閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの料金を支払い忘れた!どうなる?

WiMAXの料金をクレジットカード払いしている方は多くいらっしゃると思います。
クレジットカードで払うとポイントがついたり他の特典がついたりと便利な上、現金払いと比べて手続きが簡単だというメリットがあります。しかしクレジットカード払いで陥りがちな落とし穴があります。
それは支払不能になるということです。通常クレジットカードの支払いは銀行口座などと結び付けられていて、クレジットカード会社から自動的に料金を請求されて引き落とされるようになっています。
しかしクレジットカードが一時的に利用停止していて支払いができていなかったとか、口座の残高不足で引き落としできなかったといった料金未納が起きることがあります。
また口座引き落としで支払いをする場合にも同じようなことが起こりえます。ではもし仮に WiMAX の料金を支払えなかった場合にはどのようなことが起きるでしょうか。
この記事ではワイマックスサービスの利用停止に関する注意点について説明したいと思います。

WiMAX利用停止のタイミングや料金は?

結論から先に言うと、 WiMAXの の料金を支払い忘れた場合、 WiMAX のサービスが利用停止になってしまうことがあります。利用停止になってしまう場合、どのようなタイミングで措置が行われるのか、利用停止中の月額料金はどうなるかなど細い点を見ていきましょう。

利用停止のタイミング

例えば支払い忘れから数日間、あるいは一週間程度遅れたぐらいではすぐに利用停止になることはないでしょう。カスタマーセンターに事情を説明して然るべき処置を取ればそのまま継続利用できる可能性があります。しかしかなりの期間経過してしまった場合は利用停止になるでしょう。
おおよその目安では2ヶ月程度支払いがないと利用停止となってしまうと言えます。

しかしプロバイダによっては1か月でも利用停止になる場合もあるため、支払停止から1,2週間以内には何かしらのアクションを起こす必要があります。もし仮にそのまま放置した状態にしたら強制解約になってしまうこともあります。こうなるともうどうしようもないので、絶対に放置しないようにしましょう。
このような事例があります。

WiMAXを2か月滞納したらインターネットの接続を止められたので今日の朝コンビニに払いに行った
wimax2+が2ヶ月分の滞納で接続を止めらた
gmoとくとくbbのuq wimaxの料金を二ヶ月ぶん未納で利用停止になった

このように2カ月ほど未払い期間が経過すると利用停止措置が発動する事が分かります。
いずれにしてもプロバイダに問い合わせして、そのプロバイダの措置について確認しておくと良いでしょう。

利用停止中の月額料金は?

次に利用停止中の月額料金についてです。基本的に利用停止中でも料金は発生し続けます。
例えば、9月から利用停止になり、未納料金を10月上旬に支払いした場合でも、全く利用できていない9月料金もきっちり請求されてしまいます。
WiMAXの料金はスマホなどの LTE 通信のプランと比べると料金が安めとはいえ、3、4000円近くかかります。何も使えないのにこれだけの料金を払うのはもったいないです。そのため、やはり支払いには十分注意を払う必要があります。

さらに利用停止中に無駄にお金がかかってしまうだけではなく、滞納金を請求されてしまうこともあります。規約上、支払い日の翌日を1日として、延滞日から実際に支払いをした日の前日までの日数分延滞金がかかります。せっかく安いプロバイダーで契約してもこのような状態になってしまっては本末転倒です。
そのため、支払いを忘れてしまっても可及的速やかに行動してください。

サービス再開はどれくらいかかる?

もし利用停止になってしまった場合、速やかにカスタマーセンターに連絡して支払いをする必要がありますが、支払いをした後にすぐにサービスが再開されるかと言うとそういうわけでありません。
プロバイダから契約している場合は最低でも3日はかかるでしょう。もし土日祝日を挟む場合は、復旧はより遅くなる可能性があります。先述したように利用停止中であるかどうかにかかわらず月額料金がかかるわけですから、支払いから復旧までの時間も日割り部分の金額がどぶに捨てるように消費されてしまいます。

実際このような例があります・・・

支払いを木曜日の夕方に振り込み、金曜日の午前にサポートセンターしたところ、『振り込みの確認が出来ましたので、月曜日には復旧出来るとおもいます』とのこと。やっぱり復旧時間掛かるんだなぁと思い、いざ月曜日になり、機器の再起動をしたが繋がらず、夕方に念のために、サポートセンターに電話をすると、『早ければ今日中、遅くても明日には繋がると思います』と言われたが、火曜になっても繋がらず、あげく今日今現在も繋がってません。

強制解約になったらどうなる?

もし利用停止期間があまりに長くなってしまった場合は強制解約も覚悟しなければいけません。
大体3か月で強制解約になってしまいます。もちろんプロバイダによって対応が異なるため、詳しくは契約しているプロバイダへ確認するのが無難です。利用停止までの期間が短いプロバイダーは、強制解約までの期間も短い可能性があるでしょう。

もし解約されてしまった場合は、解約月までの月額料金に加え、違約金もきっちり請求されてしまいます。さらに言えば契約期間が短ければ違約金が高額になります。
例えば課金開始月の1ヶ月目から13ヶ月目の間に強制解約されると、19000円の違約金が発生したり、14ヶ月目から25ヶ月目に解約した場合は14000円の違約金が発生したりします。長い間契約していればそのぶん違約金は少なくなります。
とはいえそもそも支払文という不注意によって無駄なお金が発生していることには変わりはありません。
そのため繰り返しますが支払いに使うクレジットカード銀行口座の状態には十分注意しましょう。

利用停止後にすべきこと

最後に支払い不備が起きた場合のポイントについて確認しておきたいと思います。
まずはすぐに、カスタマーサービスに連絡して支払いが遅れてしまったことを謝り、すぐに支払いをする旨を伝えるようにしましょう。プロバイダーのカスタマーサービスは行うべきプロセスについて説明してくれるはずです。プロバイダによってはコンビニ振り込み用紙が届くのでそちらで早急に支払いしましょう(コンビニなどで支払う際の手数料が発生することがあります)。
もし定められた期限内に支払う事ができればサービス停止を未然に防ぐことができるでしょう。
しかし期限を過ぎてしまった場合はそこでサービスが停止してしまうでしょう。
いずれにしてもプロバイダにすぐに問い合わせして言われた通りに動く事が大事です。

またこれは支払い不備を防ぐための事前策ですが、利用停止にならないように契約時に利用料金が安いプロバイダを選ぶようにすると良いでしょう。利用料金が少なければ少ないほど残高不足によって支払いができなくなるリスクは低くなります。さらに利用停止になってしまった場合でも請求される未利用分の月額料金は低くなります。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi