閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの電波が悪い!困ったときにすぐ役立つ解決方法とは?

モバイルネットは非常に利便性が高く、開通工事の必要性もないため、手軽にインターネットを利用したい人にとってはとても魅力的なサービスです。
需要の増加に伴い、各社からさまざまなモバイルネットのサービスが提供されており、その中でもWiMAXは非常に高い満足度を得ています。
しかし、無線であるがゆえにつながりにくさを懸念する声も少なくありません。WiMAXルーターの購入を検討している人や使用している人にとって、電波の状況は大きな問題ですね。
この記事ではWiMAXの電波が弱い状況になったときの原因と対処法を紹介します。

WiMAXの電波の特徴

WiMAXをはじめとするモバイルネットは、それぞれに異なる周波数帯を使用してサービスを提供しています。モバイルネットを検討する人が重視する「つながりやすさ」は、どの周波数帯を使用しているかによって左右されるといっても過言ではありません。
WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズに割り当てられている周波数帯2.5GHzは他の会社に比べると高い周波数帯です。
高い周波数帯の電波は直進性が高く、障害物に当たってもそれを回り込もうとする性能が低い特徴があります。
建物の中、とくに窓のない部屋や建物の中心部にある部屋や周囲に高い建物が密集している場所では、電波が入りにくいと感じることもあるでしょう。

WiMAXの電波が悪いと感じる要因とは?

WiMAXの電波は障害物に弱いという特徴がありますが、基本的に高い周波数は通信速度が速くなります。
環境に問題がなければ高速通信を快適に楽しめますが、何らかの理由でWiMAX本来の性能を実感できないこともあるでしょう。そんなときにチェックしてほしい項目を説明します。

旧回線の「WiMAX」を使い続けている

WiMAXを契約してから年月が経っている人は、使用している回線が旧回線でないか確認してみましょう。
旧回線のWiMAXは、2015年には最大下り40Mbpsから13.3Mbpsまで速度が下がってきています。2018年の段階で、新しい回線のWiMAX 2+は最大下り440Mbpsと表記されており、その差は歴然です。
もちろん、使用する環境によって速度は異なります。しかし、どこに行ってもつながりにくいなど、利用環境に関わらずつながりにくさに不便があるのなら、旧回線の使用を疑ってみましょう。旧回線のままになっていると高速通信のスピードは実感できないことがあるので、契約を見直してみることが大切です。

高速通信のエリア外である

広いエリアに対応しているという特徴があるWiMAXですが、必ずしも自分が利用する場所が対応エリアに該当するというわけではありません。WiMAXが使用している周波数帯の特性上「市街地だからつながる」「山間部だからつながらない」と一概にいえるものでもなく、事前の確認は必須です。契約する前に、各プロバイダのホームページで対応エリアの一覧をチェックしてみましょう。
家でのみ利用するのであれば高速通信の対応エリアであるか否かだけを確認すれば問題ありません。しかし、移動中の利用を考えるのなら日ごろの動線を考慮した確認が必要です。とくに、地下鉄や地下街の利用が多い人は、入念にチェックしましょう。ピンポイントで住んでいる地域の確認をしたい場合は、WiMAX公式サイトのピンポイントエリア判定が便利です。エリア外での利用は、速度が大幅に制限されるため、契約前に利用する場所を想定しておきましょう。

利用端末に問題がある

WiMAXがつながりにくいのは、電波に原因がある場合のみとは限りません。
使っている端末に問題がある場合も、つながりにくいという現象が発生します。どちらに原因があるのかを調べる方法は、複数の端末をつないでみることです。
どの端末でも電波が悪い場合は利用環境に起因する問題である可能性が高いのですが、特定の端末のみ電波が悪い場合はその端末特有の問題といえます。「端末の設定を確認する」
「通信速度以外の不具合(故障)がないか確認する」
などして改善を図りましょう。また、端末と電波にも少なからず相性があることも事実です。

速度制限がかかっている

利用環境にも利用端末にも問題がない場合、速度制限がかかっているために通信速度が遅くなっていることが考えられます。
これは、電波そのものが悪いわけではなく、契約しているプランに起因する問題です。速度制限と、それを確認する方法について紹介します。

ギガ放題プラン

ギガ放題プランはその名のとおり、どれだけ使っても安定した速度でインターネットを利用できるプランです。
制限速度を解除するために追加料金を支払う必要もなく、安心してインターネットを楽しむことができます。
しかし、極端な使い方には注意が必要です。WiMAXでは料金プランに関わらず、混雑回避のための制限速度を設けています。
3日間で10GBを使った場合は速度制限がかかり、おおむね最大速度が1Mbpsになるので計画的に使いましょう。

通常プラン

それほど多くのデータ通信を行わない人は、通常プランを選択することもできます。
「ギガ放題にするか」「通常プランにするか」といった判断の基準は「1カ月のデータ量が7GBを超えるか否か」です。
通常プランの場合、その月の合計通信量が7GBになった瞬間に128kbpsの速度制限を受けることになります。
128kbpsはLINEやテキストメールがぎりぎりできるレベルであり、スムーズな動画の視聴などは難しい通信速度です。反対に、日常の使い方がLINEやテキストメールが中心である場合は、十分な通信量といえるでしょう。

ハイスピードプラスエリアモード

さらに、快適な通信環境を求める人は、ハイスピードプラスエリアモードを検討してみましょう。
これは、ギガ放題プランおよび通常プランに付けることができるオプションです。
au 4G LTE回線を併用することにより、WiMAXの電波が入りにくい地下鉄や地下街でも快適に通信を楽しむことができます。
一方、契約できるのは「W05」「W04」「W03」「W02」の機種に限られており、ギガ放題プランや通常プランと同様に厳しい速度制限が設けられています。その月の合計通信量が7GBになった瞬間に128kbpsの速度制限を受けることになるため、使い過ぎには注意が必要です。

通信量を確認する方法

いずれのプランを選択するにしても、快適に高速通信を楽しむためには速度制限を受けないこが必須条件です。
そのためには、こまめに自分が使った通信量を確認することが大切です。
通信量はルーターの画面、もしくはプロバイダのマイページなどから確認することができます。「1週間ごとに確認する」「ストリーミングやダウンロードを行った後には必ず確認する」など、自分なりのルールを決めておくといいでしょう。

通信障害でつながらない

モバイルネットは、何らかの理由により一部のエリアの通信が不可能になる通信障害が発生することがあります。
「電波そのものを受信できない」「周囲のWiMAXを使用している人も通信が不可能になった」という場合は、提供会社の電波障害一覧を確認してみましょう。通信障害は一時的なものであることが多く、ある程度の時間を置くことで平常に戻ることも少なくありません。
障害が長期化する場合は何らかのアナウンスが出されるので、経過を注視しましょう。

ルーターに不具合がある

ルーターに不具合がある場合も、電波が悪い状況になります。とくに、購入から年月が経過している場合は注意が必要です。
ルーター端末は精密機器なので、長期使用により調子が悪くなったり、故障していたりすることも考えられます。落下など、外部からの衝撃が不具合の原因になるケースも少なくありません。
電源の切り替えや設定のリセットで不具合が改善されることもありますが、それらの手を尽くしても事態が改善しない場合は、修理が必要になります。プロバイダやメーカーに問い合わせて修理してもらいましょう。

WiMAXの電波を改善させる方法

モバイルネットは、さまざまな要因から電波をうまく受信できないことも多くあります。
そのため「事前に対応エリアを確認したにも関わらず、実際に使ってみたら電波が悪かった」というケースも少なくありません。
その場合は、どうすれば快適に高速通信を楽しむことができるのでしょうか。WiMAXの電波を改善させる方法を説明します。

再起動させる

接続や設定に問題がなく、端末自体の故障でもない場合は、ルーター端末の不具合で電波の受信が滞っていることも考えられます。ルーター端末の不具合は、その細かな原因まで突き止めるのは難しく、簡単に修理ができるものでもありません。
破損などの物理的な問題がないのであれば、一度電源を抜いて再起動を試みましょう。再起動することで設定がリセットされ、以前の状態に戻ることがあります。一度の再起動で戻らない場合は、電源を抜いてしばらく時間を置いてから再度起動してみましょう。

ルーター端末の置く位置を工夫する

WiMAXが使用している電波は直進性が高いため、障害物の影響で電波の届きが悪い可能性があります。とくに、周囲に建物が立ち並ぶ環境下で使用する場合は、ルーター端末の置き場所にも工夫が必要です。
ルーター端末を窓際に置いてみる、2階に置いてみるなどの対応をするだけで改善されるケースもあります。
ルーター端末をケースなどに収納している場合は、そこから出してみましょう。近距離で電波の届きが悪くなることはまれですが、たくさんの物がルーターの周りにあるとトラブルが起こりやすくなります。ルーター端末はできる限り障害物を避けて置くことが大切です。

2.4GHzから5GHzに変更する

WiMAXの周波数は、2.4GHzおよび5GHzから選択することができます。2.4GHzは障害物などがあっても回り込むために電波は通りやすい反面、他に電波を発する電化製品に干渉しやすい点がデメリットです。そのため、テレビや電子レンジなどの使用によって電波が不安定になることも少なくありません。集合住宅などでは、他の住人の電波も近くで飛び交っているため、より干渉を受ける可能性が高くなります。一方、5HGzは電波の干渉に強いので、いろいろな電波が飛んでいるところでも安定して接続することが可能です。初期設定の2.4GHzから5GHzに変更することで、電波が届きやすくなる可能性があるので試してみましょう。

ハイスピードプラスエリアモードを利用する

一般的にWiMAXのモバイルWi-Fiルーターは、「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」を切り替えて使用できる仕様になっています。ハイスピードモードは、WiMAX2+のネットワークを使って通信をします。そのため、WiMAXの電波が届かない場所では使用することができません。一方、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX 2+とauの4G LTEのネットワークの両方を使って通信をします。このモードで契約するとWiMAXの電波が届かない場所でもLTEを使って接続されるため、より安定的にインターネットを楽しめるでしょう。
この方法は根本的な解決策ではありませんが、4G LTEと組み合わせた通信が可能となるため、電波状況が改善する可能性があります。とくに、移動中の利用が多い人は、ハイスピードプラスエリアモードの方が、体感的なつながりやすさを実感できるでしょう。

クレードルに立てて使う

クレードルとはモバイルWi-Fiルーターを立てて設置するための台のことです。クレードルは主に充電台として使いますが、有線LAN対応ポートを備えているものであればホームルーターとして使うこともできます。充電しながらの利用もでき、自宅におけるルーターの置き場所も固定されるので、利用している人は少なくありません。クレードルは、モバイルWi-Fiルーターの付属品として付いてくることもあれば、別売りになっていることもあります。クレードルの利用を希望する場合は、購入時に別途購入する必要があるか確認しましょう。
モバイルWi-Fiルーターをクレードルに置いて使うと、 WiMAXの電波をアンテナがきちんと受け止める確率が高くなり、電波状況の改善が期待できます。これは、直接ケーブルをつないで充電する方法では期待できない効果なので、自宅における電波の悪さが気になる人は導入を検討してみましょう。

ルーター端末を変更する

このような改善策を試してみても電波の改善が見られない場合は、ルーター端末に原因がある可能性があります。故障していなくても、環境に合った機種に変更することで改善されることも多いため、以下の方法で機種の見直しを考えてみましょう。

ホームルーターに変更する

WiMAXのルーターには、ホームルーターとモバイルルーターの2種類があります。持ち歩けるという利便性ではモバイルルーターに軍配が上がりますが、電波状況の安定度はホームルーターの方が上です。用途が自宅での利用に限られる人は、ホームルーターに変更して電波状況を安定させましょう。
ホームルーターには高性能アンテナが付いており、WiMAXの電波をしっかりつかむことができるという特徴があります。スマホやPCに向けて飛ばすWi-Fiの電波も強く、より安定した通信環境が望めるなど、さまざまなメリットも実感できるでしょう。持ち歩きはできませんが、自宅でのPCを使う機会が多い場合などは、メリットの方が大きいかもしれません。

最新の端末を利用する

WiMAXの端末は日々進化しています。現状の通信環境に不都合を感じるのであれば、最新の端末に買い替えるのも1つの方法です。新しい端末の方が古い端末よりも性能が良く、通信速度も大幅に早くなっています。なかでも、最新機種のW05は最大通信速度が708Mbpsと光回線並みの速さを実現しており、買い替えにおすすめです。ストリーミングやダウンロードを行うコンテンツを多く利用する人は、できる限り最大通信速度が速い機種を選ぶといいでしょう。

損をしない解約の方法とは?

インターネット関連のサービスを利用するにあたって、解約における違約金が心配だという人も多いでしょう。契約しても電波がつながらないなどのトラブルが起きた場合は、解約を検討せざるを得ないこともあります。できることなら、違約金などで損はしたくないですよね。万が一、解約する必要が出た場合のために、損をせず、スムーズに解約する方法を紹介します。

違約金を発生させない

違約金を支払いたくないから解約ができないというケースは少なくありません。インターネット関連の契約は、2年や3年など一定の利用を条件に割引を適用していることが多く、短期間での解約を防ぐ仕組みになっています。ここでは、その仕組みをクリアして違約金を発生させずに解約する方法を紹介します。

更新月で解約する

WiMAXは2年契約、もしくは3年契約となっており、契約更新月以外で解約をすると解約金がかかります。たとえば、1月に契約した人が2月に解約する場合は解約金が発生します。2年契約と聞くと、2年経過すればいつでも解約できると考える人もいるかもしれません。しかし、契約は自動更新されるため、更新月以外の解約は違約金が発生するのです。この事態を防ぐには、更新月で解約するほかありません。
気を付けなければならないのは、契約の起算月です。WiMAXの更新月は、端末発送月(サービス開始月)の翌月を1カ月目として計算されます。2年契約の場合は25カ月目・49カ月目、3年契約の場は37カ月目・73カ月目が、解約金が発生しない月です。この更新月を逃さないためにも、契約した年月日はしっかりと覚えておきましょう。

初期契約解除制度を利用する

モバイルネットの契約は、使ってみなければわからないという側面があることも事実です。契約後に使ってみてから、不都合に気づくことも少なくありません。そんなときは、初期契約解除制度を利用しましょう。WiMAXでは、「電波が悪い」「速度が遅い」などの理由はもちろん、どのような理由でも8日以内ならば契約解除することが可能です。
その際の解約金・違約金はかからないので、お試しで契約することもできます。
問題がなければそのまま契約を継続し、満足できなければ8日以内に契約を解除しましょう。注意点は、契約解除となった場合でも事務登録手数料だけは負担する必要があるということです。お試しであっても、解約前提の契約は控えた方がいいでしょう。

プロバイダの解約サービスを利用する

更新月を逃さないように気を付けていても、どうしても更新月以外で解約したいという事態に見舞われることもあります。そんなときは、プロバイダの契約内容を確認してみましょう。違約金を負担するキャンペーンをしていたり、手厚い解約サービスを提供していたりと、サポートに力を入れているプロバイダも少なくありません。
契約時の内容を忘れてしまっていることも多いので、違約金を払う前に契約しているプロバイダに相談してみましょう。

キャッシュバックをもらってから解約する

プロバイダとの契約の際にキャッシュバックキャンペーンを選択している場合は、約1年後にキャッシュバックを受け取ることができます。たとえば、解約金が1万4000円の場合、キャッシュバックを受け取る前の解約であれば全額自己負担となります。しかし、プロバイダとの契約時に3万円のキャッシュバックを受け取ることになっていれば、その3万円から1万4000円を支払うこともできます。そうすれば実質の負担はありません。
これは非常にメリットのある方法ではありますが、キャッシュバックまで契約を継続しなければいけないというデメリットもあります。電波がつながらないなど重大な問題がある場合は、使用できない電波に月額料金を支払うことにもなりかねません。
キャッシュバックを受け取るまでの期間中、月額料金を支払うことで結果的に損をしないか考えることが大切です。

おすすめのWiMAXプロバイダをご紹介

WiMAXを契約する際には、複数あるプロバイダから1社を選ぶことになります。少しでも違約金発生のリスクを減らすためには、プロバイダが行っているサポートに注目してみましょう。解約の場合に備えてWiMAXの契約をお得にできるプロバイダを3社紹介します。

Broad WiMAX

Broad WiMAXでは、利用中のプロバイダを解約した際の違約金を負担してくれるキャンペーンを行っています。
また、契約後8日以内であれば通信・端末全ての契約を無効にするなどのサービスも充実しているので、初期不良の発生にも強いという点も特徴です。月額料金はプロバイダの中で最安値であり、月々の通信料も抑えられるでしょう。
違約金の負担以外にも、端末代金が0円になるキャンペーンも行われており、よりお得にWiMAXを利用することができます。はじめてWiMAXを契約する人にも、乗り換え先を探している人にもおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの特徴は、高額なキャッシュバック額です。違約金の支払いには十分な金額なので、万が一の保険としてもしっかり機能してくれます。期間限定で行われるキャンペーンの内容はさまざまなので、自分に合うキャンペーンを実施している期間に契約するといいでしょう。
月額料金も比較的安く、端末代金0円のキャンペーンも行われています。また、20日以内なら違約金無料で解約できるサービスがあるため、じっくりと契約の継続を検討できるのもメリットです。
しかし、このサービスの利用にはいくつかの条件があります。申し込み住所がUQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定で「〇」の場合のみであること、新規入会者が対象であることをしっかりと確認しましょう。

BIGLOBE

キャッシュバック額に重点を置くのなら、BIGLOBEもおすすめです。その金額は、とくとくBBに次いで高く、違約金の備えとしては十分といえるでしょう。BIGLOBEは2年契約が可能でキャッシュバックを受ける方法が手軽だという特徴もあります。「月額料金の大幅値引きか」「一定の期間経過後のキャッシュバックか」など、自分に合った特典を選べるというキャンペーンも行われています。また、端末代金も毎月の値引きで実質無料です。メールであれば24時間365日問い合わせができるので、はじめてのWiMAX利用にもおすすめのプロバイダといえるでしょう。

15日間無料で試せる「TryWiMAX」で電波状況を確認する

WiMAXの契約にあたっては、電波が入るかどうかを事前に確認することがとても重要です。もちろん、対応エリア一覧での確認も有効ですが、実際に使ってみなければ安心して契約できないという人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、TryWiMAXです。
TryWiMAXは、WiMAXを15日間無料でお試しできるサービスで、登録料、通信料、レンタル料、配送費用など、費用は一切かかりません。持ち歩くこともできるので、自宅や使用する可能性のある場所での電波状況を確認するのに非常に便利です。WiMAXは一度契約すると、初期契約解除制度を利用しても事務登録手数料が発生します。TryWiMAXで、事前に確実に電波がつながることを確認して契約しましょう。

WiMAXの電波を正しく改善させて快適なネット環境を作る

WiMAXは、月額料金が安いこと、開通工事が不要であることなど、手軽さが売りのサービスです。一方で、障害物があると電波が悪くなりやすく、地下鉄や地下街など、都市部での使用に不便を感じることもあるという特徴があります。WiMAXをはじめとするモバイルネットは、利便性は非常に高い反面、電波が弱いと不便なだけでなく利用するたびにストレスを感じることになります。正しい方法で対策を行い、必要に応じて機種の見直しをして、快適にWiMAXを利用しましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi