXで契約することがおすすめです。
違約金負担などのキャンペーンもあり、新規、乗り換えともにお得な料金で契約することができます。
最も重要な点は月額料金が安いということであり、Broad WiMAXは最もお得にWiMAXを利用できるプロバイダであるといえるでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi