閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXを格安SIMで使える!?お得にネットを利用する方法とは?

格安SIMでスマホを安く利用する人が増えてきましたが、同じようにWiMAXもより安く使えないかと考えたことはありませんか。

WiMAXとは、お得な料金でモバイルインターネットが楽しめる移動体通信回線のひとつです。WiMAXのルーターを持っているけれど今は使っていないという人や、WiMAXをこれから始めようと考えている人に、WiMAXルーターを格安SIMに入れ替えて使う方法や通信速度などについて紹介します。

WiMAXを格安SIMで使うためには

格安SIMとは、大手キャリアから携帯電話回線などを借り受け、格安な料金で通信サービスを行う仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供しているSIMのことです。
手持ちのWiMAXルーターを格安SIMに入れ替えてネット接続できるようにするためには、SIMカードと呼ばれるICチップカードが必要です。

現在、SIMカードには標準SIMとmicroSIM、nanoSIMの3種類がありますが、WiMAXに対応しているのはmicroSIMとnanoSIMです。そのため、標準SIMなどのサイズが異なるSIMカードを使いたいときは、アダプタやSIMカッターでサイズ変更をする必要があります。

格安SIMとは

そもそもSIMとは、Subscriber Identity Moduleの略で、データ通信を行うためのICチップカードを指します。そして、格安SIMとはMVNOが提供しているSIMのことです。
なぜ、MVNOが格安な料金でネット回線を提供できるかというと、大手キャリアから回線を借りているからです。

通常、auやドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアは、回線設備の整備や維持に多額の費用がかかるため通信料が高額になります。しかし、MVNOにはそれらの経費がかからないので格安でSIMを提供できるのです。

WiMAXで使える格安SIMの種類

日本では、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズがWiMAXのサービスを提供しています。
そのため、WiMAXのルーターで使用できる格安SIMは、au系と呼ばれるau回線を利用するものだけです。

以下に、WiMAXで使用できる格安SIMを紹介します。

UQ mobilehttp://www.uqwimax.jp/
mineohttp://mineo.jp/
Fiimohttp://www.fiimo.jp/

また、それぞれの格安SIMごとに、対応しているWiMAXルーターの機種が異なります。各社の公式サイトなどに掲載されているWiMAXルーターの動作確認情報を以下にまとめました。
手持ちのルーターが、au系の格安SIMに対応しているかどうかがわかるので、ぜひ確認してみてください。

<UQ mobile> HWD11、HWD12
<mineo> W01、HWD14、HWD15
<Fiimo> W01、HWD14、HWD15

LTEが利用可能なWiMAX機種

WiMAXで格安SIMを利用するためには、au系の格安SIMに対応しているWiMAXルーターを選ぶ必要があります。
また、ルーターの機種によってはau 4G LTE回線に対応しているものと対応していないものがあり、手持ちのWiMAXルーターがau 4G LTE回線に対応しているかどうかについても、あらかじめチェックしておくと安心です。

下記に、現在のau 4G LTE対応機種をまとめました。

[WX04]:下り最大速度440Mbps/バッテリー駆動時間11.5時間
[W05]:下り最大速度758Mbps/バッテリー駆動時間9時間
[W04]:下り最大速度440Mbps/バッテリー駆動時間10.5時間
[W03]:下り最大速度370Mbps/バッテリー駆動時間12時間
[W02]:下り最大速度220Mbps/バッテリー駆動時間6.5時間
[W01]:下り最大速度220Mbps/バッテリー駆動時間8時間
[HWD15]:下り最大速度110Mbps/バッテリー駆動時間10.8時間
[HWD14]:下り最大速度110Mbps/バッテリー駆動時間9.5時間
[HWD12]:下り最大速度75Mbps/USB STICK型
[HWD11]:下り最大速度75Mbps/バッテリー駆動時間9時間

WiMAXを格安SIMに入れ替える前の注意点

WiMAXルーターで使える格安SIMを選んだら、SIMカードを注文する前にカードサイズをチェックしてください。
ここでは、SIMカードのサイズの種類や変更手続き、自分でカードサイズを変更する方法について紹介します。

SIMカードのサイズが合っているか確認

SIMカードには、標準SIM>microSIM>nanoSIM と3種類の大きさがあります。
どのカードも内容自体は変わりませんが、ガラケー時代に普及していた標準SIMから、現在はスマホやルーターに使える、よりコンパクトなnanoSIMが主流になっています。

格安SIMを提供するMVNO事業者の公式サイトでは、端末ごとにSIMカードのサイズを確認できます。それによると、現在WiMAXルーターに対応しているのは、nanoSIMとmicroSIMということがわかります。

また、古い機種であるほどmicroSIMカード対応のものが多いため、これから新しくSIMカードを購入する人は注意が必要です。もしもSIMカードのサイズがルーター端末に合わない場合は、つぎに紹介する方法でサイズ変更が可能です。

SIMカードの変更手続き方法

もしも手持ちのSIMカードや、契約を考えているMVNOのSIMカードとサイズが合わなかった場合は、WiMAXルーターでも使用できるように、SIMカードのサイズを変更する方法があります。
MVNO事業者などはカードサイズの変更手続きを受け付けていますが、変更の事務手数料として2000~3000円程度かかるケースが多いです。

また、SIMカードの変更手続きが完了し、手元に新しいSIMカードが届いたら、回線切り替え手続きを自分で行う必要があります。
そのため、回線切り替えが完了するまでの30分~1時間、データ通信が利用できない場合もあるので要注意です。

SIMカードのサイズを自力で変える方法

事務手数料を払わずに、SIMカードを自力で変更する方法を紹介します。サイズアップまたはサイズダウンと、用途に合わせてアダプタかSIMカッターを用意してください。手順は以下のとおりです。

サイズアップの場合は、アダプタを利用

SIMカードをサイズアップする場合は、アダプタにSIMを装着することでそのまま使用できます。アダプタはネット通販などで数百円で購入でき、作業も簡単なのでオススメです。

サイズダウンする場合は、SIMカッターを利用

SIMカードをSIMカッターで切断し、小さいサイズに変更します。SIMカッターもアダプタ同様、ネット通販などでは数百円で購入できます。しかし、カットするときに誤ってSIMカード自体を傷つけてしまうことも多く、慎重に扱わなければなりません。

WiMAXに格安SIMを入れ替えるメリット・デメリット

格安SIMの概要やサイズの種類、そしてサイズ変更の方法について説明しました。
それでは、WiMAXに格安SIMを入れ替えて使用する場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

格安SIMを入れ替えるメリット

WiMAXに格安SIMを入れ替えて利用するメリットは、大手キャリアと比較して通信料金がかなり安くなることです。データ容量などによっても異なりますが、数千円の節約も可能です。

すでに、スマホや携帯とセットでネット通信などを契約している人も多いですが、モバイルで利用したい人などは、手持ちのWiMAXルーターがあれば格安で使えます。
コンパクトなサイズで持ち運びにも便利なWiMAXルーターと格安SIMの組み合わせは断然オススメです。

格安SIMを入れ替えるデメリット

WiMAXに格安SIMを入れ替えて利用することは、価格面や持ち運びといった点では断然オススメですが、いくつかデメリットもあります。

ルーターのAPN設定が必要

APNとはネットの接続先情報です。ルーター端末とは別に格安SIMのみを手に入れた場合、インターネットに接続するには自分でAPN設定をしなくてはなりません。
しかし、一般的にはそれほど難しい作業ではなく、手間を惜しまなければ外部に設定費用を支払わずにネットが使えます。

利用できるルーターの機種が限られる

ルーターには多くの機種がありますが、WiMAX回線にしか接続できない機種も多く、その場合はほかの回線との併用ができません。
また、au 4G LTEに接続できる機種が手元にないときは、機種代を払って対応機種を入手することになります。
実は、機種代については格安SIMよりプロバイダのほうがお得な場合もあります。というのも、多くのプロバイダではキャッシュバックキャンペーンなどを実施していて、キャンペーンを利用すれば機種代は実質ゼロ円になるからです。

通信の不安定さ

auのLTE回線を利用しているため、格安SIMの通信環境は比較的安定しています。それでも、都市部に比べると、山間部などでは通信が不安定になる場合があります。
また、利用者の多い夜間の時間帯になると、不安定さを感じるというユーザーの声も多く聞きます。

通信速度の遅さ

使用するWiMAXルーターの機種や契約した回線プランによっても左右されますが、データ通信量が無制限のプランだとあらかじめ通信速度が抑えられていることも多く、通信速度が遅くなる傾向があります。
朝のラッシュ時やお昼どき、混雑するエリアといった時間帯や場所によっても通信速度に波があり、WiMAX2+(WiMAXのハイスピード通信モード)と比較すると、通信速度は不安定だといえます。

WiMAXに格安SIMを入れ替えて使うことがオススメな人

WiMAXに格安SIMを入れ替えて使うメリット・デメリットについて説明してきました。
それでは、WiMAXに格安SIMを入れ替えて使うことをオススメできるのはどういう人なのか、利用の目的やシーンから見ていきましょう。

大容量コンテンツを使わない

動画やゲームアプリなどの大容量コンテンツを利用しない人は、格安SIMでのWiMAX利用がオススメです。デメリットでも指摘したとおり、高画質の動画を頻繁に閲覧する、毎日のように大容量のデータを送受信する人のほとんどが、データ通信量無制限のプランを選びます。

そのため、回線の奪い合いが生じ、それが無制限プランの速度低下につながり、結果としてWiMAXを快適に利用できなくなるということが起こります。

モバイル専用で通信速度よりも値段優先

自宅の固定回線としてWiMAXを使いたい場合は、データ通信速度が安定している大手キャリアの回線を利用したほうがよいでしょう。

しかし、モバイル専用として持ち歩いて使いたい場合は、格安SIMがオススメです。
加えて、通信速度が遅くても気にならない人や、メールチェックや一般的なウェブサイトの閲覧などでしかネットを利用しないという人にも、WiMAXと格安SIMの組み合わせをオススメします。

WiMAXを格安SIMで使うとどのくらい安いのか

メリットでもあげましたが、WiMAXを格安SIMで使うと通信料が安くなります。
それでは、実際にどのくらい安くなるのか、通常契約した場合とMVNOで格安SIMのみを契約した場合を比較・検証してみましょう。

UQ WiMAXの通常契約をした場合

比較する項目は、端末代金・事務手数料・通信料・キャッシュバック料金を合わせた初年度経費です。
まずは、WiMAXの導入を検討するときに真っ先に候補に上がるUQ WiMAXを見てみましょう。

UQ WiMAXの比較項目は、以下のようになります。

[端末代金]: 1~3,500円(W05の場合は800円)
[事務手数料]: 3,000円
[通信料]: 4,880円(UQ Flatツープラス ギガ放題3年)
[キャッシュバック]: おトク割&長期割で月500円引き(上記プランの場合)、 契約から3カ月は通信料が3,696円
[初年度経費合計]: 5万3,508円+端末代

mineoの格安SIMだけを契約した場合

mineo(マイネオ)はauとdocomo両方の格安SIMを販売するMVNOで、豊富な料金プランと安心のサポート体制で人気の会社です。
mineoのデータ通信プランで、格安SIMのみを利用した場合は、以下のとおりです。

[端末代金]: 0円(手持ちのWiMAXが使える場合)
[事務手数料]: 3,000円
[通信料]: 2,520円(auプラン(Aプラン)のシングルプラン10GBの場合)
[初年度経費合計]: 3万3,240円

mineoのデータ容量は、500MB~30GBまでの区分があり、自分が使う量に合わせてプランを選べるので無駄がありません。

プロバイダ契約のキャンペーンを利用した場合

通常契約と格安SIMについて比較しましたが、実はプロバイダのキャンペーンを利用すると、格安SIMより通信状態が安定し、通常契約より料金が割安になるのでオススメです。
そこで、数あるプロバイダのなかから業界最安値の月額利用料を誇るBroad WiMAXを例として比較項目を算出しました。

[端末代金]: 0円(全機種0円)
[事務手数料]: 3,000円
[通信料]: 3,411円(ギガ放題3年プラン)
[キャッシュバック]: 契約から3カ月は通信料が2,726円
[初年度経費合計]: 4万1877円

ほかにも、キャッシュバックキャンペーンだけでなく、パソコンやタブレットをセットで安く購入できるキャンペーンなどもあります。
WiMAXの導入方法のひとつとして、Broad WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

格安SIMを手に入れる方法

ここまで読んでみて、格安SIMへの興味が高まってきたのではないでしょうか。
実際のところ、格安SIMはどうやって手に入れたらよいのか、ここからは店頭で購入する場合とネットで購入する場合の2つの方法について紹介します。

店頭で購入する方法

格安SIMのMVNO3社はそれぞれ実店舗を持っており、そこで店頭販売を行っています。

<UQ mobile>
日本全国に店舗を構え、UQ mobileやUQ WiMAXの新規申し込みだけでなく、UQ mobileなどの修理も受け付けています。

店舗検索:https://www.uqwimax.jp/shoplist/mobile/
店舗購入手順:http://www.uqwimax.jp/flow/wimax/shop.html

<mineo>
日本全国に店舗があり、各種案内や申し込みに加え、mineo端末を実際に体験できます。

店舗検索:http://mineo.jp/shop/

<Fiimo>
四国電力グループのため、店舗は四国・岡山のみですが、「新規即日契約・お渡しサービス」というスピーディな対応が持ち味です。

店舗検索:https://www.fiimo.jp/shop/index.html

各社とも格安SIMの手続き時には、身分証明書や印鑑などプランによって必要なものが異なるため、事前の確認をしておくことをオススメします。

ネットで購入する方法

格安SIMのMVNO3社にはオンラインショップもあり、ネットでの購入も可能です。
以下に、それぞれのオンラインショップを紹介します。

<UQ mobile>
対応機種を確認 → オンラインショップで購入 → 本体の初期設定 という3つのステップを踏めば、誰でも簡単に申し込めます。

UQ mobile オンラインショップ:https://www.uqwimax.jp/shop_m/
UQ WiMAXオンラインショップ:http://www.uqwimax.jp/shop/
オンライン購入手順:https://www.uqwimax.jp/flow/mobile/

<mineo>
SIMカードの種別確認、申し込み時に必要なものの確認、申し込み手続きという3つのステップを完了すると申し込めます。申し込みについてわからないことは、オペレーターがチャットで対応してくれます。

申し込みページ(申し込みの流れ含む):http://mineo.jp/apply/

<Fiimo>
申し込み時に必要なものを揃え、申し込み、受け取り、端末初期設定を終えたら利用開始です。

利用までの流れ:https://www.fiimo.jp/order/index.html
申し込みページ:https://www.fiimo.jp/entry/index.html

スマホをネットで予約・購入するケースは増えていますが、格安SIMも店頭だけでなくネットで契約でき、申し込みから1週間程度でSIMカードが手元に届きます。

WiMAXルーターへSIMを入れ替える方法

WiMAXルーターに、格安SIMをセットする方法を紹介します。
申し込み後、手元に格安SIMが届いたら、手持ちのWiMAXルーターと接続設定用のパソコンを用意してください。
ここからは、WiMAXルーターとパソコンの両方で手続きを行う方法を説明します。

ルーターにSIMカードをセットする

最初に、手持ちのWiMAXルーターに格安SIMカードをセットします。SIMカードをセットする手順は、下記のとおりです。
SIMカードの抜き差しは、必ずルーターの電源を切った状態で行ってください。

① WiMAXルーターの電源が切れているか確認する
※SIMカードの金属部分には手で触れない(故障の原因になる)

③ ルーターの裏ブタを開け、バッテリーを外すとあらわれる箇所にSIMカードをセットする

④ SIMカードをセットしたら、裏ブタを閉め、ルーターの電源を入れる

パソコンとWiMAXを無線接続する

つぎに、パソコンの無線機能を有効にしてWiMAXルーターと接続します。
接続の手順は下記のとおりに行ってください。

① パソコンの無線(Wi-Fi)をオンにする

② ネットワークが表示されるので、そのなかからWiMAXのネットワーク名を選択する
※WiMAXのネットワーク名がわからない場合は、WiMAX本体から確認する(ホーム画面で「設定」→「情報」→「SSID情報」→「SSID1」の順で行う)
※パスワードがわからない場合は、WiMAX本体の「設定」→「情報」→「SSID情報」→「パスワード」で確認する

③ パソコンがWiMAXと接続されていることを確認する

これで、パソコンとWiMAXルーターの無線接続は完了です。

パソコン側でAPN接続を設定する

続いて、パソコン側でAPN接続をしましょう。手順は下記のとおりです。

APN接続とは何かもう一度確認したい人は、前述の「3-2.格安SIMに入れ替えるデメリット1」を参照してください。
ただし、ここではWiMAXルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」を例にしています。

① Webブラウザを開き、「http://wi-fiwalker.home/」を入力する
(Wi-Fi WALKER WiMAX2+設定ツールが起動するのを確認する)

② ユーザー名とパスワードを入力する
・ユーザー名「admin」
・パスワード「IMEIの下5桁」(IMEIとは、ルーター本体の背面下部に記載されている文字列)

③ ログインができたら「設定」ボタン→「プロファイル設定」→「新規」をクリックする

④ 下記のとおり、各項目を入力する(mineoの例)
・APN(接続先情報):mineo.jp
・ユーザー名:mineo@k-opti.com
・パスワード:mineo
・認証タイプ:CHAP
・IPタイプ:IPv4

⑤ すべて入力したら、保存をクリックして終了する

WiMAX側でAPN接続を設定する

最後に、WiMAXルーター側でもAPN接続ができているか確認しましょう、手順は下記のとおりです。

※本体の「設定」→「プロファイル選択」→「接続先設定」を開き、
パソコンで入力したプロファイル名が表示されているか確認する

これで、格安SIMをWiMAXルーターで利用する設定はすべて終了です。パソコンさえあれば誰にでもできる作業なので、ITや機械に詳しくない人も思いきって挑戦してみてください。
心配するより、ずっと簡単にできます。

WiMAXのSIMを入れ替えてお得にネットを利用しよう

手持ちのWiMAXルーターを格安SIMに入れ替えると、とてもお得にインターネットが楽しめます。

この記事を読めば、WiMAXルーターを格安SIMに入れ替える方法や手順から、入れ替えで生じるメリット・デメリット、APN接続やWiMAXルーターとパソコンの無線接続などの具体的な手順まですべて書いてあるので、今すぐにでも始められます。
また、WiMAXと格安SIMの組み合わせが向いているのはモバイル利用が中心で、動画やゲームアプリなどの大容量コンテンツには不向きです。

自宅の固定回線として使ったり、大容量コンテンツをサクサク閲覧したりという使い方には、通信の安定と速度を兼ね備えたWiMAX+SIMがオススメです。
WiMAX+SIMはプロバイダのキャンペーンなどでさらにお得に利用できる場合があります。自分に合った方法で、WiMAXを始めてみてはいかがでしょうか。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi