閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXプロバイダ別解約方法まとめ!おすすめの乗り換え先もご紹介

WiMAXは多くのプロバダから提供されているサービスです。解約方法が分からない方、解約後の乗換え先をどこにするか迷っている方も多いでしょう。この記事ではプロバイダ別解約方法と、解約後のおすすめ乗換え先をご紹介します。

□2019年最新おすすめルーターはこちら

□2019年最新ホームルーターはこちら

プロバイダ別の解約手続き方法

WiMAXの代表的なプロバイダを6社それぞれの解約方法を解説していきます。

UQ WiMAX

UQ

WiMAX接続サービスの中心的事業者である、UQ WiMAXを見てみましょう。

解約方法:電話または書面郵送
特徴:即日解約が可能で料金は日割り計算される

公式ウェブサイト上にあるWiMAX専用の「UQお客様センター」で、問い合わせ方法としてチャットまたは電話を選びます。

■チャットを希望する場合
1.「チャットでロボットに相談する」ボタンをクリックすると、チャットサポートウィンドが開く
2.メッセージを文字入力して送信ボタンを押す

■電話の場合
新規申込みと、解約などの申込み後の手続き・問い合わせは番号が違うので注意しましょう。
なお、解約だけではなく、一般的な問い合わせ用のメールフォームもあります。問い合わせ受付後、通常は24時間以内にメールで回答がもらえます。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

Broad WiMAX

ブロードワイマックス

解約方法:電話
特徴:毎月25日までに電話から解約申請をして当月末日に解約となる。26日以降は翌月末解約。

公式ウェブサイトには、「ご解約・キャンセルを検討されてる方へ」というタイトルが付けられた解約専用ページがあります。サービス自体に不満があるのか、端末に問題があるのか、解約希望理由を特定して可能であればソリューションを提供する構成になっているのです。

接続に不満・不具合があるため解約する場合は「いつでも解約サポート」というBroad WiMAXが提案する他社回線7社のうちどれかに乗換えすることで違約金が0円になるサービスも実施しています。また、Broad WiMAXの長期利用者には無料の機種変更サービスも設定されていたりします。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

GMOとくとくBB

とくとくBB

解約方法:WEBまたは書面
特徴:毎月20日までの手続きで当月末日に解約可能で、日割り計算には対応していない。書面での解約申請は毎月20日必着。

公式ウェブサイトには「解約をご検討中のお客様へ」というページがあり、主に解約した場合にユーザーが被る不利益について、箇条書きで注意喚起されています。

特に、違約金の発生については、リンクされた別のページに詳細に書かれています。「WiMAXご契約に関する注意事項」のページと合わせて読むことで、発生する料金を含めた解約手続きの詳細がわかるようになっています。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

So-net

ソネット

解約方法:WEB
特徴:解約日を即時か月末まで指定できる。
■月末→解約希望月の月末まで利用
■即時→解約申込が受け付けられるとすぐに利用不可となる。日割りには未対応

解約に関する情報提供については、公式ウェブサイトに「オプション解約」というページが設定されています。So-netは会員制のサービスであり、会員であることがさまざまなインターネットサービスを利用する条件になっています。
つまり、会員からの退会や、WiMAX接続サービスに対応していないコースに変更してしまうと、その時点でWiMAX接続サービスが自動で解約される点には注意が必要です。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

BIGLOBE

ビッグローブ

解約方法:WEB
特徴:毎月25日までに解約申請をして当月末日に解約。コース変更が必要になる場合がある。

BIGLOBEはWiMAXだけではなく、光回線や格安SIMなどのサービスプロバイダでもあるため、さまざまなコースがあります。WiMAXの他にも合わせて利用している場合は、解約に注意が必要です。
ちなみに、BIGLOBE会員からの退会手続きの申し込みも、WiMAXと同じように毎月25日受付分までが当月末の退会になります。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

@nifty

ニフティ

解約方法:WEB
特徴:当月末日に解約。日割り計算できない。

会員資格である「@nifty IDの解約手続き」と、無料/有料コンテンツの解約やWiMAX接続サービスの解約は別なので、間違えないようにしましょう。
WiMAX接続サービスの解約に伴い発生する違約金については、QandA形式の情報提供ページが設定されています。WiMAX接続サービスなどの利用解除を申請した場合でも、その申請を取り消すこともできます。通常のサービスについては解除希望日の23:29まで取り消しできるのですが、WiMAX接続サービスの場合、サービス解除受付月の末日まで取り消しが可能です。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

家電量販店の解約手続き方法

WiMAXは端末が同じであれば、オンラインでプロバイダから購入しても、家電量販店の店頭で購入しても、使い勝手や接続速度に違いはありません。

では、解約手続きには違いがあるのでしょうか。以下で主要な4つの家電量販店ごとの解約方法について解説します。総評としては、新規購入時と異なり、解約のプロセスにはそれほど差がないといえるでしょう。

ヤマダ電機

ヤマダ電機 WiMAX

解約方法:必要書類や身分証明書を持参の上、店頭で手続き
特徴:解約日指定可能で当日から当月末まで都合のよい日を選べる。日割りもできる。

公式ウェブサイトでは解約に関して専用のページはありません。そのかわりに、QandA形式を採用した「よくあるご質問」のページがあり、解約についてだけではなく、申込・変更・紛失盗難に至るまで、情報が構造化され公開されています。
その中で「一時中断」サービスが紹介されています。WiMAXを長期間使わないことが予想されるときでも、解約ではなく基本使用料の負担だけで契約の維持が可能になる制度です。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

ビックカメラ

ビッグカメラ WiMAX

解約方法:電話、郵送
特徴:解約日指定可能で日割り計算に対応している。

解約手続きは、まずWiMAX専用のコールセンターである「BIC WiMAX SERVICEお客様サポートセンター」へ連絡することが推奨されています。その他、解約届をダウンロードして、必要事項を記入して郵送する方法もあります。
加入しているプランや利用期間に応じて、契約解除料が発生する場合もあり、詳細は上記のコールセンターで確認が必要です。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

ヨドバシカメラ(ワイヤレスゲート)

ヨドハシカメラ ワイヤレスゲート

解約方法:WEB
特徴:月末締めで日割は出来ない

公式ウェブサイトでは、新規申込についてのキャンペーンなどの情報は充実しているのですが、解約については明記されていません。「ワイヤレスゲートサポートセンター」と呼ばれるコールセンターへの連絡が推奨されています。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

エディオン

エディオン WiMAX

解約方法:WEB、電話
特徴:解約申請月の月末に解約可能

オンラインであれば、「EISサポートWeb」と呼ばれる会員専用ポータルサイトにログインして、そこで手続きを進めます。
電話での解約手続きの場合、フリーダイヤルが利用可能な「エディオンネットカスタマーセンター」に掛けて、メニュー番号#3(解約手続きに関するお問い合わせ)を押して、担当者の応答を待ちましょう。なお、電話による解約手続きは代理人ではなく、本人が行う必要があります。

【2019年度最新】おすすめ乗換え先はこちら

解約手続きの際の注意点

ほぼすべてのWiMAX接続サービスでの共通事項として、更新月以外に解約すると違約金がかかります

更新月とは、契約期間が定められている契約で、契約内容の変更や解約が可能な期間を指します。携帯電話の契約などで話題になる「2年縛り」などは、新規契約月から24か月を経過した月が更新月となることが多いようです。

詳しくは契約しているWiMAX接続サービスのプロバイダや家電量販店のコールセンターに問い合わせておきましょう。

違約金なしで解約するには

違約金

契約期間を満了することなく解約すると、契約書に記載の条件で「契約解除料」として違約金を支払うことになります。その金額をなるべく低くおさえるにはどうすればよいでしょうか。

大きく分けて2つの方法があります。
まずは、期限を満了することです。
もうひとつは違約金は支払いするが、それを超えるキャッシュバックを受け取ることで損失を抑える方法です。

以下で、具体的な方法について検討してみましょう。

更新月に解約する

WiMAX接続サービスに限らず、情報通信系の契約では契約期間が決められており、その期間が終わると自動更新するものがほとんどです。
たとえば、WiMAX接続サービスを2年契約で結んだとすると、その2年間が過ぎてしまうと、次の2年契約に移行します。これは契約書に明記されています。
更新月とは、その旧契約と新契約の間にある月のことです。この更新月であれば、解約しても違約金がかからないのです。
この方法のポイントは、更新月であることを忘れないようにしておくことです。手帳に書いておくか、スケジューラーにリマインダーを設定しておきましょう。

キャッシュバックをもらった後に解約する

プロバイダ系でWiMAX接続サービスを新規契約すると、キャッシュバックが利用できるキャンペーンが多く見られます。
キャッシュバックとは、一旦支払った買い物の代金の一部を払い戻してもらえるサービスのことです。現金の場合が多いのですが、ポイントで還元されることもあります。

多くの場合、契約から12か月後に所定の手続きを経てキャッシュバックを受けられることが多いです。キャッシュバック金額は各社のキャンペーンによって異なります。更新月以外に解約して、契約解除料を請求されても、キャッシュバックをもらった後であれば、実質的な損失を抑えることができます。

キャッシュバックサービスのあるところに乗り換える

より積極的に契約解除料の損失を回収するには、「乗り換えキャッシュバックキャンペーン」のある回線に乗り換える方法があります。
選択肢は2つあって、WiMAXから光回線に乗り換えるか、WiMAXからWiMAX2+への機種変更の際に異なるプロバイダに乗り換えます。光回線に乗り換える場合、ネットだけではなく、電話も同時に申し込むとキャッシュバックの金額が上がります。
たとえば、auひかりにネットと電話の同時申し込みで最大5万円のキャッシュバックが受けられます。スマートフォンがauであれば、さらに月額最大2000円の割引が受けられることもあります。

WiMAX解約時に乗り換えるべきおすすめのプロバイダはコレだ!

次に、WiMAX解約時に乗り換えるべきおすすめのプロバイダについて検討してみましょう。

WiMAX乗換え先としておすすめするプロバイダは「Broad WiMAX」です。
Broad WiMAXは月額費用が他のプロバイダに比べて安いのはもちろん、他社違約金相当を上限2万円弱まで負担してくれるからです。
最新機種の全端末が無料で選び放題というサービスも魅力的です。

また万が一に備えた「いつでも解約サポート」があります。WiMAXを契約したが速度が遅い・電波が途切れる・自宅で使うことが増えたので固定回線に乗換えたい・・・このような場合、ある1つの条件を守れば違約金0円で解約が可能です。その条件とはBroad WiMAXが提案する他社回線7社のうちいずれかに乗換えることです。乗換え先も大手回線が多いので安心です。

いつでも解約サポート

UQ WiMAXとBroad WiMAXの比較

ここでは、例としてUQ WiMAXとBroad WiMAXを3年契約のプランで比較してみましょう。
それぞれ、UQ WiMAXは「ツープラスギガ放題」プラン、Broad WiMAXは「ギガ放題」プランで比べます。

まず初期費用は、UQ WiMAXは無料、Broad WiMAXは1万9000円弱ですが、キャンペーン中であれば0円です。事務手数料などは両社同じ3000円です。以下では、違いの大きいところを中心にチェックしてみます。

端末について

端末代金はuq WiMAXだとルーター単体で800円程度です。充電の際に手間が省け、置き場所にもなるクレードルをセットにすると3000~4000円ほど必要です。

これに対して、Broad WiMAXでは端末料金は無料となっています。無料であっても下り最大440Mbps対応の最新機種です。
また、WiMAXのルーターとタブレットやノートパソコンをセットにして購入すると、頭金がゼロになるキャンペーンも行っています。WiMAXを導入する際に、接続して使うタブレットやノートパソコンも新調したいのであれば、お得に購入することができます。

月額料金について

主要なWiMAX接続サービスのプロバイダの月額料金プランは、「7GB系」と「ギガ放題系」に分かれます。
両者の差は月額約600~700円です。

「7GB系」のほうが割安ですが、月間のデータ量が7GBを超えると通信速度制限がかかります。
「ギガ放題系」は、基本的に容量制限はありませんが、直近3日間で通信量の合計が10GB以上になると、翌日の特定の時間帯に通信速度制限がかかります。

Broad WiMAXは月額料金が2726円~と、3000円台が多い他のプロバイダと比較しても安く、継続しやすい価格設定になっています。

WiMAXを解約する際はお得に乗り換えを利用しよう

WiMAXの解約に関しては、なるべく違約金がかからないよう工夫することが大切です。
違約金がかからない更新月を外さないことや、乗り換えキャンペーンを利用して実質無料に近づけることなどです。その上でよりサービスがいいところに乗り換えるのがポイントとなります。

おすすめのプロバイダは月額料金も低額で、各種お得なキャンペーンが充実しているBroad WiMAXです。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi