閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

大学生一人暮らしのネット環境にはWiMAXはおすすめ

大学生として一人暮らしをすることになりましたか?人生の新たなステージに進むと同時に、たくさんの不安や準備しなければならない状況に直面することになるでしょう。
親のみなさんにとっても不安はつきものです。
特に費用を節約する面でどうにかならないものかと頭を悩ませてしまうかもしれませんが、現代の生活に必須とも言えるインターネットを導入するにしても、何か安い方法はないかと探しておられることでしょう。
最近では固定回線を引かずともインターネットを利用できるモバイルルーターがかなり普及してきています。大学生一人暮らしのネット環境を整える上で、モバイルインターネットの代表格WiMAXがどれほどのメリットがあるのかをご紹介します。

固定回線とWiMAXの料金

インターネットといえば固定回線というイメージをお持ちかもしれませんが、WiMAXも固定回線に変わるほどの通信速度を実現するインターネットとしてここ最近急速に普及しています。
気になる費用面での固定回線とWiMAXとの違いを見てみましょう。

固定回線の月額料金

先に料金を紹介すると、フレッツ光回線の月額料金は3,000~4,000円です。
特に集合住宅向けの料金プランは、一戸建て料金プランと比べて月額費用が安く済むため、大学生が住むことが想定されるアパートやマンションで利用するのにメリットがある料金プランです。

しかしよく言われるのが料金体系の複雑さで、フレッツ光の料金体系は非常に分かりにくくなっています。
NTT東日本と西日本でも料金が異なり、お住まいの地域やその予定のマンションのタイプや住居数も料金プランを左右します。基本となるのは、NTT東日本のマンションタイプの料金プランで「ギガマンション・スマートタイプ」「マンション・ギガラインタイプ」「マンション・ハイスピードタイプ」「マンション・タイプ」、NTT西日本で「マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」「マンション・ハイスピードタイプ」「マンションタイプ」となっています。
これらの料金プランとマンションの構造や実際に施工する配線方式によって変化する「プラン1/2/ミニ」の三つの中からプランを組み合わせて決定します。

ハイスピードやスマートタイプと書かれているものは文字通り通信速度が速く、NTT東日本のギガマンションスマートタイプやNTT西日本のスーパーハイスピードタイプ隼ではなんと上下最大1Gbpsもの通信速度を実現します。これらは理論最大値であるものの、回線が混雑していなければ非常に速いインターネット通信を可能にするということです。

プラン1/2/ミニとは何でしょうか?
これは、世帯数(実際の部屋数ではなく、契約見込み数)の多い建物は、多数の世帯が申し込むことで割引を受けられるサービスであり、そうでないマンションであれば費用は若干割高となるよう調整を加えるシステムです。プラン1で8世帯数以上の契約見込み数を対象にしており、費用的には中間程度の費用となります。プラン2は16世帯数以上の契約見込み数を対象としており、費用は最も安いプランが提供されます。
ミニは4世帯数以上の契約見込みが対象となる場合で、ご想像の通り費用は最も高いプランが適用されます。

これは利用者が選ぶことができないため、住む場所や世帯数によって費用が左右されてしまうのが難点です。こじんまりとした高級感があって雰囲気のいいマンションに住みたいものですが、インターネットの導入という観点から考えると費用が割高になってしまうというデメリットがあります。
インターネットの費用もある程度計算して生活費を組み立てたいという場合は、引っ越し先を考える際に16契約以上の世帯数があるかどうかを管理会社に問い合わせてみることもできるでしょう。
最も割引が適用されるプラン2と最も割高となるミニでは1000円ほどの差額があるため、大学生活が2年続くことを考えると馬鹿にできない出費となります。

費用が最も安く済むマンション・ハイスピードタイプやマンション・タイプで3,250~3,850円、高速の通信を実現するギガマンション・スピードタイプやマンション・スーパーハイスピードタイプ隼で3,700~4,500円となっています。これらは2年契約となる「2年割」や新規申し込みで対象プランを選択した際に30ヶ月割引となる「ギガ推し!割引」などによって100~200円の割引きが適用されます。

あるいは、マンションの構造によって異なる配線方式によっても料金が変わってきます。
高速通信のインターネットを導入したい場合、NTT東日本のギガマンション・スマートタイププラン2を採用した料金に割引を適用し3,350円、NTT西日本の場合でマンション・スーパーハイスピードタイプ隼にLANケーブル工事を行った際で1,930円(「Web光もっともっと割」適用時)となっています。

注意すべき点として、これらのフレッツ光の料金にプロバイダーの利用料が加算されるため、実際に請求される金額はこれよりも割高となります。プロバイダーは有名どころであれOCNやYahooBBを利用することになるかもしれませんが、月額料金が900~1,200円程度となっています。
実際に支払う金額は4,000~5,000円を想定しておくべきでしょう。

WiMAXの月額料金

これに比べて、モバイルルーターであるWiMAXの料金はいくらか安くなります。月額料金は、WiMAXの回線を提供している大元のUQコミュニケーションズの定価金額で4,380円、現在のところWiMAXプロバイダーとして業界最安値で提供しているBroad WiMAXのギガ放題プランで3,411円となっており、固定回線よりも安い金額が目立ちます。
インターネットの速度は固定回線に勝るとも劣らないもので、日々の使用に十分耐えるものであるため割安感を感じられるでしょう。

WiMAXの利点

WiMAXの最大のメリットは、固定回線でないということでしょう。
モバイルルーターとしていつでもどこでもインターネットを使用できるため、場所にとらわれずに端末をオンライン接続することが可能です。スマートフォン程度の大きさのルーターがあればどこでも利用可能なため、引っ越し時の工事や引っ越し先のマンションの世帯数などを気にする必要もありません。
ちょっと出かけた先でもインターネットが利用可能であり、個人で契約したパスワードを必要とするインターネット回線であるため、公共施設やコンビニなどのオープンWi-Fiに接続する際のセキュリティの不安などもありません。前述のように、固定回線に比べて料金が安くかつ通信速度は同程度であるため、お得にインターネットを利用することができます。

デメリットは、WiMAXの電波が到達する場所でなければ利用できないことです。
大都市圏であればどこでも接続できるものの、地方の大学に通うことを考えておられる方は利用が難しいかもしれません。たとえWiMAXの電波エリア内であったとしても、電波の特性上障害物や天候に弱く通信が不安定になることがあります。
マンションなどの建造物がいくつも並んでいる中心部に位置する部屋で使用する場合や、地下鉄や地下施設でインターネットを利用しようとする場合に接続できないかもしれません。こうしたデメリットがあるものの、インターネットの回線工事が一切不要で、基本的にはどこでもインターネットに接続できるWiMAXは、引っ越しを想定した大学生の一人暮らしを考えておられる方にメリットの多いインターネット回線であると言えます。

まずは利用可能か確認しよう

WiMAXを契約する前に、まずはUQコミュニケーションズのオンラインサイトや判定サイトで、ご自身が利用を想定されている地域や場所でWiMAXの電波を受信できるかどうかを調べてみましょう。
「ピンポイント検索」では、住所を入力するだけでWiMAXの電波が受信可能かどうかをすぐに判断できるため、手軽に調べることが可能です。

WiMAXのエリア判定は〇だが、実際利用したら電波が届かない場合

エリア判定では大丈夫だったものの、実際に利用した場合に電波が届かないことに気づいたというケースもあるでしょう。WiMAXは基本的に二年契約であるため、電波が届かないからと言って解約すると違約金が発生してしまいます。事前に無料でルーターをレンタルできるUQコミュニケーションズの15日間レンタルサービスを利用するか、Broad WiMAXの違約金なしで固定回線に移行できるご満足保証を利用するのが最善です。
いずれにしても、WiMAXの利用を考えておられる場合は事前に使い心地や電波状況などを確認してから契約するようになさってください。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi