閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXには充電器が別売り!?買う前に知っておきたい真実

WiMAXルーターを購入してから、「そういえば、充電器が付属していないのはなぜ?」と不安になる人も少なくないでしょう。または、充電器が同梱されていないことが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれません。充電器がなければWiMAXを起動することすらできないので、充電器が付属するかどうかは重要な問題です。今回は、これからWiMAXの購入を検討している人や購入したものの不安に思っている人のために、知っていれば怖くないWiMAXルーターの充電器に関するあれこれを紹介します。

WiMAXルーターは充電しないと使えない

WiMAXを使う上で必要不可欠なのが、「ルーター」と呼ばれる端末です。ルーターとはパソコンやスマートフォンなど複数の電子機器をインターネットに接続するための通信機器を指します。複数の電子機器のデータの流れを管理し、円滑なインターネット接続環境を構築する役割を担っているのです。ルーターには、家庭用のホームタイプや持ち運び可能なモバイルタイプ、USBタイプなどさまざまな種類があります。いずれも使用するためには充電が必要になります。

WiMAXの充電器は同梱されている?

ルーターを充電するには、コンセントにつないで充電する「ACアダプタ充電器(コンセント型の充電器)」を使うか、「USBケーブル」でパソコンなどにつないで充電する方法があります。今回問題とされているのは、この2つのうち、ACアダプタ充電器のほうです。基本的にどんな電子機器でもコンセントにつなげて充電するのが主流となっています。USBケーブルをつないでパソコンなどほかの電子機器から充電するという方法もありますが、そのパソコンなどの電子機器も結局はACアダプタ充電器を使うか直接コンセントから通電させる仕様になっていま。ここでは、WiMAXルーターにACアダプタ充電器は同梱されているのかどうか、また同梱されていた旧機種のWiMAXルーターについて紹介します。

基本的に同梱されていない

基本的には、家庭やオフィス用のホームルーター以外のWiMAXルーターには、ACアダプタ充電器は同梱されていません。ACアダプタを使って充電したい場合は、申し込み時またはその後にオプションサービスで追加して購入するか、すでに所持しているもので代用するかどちらかになります。なお、ほとんどのルーターには充電用のUSBケーブルが付属しているので、電源が切れてもとりあえず充電に困ることはありません。

同梱されていた機種もある

現在発売されているWiMAXルーターにはほとんどACアダプタ充電器は同梱されていません。しかし、過去に発売された機種にはACアダプタ充電器が付属していたものが多いので、今一度購入時の付属品をチェックしてみましょう。以下は、ACアダプタ充電器が付属品として同梱されていた機種です。
<ファーウェイ製>
・Speed Wi-Fi NEXT W01
・Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
・Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
<NEC製>
・Speed Wi-Fi NEXT WX01
・Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11
・AtermWM3800R
・AtermWM3600R
・AtermWM3450RN
<シンセイコーポレーション製>
・URoad-9000
・URoad-SS10
・URoad-8000
・URoad-Aero
<ネットワークコンサルティング製>
・Mobile Cube IMW-C910W
・Mobile Slim IMW-C1000W
<IODATA製>
・WMX-GWMR

WiMAXルーターを充電する方法

WiMAXルーターを充電する方法としては、パソコンを経由して充電する、モバイルバッテリーを使用して充電する、家庭用のコンセントから充電する(2パターン)、クレードルで充電する、の4つがあります。ここでは、それぞれの充電方法のメリット・デメリットについても紹介しますので、自分の使い方に合わせた充電方法を選択してください。

パソコンから充電する

ほとんどのWiMAXルーターにはUSBケーブルが同梱されているため、パソコンについているUSBポートにさし込むだけで充電することが可能です。なかにはUSBポートがないパソコンを使っているので充電できないのではと不安になる人がいるかもしれません。しかし、USBケーブルといっしょにUSB変換器が付属しているので、変換器を経由してパソコンから充電することはそれほど難しいことではありません。

パソコンから充電するメリット

パソコンを使って充電することのメリットは、ACアダプタ充電器を購入しなくても充電できる点です。パソコンがあれば付属品だけで完結するので、ほかに費用がかかることはありません。また、WiMAXルーターは届いたときには電源が切れているので、ACアダプタ充電器を持っておらず、なおかつすぐに使いたい場合はパソコンを経由して充電する方法しかありません。パソコンを使えば誰でも充電することが可能で、購入後にすぐルーターの充電をしたいときは、この方法が一番簡単です。

パソコンから充電するデメリット

パソコンを使って充電することのデメリットは、充電スピードが遅く、パソコンの電源をつけっぱなしにしておく必要がある点です。パソコンの電源が切れれば当然充電が止まってしまうので、パソコンの電気代にも気を配る必要があります。パソコンでずっと作業をしている場合はよいですが、普段からこの方法で充電をするのはオススメできません。USBタイプのルーターでパソコンと同時にしか使わないなど、用途が限定されている場合は別ですが、そうでない場合はやはりコンセントからも充電できるようにしておいたほうが安心といえるでしょう。

モバイルバッテリーから充電する

モバイルバッテリーならUSBポートの差込口があるので、パソコンを使って充電するのと同様に、付属のUSBケーブルのみで充電することが可能です。スマートフォンの普及により、外出先でも充電できるモバイルバッテリーを所持している人は多いのではないでしょうか。もし持っていないのなら、この際購入を検討してもよいでしょう。WiMAXルーターの充電だけでなくスマートフォンやタブレットなどの電子機器を充電するためにも活躍するので、モバイルバッテリーを購入する価値は十分あるといえます。

モバイルバッテリーから充電するメリット

モバイルバッテリーを使って充電するメリットは、何といっても外出先で充電できる点です。外出先によって異なりますが、ACアダプタ充電器を使って充電できる場所は限られています。また、自宅で充電し忘れた際や長時間の外出でルーターが充電切れになってしまったときなどは、インターネットに接続できず困ってしまう場面も少なくありません。手持ちのモバイルバッテリーで充電できてしまう手軽さは、モバイルユーザーにとって非常に魅力的です。

モバイルバッテリーから充電するデメリット

モバイルバッテリーから充電するデメリットは、パソコンから充電するときと同様に充電のスピードが遅いことです。モバイルバッテリー自体も充電しなければ使えないので、まずモバイルバッテリーを充電し、それからルーターを充電するという形になります。二度手間になってしまうため、モバイルバッテリーでの充電も普段使いには向いていないといえるでしょう。モバイルバッテリーは、あくまで緊急用の充電手段と考えておくことが大切です。

コンセントから充電する

家庭用のコンセントから充電する方法には2つあります。1つ目は純正のACアダプタタイプの充電器を使う方法です。2つ目はUSBポート付きACアダプタ(別途購入するかiPhoneなどスマホの付属品を代用)を利用して充電する方法です。外でルーターを使用する場合も、家で十分に充電してから持ち運びをしないと外出先ですぐに充電切れになってしまいます。コンセントから充電する場合はスピードも速いので、ルーターを使ううえでもっともオーソドックスな方法といえます。

コンセントから充電するメリット

コンセントから充電するメリットは、充電スピードがモバイルバッテリーやパソコンを使った充電よりもはるかに速いことです。外出までに時間がないときでもコンセントからなら素早く充電が可能です。直前まで充電を忘れていたときや、少しでも早くルーターを使い始めたいときは、コンセントから充電する方法がもっとも効率的といえるでしょう。また、モバイルバッテリーはそれ自体の充電が不十分な場合は、ルーターの充電も中途半端になってしまいます。しかし、コンセントは電源そのものなので、どんなタイミングでも最良の環境で充電することが可能です。

コンセントから充電するデメリット

コンセントから充電するデメリットは、コンセントがないと充電することができない点です。外出先でコンセントが見つからないときは充電することができないので、緊急時の充電方法としては不向きでしょう。外出前にしっかり充電されているかを確認するか、モバイルバッテリーを持ち歩く必要があります。当然のことですが、モバイルバッテリーも充電し忘れると使うことができないので注意しましょう。

クレードルで充電する

WiMAXルーターを充電するうえで意外に便利なのが、契約時にオプションでの購入をすすめられる「クレードル」です。店頭で見かけたことがある人もいるかもしれませんが、どんなものか知っている人は案外少ないのではないでしょうか。ここでは、クレードルとはどんなものか、どうやって使うのか、メリット・デメリットについて解説します。

クレードルとは

クレードルとは、スタンド型の拡張機器を指します。WiMAXルーターをクレードルにセットするだけで簡単に充電することができるのです。また、クレードルにはLANポートがついているので、有線LANケーブルを接続すれば無線LANが内蔵されていないパソコンでもインターネットに接続することが可能になります。クレードル1台あるだけで、自宅でのWiMAXルーターの使い方に幅が広がり、非常に便利になります。

クレードルで充電するメリット

クレードルは充電のしやすさが大きな特徴です。クレードルとWiMAXルーターを接続している間は同時に充電もできます。ルーターの定位置としてクレードルを置き場所にすることで常に充電されている状態になるため、セットする習慣をつけておけば充電をし忘れるリスクを少なくできます。帰宅後はさっと設置し、外出時はさっと取り外して持ち歩くことができるので、充電切れの心配もありません。

クレードルで充電するデメリット

クレードルはWiMAXルーター専用のオプションサービスになるため、ACアダプタ充電器と同様に別途料金がかかることがデメリットです。なかにはクレードル付きで販売されている機種もあるので、契約時にチェックしてみてください。

WiMAXルーターの端末別に端子の種類がある

これまでさまざまな充電方法を紹介してきましたが、WiMAXルーターを充電する際にはもうひとつ気をつけなければならない点があります。それは、使用するWiMAXルーターの端子の種類です。使用する機種によって端子の種類が異なることがあり、間違って違う端子の充電器を購入してしまうと充電することができません。WiMAXルーターの端子には2種類あり、1つ目は端子の形が低い山型になっている「microUSB」、2つ目は端子の形が上下左右対称な「USB Type-C」です。ここでは、間違った端子を購入して損をしないように、端子別にルーターの機種を紹介します。

microUSB端子

microUSBは、パソコンのような大きいインターフェースを持たないスマートフォンやタブレット、デジタルカメラなどに多く設置されている端子です。なお、microUSB端子には差込口が長方形の形をしたタイプAと山型の形をしたタイプBがあるので間違えないようにしましょう。ただし、現在はタイプBのmicroUSB端子が主流になっています。以下は、microUSB端子の機種になります。
<ファーウェイ製>
・Speed Wi-Fi NEXT W03
・Speed Wi-Fi NEXT W02
・Speed Wi-Fi NEXT W01
・Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
・Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
<NEC製>
・Speed Wi-Fi NEXT WX03
・Speed Wi-Fi NEXT WX02
・Speed Wi-Fi NEXT WX01
・Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11

USB Type-C端子

USB Type-C端子の特徴は、差込口が上下左右対称になっているところです。従来のUSB端子は差し込む向きが反対だと入らず、力加減によっては端子が壊れてしまうという問題がありました。しかし、USB Type-C端子はリバーシブルなので、どの向きでもスムーズに差し込むことが可能です。USB Type-C端子を使用している機種は、以下のとおりです。
<ファーウェイ製>
・Speed Wi-Fi NEXT W05
・Speed Wi-Fi NEXT W04
<NEC製>
・Speed Wi-Fi NEXT WX04
最新機種には、USB Type-C端子が採用されている可能性が高いです。そのため、機種変更をした人や付属のケーブルをなくしてしまった場合など、新たにケーブルを購入する際は、手持ちの機種の端子をよく確認しましょう。

WiMAXルーターのオススメ充電方法

これから紹介するのは、今まで紹介したルーターの充電方法のなかでも特にオススメの方法です。いずれも付属品を購入することになりますが、費用がかかるぶん利便性は高くなるので損をすることはないでしょう。賢くWiMAXを利用することができる充電方法なので、ぜひ検討してみてください。

純正のACアダプタ

まず1つ目のオススメ充電方法は、純正のACアダプタでの充電です。純正をオススメする理由は、やはりルーターとの相性がよく、高速充電が可能なためです。以下は、UQコミュニケーションズがすすめる純正のACアダプタです。
・Type-C共通ACアダプタ01U(商品コード:0601PQV)
2980円(ケーブルと一体になっているタイプ)
対応機種:W04、W05、WX04
・共通ACアダプタ05(商品コード:0501PWV)
1836円(ケーブルと一体になっているタイプ)
対応機種:W01、W02、W03、WX01、WX02、WX03
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11、HWD15
それぞれ対応している機種が異なるので、自分の使っているWiMAXルーターの機種を確認してから購入しましょう。

クレードル

2つ目にオススメする充電方法は、クレードルを使った充電です。有線LANを使ってインターネットに接続する必要がある人にはもちろん必要なクレードルですが、実はそれ以外にもさまざまなメリットがあります。たとえば、モバイルルーターは電波を捉えるアンテナが本体に内蔵されているため、本体の向きや設置する場所によって電波の受信感度が変わります。その結果、通信速度が遅くなったり最悪の場合通信が途切れてしまったりするのです。一方、クレードルにルーターをセットしてインターネットに接続する場合は、電波の強いところを探して設置することができるので、毎回向きを変えたり場所を気にしたりする必要はありません。常に安定した速度でインターネットを楽しむことが可能です。
また、ルーターをセットしたクレードルの置き場所を決めておけば、家のなかで行方不明になることもなく、同時に充電することができるので充電忘れも防ぐことが可能です。WiMAXルーターの専用クレードルは、下記の端末に対応しています。
・WX01、WX02、W02、WX03、W03、W04、WX04、W05

スマホの充電器で代用する場合

WiMAXルーターのACアダプタ充電器を所有していない場合は、スマートフォンに付属しているACアダプタで代用することが可能です。ただし、スマートフォンにも種類があり、場合によってはケーブル端子の種類が違って使えないことがあるので注意しましょう。たとえばiPhone用のケーブルはアップル製品専用のLightningケーブルが使われており、WiMAXルーターでは使うことができません。しかし、ACアダプタとケーブルが一体型でなければケーブル部分をWiMAX購入時に付属したUSBケーブルと付け替えることで充電することが可能です。アンドロイド用のACアダプタは、microUSB端子がついているWiMAXルーターならそのまま使うことができます。
一方、USB Type-C端子を使用しているWiMAXルーターでは、そのままでは使うことができません。具体的には、WiMAXルーターの端子がUSB Type-CとなっているW04、WX04、W05の機種では、スマートフォン充電器のUSBケーブルはiPhone、アンドロイドどちらのものも対応していないので直接使うことができないのです。この場合、microUSBからUSB Type-Cへの変換ケーブルを別途購入するか、ACアダプタにつないでいるUSBケーブルを、WiMAXルーターの付属品であるUSB Type-Cケーブルに交換する必要があります。

WiMAXルーター用の充電器を購入できる場所

これまで充電器の必要性や充電方法を紹介してきましたが、ここからは肝心の充電器を購入できる場所を紹介します。まずは、UQコミュニケーションズのオンラインショップ「UQアクセサリーショップ」です。ここでは、純正のACアダプタやクレードルなどを購入できます。クレードルは3000〜4000円程度、ACアダプタは2000〜3000円程度、変換アダプタは約900円、電池パックは3000円程度で購入可能です。一例として、W05の専用クレードルは、3553円+送料(全国一律540円)で購入できます。
また、WiMAXを販売している家電量販店やオンラインショップでも充電器を購入することが可能です。ヨドバシカメラでは、純正のW05クレードルが3550円(送料も無料)で購入できます。なお、クレードルに関しては一部の店舗では取り扱っていない場合もあるので注意しましょう。ACアダプタやUSBケーブルなどについては家電量販店がもっとも種類が多く、価格も安いのでお得です。
驚く人がいるかもしれませんが、コンビニでも充電器を購入可能です。USBケーブルは1000〜2000円ほどで購入でき、microUSBタイプとUSB Type-Cの両方を取り扱っていることが多いです。24時間いつでも買えて、急に充電器が必要になった場合には非常に便利でしょう。値段は高めであり在庫数も多くはないので、緊急時の利用をオススメします。なお、コンビニではモバイルバッテリーや変換アダプタなども購入できます。

WiMAXルーターを充電する際に注意したいポイント

最後に、WiMAXルーターを充電する際の注意点を2つ紹介します。まず1つ目は、USB端子を差し込んで充電する場合です。USB Type-C端子の場合は心配することはありませんが、それ以外のUSB端子には差し込む向きがあるため、急いでいるときでも向きを確認して差し込むようにしましょう。無理やり差し込むと故障の原因になります。
2つ目は、純正のUSBケーブルを使うことです。USBケーブルは安く手に入れられる場合もありますが、壊れる可能性もあるため注意が必要です。特に、安価なUSBケーブルは流せる電流値が少ないため、充電に時間がかかる可能性があります。充電中に電流や電圧をコントロールできないと、WiMAX機器の故障につながることもあるので、やはり純正品を使うのがオススメです。

WiMAXルーターの充電器を手に入れよう

WiMAXルーターを充電するにはさまざまな方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分がルーターをどのように使うのかによって、選ぶべき充電方法は変わってくるのです。付属している機器だけで済ませたいなら、パソコンでの充電がもっとも簡単ですし、費用も抑えることができます。外出先でインターネットを使うことが多い場合は、モバイルバッテリーでの充電がオススメです。家で有線LANを使ってインターネットに接続したいなら、クレードルを使えばルーターを充電しながらインターネットを楽しむことができます。
また、スマートフォンを持っていれば、その充電器を代用してWiMAXルーターの充電をすることが可能です。そのため、まずはスマートフォンの充電器で充電することを考え、それで不十分だと感じた場合は、ACアダプタやクレードルの使用を検討するというのが賢いやり方といえるでしょう。より快適にWiMAXを利用するために、自分に合ったWiMAXルーターの充電器を手に入れましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi