閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXプロバイダキャンペーン比較 -おすすめWiMAXと料金(2019年9月)~

WiMAXキャンペーンって多すぎ・複雑すぎで分かりづらいですよね

WiMAXをキャンペーンを使ってお得に安く契約したい方のためにWiMAXキャンペーン最新情報をまとめました。キャッシュバックが良いの?割引型が良いの? 計算方法はいろいろありますが騙されないように賢く選びたいですね
WiMAX料金は実質料金や月額平均などで算出しているサイトが多いですが「いくら支払うのか?」で比較することが大切です。分かりやすく比較するため3年間、4年間、5年間の総額を計算してみました。 「WiMAXっていくら払うの?」をまずは見極めたうえで、サービスや特典を加味してプロバイダは決めましょう。

「WiMAXってどれを選べば良いのかわからない」

「料金や機種、キャンペーンの情報をもっと知りたい」

そんな方に最新のWiMAXキャンペーンや選び方、比較方法などすべてを解決できる内容になっています

WiMAX比較のポイントと総支払額ランキング

どのWiMAXを選べば失敗しないのか? おすすめプロバイダをランキング形式でご紹介します

WiMAXは最低でも3年契約なので、選び方を間違ったり、キャンペーンに誘惑されると取jり返しのつかないことに・・・ 月額が500円違うだけでも3年間で18,000円も違ってきます

どこを選ぶべきか?どのキャンペーンが人気なのか? これを見極められれば失敗はありません。
それでは見ていきましょう!

WiMAX比較の3つのポイント「料金プラン・端末・総額」

最新ランキングの前に基本的なことをおさらい。

wimaxキャンペーンのポイント

料金プラン・端末・総額を確認せずに申込むのは危険だ!

WiMAXを選ぶコツは「総額」を把握することです。WiMAX各社の総支払額をランキング紹介するのですが、そのまえにWiMAXのプラン、WiMAXのルーター端末、総支払額の意味などについて正しく理解しておきましょう。
それではひとつづつ説明していきます

WiMAXの料金プラン選び

WiMAXには通常プランとギガ放題の2つのプランしかありません

プランの違いは月間の通信量の制限があるかないか?の違いだけです

通常プランは月間7GBまでしか使えません。データ通信量が月7GBを超えると速度制限がかかってしまいます

WiMAXプランの違いは通信容量制限ギガ放題は月のデータ通信量の制限のないプランで、特殊な事情がない限りこちらのプランを選ぶことがベストです。無制限で使えるのは大きな特徴ですし、そもそも料金の差も800円程度しか変わりません

通常プランは月間7GBという制限付きです。無制限で使えるギガ放題をおすすめします。

WiMAXの機種(ルーター端末)選び

WiMAXの端末は無料のプロバイダと有料のプロバイダがあります。
新機種は有料で、それ以外は無料というケースや、すべて無料というケースなどまちまちです

WiMAXルーター比較のコツ

ルーターに関しては新機種を選べば間違いありません

1年ごとに新機種が発売されるのですが、新機種ほど機能も良くなっており、電波も拾いやすく性能もあがっています。旧型を選ぶ理由はありません

 

持ち運びできる最新の端末は2019年1月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。外出先でも使いたい人はこちらの端末を選びましょう。

ホームルータータイプなら「Speed Wi-Fi HOME L02」が最新ルーターです。コンセントに挿すだけで設定も不要。何よりインテリアにもなじむシンプルなデザインで人気です

WiMAXの総支払額を比較する

WiMAXはどのプロバイダで契約してもエリアや速度などは同じ

違ってくるのは「月々料金」「特典やサービス」「各種手数料」です

WiMAX料金比較表

その中でも大きく変わってくるのが毎月の支払金額です。比較方法としては「実質料金」で比較しているサイトが多いですが要注意です

実質金額とは?

期間中に払う総額から「キャッシュバック」などの還元される金額を差し引き、利用月数で割ったもの

キャッシュバックなどを「受け取れることを前提」に計算されています。キャッシュバックに関しては別エントリでも説明していますが、受け取り自体が面倒で、手続きも必要。実際に受け取っている人は全体の3割程度というデータもあります。
確実に受け取れる要素ではないキャッシュバックを加味して計算するのは間違っています

実質金額や実質月額などの表現で比較されている場合は注意しましょう

総支払額とは?

シンプルに利用期間で支払う月額料金の合計になります

結局は「いくら払うのか?」が目安になります。キャッシュバックもそうですが、結局は支払った後も戻ってくる(還元)だけですので。

まとめ

・プランは無制限の「ギガ放題」と7GBまでの「通常プラン」がある
・ルーター端末は最新機種がおすすめ
・実質料金には注意!総額を把握しよう

この点を抑えておけば大丈夫です
WiMAX選びで失敗、後悔したという方の多くは「キャッシュバック」で失敗しています。キャッシュバックはお金がもらえるのでなく「払った費用の一部が戻ってくる」という仕組みです。 プロバイダの多くは3年間は安く設定していても、37か月目から料金が上がるケースがほとんどです。長く使うものなので、3年間だけの料金ではなく4年間、5年間での総額も確かめておけば安心です

WiMAX総額(総支払額)比較ランキング

では実際にWiMAX契約をしたら、どれくらい払うことになるのか見ていきましょう。

冒頭でも話したように「キャッシュバック金額」を考慮せず、実際に支払う金額をまとめてみました。シンプルに各社の総額が簡単にチェックできます

主要プロバイダ
3年間の支払額
4年の支払額
5年の支払額
総額:128,626円
平均:3,573円/月
総額:176,758円
平均:3,682円/月
総額:224,890円
平均:3,748円/月
総額:152,160円
平均:4,227円/月
総額:203,316円
平均:4,236円/月
総額:254,472円
平均:4,241円/月
総額:130,320円
平均:3,620円/月
総額:182,868円
平均:3,810円/月
総額:235,416円
平均:3,924円/月
総額:156,310円
平均:4,342円/月
総額:208,870円
平均:4,351円/月
総額:261,430円
平均:4,357円/月
総額:154,560円
平均:4,293円/月
総額:206,760円
平均:4,308円/月
総額:258,960円
平均:4,316円/月

WiMAXキャンペーンなどでは「月額料金」などが安い点をPRしているケースがあります。

しかし!その料金は初月だけだったり、最初の数か月だったりと紛らわしい表記や表現があるので注意して下さい。また3年目以降はほとんどの会社で料金は変わっていきます。 

3年目、4年目での総額を確認していけば「長期で使っても安心・安価なWiMAX」が見つかります

総支払額を見てみるとBIGLOBEは料金が高く、Broad WiMAXとSo-netが安いということが分かります。

今月申込んで、長期で安く使いたい方はBroad WiMAXが最もお得だと言えます

キャッシュバックがどうしても欲しい方へ

どうしてもキャッシュバックが欲しい場合は「キャッシュバックキャンペーン」を行っているプロバイダを選ぶことになります。

キャッシュバック狙いなら、今月のおすすめはBIGLOBEです。
キャッシュバックに加え、月額割引もあるのでキャッシュバックを確実に受け取れるならおすすめ。

とにかくキャッシュバック金額にこだわるなら「とくとくBB WiMAX」が最適です。

高額キャシュバックが有名ですが、最大キャッシュバックを貰うには「旧型ルーター」を選ぶ必要があったり、何より面倒な手続きがあるので受け取りハードルが高いので申請方法や貰い忘れに注意して下さい。

口座振替で契約したい方へ

口座振替でWiMAXを契約したい場合はWiMAXプロバイダは限られてきます

口座振替(銀行引き落とし)では審査が必要だったり、残高不足で料金引き落としできない・・などのリスク、請求書発行の手間もあるためWiMAXでは口座振替は積極的に使われていません。以前はデビットカード契約も可能でしたが現在はクレジットカード払いか、口座振替のどちらかしか出来ません

口座振替対応のWiMAXは3社あります

BIGLOBE、BroadWiMAX、UQ WiMAXの3社が口座振替対応しており、その中でも総額が安いのはブロードワイマックスです

BroadWiMAXよりは少し総額高いけど「キャッシュバック欲しい」という方はBIGLOBEです。BIGLOBEであればクレカに比べキャッシュバック額は減りますが、唯一口座振替でキャッシュバックを行っている会社になります

WiMAX最新おすすめ キャンペーンランキング

それでは今月のWiMAXキャンペーンでのランキングをご紹介します

各社とも様々なキャンペーンを展開していますが、突然終わったり、キャッシュバック金額が減額されるケースも多ので早めに申し込むことをおすすめします

たとえば最近では2019年春以降、UQ WIMAXのキャッシュバックが無くなりました(口座振替) 3月までは口座振替でも最大1万円キャッシュバックでしたが現時点ではクレカのみがキャッシュバック対象となっています。

月額料金が最安のBroad WiMAX

キャッシュバックが魅力的な方には物足りなく感じるかもしれませんが、WiMAXを確実に安く利用するためには一番おすすめのプロバイダです。

どんなサービスが充実している…?

・他社からBroad WiMAXへ乗り換えると、他社違約金を負担してくれる
・電波が入りづらい場合など、違約金なしで解約できる

料金が安くサービスがしっかりしているため、人気があるプロバイダです。

Broad WiMAXの申込みはこちら

2つの特典から選べるBIGLOBE WiMAX

BIGLOBEの特徴は、好きなキャンペーン特典が選べること。
月額割引とキャッシュバックから、自分好みで自由に選ぶことができます。

BIGLOBEの申込みはこちら

高額キャッシュバックならGMO

高額キャッシュバックを狙うなら、GMOとくとくBBです。 毎月キャッシュバック金額が更新され、少しずつ変化がありますがほとんど毎月3万円以上をキープしています。

とくとくBBの申込みはこちら

WiMAX契約前の確認事項と手続き方法

WiMAXを契約する前に、必ず確認しておくべきことがあります。
・ルーターについて
・プランについて
・キャンペーンについて

それぞれ以下にまとめているので、参考にしてください。

WiMAXルーター性能はどれが良い?

端末はプロバイダにもよりますが、基本的に無料です。
そして端末は断然、最新機種を選ぶことをおすすめします。

2019年1月「Speed Wi-Fi NEXT W06」、「Speed Wi-Fi HOME L02」が発売されました。
そんな一押しの端末をご紹介していきたいと思います。
端末選びの参考にして下さい。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」

外でもWiMAXを使いたいなら「Speed Wi-Fi NEXT W06」がおすすめ!
W06は従来では電波の入りにくかった場所でも電波をキャッチしやすい「高性能ハイモードアンテナ」を搭載しています。
それにより前機種であるW05よりWiMAX2+の電波が入りやすくなりました。

また、TXビームフォーミングでWi-Fi使用機器に向けて電波を送信してくれるので、電波が拡散せずに届き、速度だけではなく安定性も向上しました。
最大速度が1.2Gbpsまでアップしたことから、動画やゲームなどでデータ通信が大量に必要な方、速度が重要という方には一番おすすめできるルーターです!

「Speed Wi-Fi HOME L02」
自宅のみなら「Speed Wi-Fi HOME L02」がおすすめ!
「HOME L02」は、下り最大速度が1Gbpsに対応!
今までは最高で440Mbpsでしたが、2倍以上に進化しました。

また、4本の高感度アンテナを搭載を搭載しており、アンテナを増やすことによって通信が安定しやすく、受信速度もアップしたため、今までつながりにくかった場所でも快適に利用できます。

そしてW06と一緒でビームフォーミングに対応しており、スマホなどのWi-Fi機器の位置を検知し、狙って電波を送信することができます。
製造元にこだわりがなければ、ホームルーターは「HOME L02」をおすすめします。

WiMAXの上りと下りとは?

・上りとはアップロード時の速度
・下りとはダウンロード時の速度

この「下り」の速度の数字が高いほど、スムーズにHPが開いたり、動画がスムーズに見ることができます。
逆に上りは大容量のデータを送信したりする時は重要になってきます。

基本的にWiMAXを選ぶときは、ほとんどの方が上りの速度よりも下りの速度を気にしています。
動画を見たり、ネットサーフィン、調べもの、そういったことに利用する方が多いからです。
つまり、最新機種にすればするほど、快適に使うことができます。

【ハイスピードプラスエリアモードとは?】
ハイスピードプラスエリアモードとは、auの4G LTE回線を使用してインターネットに接続する通信モードです。
「au 4G LTE」は、国内の地方・山岳部でもかなり広い範囲をカバーでき、さらに地下鉄や地下街、密閉した空間においても接続されやすい為、WiMAXの回線との併用で活用の幅を広げていくことができます。
しかし注意しなければならないこともあります。

それは、月7GBの通信制限があること。
ハイスピードプラスエリアモードに切り替えて、7GB以上のデータ通信を行ってしまうと、速度制限にかかってしまいます。
超えてしまうと、超低速の128Kbpsへと通信速度が抑えられてしまい、これは翌月まで続きます。(翌月1日の0:00に解除される)

また、1カ月あたり1,005円のオプション料金(LTEオプション)も発生します。
ハイスピードプラスエリアモードはいざというときに、上手に活用しながら使ってください。

WiMAXはプランがギガ放題?通常プラン?

WiMAXの料金プランは2種類あります。
「通常プラン」と「ギガ放題」プランです。

通常プラン

月のデータ通信量が7GBのプランです。
データ通信量が月7GBを超えると速度制限がかかり、翌月になるまで速度制限は解除されません。

極端にいうと、月初めに7GB使ってしまった場合は、残りの30日近くはほぼインターネットが使えない状態になります。
制限中の通信速度は超低速128kbpsまで落ちてしまい、画像の読み込みや動画再生はほぼできません。
通常プランは、日頃からインターネットを頻繁に使うことが少ない人に向いているプランです。

ギガ放題プラン

通常プランと違って、月のデータ通信量の制限がなく、使い放題のプランです。
どれだけ使っても料金は変わることはありません。
しかし気を付けなければならないのが、3日間でデータ通信量を10GB使ってしまうと、翌日18時~翌々日2時だけ約1Mbpsに低速化してしまうことです。

ただし、速度制限がかかったとしても何も問題はありません。
1Mbpsとは、YouTubeの標準画質の動画を視聴できるレベルで、メールやLINEのやり取りも問題なくできる範囲です。

「通常プラン」と「ギガ放題」どちらを選べばいいの?

予算や使う目的によって決めた方がいいでしょう。
月額料金はやはり、ギガ放題プランより通常プランのほうが安いので、料金を安く抑えたい場合は通常プランを選ぶべきといえます。
しかし、料金が抑えられても7GBの規制があると楽しめない可能性もあります。

Broad WiMAXの調査では、約9割のユーザーが、ギガ放題を選択しているという結果が出ています。
せっかくWiMAXを使うなら、制限のないギガ放題を選んで、最大限にインターネットを楽しみましょう!

また、プランはいつでも変更が可能です。
最初はギガ放題にしておいて、毎月の通信量を確認してから通常プランに切り替えることも可能です。

下の表はギガ放題の比較表になります。
ぜひ参考にして下さい。

 

WiMAXはキャッシュバックタイプ?割引タイプ?

WiMAXは「キャッシュバックタイプ」のプロバイダと、「月額割引タイプ」のプロバイダ の2種類があります。

  • キャッシュバックタイプ
  • 月額割引をせず、月額割引代金分を現金としてキャッシュバックしている

  • 月額割引タイプ
  • 月額料金割引をおこなっているのでキャッシュバックは無し

この2種類ですが、キャシュバックタイプと月額割引タイプの総額はほぼ同じになります。

キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダの中には、30,000円を超えるキャッシュバックを行っているところもあります。
いくら総額で変わりがないと言っても契約するなら高額キャッシュバックを貰いたい、と考える方がいても不思議ではありません。

しかしキャッシュバックタイプには落とし穴があります。
それにより実に4割の方がキャッシュバックを受け取れていないと言われています。

その理由は・・・

  • 受け取り時期が契約後およそ1年後になる
  • 受け取り手続きを失敗する

この2点です。

受け取り手続きは、契約からおよそ1年後にプロバイダから送られてくるメールに振込口座を記入して返信する必要があります。
実に簡単な手続きに思えるでしょう。

しかし問題はこのメールです。
プロバイダから届いたことが分かりにくく、見逃してしまうのです。
契約から1年経過しているので忘れてた!なんてこともよくあります。
手続き期間も1ヶ月しか設けていない場合がほとんどですので、受け取り期間が過ぎてからメールの存在に気が付いても手遅れです。

これらの理由により約4割の方が悔しい思いをしています。
SNSなどネット上では、受け取れず悔しい思いをした方の書き込みが多く見受けられます。

中には受け取りにくいキャッシュバック方法に対し、消費者団体から是正申し入れされているプロバイダも存在します。
万が一キャッシュバックが受け取れなかったら、ただただ月額料金が高いだけでなんのメリットもない契約を続けることになるのです。
それであれば、キャッシュバックではなく、はじめから月額割引という形をとっているプロバイダと契約するのが安全・安心なのです。

もう一度言いますが、トータルはほぼ同額です。
高額なキャッシュバックに釣られて危ない橋を渡るのはおすすめできません。
選ぶなら「月額割引タイプ」です。

WiMAXは無制限で使い放題?

WiMAXは月の通信量無制限ですが、3日間で10GB以上利用すると速度制限が掛かります。
速度制限は10GB超えた翌日の18時から翌々日2時までの8時間のみです。
類似したサービスであるワイモバイルの「Pocket WiFi」も制限が掛かるタイミングが違うだけで同じように3日10GB超えると速度制限が掛かります。

ですがWiMAXはワイモバイルのPocket WiFiと大きく異なる点があります。
WiMAXは、ワイモバイルやその他類似したサービスより制限中の速度低下がおだやかで、制限中でも標準画質の動画がみれるのはWiMAXのみです。

WiMAXとワイモバイルの制限中の通信速度を比べてみましょう。

ワイモバイル:128Kbps(0.128Mbps)
WiMAX:1Mbps

WiMAXの速度が速いのが一目瞭然で分かりますよね。
実際にワイモバイルの速度制限は「利用できない!」「制限がキツイ」などの口コミで溢れていますが、WiMAXは違います。
「Web閲覧できる」「標準画質の動画なら問題なくみえる」との口コミが多いのです。

さすがにゲームまでは厳しいですが、普通にネットを利用するには不便無い程度の速度制限です。
これらを踏まえると「WiMAXは無制限で使い放題」と言っても言い過ぎではないでしょう。

次はどれくらい使えば10GBになるか見てみましょう。

表でもわかるように、10GB使おうと思ったらかなり頑張らないと使えないことがわかりますよね。
YouTube(標準画質)にしても3日間で83時間みようと思ったら逆に大変です。

普通に利用する分には速度制限に掛かることは少ないと言えます。
ただし大容量のデータをダウンロードしたり、テレビ電話を利用すると通信量の消費が凄いので、速度制限に掛かる可能性が出てきますので注意が必要です。

まとめ

ここまでで解説したことを簡単にまとめると・・・

  • 選ぶべきプランは「ギガ放題」
  • ルーターは最新端末W06と、ホームルーターL02がおすすめ
  • プロバイダのタイプは「キャシュバックキャンペーンタイプ」と「月額割引タイプ」なら、安心・安全な「月額割引タイプ」を選ぶ
  • プロバイダは月額料金最安級の「Broad WiMAX」がいちおし

結論、最新端末をBroad WiMAXでギガ放題プランを選んで契約するのがいちばんお得になるということがわかります。

Broad WiMAXは料金が安いだけではなく、契約後のサポートが充実しているので、契約するのであればBroad WiMAXを選ぶのが正解です!